アプハジア
2005.01.19
 ※従来当サイトでは、"Abkhazia" を「アブハジア」と読んで参りましたが、ロシア語では「アプハジア」と読むとの御指摘を賜りました。出来るだけ原音に忠実でありたいと思いますので、表記は全て「アプハジア」に訂正致しました。

●勘違い
 昨年、ロシアの標本商より購入したコーカサスオオクワガタDorcus caucasicus の標本ラベルには、"W Caucasus, Abkhazia, Bzyb Mt. rng., Huap v., 1600m, 24.06.04" と記載されていた。この採集地である西コーカサスのアプハジアは、ずっとロシア連邦の南端あたりにあると思っていたのだが、最近、仕事の関係で世界地図を見た際に、現在この地域はロシアではなく、グルジア共和国に属しているということが判明した。

 上の図は、現在のグルジア共和国を示したものであるが、アプハジアは「アプハジア自治共和国」(オレンジ色の部分)として、グルジアの北西部一帯を占めている。
 何故、アプハジアをロシアの一部だと思っていたかというと、端的に言えば、旧ソ連=ロシアという単純な発想なのであるが、ちょっと言い訳すると、グルジアは「南コーカサス」という印象を持っていたからだ。南がグルジアで、西、北、東コーカサスはロシアであるとずっと思っており、標本ラベルに「W Caucasus」とあったので、「こりゃ、ロシアの黒海沿りあたりだな」と誤解してしまった次第である。改めて地図を見てみると、確かにアプハジアは西コーカサスと呼んで差し支えない地域である。

 余談だが、グルジアは英語表記では"Georgia" となる。ヨーロッパにおけるクワガタの分布状況を解説している文献やサイトに良くある「国別状況」的なページで、たまに"Georgia" とあるのを見かけていたのだが、これも恥ずかしながら、欧州のどこかに「ジョージア」または「ゲオルキア」という小国があるのだろうとずっと思っていた。更に旧ソ連圏か旧ユーゴ圏あたりかなあとまで勝手に推測していたのである。
 旧ソ連圏という部分は当っていたが、まさかこれが「グルジア」の事だとは分からなかった。調べてみると、グルジアという名は、キリスト教の守護聖人である聖ゲオルギウスの名に由来しているそうである。コーカサス地方というと「イスラム圏」というイメージを持っていたのだが、意外にもグルジアはキリスト教国(グルジア正教という宗派らしい)なのだそうである。

 そういう訳で「世界のパラレリ」にグルジアコーナーを新設し、現在ロシアの項にて紹介している標本写真や解説をそちらに移さねばならないと思い、まずはグルジア語でユーロオオクワを何と呼んでいるか調べようとした所、アプハジアは素直にはグルジアの一部とは言えない、複雑な事情を抱えている地域だということが判明した。実はこの地域、事実上、グルジアから独立しているのである。

●ロシア? グルジア? 独立国?

 アプハジアを含む、グルジア一帯は、元々旧ソ連の一部であった。1991年のソ連崩壊後、グルジアは独立国となり、翌92年には旧ソ連憲法を停止させたのであるが、これにより、旧ソ連時代に認められていた自治権が失われてしまうことを危惧したアプハジア人は、自治議会においてロシアへの合邦を決議。これを認めないグルジア政府との間に内戦が巻き起こった。
 一時はグルジア政府軍によって反乱は鎮圧されかけたものの、ロシアの援助や北コーカサスからの義勇兵の参加を受けて勢いを盛りかえし、93年9月には自治区の首都スフミを占領。同年中にアプハジアからグルジア勢力を一掃し、事実上の独立を勝ち得た。
 94年11月には新憲法を採択し、独立を宣言。しかし国際社会の認知を得られないまま、公式には現在もグルジア共和国内の一自治共和国という扱いになっている。
 一方で経済的にはロシアへの依存度を高めており、独立戦争時にロシアからの支援を受けていたことも含め、グルジアというよりは、むしろロシアの一自治共和国とでも言えそうな状況である。

 このように、ロシアなんだか、グルジアなんだか、独立国なんだかはっきりしないというのが現状である。しかし、国際社会が独立を認めず、グルジアとは一緒にやっていく気がない以上、結局の所、ロシアと合邦ということにならざるを得ないのではなかろうか?
 と、いうことで、白黒ハッキリつくまで、当サイトではロシアの項にて、アプハジア産の標本を紹介し続けることにしたい。