スーパーウルトラエクストリームリー激レアカード?

2005.06.24

 4歳になって間も無い愚息が、最近「ムシキング」に対する興味を訴えるようになった。妻から聞く所によると、TVアニメ化の影響で、近所のちびっ子達は以前にも増してカードやグッズの収集や対戦に熱中しているそうである。愚息と最も仲の良いちびっ子達は特にムシキングにハマっているそうで、毎日何十枚ものカードを持ち歩いては方々でムシキング談義をしているとの事である。そんな友達の姿を見ていれば、愚息もその輪の中に入りたいと思うようにもなろう。ただ、この事は、彼が本当にムシキングが好きなのではなく、友人達とのコミュニケーションツールとして、ムシキングに精通することを欲しているということであると思われる。自発的な興味が湧かなかったのは、やはり自宅に十数種類のクワガタやカブトムシがいたからであろう。

 本物であれ、ゲームであれ、虫に対する興味を持ってくれるのは悪いことではない。とりあえず、自宅に存在するムシキングカードを集めて愚息に渡してみた。全て「ムシキング・リアルアクションフィギュア」のオマケや幼児向け雑誌の付録として付いてきたカードである。オオクワ、ヒラタ2ヴァージョン、グラントシロカブトの計4枚と決して多くはないが、友人達にムシキングネタでも付き合うつもりのあることを表明するという目的は、これで充分に達することができるだろう。

 スタートはこれで良いとしても、やはり数十枚〜100枚オーバーというレベルでカードを所有している友人達ばかりという状況において、たったの4枚というのは少々寂しいものである。勿論、その気になれば、ネットオークションやカードショップ等を利用して彼等と同レベルのカードを買い与えてやることも不可能ではないが、やはりこの手のモノは、運や巡り合わせ等を噛み締めつつ、ちびちびと集めて行くという所に醍醐味があるものだし、そういう経験を通じて、思い入れを込めて集めていかないと、所謂「ムシキング談義」を友人達と堪能することが出来なくなる。親から突然、ポーンと渡されたカードを何百枚持っていった所で、場が盛上がるような会話を彼が提供することなぞ出来ないだろうし、そういう話しが出来なければ、友達からマトモには相手にしてもらえまい。従って、カードの方はエピソードと共にちびちびと集めさせようと思う。

 その代り、私は愚息に当面のカード枚数やバトル経験の少なさを補えるよう、あるプレゼントを贈ってやることにした。それが上の「ヨーロッパオオクワカード」である。何しろ私が適当に拵えたものなので、世界でたった一枚しか存在しない。他のちびっ子達が欲しがるかどうかは別として、一枚しかないので、愚息以外には一切入手不可能のスーパーウルトラエクストリームリー激レアアイテムではある。勿論ちびっ子とは言え、これが本当のムシキングカードではない事位は皆スグに分るとは思うが(フォントが違うし、ジャンケンの絵の所が「チェキラ!の手の形」になってる等)、ネタの提供というか、話題作りという観点からすれば、それなりの威力を発揮するのではないかと考えている。何せよ、話題の中心になることが出来れば、カードや知識・経験の少なさから来る寂しさも多少はまぎれるであろう。

 因みにこの「ヨーロッパオオクワガタカード」、強さは結構強目の設定にしてある。これを見た近所のちびっ子達にユーロオオクワの存在を知らしめ、好印象を持たせることが目的だ。