秋ヶ瀬ヒラタ伝説

−−−完結編−−−

2005.09.20

●♂捕獲を目指して
 小学校低学年の頃「秋ヶ瀬でヒラタが良く採れる」と耳にして以来、噂の割に、実際に自分で採集したことも、誰かが採集した個体を見たこともなかったので、秋ヶ瀬ヒラタは私や地元の友人達の間では「プチUMA」として半ば伝説化していたのであるが、約20年の歳月を経た本年8/21に、1♀を採集したことで、この伝説を実証することができた。

 1♀とは言え、個人的にはこれでかなりスッキリしたので、一時はこれで秋ヶ瀬通いも止めにしようかという気になっていた。秋ヶ瀬にヒラタが生息していたことが確認できた以上、そこにこだわるよりは、例えば、もっと下流の東京23区内の荒川河川敷のような、明治末〜昭和初期に掘削された人工流路沿いには生息しているのか? といったテーマを追う方が面白そうに思えたのである。
 しかし、日が経つにつれ、未採集の秋ヶ瀬ヒラタ♂のことが、どうにも引っ掛かるようになってきた。やはり♂♀両方採集してはじめて、完全に秋ヶ瀬ヒラタ伝説にケリをつけることができるのではないか? という気がしてきたのである。勿論、♀がいるからには当然♂もいるに違いないのだが、ここはやはり自分の目で確認しておきたい。そういう訳で、今度は♂の姿を求めて秋ヶ瀬通いを続けることになったのである。

●2005.09.03 秋ヶ瀬水没
 良く言われるように、関東におけるヒラタの発生時期には初夏の6月の他に、8月後半〜9月半ば頃にもそのピークがあるようである。先日採集した♀も触覚やフ節の欠けは無く、前胸背板や上翅にスレも見受けられなかったので新成虫であったと思われる。ならば、当然、♂の新成虫も発生している筈であり、これからの時期はヒラタ採集に適した時期であると言えよう。
 そんな事を考えつつ、夜10時過ぎに秋ヶ瀬公園へと突入した。

 先日の台風に伴う大雨の影響で、地面はぬかるみ、土地の低い箇所は完全に水没してしまっている。元々、荒川河川敷に位置しているので、低湿地と自然堤防とが複雑に入り組んでおり、大雨が降ると自然堤防の小高くなっている所以外は簡単に水没してしまうのである。クヌギの大部分は小高くなっている部分に生えているので水没は免れているが、そこに通じる通路の一部は水没しており、ポイント間の移動は、ふくらはぎ程度の水位の水溜まりの中をジャブジャブと進まねばならなかった。

 膝下をズブ濡れにして巡ったにも関わらず、これも台風の影響なのか、樹液場にはどこも虫影は薄く、コクワ1♂1♀とカブト1♂、蛾とスズメバチ少々を見かけたのみであった。洞の中やめくれの中もペンライトで丁寧に見て回ったが、ヒラタはおろか、コクワの姿さえ見当たらなかった。

 本当はもうちょっと他の場所もチェックしてみたかったのだが、そこへ通じる一帯が池になってしまっているのを見て断念。このまま帰るのも癪なので、車にて狭山方面に移動。こちらでもヒラタを探してみるが、コクワがちらほらいるばかりであった。

●2005.09.10 ♂目撃!
 本日は夕方から秋ヶ瀬にて、ヒラタ♂を探してみた。

 先週とはうってかわって、水も引き、余り姿を見かけなかったコクワが爆発的に増えていた。どの木にも数匹〜数十匹のコクワが樹液場にたかっている。試しに何匹か捕まえてみると、フ節の欠けたスリ切れたような個体と共に、まだ羽化したばかりと思われる赤味の残る個体も多かった。不思議と♂ばかりで、♀の数は少ないようだったが、その代り大型の♂が多く、先月迄は余り見かけなかった40mmオーバーの個体もちらほら出てきていた。

 この手の大型コクワは、一見ヒラタかと思わせるので大変紛らわしい。特に樹皮めくれに頭を突っ込んでいて、下半分しか見えていないような時は尚更である。本日も何度か、そんな大コクワにハッとさせられた。
 大コクワをキャッチ&リリースしつつ園内を散策し、昨年45mmの大コクワを捕らえた樹皮めくれのあるクヌギに差し掛かった。この木には、そのめくれ以外にも窪みや洞が存在しており、いかにもヒラタがつきそうな雰囲気に満ち満ちている。ライトを照らすと、木の抉れた部分の中央にかなり大きなドルクス系♂の姿が浮かび上がった。そいつはスグに、窪みの底から続いている扁平な洞の中へとスルスルと入っていってしまったので、種までは確認できなかったが、大きさからしてヒラタの可能性は否定できない。針金で突けば何とかなりそうな洞なのであるが、残念ながら、周囲には中型〜小型のコクワ十数匹と共に、オオスズメバチが5匹程陣取っており、手が出せない。この一週間で、コクワのみならず、スズメバチの姿も多くなっているようであった。しかも、中々どいてくれないのである。

 仕方ないので、一旦この場所を離れ、♀を捕らえた木へと向かう。今日もこの木にはクワガタの姿は無く、蛾とゴキブリがたかっているだけであった。洞の中を照らしてみるも、目につくのはゴキブリばかり。当初はこの洞の中に♂が潜んでいるのではないかと考えていたのだが、どうもいらっしゃらないようである。
 次にこの木と同じ並びにある、小さな洞があるクヌギをチェックする。洞のあたりを照らしてみると、こちらに正面を向けたやや大型の♂が大顎を目一杯開いて威嚇していた。正面から見る大腮は上下に軽く湾曲しており、内歯が根元近くから出ているのが見てとれた。間違い無くヒラタ♂だ! しかも奴は逃げる素振りも見せず、威嚇を続けている。脇にスズメバチが一匹いるのが気になるが、速攻でつまんで引きずり出せば問題ないだろう。
 幸い、右手にはピンセットを握っていたので、奴に向かって右斜め下からピンセットを繰り出し、頭部を挟み込む。さすがに奴は後退する素振りを見せたので、指先に力を込め、一気に引き抜いた。が、思いの他奴の力は強く、抜けたのはピンセットだけであった。奴はそのままスルスルと洞の奥へと後退して行く。すかさず、第二撃を繰り出すも、洞の入り口が狭いため、上手く挟み込むことが出来ない。おまけに驚いたスズメバチが飛び立ってしまった。
 既に奴は完全に洞の奥へと後退してしまい、最早姿は見えなくなっていたが、それ程深い洞にも思えないので、針金を上手く使えば何とかなりそうである。ピンセットを仕舞い、雑嚢から針金を取り出そうとしていると、先程のスズメバチが果敢にも私に体当たりをかましてきた。これ以上粘っていると刺されかねないので、やむなく退散。先程、洞の中へ逃げ込む大型ドルクスを目撃した木へと戻ってみることにした。

 戻ってはみたものの、先程の大型ドルクスは姿を現しておらず、相変わらず周囲にはスズメバチが陣取っていて手出し出来ない状態であった。ヒラタ♂を取り逃がした木の方に、20分程時間を置いて戻ってみるも、スズメバチが3匹に増えており、オマケにヒラタは洞の中に潜ったまま。とりあえずいる事は分かったので、今日はこれで良しとしよう。やたらと増えたコクワ達を眺めつつ、引き上げることとした。

●2005.09.17 秋ヶ瀬ヒラタ♂48mm!
遂に採集! 秋ヶ瀬ヒラタ♂48mm
 ♂もいる事は分かったので、本当はもっと早くリベンジしたかったのであるが、何だかんだと時間がとれず、一週間ぶりの出撃となった。

 まずは先週ヒラタ♂を取り逃がした木から攻める。幸い今日はスズメバチの姿もないが、ヒラタの姿も無かった。洞の奥へ針金を差し込んでみるも、クワガタの感触はナシ。どうやらどこか別の場所に移動してしまったか、誰かが採集してしまったのであろう。やはりクワガタは見つけた時に採らないとどうしようもない。

 ヒラタっぽい大型ドルクスが逃げ込んだ洞のある木には、相変わらず中型〜小型のコクワの群とオオスズメバチがたかっていた。こちらも残念ながら大型ドルクスの姿は見られず、洞の中を探ることも出来なかった。この時期のスズメバチは数も多く、樹液場からどかないので困ったものである。

 近辺にある他のクヌギを巡ってみるも、いずこもコクワばかり。しかもやたらと大きい個体が目につく。最近大型コクワの格好良さに気づきつつあるのだが、今年はその意味では当り年かも知れない。40mmオーバーはゴロゴロしてるし、45mmオーバーも良く見かける。
 目ぼしいポイントは一通り巡ったものの、今日はヒラタっぽい個体を目撃することすら出来なかった。ゲートの閉門時間が迫っていることもあり、駐車場へと戻ることにした。また明日にでも出直すことにしょう。

 駐車場の手前にもクヌギがちらほらと生えている場所があり、その中に、洞こそないものの、ちょっとした捲れや抉れが多く、樹液量もふんだんな木が一本ある。駐車場近くの散策路脇という、割と人目につきやすい場所なので、余り期待はしていない木なのだが、一応最後にこの木を見ておくことにしよう。
 そこかしこから樹液が出ているので、どこからチェックするか迷うのだが、とりあえず照らしてみた樹液場には、やはりコクワとスズメバチがそれぞれ5匹づつへばりついていた。良く見ると樹液場からちょっと離れた幹の上にもコクワがちらほらと闊歩している。人目につきやすい場所とは言え、さすがにこの時期ともなると、クワガタ採りに訪れる人もないのであろう。
 他の樹液場を照らそうと、更にライトを移動させた時、視界の片隅に黒光りする巨大な陰が目に入ったような気がした。ハッとして、改めてライトをその場所に当ててみると、何と黒い巨大なクワガタが樹皮めくれに頭を突っ込んでいるではないか! 頭は見えないが、大きさ、色艶、足の長さからしてヒラタ♂に間違い無い。しかも見えている上翅部分から推定して、45mmは軽く越え、50mmはいっていそうな大きさである。万が一、これが巨大コクワだったとしても、これだけデカければ捕まえる価値はある。ヒラタを挟んで右の樹液場に3匹、左に2匹のスズメバチが群がっているのが気にかかるが、速攻でつまみ出して、ダッシュで逃げれば何とかなるかも知れない。
 今日も幸い、右手にはピンセットを握ったままになっていたので、右手を繰り出して上翅を挟み込む。しかし、ヒラタの力の強さと相まって、ツルツルと滑ってしまい、中々引き出せない。そうこうしている内にスズメバチが飛び立ってしまい、私の周囲を飛び始めた。ヒラタは捲れの中へ這い上がって行ってしまった。
 一旦後退して、スズメバチを躱し、遠くからヒラタのいた樹皮捲れを照らしてみる。幸い、樹皮捲れの奥行きは余りないようで、まだ奴は上翅の下2/3程を露にしていた。スズメバチも落ち着きを取り戻し、再び先程の樹液場にへばりついている。
 そっと近付いて、再挑戦。しかし、捲れに深く潜り込んでしまったことで、先程よりも更にピンセットのかかりが悪くなり、挟んで引き抜くことが困難になっていた。勿論、再びスズメバチが飛び立ってしまったので、私も再度後退する。
 そんなことを何度か繰り返している内に、いよいよゲートの閉門時間が迫ってきた。残り10分を切っている。いい加減にしないと閉じ込められてしまうので、一旦車に戻り、最寄りのゲートの外まで出て車を止めた。

 興奮して汗が吹き出していたので、車中にて汗を拭き、水分補給しつつ、作戦を練ってみた。
 捲れに頭を突っ込んでいるとは言え、殆どむき出しになっている訳であるから、スズメバチさえいなければ楽勝で捕まえられるシチュエーションである。ピンセットは止めて素手で掴んで、多少左右にこじってやりさえすれば、難なく摘み出せることであろう。ただ、ヒラタを挟んで右にも左にもスズメバチがいるので、数秒でケリをつけなければならないのが問題である。かくなる上は、ヒラタが樹皮めくれから完全に下がってきた所で勝負をかけるしかなかろう。これなら、パッとつかんで、サッと引きはがせそうだ。車をゲートの外に出したので、時間は幾らでもある。持久戦もドンと来いである。

 方針が固まった所で、車を降り、徒歩にて再び現地へ向かう。
 5分程で到着。早速現況を確認する。ヒラタは先程の姿勢で固まっており、一安心であるが、スズメバチの布陣も相変わらずである。
 持久戦を決め込んでいるので、とりあえず時間潰しで、まだ見ていない他の樹液場をチェックしてみる。幹の反対側の方は、どうしたことかスズメバチは全くおらず、かなりの数のコクワがそこかしこを闊歩していた。その中に、赤くて丸っこい、大柄な♀の姿があった。ノコギリクワガタの♀である。
 秋ヶ瀬では昨年の今頃に、♂の死骸を確認したのみで、これまで生きている姿は一度も拝んだことがなかった。その意味では既に♀を採集し、先週今週と♂の姿に接しているヒラタよりもレアと言えるかも知れない。誰も話題にしないだけで、秋ヶ瀬ノコも結構稀少な存在である。手の届く所にヒラタ♂はいるし、本当に今日は良い日である。

 幻の秋ヶ瀬ノコ♀やコクワと戯れ、15分程時間を潰し、再びヒラタの様子を見てみる。
 ヒラタは相変わらず姿勢を変えておらず、降りてくる気配は余り感じられなかったが、スズメバチの布陣が変わっていた。左側にいた2匹が姿を消していたのだ。これは天佑ではなかろうか?
 持久戦は、あくまでも左右にスズメバチが控えていることを前提に考えた策である。左側がガラ空きとなった今、何もこれにこだわることはなかろう。左から、右にいるスズメバチを刺激しないように、そっとピンセットを繰り出せば、ある程度時間をかけて取組むことができるだろう。スズメバチが戻ってくる可能性は否定できないが、その時はその時である。

 悩んでいる内にスズメバチが戻ってきても面白くないので、早速行動に移す。
 ヒラタの左手から、そっとピンセットを伸ばす。
 先程の経験から、挟んで引き出すのは難しそうなので、ピンセットでつついて後退させることにする。
 この場所は下草も殆ど生えていないので、地面に落下させても安心である。
 ヒラタの右側に若干の隙間があるので、そこにピンセットの先端を差し込み、脇腹を軽く叩いてみる。すると、あれ程固まっていたヒラタがモジモジしだし、更に叩くとスルスルと勢い良く後退してきた。予想以上に太くてデカい。さすがヒラタだ。
 捲れから完全に抜け出た所で、上から押さえつけるように捕獲。幹から引き剥がす際に、右側にいたスズメバチが驚いて飛び立ってしまったので、右手にヒラタを掴んだままダッシュで100m程逃走。連中が追ってこないことを確認して、右手のヒラタをライトで照らしてみる。間違い無くヒラタ♂だ。しかもピカピカの新成虫で結構デカい。
 武南エリアで見かけるヒラタ♂の多くは30mm台後半〜40mm台前半位のサイズが多く、45mmを越えるサイズは余り多くはない。早速持参のノギスを当ててみると、50mmには届かないものの、48mm とこの界隈ではかなり立派なサイズの♂であった。

●秋ヶ瀬ヒラタ伝説完結宣言
 8/21の♀に続き、こうして無事♂も捕らえることができた。
 しかも、中々のサイズの個体であり、私としては充分に満足できる結果である。そして、これでかなりスッキリした。

 また、捕らえた以外にも、少なくとも一匹のヒラタ♂を確認しているし、怪しげな大型個体も目撃している。決して多くはないが、こうして複数の個体を確認できた以上、秋ヶ瀬にヒラタは確実に生息し、代々繁殖を繰り返していると言えるだろう。
 見渡せば、このポイントの周囲には、小川や池も豊富であり、また、大雨が降れば簡単に水没してしまうような環境である。つまり、ヒラタが好むとされる環境が整っているのである。いて然るべきというか、いない方が不思議な位である。

 では、この20年、何故ヒラタを捕らえたり、捕まえたという話しを聞かなかったのだろうか? 秋ヶ瀬ヒラタが私と私の周囲で伝説の虫となってしまったのは、端的に言えば、ヒラタの生態に関する無知が原因であろう。
 まず、探す時期が悪かった。子供の頃、秋ヶ瀬へ通ったのは専ら夏休み中のことである。これは私の周囲の友人達も同様である。この時期のヒラタは洞の中や根際の土中に潜んでいることが多いとされ、そういう時期に樹液場のルッキングだけで奴を捕まえようというのは、今にして思えば、そもそも無理のある話しである。
 次に、広大な秋ヶ瀬の中を転々として探す(前回行かなかった所に次回行く)というスタイルも良く無かった。これも樹液の染み出る洞や捲れ、根際の土中を好むという成虫の生態、湿った朽木を好む幼虫の生態を知っていれば、広大な秋ヶ瀬の中でも探すべきポイントは自ずと絞られてくる。実際に成虫にとっても幼虫にとっても好ましい条件を兼ね備えている場所は、それ程多くはないのである。
 そして、最後に、そうした場所は、秋ヶ瀬の中でも比較的人目につきやすい場所であったというのも一因であろうと思う。つまり、例えいたとしても、我々が捕まえる前に誰かに捕まえられてしまう可能性が非常に高いのである。今年ヒラタを捕らえた場所は、秋ヶ瀬の中でも下草が刈られ、開けた場所となっており、カブクワ狙いの人だけでなく、ピクニックを楽しむ家族連れも多い。元々それ程多くの個体がいる訳でもないと思われるので、人が多く訪れる時期に採れないのは当たり前と言えば当たり前のことであろう。

 しかし、大人になって多少の知識を得た今、秋ヶ瀬ヒラタは伝説の虫では無くなった。確かに武南の他のヒラタポイントと比べると採集しづらい気はするが、時期と場所を選び、探すべき所を探しさえすれば、秋ヶ瀬ヒラタは見つけられるのである。
 先日捕らえた♀は既に産卵セットに投入済みであり、結構材を齧ってくれているようなので、きっと幼虫が得られることと思う。秋ヶ瀬の他のポイントにもヒラタがいるのか?(まだ何ケ所かいそうな所がある) 等、まだまだ気になることは幾つかあるが、とりあえず秋ヶ瀬ヒラタの探究は一旦止めにして、今年採集したこのペアを元親とした累代飼育に当面は取組みたいと思う。