怪文書発見

−−−妻のパラレリ観−−−

2005.06.01

 先日、居間に置きっぱなしになっていたクワ世話用の古新聞を片付けていた所、新聞の下から、「パラレリとコクワ比較」と題された一枚の紙きれが出てきた。なんかオボロゲなイラストと共にオボロゲなメモがつらつらと記されており、怪しさ満点である。以下に転載する。

 まず、絵が朧げすぎて訳が分らない。コクワはノコみたいだし、パラレリもパラレリっぽくはなく、何か他の生き物のようだ。
 「いかく」欄のパラレリの項目を見てみると、パラレリと思しき生物の絵の脇に「←アリか?」と書き添えられている。一応描いた本人もパラレリっぽくないことは自覚しているようで、自分で自分の絵に疑問を呈している。それで右側に大顎の形とか練習したんだろうか? その下の黒いマダラクワガタのような生物のイラストも気にかかる。ひょっとしてパラレリか?
 「あご」欄の「チェキラ!の手の形」という奴も、肝心のチェキラ!の手の形のイラストがオボロゲなので、どこがどう似ているのか不明である。しかし、パラレリの大顎はチェキラ!の手の形に酷似しているというのは新知見と言えるだろう。以後、パラレリの大腮形状を説明する際には「♂の大顎はチェキラ!の手の形状に酷似」とすると良いかもしれない。

 さて、勿論、この紙きれは私の手になるものではない。では誰が書いたのか? と言っても愚息はまだ4歳だから論外であり、そうなると我が家の家族構成からして妻しか有り得ない。これは彼女の「飼育観察ノート」なのだ。多分、日中、愚息と一緒にクワガタを眺めてエンジョイしているのであろう。

 しかし、「いかく」とか「防御」とかに触れられている所からすると、単に眺めているだけではなく、時折ケージから取り出しては、つついたりしているのだろう。「アゴ」の所で挟まれると痛いとか痛くないとか書かれているので、間違い無くケージから取り出していじり倒しているものと思われる。コクワやパラレリがどんな扱いを受けているのか、ちょっと心配だ。歩く速さとかも計測されてるし。
 「性格」欄のパラレリの項目に「時々みんないっしょに眠る」とあるから、恐らく、エサ皿を取り出して、その下で固まって寝ているパラレリ達の中から適当なのを選んでケージからつまみ出しているのだろう。「みんないっしょ」という表現から、つまみ出したのは頭数の多い南仏産である可能性が高い。しかも「時々」と言うからには、そうでない場合も見ている訳で、つまみ出して遊んだのは一度や二度ではないことが伺われるのである。益々心配だ。

 でも、まあ、結構良く観察しているのではないだろうか? 「交尾」の所も確かにコクワは♀の上に♂が覆いかぶさって事に及ぶ場合もある(最終的にはパラレリと同じ体勢になるが)。「けんか」も確かにコクワは相手を投げ飛ばすように戦う。パラレリの「あぐあぐ」というのはイマイチ朧げで意味不明であるが、恐らく互いに挟みあって、おしくらまんじゅう状態になっている様を表現したものと思われる。パラレリがしょっちゅうマットに穴を掘るとか、防御の姿勢もコクワよりは固まっているように見えるというのも間違ってはいない。
 そして極め付けは一番下の「言われたくないこと」である。これは「コクワやパラレリにとって言われたくはないであろう言葉」の意であろうかと思われる。「ゴキブリみたい」「ヨーロッパコクワじゃん」という所に彼女のコクワ観、パラレリ観が如実に現れていると言えよう。