ユーロオオクワ大歯化計画

2005.07.06

チェコ産22mm 南仏産23mm
 左の写真は、チェコ・フルボッカ産と南仏産のほぼ同サイズの♂頭部のクローズアップである。一般的にユーロオオクワの内歯は右の南仏産のように、大腮の中央部分から大腮本体に対しかなり鈍角に突き出す、国産オオクワで言う所の「中歯型」である。30mmを超えるような大型個体になると、内歯は大腮中央より前方に現れ、大腮との角度もやや鋭角気味になる傾向はあるが、基本的にはサイズに関係なくこの特徴が変ることがない。
 しかし、左のチェコ産の個体の内歯は南仏産に比べ、明らかにより鋭角気味に突き出している。国産オオクワで言う所の「大歯型」に近い雰囲気である。
 今の所、こうした内歯を持つ個体はこれのみであるので、ひょっとすると軽い奇形や、体が固まる前に何か固い物を挟み込んだことによる変型という線も考えられないではないが、一方で成育時の平均気温であるとか、エサの質といった環境的な要因も考えられるのではないかと思う。

 もし、この形質が奇形といった遺伝的なものであったり、後天的なものだとしても環境的な要因でそうなったものだとしたら、今後の累代飼育の過程において、鋭角的に突き出た大歯型的な内歯を持つ大型個体を作出することができるのではなかろうか?
 ここに「ユーロオオクワ大歯化計画」を発動し、その可能性を追求してみたい。勿論、ここで言う「大歯」というのは、上で述べているように、「国産オオクワの大歯型っぽい大腮形状」という意味である。
 本計画では、最終的に右図のような個体の作出を目指す。
 この図はフランス・パリ産31mmの大型個体の写真に加工を施したものであるが、チェコ産の個体と同程度の角度で突き出る内歯を持つ大型個体は大凡こんな感じになるのではないだろうか?
 所謂オオクワ類の中には、グランディスオオクワガタやアンタエウスオオクワガタのように、個体のサイズに関わらず、内歯は中歯型となる種が幾つか存在している。しかし、こうした種であっても、例えばアンタエウスオオクワガタは、産地によっては南仏産ユーロオオクワに対するチェコ産のように、内歯がやや前向きに現れる個体があることも知られており、中歯型を基本とする種であっても、大歯型の形質が全く現れない訳ではないことを物語っている。従って、同じく中歯型を基本とするユーロオオクワにおいても、そうした現象が起こりうる可能性は充分にあるのではないだろうか? 現時点ではどのような要因でそうした現象が起るのか分らないが、成育時の気温やエサの質といった要因が多分に作用しているのではないかという気がしている。

 その観点からチェコ産の成育環境を振り返ってみると、昨年12月24日に3齢で我が家にやってきてから、今年の2月末に羽化するまで、3齢幼虫の時期の大部分と蛹の時期とを平均気温が20度前後の比較的低い気温条件の下で成育している。エサは発酵マットのみで、購入当初に入っていた200ccのプリンカップにて一度もエサを交換せずに羽化まで持ってきている。同時期に羽化した個体が他にいないので、純粋な比較は出来ないのであるが、同じ12月24日に2齢でやってきて、5月末に羽化したオーストリア産の♂は普通の内歯であったことを考えると、もし環境的な要因によるものであれば、3齢〜蛹の時期を比較的低温な環境で過ごした所がポイントと言えるかも知れない。

 先述の通り、環境要因のみならず、奇形を含めた遺伝的要因も考えねばならないので、本計画は既に大歯風な大腮形状が現れているチェコ・フルボッカ産を種親として進めて行くこととしたい。既に幼虫は17匹得られているので、これらを用いて、まずは3齢〜蛹の時期の管理温度を20度前後にした場合、本当にこうした大腮形状の♂が現れるのか検証しようかと考えている。