ヨーロッパナラ鉢植観察ノート
●2006.09.17 ドングリ
 思いがけずつけてくれたドングリが、秋を控えて大分それらしい形になってきた。
 最初は真ん丸っぽかった実が、次第に伸びてきて、コナラやミズナラのような細長い形となった。まだ色が薄いが、きっとこれから茶色くなってくるのであろう。

 当初、実の数は全部で4つあったのだが、ここまで落ちずに残ったのは2つである。無事茶色く色付き、実を落としたら、早速新しい鉢に植えて育ててみたい。

●2006.06.12 ドングリの素?
 すっかり葉も開き、新緑をたたえる我が家のヨーロッパナラであるが、花芽のあった場所に丸い実のようなものが成っているのに気付いた。

 良く見ると模様がドングリの帽子部分と同じようになっているので、これが育つとドングリになるのではなかろうかと考えている。このような幼木でも実をつけるものかどうか訝しんでいたのであるが、やはり花が咲いたということは、実をつけるということなのであろう。
 気になるのは、クヌギのように、ドングリが完成するのは花が咲いた翌年になるのか、それとも今年の秋にはドングリが出来るのか? である。いずれにしても、ヨーロッパナラを眺める愉しみが一つ増えた訳であるが、一方で、鳥等に食べられないように、何がしかの手を打たねばなるまい。果たしてどのような策が効果的なのか、調べてみるとしよう。

●2006.05.03 ヨーロッパナラの花
 ベランダの植物達に水を遣っていた妻が、「木に花が咲いてる」と言うので、覗いてみると、確かにヨーロッパナラが花をつけていた。
 花の様子は写真の通り、長さは短いものの、雰囲気はこの時期に良く見かけるクヌギやコナラの花と似ている。但し、これは幼木だからかもしれないが、クヌギのような生臭い臭いはなく、ほぼ無臭に近い。その点でもどちらかというと、コナラに近い植物なのかも知れない。

 花をつけたということは、実もつけるということであろうか? クヌギの場合、ドングリが成るのは花が咲いた翌年になるそうだが、ヨーロッパナラも同じなのであろうか? また、このような幼木の花でもちゃんとドングリになるのかどうかも不安であるが、自宅でヨーロッパナラのドングリが採れるようになれば万々歳である。
 今度、ちゃんとドングリをつけるヨーロッパナラの木の花はどんな感じなのか、近所の植物園のヨーロッパナラの様子を見てみようと思う。

●2006.04.30 芽吹き
 雑木林のクヌギやコナラは既に花を咲かせ、新しい葉が出揃っているというのに、我が家のヨーロッパナラの蕾は開かず、真冬と全く同じ出で立ちのままであった。
 当初は、「寒いヨーロッパの植物だから、日本の植物とは若干サイクルが異なるのだろう」とタカを括っていたのだが、一部のクヌギやコナラは樹液を出し、コクワがちらほら集まるようになってきたというのに、蕾みのままというのはさすがにヤバいのではないかという気がしてきた。いかに日本とヨーロッパの気候が異なるとは言え、植物である以上、ある程度の気温になれば葉を出す筈である。

 そこで、妻のアドバイスに従い、先週末に植え換えを試みた。左の写真のヨーロッパナラの鉢の右隣にある空の赤茶色のポットが、これまで植わっていたもので、直径約20cm。新しい鉢は直径36cmと、2まわり程大きなものにしてみた。土は種類が沢山あって、どれを選べば良いのかさっぱりであったが、園芸店の店員によると腐葉土+黒土がこの手の木には無難なようなので、これに従う事にした。
 鉢底にまず、深さの1/3 程、鉢底用の石を敷き、その上に腐葉土と黒土を2:1位で混ぜ合わせたものを擂鉢状に敷く。そこに旧い鉢から取り出し、根をほぐしたヨーロッパナラを据え付け、これを腐葉土&黒土で埋め込んでみた。腐葉土も黒土も大分余ったが、これはミヤマやノコの採卵に使えるので、夏迄とっておくとしよう。

 植え換えは正解だったようで、今日様子を見てみると、固く閉じたままだった蕾みが、写真右のように開きかけてきていた。これで一安心。今年も沢山の葉をつけて欲しいものだ。やはりパラレリ飼育ケージの床材は、ヨーロッパナラの葉に限ると思う。

●2005.10.15 紅葉はじまる
 10月も半ばとなり、関東の平野部でも紅葉のはじまる季節となった。

 先週届いた時は、まだ葉が青々としていた我が家のヨーロッパナラも、今朝見てみると、葉が黄色く色づきはじめていた。ここの所、朝晩は大分涼しくなってきたので、そのせいであろう。
 葉は、一群の内、下の方から紅葉していくようで、一番上の層にあるものは、まだ緑色をしているが、これもあと数日すれば、すっかり黄色く色付いてくることであろう。

 こうして秋の装いとなった木を見ると、今年のクワガタ成虫樹液採集シーズンもお終いだという実感が湧いてくる。先週末位迄は、まだコクワをちらほらと見ることが出来たが、こちらもあと数日で、お目にかかれなくなるのではないかと思う。

 さて、紅葉がはじまったとなると、そろそろドングリの季節ということになる。我が家のヨーロッパナラは幼木故、ドングリはまだ実らないが、近所の植物園のヨーロッパナラなら期待できる。先週末訪ねた際には、まだどの木もドングリの類を落していなかったが、来週末あたりにはドングリ採集も出来るのではないだろうか? もしヨーロッパナラのドングリを拾えれば、今度は一から木を育ててみたいと思う。

●2005.10.07 ヨーロッパナラがやってきた
ヨーロッパナラ鉢植
 本日、待望のヨーロッパナラが我が家にやってきた。
 妻の第一声は「かわい〜!」であった。葉っぱの感じがそこはかとなく可愛らしいのだそうだ。

 樹皮の感じや、葉の色合い、質感はコナラに似ているが、葉の形は柏餅に使うあの柏の葉をスケールダウンさせたような雰囲気である。また樹高110cmの幼木にしては、枝の数や混み具合も中々の物だ。同サイズのクヌギやコナラだとこうはならないだろう。
 ヨーロッパナラと言えば、TVの紀行物や写真等で、台場クヌギのように幹が何本にも枝分かれした大木の姿を良くみかけるが、確かに幼木ながら、将来そうなるであろう雰囲気を既に醸し出している。

 所で、この葉を見ると、私はどうしても「ドイツ」をイメージしてしまう。第一次世界大戦後にヨーロッパナラはドイツの国木となったそうで、その為か、軍や警察の徽章や、官公庁のシンボルマーク、会社や製品のロゴマーク等にヨーロッパナラの葉や実を用いたデザインが多用されている。たまにドイツ製品(菓子、衣料品、皮製品等)を買ったりすると、この葉をモチーフとしたマークが入っていることもあるので、見たことがあるという人も多いかも知れない。
 そうした訳で、私にはこの木は「ドイツっぽい木」に思えてしまうのだが、英国好きな友人に言わせれば、「イギリスっぽい木」に見えるそうで、感じ方は人それぞれだし、ヨーロッパの多くの国において、人々に親しまれてきた木なのであろう。

 さて、勢いで買ってはみたものの、私は園芸に関しては全くの素人である。これまで調べた所では、この種の木は余り手がかからない部類であるらしいが、剪定や肥料を与える時期や方法等に関して、まだまだ分らないことが多い。まずは図書館にでも出掛けて、園芸の入門書でもじっくり読んでみようかと思っている。

●パラレリの木を自宅に
ヨーロッパナラ鉢植
 「パラレリの木」について調べている内に、自宅でもこれらの木々を見ることが出来たら...という想いが首をもたげてきてしまった。調べの過程で、10万前後出せば、7〜8mに育ったヨーロッパブナやヨーロッパナラを買うことが出来ることを知った。また、引き取りに来るのであれば、タダでくれる(公園か何かを取り潰すらしい)という所もあった。庭さえあれば、お金をためて、一本植えてみたい所であるが、残念ながら我が家は集合住宅。しかも地上階ではないので、ベランダで鉢植えを育てるのが精一杯の所である。
 園芸関係のサイトを見てみると、ヨーロッパナラであれば、それなりに鉢植えや苗が市場に流通しているようで、ごく一般的なものの他に、葉が鶏のトサカ状になるものや、若葉が紫色になる園芸品種も開発されているそうだ。幸い自宅は植木の町・安行のすぐそばであり、近所には植木屋や園芸店が数多く存在している。そこで早速ヨーロッパナラを求めて園芸店巡りを始めてみた。

 しかし、クヌギやコナラの鉢植えや苗木は良くみかけるものの、ヨーロッパナラは中々見つからなかった。洋物を多く扱っていそうな小洒落た感じの店でも、何故かクヌギやコナラばかりで、欧州物としては、せいぜいセイヨウナンテンやセイヨウクロマツがある程度。
 これは聞いてしまった方が早いと思い、店の人にヨーロッパナラは扱っていないのか聞いてみた所、この種の紅葉を楽しむ落葉樹はこれからの時期、葉が落ちてしまうので、主に春先に若葉が芽吹いた頃〜夏場に良く出回るとのことであった。つまり、紅葉目前のこの時期には既にほぼ売りつくした後で、再入荷は来春まで無い、という事らしい。

 それでも丹念に巡っていけば、どこかの店に売れ残りの一本や二本はありそうな気がしないではないが、ここは植木の町・安行。チェックすべき店はまだまだ山のように残っている。これが十軒、二十軒というレベルであれば、一応全部見ておこうかという気にもなるが、いかんせん桁が一桁異なり、気が遠のいてしまった。
 そこで一旦帰宅し、ネットでまだヨーロッパナラを在庫している園芸店を探してみることにした。これでもし近所の店が引っ掛かれば、そこへ出向けば良いし、そうでなければ通販で買えば良い。というか、先にこうした下調べをやっておくべきであった。
 こちらも結構苦戦したが、ようやっと普通のヨーロッパナラ(イングリッシュ・オーク)を在庫している店を見つけることが出来た。樹高110cm の鉢植えで\9,800-。少々値が張るが、早速注文したのであった。