パラレリウム

2005.10.22

 パラレリの累代飼育も順調に進んでおり、これまでの所、各産地合計で数十匹の新成虫が得られている。それぞれ数ペアづつ選抜して、産卵セットに投入しているが、それでも大分成虫が余ってしまうし、まだ幼虫〜蛹という個体も数十匹残っている。不人気種故、売るとか譲るというのも難しく、何よりも、やはり最後迄責任を持って飼いきるのが、人の道というものであろう。
 今の所、成虫は一匹づつ、120ccのプリンカップにて管理している。5〜6個は積み上げられるので、産地と性別毎に塔を作っているのだが、この方法だと場所を取らない代りに、中々目が行き届かない上、エサゼリーの消費も激しくなるし、交換も面倒だ。また、♂はともかく、♀は長期間入れておくと、プリンカップを食い破りそうな気がしてならない。
 従って、プリンカップで個別管理するよりは、管理的にも飼育コスト的にも、産地別にある程度の個体数を纏め飼いするのが合理的と言えそうである。

 これまでも、南フランス産やトルコ産等、個体数の多い産地のものは、30cm 水槽を使って纏め飼いしており、産卵は適宜♀のみ抜き出して産卵セットに投入したり、ケージ内に産卵木を投入することで対応していた。最近は寿命が尽きる個体が続出で、トルコ産は1♂だけになってしまったので、水槽は中国ホペイに転用したし、南仏産は2♂♂1♀、シリア産は1♂1♀とかなり寂しく、また、30cm 水槽を使うには贅沢な状態になっている。産卵木をセット中の南仏産は当面仕方がないとして、シリア産は子供(F3)の数が多いので、親を小型容器に移して、F3成虫をこの水槽で纏め飼いするべきだろうし、同様に子供の数が多いトルコ産も、再び30cm 水槽を使った纏め飼いに戻すべきであろう。

 そもそも、パラレリ飼育開始当初の目的は、コクワ並に繁殖させて、ケージ内にうじゃらせる事であった(トルコ産飼育観察ノート2004.10.28 参照)。そこで今回は、単にケージ内にうじゃらせるだけでなく、観察に主眼を置いたケージを構築し、パラレリ観察をエンジョイしてみたい。

◆パラレリウム製作記◆
■どのようなケージにすべきか?
■外装(ケージ)の製作
■資材の調達
■内装の製作
■パラレリ投入