やっぱりユーロコクワか?
2004.12.09

 「ヨーロッパオオクワガタ」という和名がつけられてはいるが、パラレリは最大でも35mm 前後にしかならないちっこいクワガタである。姿形は確かにオオクワ風なものを感じるが、サイズ的には平均的な大きさの国産コクワ(デカい奴は50mm超えるが)やスジクワ、リュウキュウコクワとほぼ同じであり、むしろ「ヨーロッパコクワガタ」と呼んだ方がしっくりくるかも知れない。正直、「オオクワ」という部分に違和感を感じないでもない。皆さんはどうだろうか?

●やっぱり「コクワ」って呼ばれてるじゃん

 このサイトを作るにあたり、分布域各国の昆虫関連サイトを見て回り、情報収集を試みた。その際、検索でより多くのサイトをヒットさせるには、学名だけでなく、現地での呼び方をキーワードとしなければならないということを学んだのであるが、この呼び名、調べてみると圧倒的に「コクワガタ」という意味のものが多い。以下に呼び方の一覧表を示してみる。

2005.09.27 追記

 読者の方から、ロシア語及び東欧諸語における本種の呼び名の発音と意味に関して御教示頂きました。これに基づき、発音と意味の追加と訂正を行いました。また、スロベニアでの呼び方を追加しました。

国名 呼称 発音 意味
イギリス Lesser stag beetle レッサースタッグビートル Lesser=小型の、Stag beetle=クワガタ
Small stag beetle スモールスタッグビートル Small=小さな、Stag beetle=クワガタ
イタリア Cervo volante minore Cervo volante=クワガタ、minore=小さい
ウクライナ Oleneek アリニョーク マメジカ
オーストリア Zwerghirschkaefer ツヴェルクヒルシュケーファー Zwerg=小さい・小人、Hirschkaefer=クワガタ
オランダ Klein vliegend hert Klein=小さい、Vliegend hert=クワガタ
ギリシャ Elafokantharos micros エラフォカンターロス ミクロス Elafokantharos=クワガタ、micros=小さい
クロアチア Mali jelenak マリ イェレナク Mali=小さい、Jelenak=クワガタ
スイス Petit Cerf volant(仏語) Petit=小さい、Cerf volant=クワガタ
Cervo volante minore(伊語) Cervo volante=クワガタ、minore=小さい
Zwerghirschkaefer(独語) ツヴェルクヒルシュケーファー Zwerg=小さい・小人、Hirschkaefer=クワガタ
スウェーデン Bokoxe Bok=ブナ、Oxe=牛
Mindle ekoxe Mindle=小さい、Ekoxe=クワガタ
スペイン Pequeno ciervo volante Pequeno=小さい、Ciervo volante=クワガタ
スロバキア Rohacek Kozilik ロハーチェク コズリーク Rohacek=クワガタ、Kozilik=小さな雄山羊
Rohacek obycajny ロハーチェク オブィチャイヌィー Rohacek=クワガタ、obycajny=普通の
スロベニア Mali rogac マリ ロガチ Mali=小さい、rogac=クワガタ
チェコ Rohacek Kozilik ロハーチェク コズリーク Rohacek=クワガタ、Kozilik=小さな雄山羊
デンマーク Boeghjort Boeg=ブナ、Hjort=鹿
ドイツ Zwerghirschkaefer ツヴェルクヒルシュケーファー Zwerg=小さい・小人、Hirschkaefer=クワガタ
Kleiner Hirschkaefer クライナーヒルシュケーファー Kleiner=小さい、Hirschkaefer=クワガタ
Balkenschroeter バルケンシュレーター Balken=角材・棒、Schroeter=クワガタ
ハンガリー Kis szarvosbogar Kis=小さい、Szarvosbogar=クワガタ
フィンランド Pikkutammihaerkae Pikku=小さい、Tammihaerkae=クワガタ
フランス Petit cerf volant Petit=小さい、Cerfvolant=クワガタ
Petite biche Petit=小さい、Biche=雌鹿
ベルギー Petit cerf volant(仏語) Petit=小さい、Cerfvolant=クワガタ
Petite biche(仏語) Petit=小さい、Biche=雌鹿
Klein vliegend hert(フラマン) Klein=小さい、Vliegendhert=クワガタ
ポーランド Ciolek czarny チョーゥエク チャールヌィ Ciolek=子牛・子鹿、Czarny=黒い
ラトビア Blava briezvabole Blava=おしゃべりな女、Briezvabole=クワガタ
リトアニア Platusis elniaragis Platusis=幅広な、Elniaragis=クワガタ
ロシア Oleneek アリニョーク マメジカ
Oleneek Obyknovennyi アリニョーク アビクナヴェーンヌィイ Oleneek=マメジカ、Obyknovennyi=普通の

 一番分かりやすいのは、英語の"Lesser stag beetle" であろう。これはモロに「コクワガタ」である。
 その他、詳細は「世界のパラレリ」を参照されたいが、ポーランド、チェコ、スロバキア、クロアチア、ドイツ、オーストリア、ベルギー、オランダ、フランス、スイス、イタリア、スペイン、ギリシャで「小さい」+「クワガタ」という意味の名前で呼ばれていることが分かった。
 フランス語(Petite biche)やロシア語(Оленёк)では「小鹿ちゃん」的な意味の名前も付けられているようだが、これもちょっと捻ってはあるものの、鹿とは鹿の角のような大顎を持つユーロミヤマを指していると思われるので、ニュアンスとしては「小さいクワガタ=コクワガタ」となろう。やっぱりヨーロッパの人々もパラレリを見ると「コクワ」と呼ばずにはいられないらしい。
 また、フランス語の"Biche" (雌鹿)やロシア語の"Оленёк"(小鹿ちゃん)という単語は、それのみでDorcus属を意味する場合がある。ヨーロッパにはパラレリとその亜種や近縁種しか生息していないので、そういうことになるのであろうが、ロシアでパラレリのことであると明確にしたい場合、"Оленёк обыкновенный"(アリニョーク アビクナヴェーンヌィイ)と言ったりする。アビクナヴェーンヌィイには「普通」という意味があるので、「ナミクワガタ」とでもいった所であろうか? そう言えば、日本のコクワも戦前は「ナミクハガタ」と呼ばれていたので、これと同じセンスであろう。

 さて、日本ではDorcus属のことを「オオクワガタ属」と呼んでいるが、以上の点を踏まえると、ヨーロッパではDorcus属は「コクワガタ属」という感じで認識されているのではないかと思う。旧コクワガタ属をMacrodorcas(マクロドルカス=大きなドルクス)としていたことからも、元々ドルクスとは小さいものだと考えられていたのであろう。ヨーロッパ人にとってはコクワガタ属がオオクワであり、日本人にとってはヨーロッパのコクワ=ドルクスがオオクワガタ属であるという風に、認識が逆転しているのが面白い。
 この事から推察するに、ヨーロッパ人のセンスからすると、日本のオオクワはさしずめ「オオコクワ(Giant lesser stag beetle)」、オオヒラタは「オオヒラタコクワ(Giant flat lesser stag beetle)」という事になるのではなかろうか?

●では、ヨーロッパの「オオクワガタ」とは?

 こうなると気になってくるのが、「コクワがいるなら、オオクワもいるのか?」であるが、ヨーロッパにおけるオオクワとはヨーロッパミヤマクワガタのことであるらしい。
 ヨーロッパでは単に「クワガタ」と言った場合、それはユーロミヤマを指すようで、これと比べて小さなクワガタという意味で、ユーロオオクワのことを「コクワガタ」と呼んでいるのだ。
 だから、通常、ユーロミヤマのことはどの国でも単に「クワガタ」としか呼ばないし、それで誰もがユーロミヤマを想像するらしいのであるが、稀にユーロミヤマを「ユーロオオクワよりも大きいクワガタ=オオクワ」と呼ぶ場合を見かける。一番分かり易い英語を例にすると、"Giant stag beetle" という表現があるのだ。
 この事を知らずに、ヨーロッパオオクワガタという和名を英語(等の欧州各国語)に直訳して、向こうの標本屋等に「I want to buy some pair of dried Europian giant stag beetle.」等と言ってしまうと、多分、漏れなくユーロミヤマの標本リストが送られてくる事になるであろう。ヨーロッパでユーロオオクワと言ってしまうと、みんなユーロミヤマのことだと思ってしまうのだ。

 だんだん訳の分からないことになってきたが、パラレリに「ヨーロッパオオクワガタ」という和名がつけられたのは、皆様御存知の通り、単にドルクス属を日本では「オオクワガタ属」と呼んでいたからである。「ヨーロッパに生息するドルクス属のクワガタ」というのが、ヨーロッパオオクワガタという和名に込められた意味であろう。
 もう一つ、「ヨーロッパコツノオオクワガタ」という和名もあるが、ヨーロッパでも国によってはパラレリを「(ユーロミヤマと比べて)角の小さいクワガタ」という意味の名前で呼んでいる場合がある。前述のフランスやロシアの「小鹿ちゃん」等がその例であるが、大抵の国の「クワガタ(ユーロミヤマ)」を意味する言葉を直訳すると、「鹿のような甲虫」となる。従って、各国の「小さいクワガタ=コクワガタ」という意味の言葉を直訳すると、「鹿のような甲虫の小さい奴」となり、そこには角(大顎)がユーロミヤマと比べて小さいというニュアンスも込められているように思う。その意味では、「ヨーロッパコツノオオクワガタ」という表現の方が、現地での呼び方もある程度反映されている形になっており、より適切なものなのではないかと私は思う。勿論、この場合の「コツノ」とは、「ユーロミヤマと比べて小さい」という意味ではなく、「オオクワガタの類としては小さい」という意味ではあるし、現地での呼び方を和名に反映させる必要もないのかも知れないが。