和名 セイヨウトネリコ
学名 Fraxinus excelsior
分布 ヨーロッパ
a
セイヨウトネリコ
2005.10.08 埼玉県花と緑の振興センターにて撮影
葉は日本のトネリコよりも細身

●宇宙樹ユグドラシル

ゲルマン神話において、世界を貫き支えている宇宙樹「ユグドラシル」は、このセイヨウトネリコであったとされています。またトネリコは、人類の誕生と繁栄に深く関わる木とされており、最初の男は神々によりトネリコから創造され、「アスク(トネリコ)」と呼ばれたとあります(女性はニレの木から創られた)。こうして誕生した人類とこの世界は、「神々の黄昏」における神々と巨人族との戦いの結果、ユグドラシルが焼け落ち、一度滅んでしまいますが、このトネリコの大樹の洞に逃げ込んだ一組の男女が生き残り、現生人類の祖となったと伝えれております。

セイヨウトネリコはモクセイ科の高木で、樹形や葉のつき方は日本のトネリコに似ていますが、セイヨウトネリコは葉が細いのが特徴です。
日本ではトネリコにクワガタが集まるという話しは余り聞きませんが、ヨーロッパではセイヨウトネリコの樹洞からヨーロッパオオクワガタが見つかることがあり、腐朽材から幼虫が得られることもあるようです。