ヨーロッパナラ・ドングリ栽培ノート
●2006.09.17 植えかえてスクスク
 三つ葉が出てから、より大きな鉢(昨年購入したヨーロッパナラ鉢植えが元々植わっていた鉢)に植え替えた所、スクスクと身の丈を伸ばしてきた。植物の栽培は余り経験はないのだが、クワガタの幼虫と同様に、やはり適切なタイミングで適切な容量の容器に移し替えてやる事が肝要なようである。

 しかし、ここに来て気になることが一つ出てきた。それは葉の形である。
 ヨーロッパナラの葉にしては、葉の縁の抉れが少ない気がする。しかし、双葉や三つ葉の頃の形状は確かにヨーロッパナラっぽかったので、これはこの成長段階における独特なものなのだろうか? それとも、そもそも拾ったドングリがヨーロッパナラのものではなかったのだろうか? 拾った場所からしてちょっと考えにくいのであるが、今暫く様子を伺うこととしよう。

●2006.06.12 成長第2段階、三つ葉現る
 今年の2月に、不注意で鉢を倒してしまい、2枚ある葉の内の1枚を落としてしまうというアクシデントがあった。残った1枚の葉も次第に葉先から枯れてきてしまったので、もうダメだろうかと諦めかけていたのであるが、一応水遣りだけは欠かさずにいた所、本日新しい芽を出しているのを発見! 今度は3枚だ。

 先に出ていた双葉は、写真左のように、根元近くの部分を除いて茶色く枯れている状況で、これで良く新しい芽を出せたものだと思う次第である。さて、こうした事も発育が遅くなった原因という気もするが、同じくドングリから育てているクヌギ(写真右)の育ちっぷりを見ると、例え上述のようなアクシデントがなかったとしても、ヨーロッパナラの発育ペースはこんなものなのではなかろうかという気もする。鉢植の方も野生のクヌギやコナラよりも葉をつけるのが1ヶ月程度遅かった。こちらも鉢のサイズや、養分の問題で成育が遅れたのだろうと考えていたのだが、元々日本のクヌギやコナラよりも芽を出す時期が遅いのではないかという気がしてきた。

●2005.12.03 双葉現る
 水を遣りながら、雑草が生えてきたなあと思い、引き抜こうとしてみた所、どうも他の雑草と雰囲気が違うのが一つ生えているのに気付いた。良く見ると、葉の形がヨーロッパナラである。どうやらドングリが芽を出したようだ。

 今の所、発芽しているのは3鉢中1鉢のみであり、他の2つにはその気配もない。
 同じ日にセットしたので、そこはかとなく心配になってくるが、そう言えば、3個のドングリの内、一つだけ、先端が割れていたものがあったことを思い出した。多分、この芽はそのドングリのものであろう。残り2つももう暫くしたら芽を出してくれるに違いない。

 ドングリを拾って育てるのは始めての経験なのだが、こうして芽が出てくれると中々に感動的である。始めてクワガタの幼虫が採れた時のそれに匹敵するウレシサがある。この芽を枯らさなよう、しっかりと育てて行きたいと思う...が、しかし、良く考えてみると、芽って普通は春に出るものなのではないだろうか? ここの所暖かい日が続いたので春と勘違いしたのか? それともヨーロッパナラはこの時期に芽を出すものなのだろうか???
 因みに、クヌギ、コナラ、シラカシ等、他に植えている国産種のドングリは、根は出ていても芽は出ていない。もし、春と勘違いして芽を出したのだとしたら、このまま屋外で育てても問題ないものなのであろうか? この分野はさっぱり解らないので、今度、県の園芸相談所にでも相談してみよう。

●2005.10.22 ヨーロッパナラ・ドングリ採集
 本日、息子と一緒に近所の公園へドングリ拾いに繰り出した。クヌギ、コナラ、シラカシのドングリに加え、クリも拾うことができた。
 そこでふと、ヨーロッパナラもぼちぼちドングリを落す頃合ではないかと思い、ヨーロッパナラが植えられている公園にも寄ってみた。埼玉県南には、埼玉スタジアム等、何ケ所かヨーロッパナラが植えられている所があり、ちゃんと実を結んでさえいれば、こうした海外物のドングリも拾うことが出来るのである。

 ヨーロッパナラの木の下を覗いてみると、パッと見には全くドングリは落ちていないように見えた。日本の木と違って、もうちょっとしてからでないと本格的に落すようにならないのかも知れない。それでもしつこく探してみた所、3個のドングリを拾うことが出来た。しかも一個は帽子付である。
 ヨーロッパナラのドングリを見るのはこれが始めてであるが、実の形はコナラやシイの実に似た感じの、いかにもドングリという形状である。いずれも虫に喰われてはいないようなので、この3個のドングリを育ててみることにした。

 帰りがけに100円ショップにより、園芸用品コーナーにて、苗を育てるのに手頃な大きさの木製の鉢と腐葉土を購入。帰宅後、この腐葉土にミヤマやノコの産卵床に使用した黒土の残りを混ぜて鉢に入れ、ドングリを2cm位の深さに埋め込んでみた。

 妻によれば、ドングリを育てる場合、最初に2日程水につけ、殻を柔らかくした上で殻に軽くヒビを入れるか、殻を剥いてしまった方が良いとのことである。しかし、自然界ではそんなことをしなくても勝手に発芽して、自力で殻を割って出てくる訳で、ある程度の湿度を保った土の中に埋めてさえおけば、そこまでしなくとも良いような気がする。何はともあれ、これで暫く様子を見てみることにしょう。