成虫保管用小型容器
2005.03.16
●小型容器を求めて
 雑感008で書いたように、今年はコクワが大増殖してしまい、羽化した成虫を保管する場所をどう確保するかが課題となっている。これまでは個体の大きさにあわせた各種プリンカップを成虫が固化乃至は成熟するまでの一時管理に利用していたのだが、プリンカップの場合、成虫の一時管理という用途からすると背が高過ぎ、無駄にスペースを消費するきらいがあるし、そもそも円筒形の容器というものは、限られたスペースへの詰め込みには不向きな気がする。
 当初は、工具ケース(ルアーケース)を使えば、かなりスペースを節約できるのではないかと考えてみた。これだと薄べったい上に、一箱で数匹〜10匹程度を管理することができる。しかし、数がかさむと、どこに何が入っているのかが分からなくなる恐れがあるのと、成熟した個体を飼育ケージや産卵セットに移動させる場合、必ずしもそのケースに入っている全ての個体を一度に動かすことにはならないと思われるので、大きなケースに一匹しか入っていないという状況が将来的に生じる可能性がある。これはかなりのスペースの無駄使いであろう。これらの点を考慮すると、やはり小さな容器で、一匹づつ管理するのがベストであろうと思われる。
 そこで先日、適当な四角い小型容器はないかとホームセンターで物色してみた所、中々に良い容器を2種類見つけることが出来た。これなら、限られたスペースを有効に利用できそうだ。

●四角ポリケース
 一つ目は、文具コーナーで見つけた、「四角ポリケース」である。良く画鋲やクリップなんかが入っている奴で、寸法96×59×40mm。価格も\55- とリーズナブルだ。安物故、蓋を閉めても本体との間に隙間が生じるのが好都合である。コクワやヒラタ♂なら単独で、♀なら1〜2匹を入れて管理するのに丁度良いし、ケース底の凸部と蓋の凹部とで積み重ね可能になっている点も評価が高い。

 ユーロオオクワには、これでもちょっと広すぎるきらいもあるが、積み重ね可能な小型容器というものは、探してみると意外と無いもので、他には台所用品コーナーで密閉性がやたらと高く、虫が窒息しそうなコンテナボックスを見かけた位である。
 とりあえず店頭に並んでいた20個程を購入。今年は羽化した成虫をこの容器にて管理しようと思う。また、今後、小型種は終齢幼虫の時点でこの容器に投入し、蛹化〜羽化〜成熟迄個別管理しても良いかもしれない。

●小型アクリルボックス CSD-M5
 次に見つけたのがナカバヤシの小型アクリルボックス「CSD-M5」である。寸法は83×83×85mmのほぼ直方体の容器で、蓋は付属しない。写真の上段左側の容器がそれであるが、デザイン的に現在ユーロオオクワ飼育に多用している17cm 角のアクリル水槽との統一感があって良い。折角なのでチェコ産♂は当面この容器にて飼育することにしてみた。因みに価格は\200- 。とりあえずチェコ産ユーロオオクワの数に合わせて4個購入してみた。

 しかし、帰宅して、これをセットしてみると、容積的には写真の右側に写っているコバエシャッターのタイニーとほぼ同じであるということに気付いた。見た目の問題を別にすれば、コバエシャッターの方が機能的にも優れており、価格の面でもこちらは蓋付きであることを考慮すれば、むしろ安い位ではなかろうか?。セパレーター付のものであれば、この容器で小型種なら2匹を管理できるのも魅力だ。勿論、CSD-M5 用のセパレーターを自作するという手もあるが、いかにプラ板を切り出すだけとは言え、数がかさむと面倒な作業となる。
 ま、飼育ケージとの見た目の統一感という点で、家内には好評であったが、人目につく場所に何個も置く訳にもいかないので、それならば、コバシャのタイニーを纏め買いした方が、蓋やセパレーターを作る手間も省ける上にコバエの侵入も阻止できるので良いように思える。