和名 ヨーロッパブナ
学名 Fagus sylvatica
分布 ヨーロッパ〜コーカサス
ヨーロッパブナ (若葉が紫になる園芸品種)
2005.10.08 埼玉県花と緑の振興センターにて撮影
葉は日本のブナをより丸くした感じ

●森の母

ヨーロッパナラ Quercus robur と共にヨーロッパの広葉樹林を代表する樹木で、ヨーロッパナラが「森の王」と呼ばれるのに対し、「森の母」と呼ばれ、親しまれております。

全体の雰囲気や単相林を作る点は日本のブナと良く似ていますが、日本のブナが山地性なのに対し、こちらは平地性で、グレートブリテン島南部以北の緯度にあたる地域には分布しないようです。因みにブナの単相林は日本とヨーロッパでしか見られないそうです。
葉も日本のブナに似ていますが、やや肉厚で丸味を帯びているように思います。

ヨーロッパオオクワガタはスウェーデンでは"Bokoxe" (Bok=ブナ、oxe=牛)、デンマークでは"Boeghjort" (Boeg=ブナ、hjort=鹿)と呼ばれており、ナラと共にブナとも関わりの深い虫であると考えられているようで、ナラやブナの樹液に集まるヨーロッパオオクワガタの生態が伺われます。

本種はヨーロッパからコーカサス地方にかけて分布しておりますが、黒海・カスピ海沿岸〜小アジア、西アジアにかけて近縁種のオリエントブナ Fagus orientalis が分布しております。この両種の分布域を合わせると、ヨーロッパオオクワガタのそれとほぼ一致し、ヨーロッパオオクワガタはヨーロッパナラ、ヨーロッパブナ、オリエントブナが生える地域に生息していると考えられそうです。