コクワとパラレリ
−−産卵環境を考える−−
2005.03.09
●コクワ大増殖
 元々、私のクワガタに対する興味は、地元で採集できる本土ヒラタやコクワに向けられていた。子供の頃から親しんできた種であるというのもあるが、倅と一緒に採集を楽しめるという部分の方が最近では大きいように思う。昨夏も倅と共に地元埼玉県南部を中心にこれらの採集に励み、ここ数年の蓄積として、パラレリなぞ足元にも及ばない数のコクワやヒラタを飼育することになっている。ヒラタはそれほど採れないので、大した数ではないが、コクワは親虫だけで各産地合計50匹程生存している。このコクワ達が昨夏〜秋にかけて産んだ幼虫達が、最近続々と蛹化〜羽化している。数はマトモに数えたことがないのだが、恐らく100匹近くいるのではないだろうか?
 一口にコクワと言っても、体色が黒いものから赤味の強いもの、20mm台の小型個体から45mmを超える大型個体まで色々とあるし、大顎の形状にも太短いものや、スマートな形状のもの等様々なヴァリエーションがある。これらコクワ達の中でも一番目をかけているのが、昨年採集した45mmの♂で、今年は新成虫の♀とかけあわせて大型個体を狙ってみようかと考えている。

 昨日現在の状況であるが、既に羽化しているのが、♂40mm、♂30mm台後半、♀20mm台前半×2の4匹。蛹になっているのが♂2匹、♀3匹。前蛹状態のものが20匹程度である。これは外部から視認できる個体だけであり、見えない所で蛹化、羽化している個体もかなりいるのではないかと思われる。
 しかし、このまま順調に育つとなると、数十匹の新成虫が生まれてくる訳で、生存中の親虫と合わせると成虫が100匹を超えるのは避けられない状況である。「採集&繁殖は計画的に!」という言葉が頭をよぎるが、比較的小柄なコクワと言えども、これだけの成虫の飼育スペースをいかに確保するかが今年の課題となりそうだ。

●パラレリと比べて

 最大54〜55mm程度になるとは言え、20mm台〜30mm台の個体が多いコクワは、国産ドルクス種の中でもパラレリチックな虫であると言える。恐らく種としてはオオクワの方がよりパラレリに近いと思われるが、サイズ的な面や、日本中どこでも普通に見られるといった点からすると、コクワの方がオオクワよりも、ヨーロッパにおけるパラレリの存在により近いものがあると言えそうである。
 このことから、当初はパラレリもコクワ並に簡単に増えてくれるのではないかと思っていたのだが、どうも状況は芳しく無い。今の所、トルコ産幼虫1匹を得るに留まっている。どこに問題があるのであろうか?

 そもそも材を余り齧らないという点から、産卵材の選択を過っている可能性がまず考えられる。コクワのケースを思い起こしてみると、初期に投入していた固目の材に対しては全く産卵しなかったか、1〜2匹の幼虫が得られるに留まっていたが、材を柔らか目のクヌギやコナラ材に切り替えた所、コクワ達は材の内部へと坑道を穿つようになり、産卵数は爆発的に増加した。
 一方、パラレリに対しても、最初に投入したのは固目のコナラ材であり、これからは上述の通り、トルコ産幼虫一匹が得られるに留まった。これに対し、柔らか目のコナラ材を投入したシリア産では、坑道を穿ち、産卵したのを確認している。この事から、材の好みに関してはコクワもパラレリも同じ傾向を有しているように思われる。現在、全てのパラレリに柔らか目の材を投入しているので、この結果に期待したい所であるが、中にはそれでも殆ど齧っていない場合があるのが気にかかる。

 もし、材に問題が無いとすれば、他に何が考えられるだろうか?
 温度設定について考えてみると、コクワの場合、夏〜秋にかけて、室温25℃〜30℃程度の環境下で産卵させている。一方、現在の室温は20〜23℃程度である。寒い日には一時的に17〜18℃になる事もある。この事から、積極的に産卵するには少々気温が低いのではないかという気もするのであるが、生息地のヨーロッパの夏季夜間の気温はこんなものだし、少なくともこの環境下で成虫は活動し、頻繁に交尾も行っている。
 また、何かの本で「ドルクス属のクワガタの中には、冬季は加温しても殆ど産卵しない場合がある」という記述を目にした記憶がある。現時点で幼虫が得られているトルコ産の場合、恐らく産卵は11月中に行われていたと思われるので、その可能性も無きにしもあらずか? しかし、この場合も交尾までしているのだから、産む気はあるように思われるし、まだ割り出していないので、幼虫は回収していないものの、シリア産は12月下旬に坑道を穿ち、産卵しているので、必ずしもそうとは言い切れない気もする。

 材にも、温度設定にも決定的な問題がないとすると、残るはその他の環境面である。スペースと加温の関係で、クワガタ成虫は皆、居間の片隅にて飼育している。居間という場所柄、人の活動も活発であるし、比較的遅い時間まで明かりがついているので、本来夜行性の虫であるクワガタにとってベストな環境であるとは言い難いかも知れない。しかし、同じ環境でコクワや本土ヒラタ、ダイオウヒラタはそれなりに産卵しているので、これも致命的な問題であるとも思えない。パラレリの方がコクワやヒラタよりも夜行性が強いのでは? と考えたこともあるが、パラレリもコクワやヒラタのように日中から活動することもままある(但し、フランス産に関しては日中に活動している所を見たことがない)し、欧州のサイトで、日中に産卵に及んでいたという記事を読んだこともある。やはりこれが致命的な問題であるとも考えにくい。

●とりあえずの対策

 そうは言っても、現実にパラレリ達の産卵状況は芳しくない。上記の諸点がいずれも、それ単独では決定的な要因ではないとなると、それらが複合的にからみあった結果、余り産まないという状況になっていると考えるのが妥当な線かも知れない。そこでとりあえず以下の方法を試みることにしてみた。
 まず、暗く、静かで、暖かい環境を実現させる為、飼育場所を居間から物置部屋へと移動させる。但し、ケージを丸ごと移設するだけのスペースはないし、暖房器具がないので、部屋ごと加温することも出来ないので、交尾済みの♀のみを小型容器に組んだ産卵セットに投入し、これは大型のダンボールを流用した簡易温室にて管理することとした。
 簡易温室は8号ダンボール箱(430×310×270mm)の内側に断熱材としてプチプチシートを貼ったものに、水を張った容器に入れた熱帯魚用ヒーター(200W)とサーモスタットを組み合わせたものである。これにQ-BOX10を利用した産卵セット4つ(トルコ産、シリア産、フランス産、イタリア産)を格納し、その内の一つの中に温度センサーを取り付け、産卵セット内部の温度が25℃前後で安定するようコントロールしている。今の所、23℃台後半〜26℃台前半というレンジで安定しているようだ。パラレリ生息地の環境からして、湿度が少々高くなるのが気にはかかるが、これで概ね「夏の夜」に近い環境を再現できるのではないかと思う。少なくともコクワやヒラタが産卵した時よりも暗く静かであり、コクワやヒラタなら間違い無く産卵に及ぶだろう環境だ。

 一方、居間の方では逆に、コクワとヒラタの産卵セットを昨夏同様に組んでみようと考えている。もっとも季節はじきに春となるので、厳密な比較は出来ないが、今後のパラレリ飼育において参考となるデータが得られそうだ。洋の東西が違うとは言え、北半球の温帯域に生息するドルクス種であり、生態もそれほど違わないと思われるが、仮に彼等が普通に産卵するとなれば、居間の環境はコクワやヒラタにとっては許容範囲内であっても、パラレリにとってはそうではないと看做すことができるだろう。逆に彼等も産み渋るようであれば、少なくとも冬季の居間の環境に、何か問題があるという事になろう。