地元のヒラタの話し

−−−秋ヶ瀬ヒラタ伝説−−−

2005.08.22

●地元・武南のヒラタ事情
20年かけてようやっと捕らえた秋ヶ瀬ヒラタ
 ユーロオオクワとは関係ないが、ちょっとした出来事があったので、近所のヒラタの話しを書いてみる。

 生後7ヶ月で越してきて以来、私はずっと埼玉県南・武南地区で暮らしている。
 「武南」というのは「武蔵国の南の方」という意味で、元来はかなり広い地域(埼玉県南部〜東京都区部位?)を指していたのではないかと思われるが、現在では埼玉県川口市、鳩ヶ谷市、蕨市、戸田市を「武南」と呼んでいる。住民の感覚的にはこれに旧浦和市の南部と草加の西半分位が含まれているのではないかと思う。これらの地域は旧入間川下流域左岸にあたり、現在は荒川、鴨川、芝川、毛長川といった河川に分かれてしまっているが、かつては利根川水系の主流だったこともある大河で、今でも航空写真を見ると、旧流路跡を辿ることが出来る(田圃や沼、湿地として残っている)。この旧入間川下流域左岸一帯と捉えてもらうのが、武南というか無難かもしれない。

 この地元・武南は、御他聞に漏れず開発の波に押され、次々と雑木林が、下手をすると山ごと豪快に姿を消していっているのであるが、それでも、方々に残された林では、まだまだ色々な種類のクワガタを採ることができる。先日、部屋の片付けをしていた際に発掘した小学校時代の絵日記(1970年代)によれば、ノコ、ヒラタ、コクワ、スジ、ミヤマを近所のポイントで採ったことになっている。今にして思えばスジは疑問であるし、ミヤマは♂を一度見ただけなので、飼育個体が逃げ出したものだと思われるが、ノコ、ヒラタ、コクワは確実であり、これらは今でも武南各地で採ることが出来る。

 さて、これら各種クワガタの中で、一番採れなかったのがヒラタである。何しろこいつを捕まえたとなれば、クラスで暫くの間、英雄を気どれた位に人気のあるクワガタだったし、採れないクワガタだった。
 小学生時代の私のメインフィールドは自宅から徒歩数分の所にあった湧水池脇のクヌギ並木で、夏場は連日のように朝晩出撃したものだが、それだけ通ってもここでヒラタを捕らえたのは、記憶にある限りではたったの2回である。他にはちょっと離れた所にある旧入間川流路跡(往時の河川敷)上にあった畑脇のクヌギ並木で一度小型の♂を捕まえたことがあった。自宅周辺には他にも幾つかのポイントがあったが、ヒラタが採れるのはこの2ケ所だけで、他では採ったことも、採ったという話しも聞いたことが無かった。これも今から思えば恐らく地下水位が関係しているのだろう。湧水地脇ポイントは台地と台地の間の谷底の湿地帯だったし、畑脇ポイントも旧入間川流路跡上とどちらも地下水位が高く湿っぽい場所であり、他は台地上とか斜面林であった。湿り気を好むヒラタの性格からすれば、妥当な結果と言えよう。武南でヒラタを探すのであれば、通常の河川敷以外にも、こうした湧水があるような場所や、旧入間川の流路跡に位置するポイントもチェックしてみると良いように思う。
 このように、自宅周辺ではヒラタの採集ポイントは限られており、従って、ヒラタ狙いの子供達はこの2ケ所に殺到することとなる。当然、これだけ競合してしまうと滅多にヒラタを拝むことは出来ない。そうなると自然と自宅周辺以外の地にヒラタポイントを探そうということになる。川口市の北部〜浦和市南部にかけての谷戸(台地の谷間の湿地)や、これに面する斜面林、中小河川の河川敷を中心に幾つか「採れる」とされるポイントが知られていたのだが、何と言っても武南でヒラタと言えば「荒川河川敷で良く採れる」というのが定説であった。中でも浦和の「秋ヶ瀬公園」が有名で、ヒラタを狙うならまずは秋ヶ瀬へという風潮があったように思う。

●秋ヶ瀬ヒラタ伝説
 秋ヶ瀬は自宅からだと自転車で行くのも中々にしんどい距離(不可能ではないが、親が余り良い顔をしないし、疲れる)だったので、もっぱら休日に親に頼んで連れて行ってもらう場所であった。近所の子供達も結構通ったようだったが、噂の割りには、実際にヒラタをあそこで採ったという奴は、少なくとも近所にはいなかったし、私もあそこではコクワとカブトした採った記憶がない。誰も直接ヒラタを捕まえた訳ではないのだが、何故かヒラタを狙うなら秋ヶ瀬ということになっており、これを疑う者はいなかったのである。
 同様に、秋ヶ瀬では「オオクワも採れる」とされていた。こちらも例によって誰も実際に捕まえたことはなかったし、誰それが捕まえたという話しも聞いたことはなかった。それにも拘わらず、これを疑う者もいなかったように思う。半ば都市伝説と化していたような気もしなくはないが、恐らくは、ちょっと離れた場所にあり、土地の様子等を詳しくは知らないが故の期待感と、いると言われればいそうに思えてしまう程、規模の大きな林があったせいではなかろうかと思う。何しろ秋ヶ瀬は広大で、とても一日では回り切れないのだ。自分が見た所にはいなくても、別な場所にはいるのかも知れないという心理がどうしても働きがちである。
 更に、どういう訳か自宅周辺ではカブトは余り採れなかったのだが、秋ヶ瀬では腐る程これが採れた。この事から、「あそこには近所にいない虫がいる」という感覚が醸成されたようにも思える。いずれにせよ、秋ヶ瀬のヒラタやオオクワは現物を誰も見たことがない、言わば「伝説の虫」であったのである。

 大人になって、自宅周辺での採集から遠のき、秋ヶ瀬ヒラタ伝説もすっかり忘れていた。というより、何も秋ヶ瀬でなくてもヒラタは採れるのだし、秋ヶ瀬にこだわる必要は無いということに中学生位の時に気付いたのである。
 ところが昨年、倅を連れて久々に秋ヶ瀬を訪れた際、たまたま出逢った中年二人組の方から、「ここではヒラタやオオクワも採れるんだよ」という話しを聞き、20年振りに「秋ヶ瀬ヒラタ&オオクワ伝説」を思い出すこととなった。今だに相変わらず同じ事が言われ続けている(ひょっとすると、この二人が言い出しっぺか?)という点に、軽い感動を覚えた次第である。
 その日も結局、捕まえたのはコクワとカブトのみで、ヒラタはおろか、ノコすら見かけることは無かった。そのことと、久々に聞いた「秋ヶ瀬ヒラタ伝説」が妙に心に残ったこととが相まって、暫く「秋ヶ瀬ヒラタ伝説」の検証に励んでみることを決意。20年ぶりに秋ヶ瀬通いを再開させることとなったのである。

●2004年の検証活動
 7月、8月、9月、10月と仕事帰り、早朝、深夜、休日の夕方と機会を捕らえては秋ヶ瀬に通ってみた。秋ヶ瀬公園は荒川に沿って南北に細長く伸びる公園で、ほぼ全域でクワガタの採集が可能であるが、場所によって次のような特徴がある。

 北部:鬱蒼とした森が広がるエリア。所々に溜池が点在する。
 中部:下草が刈られ、整備された林が広がるエリア。
 南部:北部程ではないが、未整備の林が広がる。クヌギは少な目。
 東部:未整備の林の他、グランドや原っぱの中に孤立するクヌギが点在。

 この内、樹液を出しているクヌギが多いのが北部と中部で、この2箇所を中心にヒラタの影を追ってみたが、見つかるのはコクワとカブトばかりという日々が続いた。印象としては北部はカブトが多く、クワガタはいても小振りなコクワばかりであるが、中部にはコクワでも比較的大柄な個体が多く、洞や捲れのある木も多いようで、クワガタを探すなら北部より中部かなという気がした。ただ、北部にも溜池脇等に比較的大きな捲れや、木と木が交差して樹液が染み出す隙間を作っているような場所がちらほらあり、ヒラタを探すには好条件と思われる場所が散在しているので、おろそかには出来ない。

 9月に入って、ようやっと死骸ではあったが、ノコギリを中部エリアにて見かけることができ、クワガタを探すなら中部エリアとの思いを強めることとなった。また、秋ヶ瀬下流の戸田市内の公園にて、他所の子供が小型のヒラタ♂を採集する現場を目撃することができた。ここは秋ヶ瀬よりは条件が悪いと思われる場所であるので、ここにいるなら秋ヶ瀬にいない訳はないとの確信を持てた。更に秋ヶ瀬でも、中部エリアにて、一瞬ヒラタかと思わせる、45mm、44mm、42mm、40mmの大型コクワを立続けに採集できるようになり、何とはなしに「秋ヶ瀬ヒラタ」に一歩近付けたような気がしてきた。特に45mmのコクワの前胸背板には他のクワガタによる挟みキズがあり、この大コクワに傷を付けられるクワガタとなると、ノコかヒラタを想定するのが無難な所である。また、このサイズのコクワが暮らしていけるのであれば、ヒラタがいたって不思議ではないだろう。
 10月上旬には、中部エリアにてクヌギの洞から尻だけ出していた40mm台の大型ドルクスを取り逃がした。一瞬見えた背中はコクワよりも黒く、艶があり、足もコクワよりは短目の印象であったが、背中を摘んだ指が滑ってしまい、洞の奥へと逃げこまれてしまった。大型のコクワかヒラタか確認できず、これが2004年最後に目撃したクワガタとなったが、中部エリアにはこのサイズのクワガタが多く生息していることから、秋ヶ瀬ヒラタ探索にそれなりの希望を持てる状況で2004年を締めくくることができた。

●2005年、遂に秋ヶ瀬ヒラタ捕獲
 2005年は4月から秋ヶ瀬ヒラタを追った。秋ヶ瀬にはクヌギ以外にもヤナギやハンノキ等も豊富で、これらは比較的早くから樹液を出すし、捲れや洞も多く形成されている。それにヒラタと言えば河川敷のヤナギであろう。
 ところが、ヤナギやハンノキからはクワガタはさっぱり見つからず、4/29に中部エリアでクヌギの洞から頭を出していたコクワ2匹を確認したのが、秋ヶ瀬における2005年の初クワガタとなった。
 5月、6月と通うものの、どうも今年は樹液の出が鈍く、昨年の検証活動で目をつけておいた捲れや洞もまだ乾いたままの樹が多いという状況であった。また、他の場所であれば比較的容易に目にすることが出来るノコギリの姿を6月下旬になっても見ることができず、「ここにはカブトとコクワしかいないのではなかろうか?」という思いが頭をもたげてきた。

 7月に入ると、ようやっと吹き出すように樹液を出すクヌギも増えてきたが、相変わらず見つかるのはカブトとコクワばかりであった。しかもコクワの形も宜しくない。せいぜい35mm程度の個体が見つかるのみである。思えば、この一年に見かけたカブト&コクワの数はそれぞれ100匹は下らない。どこへ、いつ行っても樹液にはカブトかコクワ(或いは両方)がへばりついていたのである。
 洞や捲れも同様で、いつ、どこで掻き出しても、出てくるのはコクワ、コクワ、コクワであった。根際を掘っても出てくるのはコクワばかり。他の場所なら絶対にヒラタがいそうな、地中部分からも樹液が染み出しているような場所でも、出てくるのはコクワ。木を蹴っても落ちてくるのはコクワであった。

 いつ行ってもカブトとコクワばかりといううんざり感を払拭するために、7月下旬から8月上旬にかけて、気分転換で栃木〜南会津方面に通ってみた。ミヤマ、ノコ、アカアシが街灯下に面白いように落ちているし、拾っているそばから別な個体が飛来するという状況で、私も倅も大喜び。いつ行っても思うのだが、これ程楽で充実感を得られるクワガタ採集はちょっと考えられない。秋ヶ瀬でいるんだかいないんだか分らないヒラタを探すのが馬鹿馬鹿しくなってしまう。それで、ついつい3週に渡って通ってしまった。出来れば毎週末でかけたい位だが、さすがに懐もさみしくなってきたので、金がかからないという意味では好都合な秋ヶ瀬ヒラタ伝説検証作業に戻ることとした。

 8月21日の夕刻より、久々の秋ヶ瀬探索を開始。まずは北部から攻める。
 いずこもスズメバチばかりで、迂闊には近付けない状況であったが、特大クラスのカブト♂がへばりついている樹液場にはさすがにスズメバチはいなかった。樹皮の隙間やツタの間等を丹念にチェックするが、クワガタの姿はナシ。一通り巡ってみたものの、今日はコクワすら見ることが出来なかった。
 気を取り直して中部エリアに移る。例年であれば、虫採りの人が何組かは歩き回っている時間帯であるが、今日はそもそも殆ど人がいない。今年になって閉門時間が早まったことが関係しているのであろうか? 競合を心配せずに、ポイントを見て回れると思ったのだが、こちらもスズメバチだらけで、見るに見られないポイントが多かった。それでも、幸い、「ヒラタがいそうな上位ポイント」にはスズメバチがいないか、いても比較的大人しいとされるコガタスズメバチやチャイロスズメバチだけであったので、一通り重要ポイントだけは確認できた。しかし、こちらもコクワ一匹見つからずである。
 どうも今日はダメっぽいので、早々に引き上げることとした。帰りがてら、期待度は低いが樹液が出ている木が並んでいる通路沿いのポイントを一応見ておくことにする。その中の、比較的大きな洞のあるクヌギに差し掛かった時、洞の開口部の上端に黒い物体が2つへばりついているのが見えた。どちらもクワガタっぽく見えたが、どちらもコクワにしては色が黒く、光沢もあり、一匹は即座にゴキブリであることが判断できた。しかしもう一匹はちょっと様子が違う。頭部と前胸の境にオレンジ色のラインが見てとれた。これはクワガタの♀である。サイズ的には大柄なコクワ♀程度である。今日はコクワ一匹見ていないので、とりあえず捕まえるだけ捕まえてみることにしよう。胸ポケットからピンセットを取り出し、洞の中に落下しないような角度からこれを繰り出して、つまみ出した。

 手の平に乗せ、まじまじと見ると、前胸背板と上翅が黒く輝いているのが印象的である。コクワの♀も新成虫だとそれなりに光っているし、逆にスリ切れてテカってくることもあるが、この輝きはそういう類のものではない。それ自体が元々黒く輝いているのだ。そして次に目についたのが、キツく湾曲した前脛節であった。複眼上突起もコクワよりも長く複眼を縁取っている。間違い無い、小柄ながらもこれはヒラタの♀である。やはり秋ヶ瀬には噂通り、ヒラタがいたのだ!

 ここに20年の歳月を経て、私にとっての「秋ヶ瀬ヒラタ伝説」はようやっと完結するに至った。近所では誰も捕まえたことのなかった秋ヶ瀬ヒラタを遂にこの手にすることが出来たのである。これで私は胸を張ってかつての採集仲間だった近所のオッサンや倅の友達のチビっ子共に言うことが出来る。「ヒラタ採るなら、やっぱ秋ヶ瀬でしょ」と。

●でもねえ...
 やっぱり、噂で言う程、秋ヶ瀬にヒラタが多いとは思えない。一年通って、ようやっと1♀採れただけである。探し方が悪いというのもあるかもしれないし、1♀とは言え、いたからにはそれなりの数が生息しているのかも知れないが、捜索対象が広過ぎるので、ヒラタとでくわすかどうかは殆ど運任せなような気がしないでもない。また、所謂「秋ヶ瀬公園」よりは、堤防を越えた向こうの本当の荒川河川敷に生えているヤナギあたりを攻めた方が良いような気もしないではないし、「秋ヶ瀬でヒラタが良く採れる」という話しも本来はそこら辺から来ている可能性もあろう。
 いずれにせよ、純粋にヒラタを採りたいのであれば、もっと簡単且つ確実に採れそうなポイントは他に幾らでも存在していると思う。武南エリアであっても、秋ヶ瀬よりは谷戸やその周辺の斜面林を狙った方が確実性は高い気がする。
 いることはいるが、噂程簡単には採れないというのが、秋ヶ瀬ヒラタ伝説の実体であろうかと思う。

 さて、「秋ヶ瀬ヒラタ伝説の検証」という所期の目的はとりあえず達することが出来た。
 その意味ではこれで秋ヶ瀬通いを止めにしても良いだろう。しかし、やはり♂は採っておきたい気がする。
 この時期のヒラタはペアでいる事が多いようなので、♀を捕らえた木の洞内には未だに♂が潜んでいる可能性があるだろう。ペンライトで照らした範囲ではゴキブリしか見えなかったし、ピンセットや針金で内部を探ってみてもクワガタらしき感触は感じられなかったが、相当奥行きのありそうな洞なので、奥の方に潜んでいたのかも知れない。
 また、今回のことを教訓とするなら、広大な秋ヶ瀬の中でもヒラタ狙いで攻めるポイントは自ずと限られてくる。今後はこうしたポイントを重点的に回ることで、より効率的に秋ヶ瀬ヒラタに迫ってみたい。

 また、ヒラタで気になることの一つとして、荒川下流域のどの辺にまで分布しているのか? がある。秋ヶ瀬とその下流の戸田市の河川敷迄はヒラタの存在を確認している訳だが、そこから下は果たしてどこ迄ヒラタがいるのであろうか?
 戸田の下流の岩渕水門から先の荒川は、明治末〜昭和初期にかけて掘削された放水路であり、そこから分かれている隅田川が本来の荒川流路である。隅田川はほぼ全域がコンクリートで固められてしまっており、河川敷と呼べるようなものは存在していないが、放水路の方には河川敷がある。この、比較的近い時代に掘削された人工水路の河川敷にヒラタがいるのかいないのか、興味がある。今の所、荒川放水路の河川敷でクワガタを採ったという話しは聞いたことがないが(都内河川敷にある某公園のパンフに、コクワはいるらしいことが書かれてはいたが)、河川敷にはヤナギと思われる木がちらほら生えている箇所もあるので、そうした木と共に、ヒラタも進出しているような気がしないでもない。例えば、千葉の柏にある利根運河もこうした人工水路の例であるが、ここの河川敷のヤナギには、ちゃんとクワガタが生息している。ヒラタは採ったことがないが、ノコとコクワは学生時代に採った経験がある。

 更に気にかかるのは、もう一つの伝説である「秋ヶ瀬オオクワ」である。これも未だに実際に採ったという人に出くわしたことがない。さすがにオオクワはいないんじゃないかという気はしているが、園内各所に残る激しい材割りの跡を見ると、オオクワ狙いで秋ヶ瀬に通っている人がいるのも確かなことのように思える。コクワ目当てに材割りする者がそれ程多くいるとは思えず、ノコやヒラタ狙いだとすると、明らかに割る材を過っている。立ち枯れの上の方を割ったって、ノコやヒラタは出ないでしょ。やっぱり。
 すると私が知らないだけで、実はオオクワも密かに採れてたりするのではなかろうか? と思えないこともない。さすがに私も木の上の方とかはノーチェックなので、探せばオオクワでもやっていけるような洞や捲れもぼちぼちあるのかも知れない。