parallelopipedus? parallelepipedus?
2004.12.17

 ユーロオオクワの学名はDorcus parallelipipedus であるが、世界各国の昆虫関連サイトを覗いてみると、種小名parallelipipedus の部分をparallelopipedusparallelepipedus と表記している場合があることに気付いた。
 最初は単なる誤字かと思っていたのであるが、国によっては、むしろ、パラレロ〜 とかパラレレ〜 と表記してあるサイトの方が多いので、単なる誤記とも思えないのである。

 考えられるのは、リンネによって記載された後に、ユーロオオクワをパラレロとかパラレレという名前で記載した人がおり、後にリンネのパラレリと同一種であることが判明したため、学名としては用いられなくなった同物異名、つまりシノニムではなかろうかということである。
 仮にそうだとしたら、恐らく、パラレロやパラレレと呼ぶ地域は、その名で記載した学者が住んでいた国を中心とした地域に片寄るのではないかと思われる。つまり、それらの地域では、記載されて以来、ずっと、パラレロなりパラレレなりと呼び続けているのではないだろうか?
 そこで、Dorcus parallelopipedus と Dorcus parallelepipedus をキーワードにネット検索し、ヒットしたサイトのドメイン等から、どの国でパラレロやパラレレと呼ぶ場合が多いのかを調べてみた。


表1:パラレロ
国名 サイト数
トルコ *
フィンランド
スウェーデン ***********
ロシア *******
ラトビア ********
エストニア
リトアニア **
ポーランド ******************
ドイツ *********************
オーストリア **
チェコ **************
スロバキア ***
ハンガリー *****
クロアチア ***
スロベニア **
デンマーク **
オランダ *
ベルギー ***
スイス ***
イタリア ***
フランス ******
スペイン **
イギリス ******
アイルランド *
アメリカ *
カナダ *
表2:パラレレ
国名 サイト数
トルコ
フィンランド **
スウェーデン ********
ロシア *
ラトビア
エストニア **
リトアニア
ポーランド ******
ドイツ **********
オーストリア *
チェコ *****
スロバキア
ハンガリー *********
クロアチア
スロベニア
デンマーク *******
オランダ
ベルギー *
スイス *
イタリア *******************
フランス *******
スペイン ***
イギリス ********
アイルランド
アメリカ *
カナダ
 この集計には多少の重複(一つのサイト内に複数のパラレリ関連ページがある場合等)の可能性がある他、その国における人口や、昆虫に対する関心度の高低、インターネットの普及率といった文化的な要素も絡んでくるので、単純にこの結果から「ある国では◯◯と呼ぶ場合が多い」と断言することは出来ないと思うが、大凡の傾向を推察することは可能であろう。

 こうして見てみると、パラレロ〜はドイツやポーランドを中心とした中央ヨーロッパで良く使われているらしく、パラレレ〜の方はイタリアで良く使われているらしい。
 しかし、どちらの呼び方も欧州各国で広く使われており、スウェーデン、ドイツ、フランス、イギリス等ではどちらの呼び方もそこそこ使われているようだ。

 この2つの呼び方の出所は、今の所不明なのであるが、やはりある程度の地域性が感じられるので、パラレロ〜はドイツかポーランド、パラレレ〜はイタリアにて命名されたシノニムなのではなかろうか?
 あと考えられるのは、それぞれの国で、有名な昆虫学者か何かが最初に誤記してしまい、皆がそれを参照して学名を記述したのではないか? という可能性もあるかも知れない。
 ユーロオオクワに強い関心を持つ人はそうそういないであろうから、誤記を誤記と気付いていない可能性もなきにしもあらずである。
 まあ、学名がパラレリだろうが、パラレロだろうが、パラレレだろうが何でも構わないのであるが、どうして3通りの呼び方があるのか、ちょっと気になってしまう。
 詳しい経緯を御存知の方がおりましたら、是非とも御教示の程を。


2005.03.14 追記

 調べを進めてみた所、"parallelopipedus"の方は、英国のサイト "Checklist of Beatles of the British Isles" によれば、単なる誤記(misspelling)である事が判明。
 一方、"parallelepipedus"の方は、Dorcus parallelepipedus Badel,1911 として記載されている事が判明。詳しい説明文は見当たらないので、詳細は不明だが、多分、同物異名ということなのではないかと思われる。