和名 セイヨウトチノキ、マロニエ
学名 Aesculus hippocastanum
分布 ヨーロッパ(ギリシャ〜トルコ原産)
a
マロニエ(セイヨウトチノキ)
2005.10.08 川口市立グリーンセンターにて撮影
葉はクヌギっぽい。

●マロングラッセの実

セイヨウトチノキの和名より、俗称の「マロニエ」と言った方が分かりやすいかも知れません。
「マロニエ」とはフランス語で「栗(マロン)に似た木」という意味で、栗に似たイガのある実をつける事に由来します。有名な洋菓子、マロングラッセは、元々このマロニエの実を使って作られていたとも言われています。

原産はギリシャ等バルカン半島ですが、欧州では街路樹として各地に植樹されており、パリのマロニエ並木は有名です。
外観は日本のトチノキに酷似していますが、こちらの方が葉が小振りで、花が赤味を帯びる(日本のものは白い)のが特徴です。
実は日本のものも、欧州のものも、共に食用となりますが、弱い毒素を有しているので、充分にアク抜きをする必要があります。

因みに、日本のクヌギの名は「栗似木」の転訛であるとの説があり、これに従えば、クヌギは日本の「マロニエ」と言えるでしょう。