和名 コルクガシ、コルククヌギ
学名 Quercus suber
分布 地中海沿岸地方
コルクガシ樹皮
ヴァージンコルク(コルクガシの樹皮)
●コルクの木

地中海沿岸地方原産のウバメガシワに近縁な樹木で、厚く発達する樹皮がコルクの原料となることで有名です。
私達の身の回りで様々に利用されているコルクは、コルクガシを植えて10年程経ってから、一度樹皮を剥がし、その後に再生してくる樹皮から作られているそうです。最初に剥がした樹皮は品質が悪いため、コルクの原料としては用いられませんが、「ヴァージンコルク」の名で、装飾や園芸用途に用いられます。
日本では戦時中、コルクガシの樹皮の輸入が困難になったため、同じようにコルク層が発達するアベマキの樹皮を粉砕したもので代用しておりました。アベマキは見た目がクヌギに似ている為、今では、アベマキとコルクガシの事を「コルククヌギ」と呼ぶ場合があります。

また、コルクガシの樹皮は、細胞の発見と研究の基礎となったことでも知られています。