パラレリの木探訪記3

−−−ボコボコポプラ編−−−

2005.11.26

■大崎公園
 天気も良く、倅もどこかに遊びに連れて行けと煩いので、ヨーロッパナラ観察も兼ね、埼玉スタジアム2002公園を再訪してみることにした。が、あいにく今日はサッカーの試合があるらしく、周辺道路は車両通行止めとなっていたので、急遽行き先を変更。比較的近くにある大崎公園へ行くことにした。

 この公園、存在は知っているのだが、これまで行ってみたことはない。噂によれば、動物園や植物園が併設されている他、子供用の遊具も豊富とのことである。植物園があるとなれば、何がしかのパラレリの木が植えられているかも知れないし、子供の遊び場の新規開拓にもなり、一石二鳥である。

 駐車場に車を止め、園内に入る。まずは倅を遊ばせなければならないので、遊具コーナーを目指す。サイクルモノレール(足漕ぎでレールの上を進む遊具)や、バッテリーカー、巨大なジャングルジム等、噂に違わず、結構な充実ぶりである。しかも、周辺にはクヌギやコナラもちらほら見受けられ、軽くチェックしてみると樹液痕が見てとれた。捲れや洞のある木もあった。敷地に隣接して発生源となりそうな雑木林があるので、夏場であれば、ここでクワカブ採集も可能であろう。

■ボコボコポプラ
 ひとしきり遊具で遊んだので、併設されている動物園へ行ってみた。規模は小さいが、レッサーパンダを筆頭に、ヤギ、シカ、ヒツジ、モルモット、各種鳥類、カメ、ヘビとこちらも結構な充実ぶりである。入園無料=市民税で運営されているにしては中々頑張っていると思う。さすが県庁所在地。市民の福利厚生にもそれなりの予算を割いているようだ。

 園内を歩いていると、樹皮がボコボコになったポプラが目に入った。

大崎公園動物園内で見かけたボコボコポプラ(左)と、樹皮のクローズアップ(右)

 一見、コルクガシのように樹皮が膨れ上がって、ボコボコしている。かなり深く抉れている箇所もあり、きっとヨーロッパではこうした所にパラレリが潜んでいるのであろう。
 前回訪れた埼玉スタジアム2002公園のポプラの木は、こういう風にはなっていなかったので、最初は何の木だろうと思ったのだが、樹形を見てポプラであると気付いた。ひょっとすると種類が違うのかも知れないが、樹種を示すプレートの類はかけられていないので、何とも言えない。

 動物園を後にし、植物園にも行ってみた。ただこちらは日本の樹木が中心で、柏やクヌギ、コナラ、ミズナラは見かけたが、ヨーロッパナラやヨーロッパブナ等の西洋物の広葉樹は見かけなかった。

 大分日も傾いてきたし、倅も遊び疲れたようなので、植物園から再び園内を横切り、駐車場に戻ることとした。その際、駐車場の手前で、また変わった形のポプラの木を発見した。
 幸い、この木のそばにも遊具があったので、倅をそこで遊ばせておきつつ、私は木の観察にとりかかった。

先程のポプラとは樹皮の雰囲気が異なるが、こちらには樹液痕が認められた。

 先程のポプラとは大分樹皮の雰囲気が異なっているが、良く見てみると、場所によってはボコボコになっている部分も見受けられるので、何らかの要因で、ボコボコになったり、この木のようになったりするのであろう。

 この木、遠目にはコナラのように見えた。樹皮が白黒の縦縞っぽくなっているのでそう思ったのだが、樹形や葉の形を見るとポプラであった。
 根元近くが大きな節のようになっており、その節の中央部分が黒っぽく陥没している。もし、この木がクヌギやコナラであったならば、いかにも樹液が染み出していて、クワガタが潜んでいそうな雰囲気である。
 近付いて、抉れている部分を覗き込んでみると、なんと黒ずんで見えていたのは樹液痕であった。他にも根元近くや幹の又の部分に樹液痕が認められ、まだ若干樹液が染み出しており、コバエが集っている箇所もあった。
 樹液は、上の写真の部分では、枝を剪定した際の傷口から出たと思われるが、コバエが集まっていた場所では、木屑が溜っている部分を通して染み出しているといった感じで、こうした出方は河川敷のヤナギ類に似ていると思う。木屑溜りから染み出すということは、やはりカミキリや蛾の幼虫が穿った穴から染み出すのであろう。

 そう言えば、学生時代に群馬の高崎出身の友人と話しをしていた際、ポプラの木でコクワやヒラタを採ったという話しを聞いたことがある。何でも彼の地元では、ポプラでクワガタが採れるというのは割と有名らしく、クヌギやコナラと共に「チェックすべき木」とされていたそうである。当時は「へえー」と思っただけであったが、雑木林のそばにポプラが植えられているような場合、ポプラの樹液にもクワカブが集まることがあるようだ。この公園のポプラは正にそのような立地にあるので、夏にはクワカブが集っていたの可能性が大である。
 欧州の昆虫関係サイトを見ても、パラレリがポプラで採れると記している所は余り多くはないのだが、このように樹液も出し、日本でもクワガタ類が集る以上、やはり欧州でもパラレリやユーロミヤマが集るのは間違いなかろう。抉れや洞、めくれも出来易いようで、クワガタが潜むにはうってつけの木であるように思う。

 今日も思いがけず、中々に面白い「パラレリの木」を見つけることが出来た。来年は実際にポプラの樹液にクワカブが集まるのかどうか、是非ともチェックしてみたいと思う。普通にクヌギやコナラも生えており、近くには湿地もあるので、コクワ、ノコ、ヒラタ、カブトの4種が期待できそうである。