パラレリを撮る
2004.12.07

 このサイトを立ち上げようと考えたのは良いが、これに伴って、一つ大きな問題が生じてしまった。それは「写真」である。
 やはり文章とイラストだけでは寂しいので、ユーロオオクワの写真を撮って載せたい所であるが、これまでの30数年の人生において、クワガタのような小さい被写体を撮ろうと思ったことが全く無いので、マクロ撮影可能な機材を持っていないのであった。さて、どうしたものか...

●ライカ、ペンタ、それともデジカメ?

Leica IIIc + 一眼レフファインダーユニット"PLOOT" + Hektor 135mm F4 + 伸縮フード"FIKUS" これに蛇腹を取り付ければ、一応接写は可能になるが...
 厳密に言えば、マクロ装備が全く無い訳ではない。
 実は趣味で、古いライカの収集とそれを使っての撮影なんてこともやっているのであるが、このコレクションの一つとして、1950年代頃の製品と思われる接写用のベローズ(蛇腹)と1940年製の専用一眼レフファインダーユニットを持っている。この蛇腹に50mm か135mm レンズを装着することで、戦前戦中モデルのレンジファインダーライカでもかなり高度な接写を行うことが可能になるのである。勿論、いずれも実用可能なコンディションのものを購入しているので、これを使って撮るという手が無いこともない。
 しかし、大凡の想像はつくと思うが、何しろ半世紀以上前の代物である。ガンレフファインダーのスクリーンは暗く、ピントの山が掴みづらい。更に左右逆像であり、これを用いて動く物体を追って撮影するのは至難の技だ。被写体がファインダー上で右に動いたら、カメラは左にふらないといけないのだ。これでちょこまか動くクワガタを撮るのは、余り現実的とは言えない。

 困ったことに、私はこの手のライカ以外のカメラとしては、父から譲り受けた1960年代後半頃のアサヒ・ペンタックスの一眼レフしか持っていない。これにはマクロレンズや接写リングも付属していた筈であるが、父から譲り受けたのはボディと標準レンズ一本のみであり、これで本格的な接写をやろうと思ったら、中古カメラ屋を巡って交換レンズやら接写リングやらを買い揃えなくてはならない。
 裏技として、レンズマウントアダプターを購入して、ライカ用レンズをペンタックスに装着して使うという手はある。こうすると、レンズの規格の違いから、ライカレンズを接写専用レンズとして使うことが出来るのだ。新しいレンズを買わないという点では良い策ではあるが、このアダプター、ペンタックス用の中古マクロレンズと大して金額が変わらないという点がひっかかる。

 一方、HP製作という目的と作業性を考えるなら、マクロ撮影可能なデジカメが一番であろう。現像待ちもなければ、スキャニングする手間もいらない。気に入らない画像はその場で消去して撮りなおせるし、この手の用途にはうってつけである。
 家にデジカメが無い訳ではないが、妻が持っているデジカメは、画素数的には必要充分であるものの、残念ながらマクロ機能がついていない(と妻が言っていた)。限界ギリギリまで近付いて撮影したデータから、クワガタの部分を抽出して拡大したりしてみたが、やはり写りはイマイチであった(写真下)。

これ以上拡大すると、もう駄目
 しかし、そこそこの性能のマクロ機能付きデジカメを買うとなると、かなりの出費を覚悟しなくてはならない。問題は大枚叩いて買った所で、恐らくクワガタを撮る以外には全く使わないだろうという点だ。
 元々、やたらとボタンやらダイヤルやらがついていて、操作が煩雑な現代のオートマチックカメラは好きではない。絞りや露出を自由にいじくれない点も嫌だ。だから古いライカなんかを好んで使っている訳なのだが、接写をしようと思わなければ、このライカのシステムで大抵の撮影をこなすことができる。だから、新しいデジカメの出番はクワガタ撮影以外にはない。
 それを考えると、どうせ大枚叩くなら新しいライカのレンズかアクセサリーでも買った方が良いという気分になってしまう。しかし、何か新しい機材を用意しないと、マトモなクワガタ写真を撮れそうもない。ジレンマだ。

 そういう訳で、どうしようか悶々と悩んだ。
 とりあえずライカ+蛇腹でトライしてみて、どうにもダメならペンタックス用の接写機材を揃えるというのが現実的であろうか? ペンタ用の中古機材なら安いので、それ程の出費にもならないだろうし。
 でも、作業性を考えるとやっぱしデジカメが楽でいい。しかし、それに大枚叩くのはちょっとねえ...。
 やっぱ、とりあえずライカかなあ。で、ダメならペンタでやってみて...でもスキャニングしたりすんの面倒臭いしなあ、と、なると、デジカメがいいなあ....しかし、金がもっ......

●危うく無駄な出費を...

 悶々と悩みながら数日が過ぎ、今日、あることを思い出した。
 以前、フィルムを買いに出かけた近所のカメラ屋で、デジカメレンズに装着する「マクロアダプター」なるものを見かけたことがある。もし、家のデジカメ用のものがあれば、これを買うのが手っ取り早いのではなかろうか? 確か値段も大したことは無かったように記憶している。¥2,000-位だったか?
 家のデジカメはオリンパスのCAMEDIA C-200ZOOM という機種なので、早速オリンパスのサイトにアクセスし、これ用のマクロアダプターがあるのかないのか探してみる。
 が、製品仕様一覧を見ると、なんか「マクロモード」とか書いてあるではないか。
 ボディ背面の十字ボタンの花のマークがある所を押すとマクロモードになり、20cmまで近寄れるらしい。
 なんだ、家のデジカメにマクロモードついてんじゃん。妻もいい加減なものだ、危うく余計な買い物をしてしまう所であった。

 前々からこの花のマークが何なのか気にはなっていたのであるが、カラフルな植物撮る時の特殊な色補正モードか何かだと思っていた。大体、花のマークを見て、マクロモードを連想するもんだろうか?
 説明書を読まないのが悪いと言われればそれまでだが、こんなもん、素直に「マクロ」とか「接写」とか書いておけばいいような気がする。多分、海外に輸出する事を考えて、言葉ではなくアイコンにしているんだと推察するけれども、どの道、取説を読まないと意味が分からないのだから、アイコンにしなくても良いのではなかろうか? せめて英語で「Macro」と書いておくとかして欲しいものである。

ちゃんとマクロ機能ついてるじゃん!
 さて、花ボタンを押せば20cm迄近寄れることが分かったので、早速デジカメを取り出して、ユーロオオクワの写真を撮ってみる。被写体は一昨日やってきたイタリア産♂に決定だ。
 ケージから取り出して、倅が遊んだまま出しっ放しにしていた、VW Beetle のミニカーの上に乗せて、シャッターを切る。
 露出がクワガタに合っていない等、もうちょっと練習しないといけないようであるが、とりあえずそれなりに撮れているようだ。左の写真はPhotoshop にてその辺を補正済み。
 デジカメに限らず、この手のコンパクトカメラは細かな露出制御が出来ないのが難点である。光量が少ないと自動的にフラッシュを焚くのも考えものだ。露光時間を伸ばすというプログラムはないのだろうか?
自分で制御出来ない以上、機械のクセを掴んで、それに合わせるより他に道は無い。それから、レンズが広角寄りなため、背景ボケもイマイチ美しくない。やはりライカかペンタックスを唸らせるか?

 ま、記録写真だから、何が写っているのか分かれば充分ではあり、そういう意味では必要充分なスペックは有していると言えよう。当面、機材の新規調達は行わず、このデジカメで頑張ろうと思う。