パラレリの木探訪記4

−−−川口市内植物園編2−−−

2006.10.09

■1年ぶりに訪問
 昨年10月8日に訪れた、川口市内の県立植物園にあるヨーロッパナラの様子を見に行ってきた。丁度1年ぶりとなる。今日は天気も良く、絶好の散歩日和であり、珍しく妻も一緒に行くと言い出したので、親子3人で散策を楽しむこととした。

 植物園の門を潜って、道を左に折れると、早速突き当たりにヨーロッパナラの木が見えてくる。園内にはもう1本植えられているが、この2本が今迄見た所では一番大きなヨーロッパナラの木である。
 昨年訪れた際は、手前にもう1本、幼木が植えられていたのであるが、これはどこかに植え替えられたらしく、姿を消していた。代わりに幼木があった場所の奥に園内整備に使う機械を格納するテントが建てられていた。

 突き当たり迄進み、ヨーロッパナラの梢を見上げてみると、印象的な形状の葉が今年もにぎやかに繁っている。木のサイズのせいなのか、それとも品種が違うのか、我が家の幼木のものと比べると、葉の形は一緒でも、一枚一枚の大きさが2〜3倍はあるように思う。
 こうやって梢を見上げていると、まるでヨーロッパの林の中にいるような気分だ。

■日本でヨーロッパナラにカブクワは集うのか?

 かねがね思うのだが、日本でもヨーロッパナラは樹液を出し、カブクワが集うようになるのだろうか?
 種としてはコナラに近縁であり、コナラの木はカブクワが集まる木の代表格である。また、現に欧州においては、カミキリムシや蛾の幼虫が穿孔して樹液を出し、そこにユーロオオクワやユーロミヤマが集っている訳であるから、コナラに産卵するカミキリや蛾が、近縁種であるヨーロッパナラにおいてもそうするかどうか、興味のある所である。
 昨年も書いたが、この場所は台地上の雑木林を切り開いて造園されており、随所にその名残りのコナラやシラカシが残っている。コナラの内の幾つかは樹液を出しているから、その元を作っている虫がヨーロッパナラに産卵する可能性は、環境的には充分有り得る状況である。

 そこで、この木が樹液を出していないかどうか確認してみると、丁度目の高さ位の場所に枝の剪定の結果生じたと思われる捲れや洞が生じていることに気付いた。残念ながら目で見る限りは樹液や樹液痕は認められず、また、樹液臭もしなかったので、樹液は出ていないようであるが、コクワやヒラタなら充分身を隠すことが出来そうな捲れになっているので、針金等で探れば、もしかしたら奥の方に彼等が潜んでいたりするのかも知れない。採集道具を持参しなかった事が悔やまれる。


 さて、同じく剪定の結果生じたと思われる洞を覗いてみると、奥の方で蠢く黒光りする虫の姿が目に入った。一瞬、「おっ、クワガタか!?」とハッとしたが、良く見たらゴキブリであった。本当に紛らわしい奴だ。しかし、他のクワガタポイントでは、洞という洞にヒラタやコクワと共に、ことごとくゴキブリが潜んでいる事を考えると、何とはなしに「その内クワガタも……」という期待が持てるような気がしてきた。臭いはしないが、奥の方には樹液が滲み出ていたりしないだろうか?

 今年もクワカブが集う確証は得られなかったが、同じく欧州原産のポプラ(セイヨウハコヤナギ)も場所によっては樹液を出し、クワカブが集まることからして、ヨーロッパナラも条件さえ揃えば、クヌギやコナラのように樹液が出て、日本でもクワカブのホスト木となり得ると確信する次第である。今後も年に何度かは足を運んで、様子を見て行こうと思う。