パラレリの木探訪記1

−−−川口市内植物園編−−−

2005.10.08

■パラレリの集まる木
 日本でクワガタがつく木と言えば、クヌギやコナラがその筆頭格であるが、他にもブナ、シラカシ、ヤナギ、ニレ、クルミ等の樹液を出す広葉樹であれば大抵の木にやってくるようだ。大陸を挟んで反対側に生息しているとは言え、パラレリも北半球の温帯に生息するドルクス属のクワガタであり、この辺の生態に大きな違いはないようである。
 海外のサイト等を見ると、ヨーロッパブナ(Fagus sylvatica)、ヨーロッパナラ(Quercus robur)といったブナ科の樹木をはじめとして、セイヨウハルニレ(Ulmus glabra)、マロニエ(Aesculus hippocostanum)、セイヨウボダイジュ(Tilia europaea)等の広葉樹の樹液に成虫が集まり、幼虫もこれらの腐木に生息しているようである。

 パラレリの地方名を見てみると、所謂「コクワガタ」的意味合いのものの他に、「ブナの虫」「カシ(柏)の虫」といった意味のものがある。
 例えば、スウェーデンの"Bokoxe" (Bok=ブナ、Oxe=牛)、デンマークの"Boeghjort"(Boeg=ブナ、Hjort=鹿)等である。
 また、「コクワガタ=ユーロミヤマよりも小さなクワガタ」的意味合いのものでも、元となるユーロミヤマの地方名に「ブナ」「カシ」の名が含まれている場合がかなりあり、例えばスウェーデンの"Mindle ekoxe"(Mindle=小さな、Ek=カシ/柏、oxe=牛)のように、結果としてパラレリの地方名にブナやカシの語が含まれる場合がある。いずれにせよ、欧州ではブナやカシにクワガタが多く集まるということの反映であろう。

 所で、こうした地方名を調べていく過程で気になったのが、英語の"Oak"、ドイツ語の"Eich"、スウェーデン語の"Ek" 等の所謂「オーク」の和訳である。辞書を引くと大抵は「カシ(樫)」となっているが、ドイツ語の"Eich" はどちらかというと柏の木を意味する場合が多いし、英語でもスウェーデン語でも柏の木を指す場合があるようだ。樫か柏かどちらに訳すべきか難しい所だが、今度は樫や柏といった樹木そのものについて調べてみると、どちらもブナ科コナラ属の木であることが分かった。
 同属の木とは言え、例えば日本のシラカシと柏とでは樹皮や葉の様子等、大分違った印象を受けるのだが、ヨーロッパの樫の木はまた違っているのかも知れない。今、たまたま手元にある『講談社パックス英和・和英辞典』の初版第4刷で"Oak" を引いてみると、「カシ/ナラの類」となっており、とりあえず「オーク」に関しては、樫や柏といった特定の樹木を差すのではなく、コナラ属の広葉樹全般を差すものとして理解しておくのが無難なようだ。

■パラレリの木を探してみる
●埼玉県花と緑の振興センターにて
 こうして「パラレリの木」について調べている内に、どうしても実際にこれらの木々を見、触れてみたくなってきた。
 そこで、とりあえずヨーロッパナラの鉢植を買ってみた訳であるが、「パラレリの木」はこれ以外にも沢山の種類があるし、ヨーロッパナラにしても幼木だけでなく、立派に育った木も見てみたい。
 ネットで調べてみると、ヨーロッパナラやヨーロッパブナ、マロニエといった欧州の広葉樹が近場の公園や学校等に植えられていることが分かった。そこで本日、パラレリの木が植えられているという、近所の公園へ出掛けてみることにした。

 最初に訪ねてみたのは、「埼玉県花と緑の振興センター」である。県営の植木見本園のような所で、国内外の様々な樹木が展示されている。自宅から車で10分程の距離である。
 同センターのウェブサイトにある植栽位置検索(検索というか、園内見取り図のクリッカブルマップを片っ端からチェックしていく)で、園内にはヨーロッパナラ2品種、ヨーロッパブナ2品種、セイヨウトチノキ、セイヨウボダイジュ、セイヨウトネリコの5種があることを事前に調べておいた。まずは駐車場から最も近い位置にあるヨーロッパナラがある花木園へと向かった。

 花木園の通路を歩いて行くと、前方右手の斜面に柏のような葉をつけた木が見えてきた。大木とは言えないまでも、雑木林で見かける平均的なクヌギやコナラ程度の幹の太さと高さがある。早速、立派に育ったヨーロッパナラがお出迎えか? と思い近付いてみると、プレートには「アメリカガシワ」と書かれている。葉の形状(前段の落葉2枚の内、上の葉)からヨーロッパナラとは近縁と思われるが、これはQuercus rubra という学名の北米大陸東部原産のナラである。「レッドオーク」「アカガシワ」等とも呼ばれるらしい。
 北米東部に分布となると、これはパラレリの北米代置種とされるパラレルスオオクワガタDorcus parallelus の分布とほぼ同じである。一方、ヨーロッパナラの分布はヨーロッパ、コーカサス、小アジア、西アジア、北アフリカであり、これもパラレリの分布域とほぼ重なっている。つまり、Dorcus parallelipipedusQuercus roburDorcus parallelusQuercus rubra という対応関係があり、これらの小型オオクワガタとコナラ属の樹木との間に、密接な関係があることが推察されるのである。


●ヨーロッパナラ

 さて、目指すヨーロッパナラは、アメリカガシワの生えている斜面の麓の平坦地の奥に生えていた。こちらも決して大木ではないが、それなりに立派な木に育っている。自宅の鉢植とは大違いである。
 ヨーロッパナラと言うと、台場クヌギのように幹が幾つにも枝分かれて、しかもその幹が縦にも横にもウネウネとくねるように伸びている化け物じみた外観のものをTVや写真集等で良くみかける。ヨーロッパではその巨大で特異な外観から「森の王」と呼ばれ、古来より神聖視されてきたそうだが、目の前に立っているのは、分岐した幹が横方向には余り伸びず、いずれもスラっと上方に伸びている直立性の品種(ファスティギアタ種)である。こうなると見た目は普通の木とさほど変わらず、「森の王」の威厳は感じられないが、一応敬意を払って「森の男爵」とでも呼んでおこう。

 樹皮の様子は、自宅の鉢植の細い幹だとコナラに似ているような印象を受けたが、こうして立派に育ったものを見ると、むしろクヌギに近い印象である。いかにも樹皮がめくれ、樹液が滴りそうな雰囲気をしている。
 ふと思ったのだが、この場所は元々、台地上の雑木林だった所を切り開いて植木畑にしたものである。従って、園内には元々そこに生えていたと思しきコナラ等が随所に散見され、当然ここにはコクワガタやノコギリクワガタ等が生息しているだろう。コナラの幾つかには樹液痕や樹皮めくれが見受けられたので、これらの生成要因となるカミキリムシやボクトウガの幼虫も生息している筈である。と、なると、カミキリやボクトウガがクヌギやコナラに近縁なヨーロッパナラに穿孔して、この木が樹液を出すようになり、園内に生息するクワガタやカブトムシが集まるという可能性が出てくるのではないだろうか?
 見える範囲には樹液痕や樹皮めくれは見受けられないが、幹の裏側や上方等には既にそういう箇所があるのかも知れない。ヨーロッパでクワガタのホスト木になっているのであれば、日本においても、条件さえ整えばクワカブを引き寄せることは必至であろう。ひょっとすると、この林のクワカブはヨーロッパナラやアメリカガシワの樹液を啜っているのやも知れない。こうした木から日本のパラレリとでも言うべき、コクワが採れたりすると、ちょっと面白い気がする。

 一方、葉の方は、自宅の鉢植のものと形は同じであるが、木のサイズに比例して、葉のサイズも大きく立派である。
 葉の裏面が白くなっているのは、アベマキや柏を彷佛させる。この点からも、ヨーロッパナラは、国内のコナラ属の樹木の中でも、柏に比較的近い種類なのでは? という気がしてくる。「イギリス柏」「ドイツ柏」という呼び方もあるそうだが、これは主に葉の特徴の類似から来ているのであろう。柏に近いのであれば、ヨーロッパナラの葉でも柏餅を作れるのだろうか? というか、風味において日本の柏葉に追随できるのかどうか、何となく気になってきた。 

 所で、前述の園内植栽リストによると、この場所にはファスティギアタ種のヨーロッパナラ以外に、普通のヨーロッパナラもあることになっている。が、それらしき木は見当たらない。どこにあるのかと幼木にまで範囲を広げて探してみると、ファスティギアタ種の直前に、ひょろっとしたヨーロッパナラの幼木があることに気付いた。ノーマルタイプの育った姿も生で見たかったのだが、これはまた別の場所を探してみるとしよう。


●ヨーロッパブナ
 ヨーロッパナラは一通り堪能したので、今度はヨーロッパの森林を代表する、もう一種の樹木であるヨーロッパブナを探しに、園内を移動することにした。植栽図によると、ヨーロッパブナは東門の周辺に植えられていることになっている。また、そこにはセイヨウトネリコもあるようだ。

 東門周辺に到着してみると、周囲に植えられている木々の殆どが幼木といって差し支えないサイズのものであった。ヨーロッパブナも先程見たヨーロッパナラのファスティギアタ程度に育っているものが植えられているというイメージだったのだが、どうもここにあるのは幼木だけのようだ。園内にはもう一ケ所、ヨーロッパブナが植えられている場所がある筈なので、そちらの方に希望を託し、とりあえずヨーロッパブナの幼木を探してみることにした。すると、通路の端の方でヨーロッパブナの幼木を見つけることが出来た。

 幼木なので、幹の感じや枝振りは良く分らないが、葉の形状は日本のブナと良く似た感じである。ただ、ヨーロッパブナの方が肉厚で丸みを帯びた感じがする。
 ヨーロッパブナは、ヨーロッパナラの「森の王」に対して「森の母」と呼ばれ、ナラと共に古くから人々の崇拝の対象となり、また、親しまれてきた存在であるそうだ。
 目の前の幼木は、せいぜい「森のお嬢ちゃん」といった雰囲気でしかないが、日本でもブナを自然の象徴として、特別視する風潮が近年醸成されつつあるように思う。聞く所によれば、かつてブナは材質がそれ程優秀ではないことや、山地性で人間の生活圏からやや離れた存在であったこと等から、余り関心を払われることのない存在であったらしいが、最近は、世界自然遺産に指定された白神山地のブナを筆頭として、豊かな自然の象徴として人々の関心が向けられるようになってきた。こうした風潮は近年のエコブームや環境問題への関心の高まりに根ざすものと思われ、これらの発信元であるヨーロッパの文化の影響が少なからずあるのではないかという気がしないでもない。

 また、これとは別に我々クワガタフリークにとっては、「ブナ林=オオクワ」であり、その意味においても、ブナは神聖で特別な存在の木であると言える。日本ではブナは標高の高い所に分布するため、ブナ帯のオオクワ産地は、福島県南会津郡等、東日本の山岳地帯が有名である。
 一方、ヨーロッパブナは平地性で、寒さや乾燥が厳しい地方には分布しないようで、英国南部位の緯度がその北限となっているそうである。これはパラレリの分布北限と重なっているように思え、何がしかの因果関係があるのかも知れない。例えば、パラレリ分布域の北限を構成する南スウェーデンでは、パラレリを"Bokoxe"(ブナの牛)、デンマークでは、"Boegjhort"(ブナの鹿)と呼んでいるのが興味深い。これらの地方において、ブナ林は「パラレリ=ヨーロッパオオクワガタの林」なのであろう。


●セイヨウトネリコ
 同エリアにあるとされているセイヨウトネリコは、このヨーロッパブナ幼木の割とすぐそばに植えられていた。
 こちらもまだ若い木で、見た目はその辺の潅木のような感じであったが、鮮やかな黄色の葉が美しかった。ゴールデンイエローという園芸品種らしい。日本のトネリコと比べ、葉が細身であるのが印象的である。

 古代ゲルマン人は、この宇宙(世界)はユグドラシルという名の巨大なセイヨウトネリコによって支えられていると考えていたようで、神話の世界において重要な役割を果たしている。
 例えば、最初の男は神々によってセイヨウトネリコから創造されたとされているし、「神々の黄昏」でユグドラシルが焼け落ちて、この世界が一度滅んだ際も、一組の男女がユグドラシルの洞の中に難を逃れたことで絶滅を免れたとされている。

 目の前の若木は、余りにも潅木チックな体裁なため、果たしてこれが宇宙樹とされる程の大木に育つのか疑問に思えてしまうのであるが、良く見てみると、小さい割に枝や幹が多く分岐しており、複雑な樹形をしている。これが大木に育ったならば、確かに世界を支えてくれそうな、神秘的な外観の樹になりそうではある。
 この種の、枝や幹が複雑に分岐するタイプの木は、例えば、日本の河川敷のヤナギ類の木のように、樹洞や樹皮めくれが出来易く、樹液も出し易いように思われる。何しろ人間が逃げ込む程の洞があるとされる程なのであるから、ある程度育ったセイヨウトネリコには、そうした洞が出来易いのかも知れない。
 欧州の昆虫関係のサイトを巡ってみると、このセイヨウトネリコの樹洞からパラレリが見つかるという記述を幾つか見つけることが出来、ナラやブナと並んで、トネリコにもパラレリが良く集まるようである。
 日本のトネリコにもクワガタは集まるのだろうか?


●再び、ヨーロッパナラ、アメリカガシワ

 「埼玉県花と緑の振興センター」は県道を間に挟んで左右に敷地が広がっている。県道の向こう側にも幾つかのパラレリの木があるようなので、今度はそちらの方を見てみることにした。

 県道を渡って、最初に目に入ったのが、ヨーロッパナラのファスティギアタである。
 剪定されているせいもあるのかも知れないが、こうして見るとクヌギやコナラの仲間というよりは、スギ等の針葉樹っぽい樹形をしているように見える。
 足元に葉が何枚か落ちていたので、形の良いものを数枚選んで持ち帰ることにした。もう暫くすると、ドングリも拾えるかも知れない。ドングリから木を育ててみるのも面白そうだ。秋が深まった頃にまた来てみようと思う。

 さて、こちら側の敷地内にはシューベルトの名曲「リンデンバウム」で有名な、セイヨウボダイジュがあるとされている。植栽図上ではトイレの隣あたりに、ヨーロッパブナと共に植えられていることになっている。
 しかし、幾ら探せど、そこにはヨーロッパブナもセイヨウボダイジュも見当たらなかった。
 奥の方に「ボダイジュ」のプレートのついた木があるにはあったが、学名からして、セイヨウボダイジュではなく、日本のボダイジュである。菩提樹は独特な葉の形をしているので、見落しているとも思えない。別の場所に植えかえられたか、もっと奥の立入禁止部分にあるのかも知れない。
 セイヨウボダイジュが樹液を出すのかどうかは定かではないが、欧州の昆虫関係サイトの記述によれば、少なくともその腐朽材からパラレリの幼虫が見つかることはあるようだ。日本のコクワ同様に食性が広く、広葉樹の朽木であれば、樹種は余り選り好みしないのかもしれない。ボダイジュやトネリコ等の朽木を入手する機会があれば、我が家でも試してみたい気がする。

 折角セイヨウボダイジュを見られると楽しみにしていたのに残念であるが、これもまた別の場所を探してみるとしよう。出来ればヨーロッパブナや普通のヨーロッパナラの大木も見てみたいので、どこか、西洋物が充実している所を探してみたい。小石川や神代の植物園あたりに行けば見られるだろうか? 植物園だけでなく、渋沢邸や古河邸等の洋風庭園も狙い目かも知れない。

 次はマロニエ(セイヨウトチノキ)を探してみる。比較的そばに植えられている筈だが、これも見当たらなかった。しかし、新しいアメリカガシワの木を見つけることが出来た。
 林の中で見た時は、正直、普通の雑木林を構成する木の一本としか感じられなかったが、こうして開けた所で孤立して立っている姿を見ると、独特な樹形や葉形が際立って見え、いかにも舶来の樹木という雰囲気である。
 ヨーロッパナラはファスティギアタ種であっても、幹が幾つかに枝分かれしているが、アメリカガシワは一般的なクヌギやコナラのように、太い幹から枝が横に伸びている。葉のつき方はヨーロッパナラに似ているので、全体的な印象は、クヌギとヨーロッパナラとを混ぜたような感じがする。

 改めて葉の形を見ると、ヨーロッパナラの葉の先端を尖らせたような感じで、基本的な形状はヨーロッパナラのものに似ている。やはり種として近いのだろう。

 マロニエとセイヨウボダイジュを見つけられなかったのは残念であったが、思いがけず、アメリカガシワという「パラレルスの木」を見つけることができたのは収穫であった。いつか機会があったら、パラレルスオオクワガタも飼育してみたいものである。
 さて、まだ時間もあるので、もう一ケ所、パラレリの木がありそうな場所を尋ねてみよう。そこには少なくともマロニエの木が植えてあった筈である。


●川口市立グリーンセンターにて

 次に訪れたのが、同じ川口市内にあるグリーンセンターである。花と緑の振興センターが県の施設であるのに対し、こちらは川口市の施設である。元は農業試験場だった所で、今は公園として開放されている。園内には大噴水やミニ鉄道、遊園地、レストランに植木の直売所等が設けられ、大人から子供まで楽しむことが出来る。私も小さい頃からここに通いまくっており、子供が生まれてからは年間パスポート(\1,000-)を購入して、月に何度かは足を運んでいる。そう言えば書き忘れていたが、勿論、今日も子供連れである。

 駐車場に車を止め、園内に入ってみた所、「グリーンフェスタ2005」という市主催の祭りが催されていた。園内には露店(植木を売っている所が多い)が立ち並び、大噴水前の広場では中国雑技団が演技を披露したりしており、通常の週末以上に賑わっていた。

 息子と雑技団の演技を眺めつつ、今日はどこからどう巡って、「パラレリの木」を探しつつ、息子を遊ばせるかを考えた。
 小さな頃から通い詰めているとは言え、これまで園内の樹木には、クヌギとコナラ、シラカシ以外は無関心であったので、それ以外の木に関しては、どこに何があるのかさっぱり見当がつかない。唯一マロニエだけは、先月訪れた際に偶々見かけて、「ああ、これがパラレリがつくというマロニエの木か」と感心した覚えがある。
 ふと、空を見上げると、先程迄薄日が差していたのに、大分雲行きが怪しくなっている。予報では日中は降らない筈であったが、降られる前に、せめてマロニエだけでも写真に収めておこうと思い、とりあえずマロニエが植えられている場所へ向かうこととした。


●マロニエ

 マロニエは園内の何ケ所かに植えられているが、露店で昼食を買う都合上、露店のある大芝生の西側にある木に、まずは向かうことにした。
 行く道すがら、周囲に植えられている木々のプレートに目を配ってみるが、どうも大部分が日本の樹木であるようであった。途中に市内の各造園業者による庭園見本が並んでいるのだが、その中の洋風庭園の見本の中に植えられている樹木も何故か日本産のものばかりであった。「西洋式庭園」ではなく、あくまでも「西洋風庭園」ということなのであろう。

 この庭園見本エリアを抜けた所に、一本のマロニエの木が立っている。
 マロニエには「セイヨウトチノキ」という和名がある通り、トチノキの仲間であるが、パっと見の印象は、クリやクヌギの木に近い雰囲気がある。
 「マロニエ」とは、フランス語で「栗に似た木」という意味らしく、栗に似たイガを持つ小さな実をつける事に由来するそうである。また、有名な洋菓子「マロングラッセ」は、元々マロニエの実を使って作っていたとする説もある。
 実の方は残念ながら見ることは出来なかったが、葉も見た感じは、日本のトチノキの葉を細くしたような感じであると共に、クリやクヌギの葉に似た雰囲気である。

 ちなみに、「クヌギ」の語源にも「栗似木(くりにぎ)」の転訛とする説があり、これに従えば、クヌギは日本の「マロニエ」ということになろう。
 しかし、クヌギは樹液を良く出すが、マロニエを含め、トチノキが樹液を出している所を私はまだ見たことがない。ただ、トチノキの花が咲く頃は木の下の路面が樹液か花の蜜のようなものでベトベトしていることがある。もしかすると、そうした時期にパラレリがマロニエに集まることがあるのかも知れない。

 マロニエを写真に収めた後、セイヨウボダイジュ等を求めて、園内を注意深く探してみたが、残念ながら、マロニエ以外のパラレリの木を見つけることが出来なかった。どうも樹木に関しては、ここは国産種が殆どのようである。
 今日は半日程、川口市内の2箇所の植物園を散策してみたが、ヨーロッパナラ、ヨーロッパブナ、セイヨウトネリコ、マロニエと、4種のパラレリの木を見ることが出来た。特にヨーロッパを代表するナラとブナがこんなに身近な場所にあるとは思いもよらなかった。もう暫くするとドングリの季節となるので、これらの木々の実を拾って、ベランダで育ててみたいと思う。また、今日見ることが出来なかった木に関しても、機会を見て、あちこち探してみたいと思う。