雷神トールの使いの手下
2005.03.16
●雷神トールの使い
 雑感006「欧州各国におけるクワガタの呼び方」の表にある通り、ドイツでユーロミヤマは "Donnerpuppe" と呼ばれている。
 "Donner" は「雷神トール」、"Puppe" は英語のパペットと同系の言葉で、「手先、操り人形」を意味する言葉である。その名の由来は、雷に撃たれた古木からユーロミヤマが出てくることがあることから、古代ゲルマン人がこの虫を雷神の使いと考えるようになったとされている。
 こうしたユーロミヤマと雷神トールとを結び付ける考え方は、ヨーロッパ半島に住むゲルマン人の間に広く伝わっていたようで、イギリスのケント地方でもユーロミヤマを"Thunder beetle" と呼んでいる。こちらはユーロミヤマが嵐を呼ぶという伝説に基づく呼称であるが、雷を意味する英単語"Thunder" の語源は、綴りからも連想されるように、ゲルマン神話の雷神トール(ドンネル、ドナー)に由来する。雷神の使いであればこそ、嵐を呼ぶことも出来よう。ドイツにも"Donnerkaefer"(Donner=トール、Kaefer=甲虫)という呼び方がある。

 雷神の使いであるユーロミヤマは、嵐を呼ぶ虫であると共に、火事を招く虫であるとも考えられていたようだ。ドイツでは"Feuerschroeter"(Feuer=炎、Schroeter=クワガタ)、"Hausbrenner"(Haus=家、Brenner=燃やす者)、"Feueranzuender"(Feuer=炎、Anzuender=焚き付ける者)、"Koehler"(炭焼き人)、"Boerner"(燃やす者)と呼ばれている。これは恐らく、雷に撃たれた木が燃えることと、ユーロミヤマの赤い大顎から連想されたものであろう。ユーロミヤマは雷神の使いとして、炎をおこし、炭を作るのである。こうした特殊な幾つかの呼び名を持つことから、ユーロミヤマがゲルマン人から神聖視されると共に、災いをもたらす忌むべき生き物としても認識されていたことが分かる。

 日本で神の使いと言えば、キツネやヘビを挙げることができるが、やはりこれらの生き物に対しては、神聖な生き物と看做す一方で、祟りや呪いをもたらす存在であるとも考えられている。日本人がキツネやヘビに対して抱いているこうした感覚と同じものを、恐らくゲルマン人はユーロミヤマに対して抱いているのであろう。
 面白いことに、ゲルマン人がキリスト教を受容し、古の神々と訣別してしまうと、ユーロミヤマは神の使いから、悪魔の手先へと変身してしまう。"Teufelspferd"(Teufel=悪魔、Pferd=馬)という呼び名もあるのだ。
 キリスト教の下では、古代ゲルマンの神々は全て「悪魔」と看做されるようになったので、ユーロミヤマもその煽りを喰らって悪魔の手先へと成り下がったのだろうが(この場合の悪魔とはトールではなく、ゲルマンの主神オーディンの方で、彼の8本足の愛馬スレイプニールを連想しているのかもしれない)、元々、嵐を呼んだり、火事を起こしたりと評判の悪かった虫だけに、敢えて槍玉に挙げられたような気がしないでもない。日本でも仏教受容の後は、キツネやヘビの神性よりも、呪ったり祟ったりする面のみが強調されるようになったのと同じ現象であろう。
 例えば、8世紀に編纂された『常陸國風土記』では、ヘビは「夜刀神(やとのかみ)」と呼ばれている。「やと」とは「谷戸」「谷津」の事で、主に関東において、台地や低山地の谷間に生じる湿地帯を意味する言葉である。こうした谷戸の湿地は、元来湿地性の植物である稲の栽培に適しており、通説では、灌漑設備の整備を伴う平地での水田稲作が本格化する前に、稲作農地として活用されていたとしている。こうしたことから、「夜刀神」は平地に大規模な水田が開発される以前の、谷戸における稲作を司る神であったと考えられているのだが、灌漑技術が進み、平地に大規模な水田を開発できるようになると、収穫率の悪い谷戸における稲作は衰退し、この神への信仰は次第に薄れていくことになる。風土記には、人々の信仰を失い、祟る神となった夜刀神を都から派遣された役人が成敗し、改めて国の片隅にて祀り直し、祟りを鎮めるという説話が採録されている。
 当時、先端技術は中国から、仏教と共に伝えられるものであった。ゲルマン人はキリスト教を受容することでローマ文明の恩恵にあやかった。同様に、日本人は仏教と共に中華文明の進んだ文物を受容した。それによって、クワガタやヘビは、神聖な存在から、邪悪な存在へと凋落していったのである。

●雷神の使いの手下?

 ヨーロッパにはユーロミヤマとユーロオオクワの他に、ルリクワガタ、ツヤハダクワガタ、マダラクワガタ、イッカククワガタの類等、約10種ほどのクワガタが生息しているが、ドイツ語で言う所の"Schroeter"、"Hirschkaefer"、英語で言う所の"Stag beetle"、つまり、所謂「クワガタ」 として認識されているのは、ユーロミヤマとユーロオオクワだけである。それ故に、ユーロオオクワは、各地でユーロミヤマを指し示す言葉の前後に「小さい」という意味の言葉を付け加えて呼ばれているのだ。
 このように両種は同類視されてきたことから、古代ゲルマン人の世界において、ユーロオオクワもまた、雷神トールの使いと考えられていた可能性が高い。ユーロミヤマが雷神の使いであるならば、ユーロオオクワはその使いの手下といった所であろうか?

 更に想像を膨らませると、元々、雷神の使いとされていたのはユーロオオクワの方ではなかったか?
 雷に撃たれた古木から出てくるからという説明は、ミヤマクワガタの生態からするとちょっと不自然な気がする。ミヤマクワガタの幼虫は根食いであるから、成虫が産卵するために木の中に潜るとしても、根元に近い部分か地中が主であって、古木の幹の部分枯れ(乃至は立ち枯れの幹)の中に潜むということは考えにくいのではなかろうか? むしろ、そのような場所に潜むのはユーロオオクワの方ではないかと思われる。実際にそのような木が雷に撃たれれば、中からユーロオオクワが出てくることもあるだろう。生態的にもしっくりくる。
 従って、本来、雷神の使いとされていたのはユーロオオクワの方だったのであるが、見た目の地味さからか、かねてより同類視され、存在感のある外観を有していたユーロミヤマが次第にその地位を独占するようになったのではないかと想像するのである。少なくとも、元々はユーロミヤマとユーロオオクワを区別せずに、所謂「クワガタ」と呼ばれる虫そのものに付与されていた説話ではなかったかという気がする。

 ここでも日本における蛇信仰から例をとると、そもそもエサとなるカエルや魚を捕らえるために水辺に良く現れるという一部のヘビの生態から水神とされたり、脱皮をする所から再生の象徴と看做されるようになり、水も再生も稲作農業にとっては重要な要素である所から、それらを司る者としての信仰が始まった訳で、元々日本人は、蛇全般に対して神性を見い出していたものと思われる。アオダイショウもシマヘビもヤマカガシも特に区別はしていなかっただろう。しかし、時が経つにつれ、時折現れる各種ヘビ類のアルビノ個体(白蛇)や、大型個体(大蛇)、有角のヘビ(奇形?)といった、際立った特徴を持つ個体を特に「神の化身」であるとか、「神の使い」であると看做すようになっていったのである。今でも特定の種乃至は個体に限らず、蛇全般に対して気味が悪いとか、いたずらすると祟られるといった意識があるのは、外観のグロテスクさに由来するだけでなく、かつて蛇全般が崇拝の対象であったことの名残りであろう。
 狐もそうだ。九尾の狐や白狐に限らず、元々は狐全般が稲荷神(ウカノミタマ神)の化身であり、使いであると考えられていた。ここからも、時と共に、より際立った特徴を持つ者に(例え想像上のものだとしても)、神性やそれにまつわる伝説が付与されていくというプロセスを見ることができる。