樹種、環境と幼虫回収数
2005.04.20
 昨年晩秋より開始したユーロオオクワのブリードであるが、近縁種であるムシモンの方は順調なものの、これまでの所、幼虫の回収はトルコ産一匹に留まっている。シリア産のように、卵は確認できるものの孵化に至らないケースもある。
 幼虫を得られない理由は色々考えられ、試行錯誤を始めてみたが、主だった所として、産卵木の樹種、硬さ、季節、気温といった要因があげられるだろう。そこでこれらの因果関係を考えるにあたり、本日より産卵木に関するデータを記録してみることにする。
 個人的に気になっているのが、季節的な要因だ。ある種のクワガタは冬季にいくら加温してやっても殆ど産まないことがあるそうで、ある程度データが揃ってくれば、ユーロオオクワもそうなのか否か見えてくるだろうと思う。

 データはユーロオオクワとムシモンに関して、亜種と産地毎に樹種、硬さ、セット日、割出し日、再割出し日(割りカスの最終チェック日)、回収幼虫数を記録し、随時追加/更新していくことにする。また、データの蓄積と共に、因果関係についての考察を進めてみたいと思う。

●凡例
種略号 意味
DPP Dorcus parallelipipedus parallelipipedus
DPR Dorcus parallelipipedus var. reichei
DPT Dorcus parallelipipedus truquii
DP? Dorcus parallelipipedus ssp.
DM Dorcus musimon
産地略号 意味
FrSo フランス・南フランス産
FrPa フランス・パリ産
FrPf フランス・パリ近郊の森産
CzHl チェコ・フルボッカ産
SvBr スロバキア・ブラティスラビア産
SvNi スロバキア・ニタラ産
SvMa スロバキア・マラッキー産
産地略号 意味
AtXx オーストリア産
GrOs ギリシャ・オッサ産
ItXx イタリア産
ItVe イタリア・ベネチア産
ItCe イタリア・チェゼーナ産
ItSa イタリア・サルディニア島産
TrXx トルコ産
SyLa シリア・ラタキア産

●データ
種略号 産地略号 No. 樹種 硬さ セット日 割出日 再割出日 幼虫数 備考
DPP FrSo 01 コナラ 2004.11.20 2005.01.19 ------ 0 飼育ケージ内
02 コナラ 2004.12.28 2005.02.28 ------ 0 飼育ケージ内
03 コナラ 2005.02.27 2005.06.02 ------ 1 飼育ケージ内
04 クヌギ 2005.03.06 2005.04.28 2005.05.16 1 簡易温室に産卵セットを隔離
05 コナラ砂埋霊芝 2005.05.04 2005.06.11 ------ 0 飼育ケージ内
06 コナラ 2005.06.11 2005.08.08 ------ 2 飼育ケージ内。卵×2
07 クヌギ 2005.08.21 2005.10.24 ------ 0 飼育ケージ内
FrPa 01 コナラ 2005.02.03 2005.07.04 ------ 7 飼育ケージ内。一部卵で回収
02 コナラ 2005.07.07 2005.08.23 2005.10.31 18 飼育ケージ内
FrPf 01 コナラ人工カワラ 2005.03.23 2005.05.25 2005.08.23 18 飼育ケージ内。一部卵で回収
02 クヌギ 2005.08.28 2005.11.16 ------ 4 飼育ケージ内
03 クヌギ 2006.01.15 ------ ------ ---- 飼育ケージ内
SvBr 01 コナラ 2004.12.28 2005.02.02 ------ 0 飼育ケージ内
02 コナラ 2005.02.02 2005.04.02 2005.05.17 2 飼育ケージ内
03 コナラ人工カワラ 2005.04.02 2005.06.16 2005.08.08 6 飼育ケージ内。一部卵で回収
04 クヌギ 2005.08.21 2005.11.15 ------ 5 飼育ケージ内
05 クヌギ 2006.01.09 ------ ------ ---- 隔離セット。F1
SvMa 01 クヌギ 2005.03.30 2005.05.24 ------ 6 飼育ケージ内
02 コナラ 2005.05.26 2005.07.24 ------ 1 飼育ケージ内
SvNi 01 コナラ 2005.07.17 2005.09.05 ------ 14 飼育ケージ内
CzHl 01 クヌギ 2005.03.30 2005.05.30 2005.06.08 17 飼育ケージ内
02 コナラ 2005.05.31 2005.08.24 2005.10.31 0 飼育ケージ内
03 コナラ 2005.11.15 ------ ------ ---- 飼育ケージ内。F3
04 コナラ 2006.02.05 ------ ------ ---- 飼育ケージ内。F3
ItXx 01 コナラ 2004.12.05 2005.02.17 ------ 0 飼育ケージ内
02 コナラ 2005.01.17 2005.03.17 ------ 0 飼育ケージ内
03 クヌギ 2005.02.20 2005.05.29 2005.07.14 0 飼育ケージ内
04 クヌギ 2005.03.06 2005.04.25 2005.05.18 11 簡易温室に産卵セットを隔離
05 コナラ 2005.05.30 2005.07.14 ------ 3 飼育ケージ内
06 クヌギ 2005.08.28 ------ ------ ---- 飼育ケージ内
07 コナラ 2005.10.14 ------ ------ ---- 飼育ケージ内。F5
08 コナラ 2005.11.15 ------ ------ ---- 飼育ケージ内。F5
09 コナラ 2006.02.05 ------ ------ ---- 飼育ケージ内。F5
ItVe 01 コナラ砂埋霊芝 2005.05.04 2005.07.04 ------ 0 飼育ケージ内
02 コナラ 2005.07.07 2005.09.13 ------ 12 飼育ケージ内
ItCe 01 コナラ 2005.05.31 2005.08.25 ------ 16 飼育ケージ内。9匹は卵で回収
AtXx 01 コナラ 2005.05.26 2005.09.17 2005.10.31 2 飼育ケージ内
02 コナラ 2005.09.18 ------ ------ ---- 飼育ケージ内
DPR SyLa 01 コナラ 2004.12.04 2005.01.26 2005.02.10 0 飼育ケージ内。卵は確認。孵化せず。
02 コナラ 2005.01.01 2005.03.19 2005.04.23 0 飼育ケージ内。卵は確認。孵化せず。
03 コナラ 2005.02.27 2005.04.23 2005.04.30 3 飼育ケージ内
04 クヌギカワラ 2005.02.27 2005.08.09 ------ 0 飼育ケージ内→隔離セット
05 クヌギ 2005.03.06 2005.04.24 2005.05.08 20 簡易温室に産卵セットを隔離
06 クヌギ 2005.06.19 2005.08.09 ------ 0 飼育ケージ内
07 クヌギ 2005.09.03 ------ ------ ---- 隔離セット。F3
08 クヌギ 2005.09.03 2005.11.15 ------ 0 隔離セット。F3
09 クヌギ 2005.10.14 ------ ------ ---- 隔離セット。F3
10 クヌギ 2005.10.14 ------ ------ ---- 隔離セット。F3
11 コナラ 2005.11.15 ------ ------ ---- 隔離セット。F3
DP? TrXx 01 コナラ 2004.10.29 2005.01.01 2005.01.15 1 飼育ケージ内
02 コナラ 2004.12.28 2005.03.15 2005.04.23 0 飼育ケージ内
03 クヌギ 2005.03.06 2005.04.24 2005.05.07 27 簡易温室に産卵セットを隔離
04 クヌギ 2005.04.19 2005.06.06 2005.08.24 15 飼育ケージ内
05 クヌギ 2005.08.28 ------ ------ 隔離セット。F2。孵化したが高温で全滅
06 クヌギ 2005.09.03 ------ ------ ---- 隔離セット。F2
07 コナラ 2006.01.04 2006.03.13 ------ ---- 隔離セット。F2
08 コナラ 2006.03.13 ------ ------ ---- 隔離セット。F2
DM ItSa 01 クヌギ 2004.12.25 2005.04.18 ------ 10 飼育ケージ内
02 クヌギ 2005.04.19 2005.08.20 2005.10.31 2 飼育ケージ内。マットから回収
03 クヌギ 2005.08.28 2006.02.06 ------ 9 隔離セット。F4
04 クヌギ 2005.09.12 ------ ------ ---- 隔離セット。F4
05 コナラ 2005.09.14 ------ ------ ---- 飼育ケージ内。F4
06 コナラ 2006.03.13 ------ ------ ---- 隔離セット。F4

●考察
 各産地の飼育観察ノート中であれこれ述べたことを纏めてみる。

1.樹種について

1-1 コナラ材 VS クヌギカワラ材
 2005.02.27 にシリア産ユーロオオクワに対して普通のコナラ材(DPR-SyLa03)と天然物のクヌギカワラ材(DPR-SyLa04)とを同時に与えてみた(シリア産飼育観察ノート2005.02.27参照)。材は太さはどちらもほぼ9cm程度とやや細目のものであるが、長さはコナラ材が約14cm であるのに対し、クヌギカワラ材は約18cmと長目である。肉質はいずれもやや柔らか目であり、一昼夜加水したものを、一昼夜陰干しした上で飼育ケージ内に、半分程度マットに埋没させる形でセットした。

 2ヶ月程度放置し、2004.04.23に両者を一旦ケージから取出して検分してみた所、コナラ材の方には何ケ所か産卵痕と思しき齧り跡が見受けられたのに対し、クヌギカワラ材には全く見受けられなかった。このコナラ材からは最終的に3匹の幼虫を回収することができたが、クヌギカワラ材の方は更に数週間単独でセットしたものの、全く♀が齧る様子が見受けられなかったので、2005.05.16に飼育ケージから取出し、Q-BOX10を利用した産卵セットに1♀と共に隔離して更に様子を見ることとした。約1ヶ月後の2005.06.14に材の状態を確認してみると、材の長軸方向に沿って、内部に坑道が穿たれており、♀が産卵に及んだ可能性が伺われた。

 以上の点から、通常のコナラ材であっても、クヌギカワラ材であってもユーロオオクワは産卵に及ぶものと考えられるが、選択の余地があった状況においては、国産オオクワにおいては一般により適しているとされるカワラ材よりも通常のコナラ材を選び、カワラ材には見向きもしなかった。また、2005.04.23〜2005.05.16迄は飼育ケージ内にクヌギカワラ材が単独でセットされていたが、この状態でも♀がこの材に興味を示すことはなかった。狭い隔離セットの中に投入されてはじめて、クヌギカワラ材を齧り出しているので、クヌギカワラ材はユーロオオクワの産卵木として特に優れているとは言えず、むしろセット方法に気をつけないと♀の関心を引きづらい材であるかも知れない。
 また天然クヌギカワラ材を入手する機会があれば、検証実験を行ってみたいと思う。

1-2 コナラ材 VS コナラ砂埋霊芝材
 2005.02.27 に南仏産ユーロオオクワに対して普通のコナラ材(DPP-FrSo03)を飼育ケージ内にセットし、2005.05.04にコナラ砂埋霊芝材(DPP-FrSo05)を更に追加してみた。
 コナラ材は直径10cm、長さ14cm程度で肉質は柔らか目のものである。霊芝材の方は直径18cm程度の太目の材を約1/4程度にカットした小片であり、肉質は手で簡単に崩せる程度のかなり柔らか目なものである。いずれの材も一昼夜加水の上、丸一日陰干ししたものをセットしている。

 コナラ材の方は、2005.06.02に割り出す迄、約3ヶ月間セットしていた。取出した材には木口部分を中心に産卵痕と思しき齧り跡が散見されたが、どういう訳か材がかなり硬くなってしまっていた。時折霧吹きにて表面を湿らせたりはしたものの、3ヶ月の間に材の水分が抜けたために硬くなったのか、そもそも加水をする際に堅目の材と取り違えたのか判然としないが、前者の可能性が高いのではないかと考えている。この材からは今の所、幼虫一匹を回収している。
 霊芝材はセットから約1ヶ月後の2005.06.11にケージから取出してみた。材の短軸方向に材を貫通する形で坑道が穿たれていた他、数カ所の齧り跡が見受けられたが、軽く材をほぐしてみた所、幼虫や卵の存在を確認することが出来なかった。ただ、上のクヌギカワラ材と異なり、関心は示しているようである。恐らく坑道を穿ちつつ産卵するには材の厚みが足りなかったか、材の肉質が柔らか過ぎたのが良くなかったのではないかと思う。

 以上のようにこのセットでは、コナラ材、霊芝材共に良い結果には至らなかったが、逆にこのことから、樹種や菌種云々よりも、材の太さや堅さ、湿度といった条件の方がより重要な要素なのではないかと考えられる。ある一定の条件を満たしていないと、どのような種類の材を与えても産卵には及ばないのではないだろうか?

1-3 クヌギ材 VS コナラ材
 どちらもクワガタの累代飼育に一般的に用いられる材である。価格はクヌギの方が割高で、例えば私が購入している材で言うと、クヌギが@250-、コナラが@180-である。これは質的にどうこうというものではなく、単にシイタケ栽培に用いるホダ木がコナラである場合が多く、よって産卵木の原料として入手し易いので安いということのようだ。
 しかし、一般にはオオクワの類にはクヌギ材の方がより適しているとする風潮があり、奮発してクヌギで行くか、安価にコナラで押さえるか、常々悩む所であろう。そこで、ユーロオオクワの場合、クヌギとコナラで明確な差が出るのか検証してみたい。

 上のデータをどういう形で比較するのが良いのか? 悩む部分がないでもないが、まずは単純に「幼虫回収数÷本数」で平均回収数を算出してみる。因みに計算は本日(2005.11.14)現在の結果である。

樹種 幼虫回収総数 セット本数 平均回収数
クヌギ 97 19 5.11
コナラ 82 23 3.56

 この値では、クヌギの方がやや優勢である。但し、セットの時期や方法(簡易温室に隔離するのか、飼育ケージに材を入れるのか等)にバラツキがあることを考えると、絶対にクヌギの方が良いとまでは言えない気がする。例えば、材の数を総数ではなく、幼虫が回収できた本数に置き換えて計算してみると、

樹種 幼虫回収総数 セット本数
(幼虫が回収できたもの)
平均回収数
クヌギ 97 7 13.68
コナラ 82 13 6.30

 となり、クヌギの方は当たればデカいが、外す場合も多いという結果になっている。
 次に、一回のセットで10匹以上の幼虫を回収できた場合をピックアップしてみると

●クヌギ
管理記号 セット方法 回収数
TrXx-03 簡易温室に隔離 27
SyLa-05 簡易温室に隔離 20
CzHl-01 飼育ケージ内 17
TrXx-04 飼育ケージ内 15
ItXx-04 簡易温室に隔離 11
●コナラ
管理記号 セット方法 回収数
FrPa-02 飼育ケージ内 18
ItCe-01 飼育ケージ内 16
SvNi-01 飼育ケージ内 14
ItVe-02 飼育ケージ内 12

 となる。
 更にこの中で、同じセット条件(飼育ケージ内に材を投入した場合)のものを見比べてみると、幼虫回収数には特に差はない。サンプル数が少ないので、これで断言するには時期尚早であろうが、可能性として、条件さえ整えば、クヌギであってもコナラであっても変わらずに産むのではないか? ということが考えられる。言い換えれば、産むか産まないかは樹種よりは、温度、湿度、材の太さ、堅さ等々の環境的要因の方が大きいように思えるのである。