和名 ヨーロッパナラ
学名 Quercus robur Linne
分布 ヨーロッパ、コーカサス、小アジア、北アフリカ、中東
ヨーロッパナラ ファスティギアタ(直立性の園芸品種)
2005.10.08 埼玉県花と緑の振興センターにて撮影
葉は日本の柏とコナラを混ぜたような感じ

●森の王

ヨーロッパオオクワガタ同様、近代分類学の基礎を築いたリンネによって記載された、ブナ科コナラ属の落葉広葉樹です。ヨーロッパにおける所謂「オーク」(ナラ/カシ類の総称)の代表格で、実(ドングリ)はコナラやミズナラのものに似ておりますが、葉の形状は柏に近く、ドイツ柏、イギリス柏等と呼ばれることもあります。
日本の柏には樹液を出すイメージやクワガタがたかるイメージは乏しいですが、ヨーロッパではこの木の樹液にヨーロッパオオクワガタやヨーロッパミヤマクワガタが集まるようで、これらのクワガタの地方名には、例えばスウェーデンにおけるミヤマクワガタ "Ekoxe" (Ek=オーク、oxe=牛)、ヨーロッパオオクワガタ "Mindle ekoxe"(Mindle=小さな、Ek=オーク、oxe=牛)等、「オークの虫」といったニュアンスのものが多く見受けられます。

ヨーロッパナラは、森の木々の中でも一際大きく立派になることから、「森の王」と神聖視され、古来より儀式や祭礼の際に用いる火は、この木を使っておこす等、魔除けや厄除けの力があると考えられてきたようです。
また、この木は森の中でも高く、大きくなることが災いしてか、しばしば古木が落雷にあうことがあるようです。ヨーロッパの一部地域では、「雷は同じ場所に2度は落ちない」と信じられており、これが転じて、落雷にあったヨーロッパナラの材を落雷避けのお守りとして自宅に置いておく風習があるとのことです。

ヨーロッパナラと落雷との関係は、そこに住むクワガタに対しても伝説を付与しました。
雷に打たれた古木から、しばしばクワガタが見つかることから、ゲルマン人はクワガタを雷神トールの使いと看做しておりました。クワガタの地方名として、ドイツでは"Donner puppe"(Donner=トール、puppe=手先)、イギリスのケント地方では"Thunder beetle"(Thunder=雷、トール、beetle=甲虫)があります。

ヨーロッパナラの分布範囲を見てみますと、ヨーロッパオオクワガタやヨーロッパミヤマクワガタのそれとほぼ重っていることが分ります。ヨーロッパナラの森の広がりと共に、これらのクワガタ達も分布を広げていったのでしょう。