和名 セイヨウハコヤナギ、ポプラ
学名 Populus nigra var. italica
分布 ヨーロッパ
セイヨウハコヤナギ
2005.11.13 埼玉スタジアム2002公園にて撮影
葉は日本のハコヤナギに似ている

●神罰の木

日本では一般に「ポプラ」と呼ばれる他、「セイヨウハコヤナギ」「イタリアヤマナラシ」等とも呼ばれます。「ポプラ」は学名のPopulus から、「セイヨウハコヤナギ」や「イタリアヤマナラシ」は国産の近縁種であるハコヤナギ(ヤマナラシ)に似ていることからの命名です。しかしながら、これらの呼称は特定の樹種の呼び名というよりは、海外から移入されたPopulus属の木全般を指すもののようです。
関東近郊で比較的多く見られるのは、ポプラの中でもPopulus nigra var. italica「イタリアクロハコヤナギ」又は「イタリアポプラ」と呼ばれるもののようです。

ポプラは古代より材木等としてヨーロッパ人に利用されており、これを反映してか、神話や伝説にも度々登場します。
ギリシャ神話では、主神ゼウスのスプーンを盗んだ罪で神罰を下され、それに怖れおののいたために、髪の毛が逆立ったような樹形になったとされています。また、キリスト教の伝説では、ゴルゴダの丘でイエスの処刑に用いた十字架の材料として用いられ、イエスの血を浴びた事で怖れおののいたとか、イエスをローマ人に売り渡した弟子のユダがポプラの木で首を吊ったために、怒り狂って、今の樹形になったとされております。
いずれにせよ、ヨーロッパ人は、神罰に対する畏怖の念から、ポプラはあのような形になったのだと考えていたようです。

日本でもハコヤナギをはじめとするヤナギ類にはクワガタが良く集まることが知られていますが、ヨーロッパでもポプラの樹洞や樹皮めくれの下にヨーロッパオオクワガタが潜んでいることがあるようです。

上の写真はポプラの樹皮の様子です。一見すると異なる種類のように見えますが、左の写真の右上の部分が、右の写真のもののようにボコボコになっておりますので、何らかの条件によって、左のようになったり、右のようになったりするのでしょう。
また、左の写真には、樹液痕を伴う抉れがあります。国内でもポプラの樹液や樹洞において、コクワガタやヒラタクワガタの採集例があるようで、この木も夏場であれば、各種クワガタ類が集まるのかも知れません。