パラレリの木探訪記2

−−−埼玉スタジアム2002 公園編−−−

2005.11.13

■埼玉スタジアムにパラレリの木
 自宅から車で15分程の所に、2002年の日韓合同サッカー・ワールドカップの為に建造された「埼玉スタジアム2002」がある。
 前回の「パラレリの木探訪」の際の下調べにおいて、自宅から比較的近い距離にあるこのスタジアムの周囲に併設されている公園内のどこかで、対イングランド戦を記念したヨーロッパナラの植樹が行われたらしい事を知ることができた。

 情報の出典は、英国大使館サイト内に併設されている「日英グリーン同盟2002」(http://www.uknow.or.jp/be/uk_japan/green/)というページである。これは、1902年の日英同盟締結から100年を経たことを記念して企画された催しであり、同サイト内の「大使からのメッセージ」によれば、その目的の一つは、

「日英グリーン同盟は未来の世代のために環境を保護しようとする英国と日本の共同の決意の象徴であるとも言えますし、日英両国の若者たちが環境問題について想いを致すきっかけを提供するものでもあります。 」

であるそうだ。
 誰が考えたのかは不明であるが、外来生物による固有の生態系の破壊が問題視されて久しい昨今、ヨーロッパナラという外来植物の植樹を通じて環境問題への意識を喚起するとは何事であろうか? 外来種問題を取り巻く情勢は、2002年当時においても、かなり深刻であった筈である。これが英国流の「ブラックユーモア」という奴であろうか? 敢えて外来種の樹木を方々にバラ捲くことで、実際に環境問題(生態系の破壊)を生じさせ、日英両国民に環境問題について想いを致させようというのであろうか?

 この企画、英国大使館が行っているだけあって、意図不明なオボロゲな企画であるにも関わらず、植樹式の一つに、時の環境大臣(川口順子氏)が出席する等、中々に盛大に行われたようで、植樹された場所も北海道から沖縄まで数十ケ所に及んでいる。案の定、外来種の植樹を通じて環境問題を云々というオボロゲさは、2002年の第154回通常国会の環境委員会においても問題視され、民主党の牧義夫議員から、「環境大臣がこのような催しに出席するとは何事か?」と非難されている。

 埼玉スタジアム2002 のヨーロッパナラも、この「日英グリーン同盟2002」企画の一つとして植樹されたものである。私個人としては、経緯や目的がどうあれ、近所でヨーロッパナラを見ることができることは喜ばしいことである。山林に植樹するならいざしらず、開発により、雑木林が台地ごと消滅してしまうことが珍しくないこの界隈において、町中にヨーロッパナラを一本植えた位で、生態系の破壊もへったくれもないだろうと思う。それに加えて、英国流ブラック・ユーモアが発露された結果という観点を加味するのであば、いずれにせよ、どんなものか、この目で見ておかない訳にはいかないというものである。
 本日は天候も良く、家でゴロゴロしているのも勿体無いので、倅を連れて埼玉スタジアムに「パラレリの木」を訪ねてみることにした。


●セイヨウハコヤナギ(ポプラ)
 公園内の駐車場に車を入れると、公園とスタジアムの境界に沿って、セイヨウハコヤナギ(ポプラ)が植えられているのが目に入った。ポプラは結構あちこちに植えられているが、いざ間近に見てみようと思うと、自宅周辺には徒歩で行ける範囲には植えられていなかったし、車でも、駐車して写真を撮れるような場所が見当たらなかったので、これまでは車や電車で移動する際に、遠目に「ポプラがあるなあ」と眺めるばかりであった。なので、ここに思いがけずポプラ並木を発見できたのは大収穫である。

 車を止め、早速ポプラ並木へ近付いて見る。
 一本の太い幹の方々から、細い枝というか幹というかが上方に伸びており、中々にユニークな樹形をしている。ヨーロッパではこれを「髪の毛が逆立っている」と表現する場合が多く、その理由についても「ゼウスの神罰を恐れて逆立っている」とか、「キリストの十字架の原料にされ、その血を浴びたことで恐れおののいて逆立っている」とか、「キリストをローマに売り渡した弟子のユダの処刑に使われたので、その不名誉に怒り狂って逆立っている」等、神に対する畏怖や恐怖によるものとされている。中々に業の深い木であるようだ。

 一方、「ポプラ」の語は、英語で人口だとか人気という意味の"Popular"だとか、人を意味する"People" と同じ語源を有しているのも興味深い。人もまた、神罰に恐れおののく存在である。神に対する恐怖で髪の毛を逆立てているように見えるポプラの木に、古代の人々は己の存在を重ねあわせたのであろう。

 さて、「セイヨウハコヤナギ」という和名がついているだけあって、葉や樹皮の雰囲気は日本のハコヤナギに良く似ている。ハコヤナギには、その樹液に各種クワガタ類が集まることが良く知られているが、このセイヨウハコヤナギにもパラレリやユーロミヤマが集まるそうである。
 ヨーロッパの昆虫関連サイトの幾つかで、この木の樹洞よりパラレリが得られたという話しを見かけたし、その腐朽材から幼虫が発見されるとのことだ。
 日本のクワガタの場合、自力でハコヤナギの細枝を噛んで吸汁することがあるが、ポプラの木も幹から細い枝(幹?)が何本も生えており、ひょっとするとパラレリやユーロミヤマもこの細枝を自分で噛んで、染み出す樹液を舐めているのかも知れない。

 因みに、日本で良く見かけるポプラは、数あるポプラの中でも、Populus nigra var. italica という種類であるらしく、「イタリアクロハコヤナギ」「イタリアポプラ」と呼ばれることもあるそうである。


●イングリッシュオーク(ヨーロッパナラ)
 ポプラの観察を終え、いよいよ本命のヨーロッパナラの探索に移る。

 公園はスタジアムを取り囲むように造成されており、中々の広さがある。この中から一本の木を探し出すのは難儀なことであるように思われたが、とりあえずポプラ並木の右手の芝生が広がる一帯から探してみることにした。
 園内案内図によると、ここは「緑の広場」という場所で、スタジアムの正面駐車場からスタジアムに向かってスグ左隣に広がっている。この広場とスタジアム敷地との境界に、先程のポプラ並木が並んでいるのである。
 ポプラ並木から、芝生広場の方に目をやると、まずは縁の部分にポプラ並木と平行するように点々と植えられた若木の列が目に入る。ここのヨーロッパナラは2002年に苗木が植えられたものなので、まだそれ程大きくは育っていない筈であり、それを考えるとどの木もちょっと大きいように思えたが、念の為にチェックしてみると、いずれもポプラの若木であった。ゆくゆくは広場とスタジアムの境に2重のポプラ並木が並ぶようにするつもりなのであろう。

 更に広場の奥の方を眺めてみると、小高くなった部分にもちらほらと小さな木が植えられているのが見える。中でも東屋のそばに、苗木っぽい、ひょろっとした感じの木が植えられている。

 近付くと、木の手前にプレートが立てられており、そこには「ガクアジサイ」と書かれていた。一瞬「なーんだ」と思ったが、どう見てもアジサイのようには見えない。やや離れた所から見ても、枝先に小さな葉がついているのが確認でき、アジサイとは葉の形も、つき方も違うのは一目瞭然であった。
 間近まで寄ってみると、案の定、この木がヨーロッパナラであった。アジサイはこの木の周囲に植えられており、それ故にヨーロッパナラの手前にアジサイのプレートが立てられていたのであった。
 ヨーロッパナラは予想通り、まだ苗木に毛が生えた程度で、樹高は約180cm といった所である。自宅の鉢植えよりは大きいが、雰囲気は大差ない感じであった。
 それにしても、アジサイのプレートはあれども、ヨーロッパナラの名が刻まれたプレートも無ければ、これが日英グリーン同盟によって植樹された旨を記したものも無い。ただ単に、芝生広場の一角に、幼木がぽつねんと植えられているだけである。これでは、この木がヨーロッパナラであるとは、植物に詳しい訳ではない、ここを訪れる大部分の人には分からないだろうし、日英グリーン同盟の、「ヨーロッパナラの植樹を通じて日英両国民に環境問題について思いを致してもらいたい」という主旨が伝わることもないであろう。流石、外来種を植えることで環境問題への意識を高めるというオボロゲな企画だけあって、植樹後の扱いもいい加減なものである。せめて樹種と植樹の理由(日英グリーン同盟のこととか、サッカーの対イングランド戦の記念だとか)を書いたプレート位は建てておいて欲しいと思う。

 そんな事を思いつつ、ふとヨーロッパナラの背後の景色に目をやった時、改めて日英グリーン同盟のオボロゲさに愕然とさせられてしまった。
 右の写真を見てもらうと分かると思うが、ヨーロッパナラの背後には通路に沿って生垣が設けられている。これは生垣と言っても、様々な樹木の若木が植えられたものであり、植木畑も兼ねたものであると思われる。恐らくは、ある程度育った所で、園内のどこかに植えかえるのであろう。
 写真では樹種までは分からないと思うが、この生垣の中にはなんとクヌギ(クリかも)の幼木もあるのだ。更に、生垣の向こうには雑木林が広がっているが、この林の縁にもクヌギと思しき木が生えている。

 前述の国会における日英グリーン同盟に関する問題点の指摘に対し、政府側は、

「イングリッシュオークにつきましては、イギリスでは一般的にどこでも生えている種類でございますが、日本には同じ種はないわけでございますので、先生の御指摘のとおり、移入種ということになります。
 移入種を日本国内に持ってきて植えるということなんですけれども、特にこのイングリッシュオークに関してだけ言えば、二百本以下という御説明がありまして、植樹の本数が非常に少ないことと、植樹される場所が都市公園とか学校とか特別限定されている場所であることとか、それから一本一本ばらばらに、密生で植えるということではなくて、林をつくるということではなくて、一本一本植えるというような感じでございますし、特に御指摘のナラの仲間というのは、大きな実をつけまして、種がそんな遠くに飛ばないし、そんなにどんどんふえていくような繁殖形態でもないものですから、我が国の生態系にすごい大きな影響を与えるというふうには考えていないところでございます。」

と答弁している。
 確かに、ドングリは重いので、そうあちこちに飛散することはないだろうし、その意味でヨーロッパナラがガンガン増殖するということは考えにくいが、コナラ属の木は比較的、種間雑種が生じ易いということを忘れてはならない。例えば、日本国内でも柏がコナラと雑種を作ることが知られている。ヨーロッパナラは柏やコナラと近縁な樹木であり、こうした雑種を産む恐れがある木を、同属のクヌギが生えている雑木林や生垣の間近に植えるという行為は、環境問題云々を言うのであれば、非常に危険極まりない行為である。距離的に、生垣は勿論のこと、背後の雑木林にもヨーロッパナラの花粉は十分に届きそうである。遠目にはクヌギの木しか確認できなかったが、林中にはひょっとするとコナラもあるかも知れない。従って、近い将来、この林の中にヨーロッパナラとクヌギやコナラとの種間雑種が生じる可能性は否定できないだろう。
 環境問題への意識の向上をお題目に、このようなことが英国大使館によって行われるとは、流石にブラックユーモアの国である。また、こんなオボロゲな企画に加担して、さも環境に良いことをしたと思ってるっぽい日本側の参加者のオボロゲっぷりもイギリス人に決してヒケはとっていない。
 思えば、日本もイギリスも同じ島国である。企画した側、受け入れた側と立場は違えど、こうしたオボロゲっぷりは、ひょっとすると島国民族に共通するセンスなのかも知れない。実はこの企画、「日英朦朧同盟2002」というのが本当のテーマで、島国特有のオボロゲなセンスを確かめあうことを通じて、日英両国民の更なる親善を図るというものであったのではなかろうか?

 また、もう一つ気になったのは、この企画、「日英グリーン同盟」という割りには、植樹が日本国内に一方的になされているっぽい点である。関連サイトを覗いてみる限り、どうもこの企画の名の元にイギリスで日本の木を植樹したという例は無いようである。
 そもそも、この企画の元ネタである日英同盟とは、我が国にとって、欧米列強と平等な条件で結んだ、最初の同盟関係という点で意義のあるものである。従って、これになぞらえて植樹をし、環境問題云々や両国民の親善を謳うのであれば、イギリスにも日本のクヌギやコナラ(桜でも何でも良いが)を植えてやらねば片手落ちというものであろう。日英グリーン同盟は日英同盟と異なり、不平等感の漂う同盟である。ひょっとすると、やっぱりイギリス人は、この手の行為が環境上宜しくないことを分かっててやってるんじゃないかという不信感すら湧いてくるではないか。日本の自然環境がどうなろうが知ったこっちゃないが、ウチは勘弁な! ということでなければ、今からでも是非、日本の木々を植樹して頂きたいものである。
 さて、日英グリーン同盟はこれ位にして、折角のヨーロッパナラをじっくりと見物してみることにする。

 まず気がついたのは、葉の色と形である。我が家の鉢植のものと比べると、全体に葉は小さく、寸詰まりな形状である。また、色も紅葉しかけていることを考慮しても、我が家のものよりも黄緑っぽい印象である。もしかすると、亜種乃至は品種が異なるのかも知れない。一口にヨーロッパナラと言っても、かなり広い地域に分布しているので、産地によって地域変異等があっても不思議ではない。

 季節柄、大分落葉が進んでいるようで、残っている葉は、それぞれの群の最上層のもののみであるようだ。我が家の鉢植も同じ状況で、こうした落葉のし方は幼木特有のものなのかも知れない。因みに我が家の鉢植では、残っている葉はまだ青々としており、散る気配は見えない。いつまで葉が残るのか気になる所である。

 そして、葉を見ると、虫に喰われて穴空きになっている部分が目立つ。日本ではどのような虫はヨーロッパナラにつくのか以前より興味を持っていたのだが、蝶や蛾の幼虫か、さもなければハムシあたりがついていたのであろうか? 残念ながら今日の所は、この葉を食べたと思しき虫を見つけることは出来なかった。

 しかし、葉の裏等を良く見てみると、所々に鳥のフンのようなものがくっついている。正体は不明であるが、これは何がしかの虫であろう。カイガラムシの仲間か、さもなければ何かの蛹か繭のようなものであろうか? 周囲に柵が巡らされており、葉に手をかけるのは憚られたので、写真を撮るに留めることにする。

 また、葉の陰に小さなクモがいるのも見つけた。ここにクモがいるということは、エサとなる虫も色々と集まってくるのであろう。季節柄、どんな虫が集まるのか、これ以上観察するのは難しそうだが、来春以降に訪れれば、色々と面白いものが見られそうである。自宅から近いことでもあるし、来年はちょくちょく訪ねるようにしたいと思う。

 この場所を訪れるのは、スタジアムが出来てからははじめてである。以前はこの界隈は雑木林と畑が広がっていたのだが、スタジアムを取り巻く公園の外には、まだそうした風景が残っている。クヌギの木もちらほら残っているようだし、これらの林には恐らくまだ多くのカブクワが暮らしているのだろう。場所的にヒラタはいないような気がするが(子供の頃もこの辺では採ったことがない)、カブトムシ、ノコ、コクワは確実にいると思われる。スタジアムができたことで、明るい街灯が方々に設置されたので、これらの街灯を夏場に巡ってみるのも面白そうである。

 前回の探訪記でも触れたが、こうした環境の中で、このヨーロッパナラが育っていくとすると、いずれはこの木にクワカブが集まるようになるのかも知れない。雑木林がこれだけ近いと、カミキリやボクトウガも産卵にやってくるだろうし、そうなれば樹液も出すようになるだろう。ヨーロッパナラにコクワやノコが集る風景は少々奇異なものに思えるし、それで良いのか? という気もしないでもないが、こうした環境下に植えられてしまったものは致し方無い。樹液を出すようになるには、まだ相当の年月が必要だろうが、可能な限り、この木の行く末を見守って行きたいと思う。

 それにしても、英国大使館による一連のヨーロッパナラの植樹であるが、「日英グリーン同盟」等と言わずに、単に日英同盟締結100周年記念事業として、日英両国民の親睦を深めるという目的で行えば良かったのではないかと思う。少なくともこの場所においては、日英グリーン同盟の趣旨を説明するものが一切無い訳で(ひょっとすると、スタジアムの中とかには何がしかのものがあるのかもしれないが)、その点からしても余計なお題目であったような気がしてならない。「グリーン」とか「環境問題」を云々しなければ、環境大臣が植樹式に参加したことが国会で取り上げられることも無かったんじゃないかという気もする。
 環境問題云々を言うから、「そりゃ違うだろ!」とツッコミたくなってしまうだけの事で、それがなければ、個人的には、こうして近所でヨーロッパナラを見ることができるのは嬉しい限りである。