35mmチビオオクワ
2004.12.10
 左の写真は大きなパラレリと小さなパラレリを並べたものではない。右はフランス産パラレリで体長約30mmであるが、左はクワガタに詳しい方なら色艶や大顎の形で分かると思うが、体長35mmのDorcus hopei binodulosus 、つまり日本のオオクワの小型個体なのである。そう、あの最大75mm にもなるオオクワなのだ。

 クワガタは昆虫の中でも、個体差が激しい虫として知られている。同じ種類の♂であっても、体格によって、とても同一種とは思えないような外観上の変化が生じる場合が多い。一般に、同じ種類であれば、小型で大顎が発達しない個体には、その種の原型の特徴が色濃く残されているとされる。こうした、同種の個体の中でも、簡素な大顎を持つ小型の個体を「原歯型」と呼ぶのはそのためである。このチビオオクワも「原歯型」であり、日本のオオクワも元はこんな感じの虫であったことが推察される。

 ところで、35mm といえば、パラレリの最大級の個体もそれ位になるそうであるが、確かにこのサイズになると日本のオオクワもパラレリっぽく見え、同じドルクス属のクワガタであることが良く分かる。
 ドルクス属はクワガタムシ科の中でもかなり大きな属で、約140種が知られており、70mm を超える大型種や100mm を超える超大型種も多い。しかし、このチビオオクワのような大型ドルクスの原歯型とパラレリとが似ているということは、ドルクス属共通の祖先は、こうした体長2〜3cm程度で、湾曲した大顎と1内歯を持つクワガタだったのではないだろうか? チビオオクワに、Dorcus hopei 種の原型が見られるのだとしたら、パラレリにはドルクス属の原型となったクワガタの特徴が色濃く残されているのかも知れない。