成虫保管用小型容器2

−−−スタック VS コバシャ−−−

2005.11.20

●積み重ねてもグラつかない容器
 雑感009で紹介した四角ポリケース(画鋲入れ)であるが、当初はこれでカンペキかと考えていたのだが、安物故なのか、成形がそれ程しっかりしておらず、軽く歪んでいるようなものが多かった。単体で使う分には問題はないのだが、複数個を積み上げた場合、この歪みによって安定性が損なわれ、グラグラして危なっかしいことこの上ないという問題にぶちあたったのであった。

 雑感009 の最後の方でも書いたが、やはりこの手の用途の容器としては、コバエッシャッターのタイニーかこれに類する飼育容器を利用するのが、機能的にもコスト的にも良いようである。
 現在、各産地のユーロオオクワ新成虫が続々と羽化してきている。詳しくは各産地の飼育観察ノートや雑感015を参照されたいが、とても全てに産卵セットを組んでやる訳にもいかず、余った成虫をどうやって管理するかが問題となっている。
 上記の画鋲入れは小型〜中型種向け人工蛹室用容器としての活用法を見い出したので、これに活用すると共に、コクワ新成虫の管理に使っており、殆ど余剰が無い状態であるし、同じく雑感009で紹介した小型アクリルボックスは、蓋を作成する手間暇を考えるとコバシャのタイニーを買った方が良いのではないか? という結論に至ったので、それ程多くは購入しておらず、現在は専ら国産オオクワやホペイの極小個体の鑑賞用飼育ケースとして使ってしまっている。
 そういう訳で、ユーロオオクワはとりあえず120cc のプリンカップを使って個別管理しているのだが、これだと♀が齧って穴を開けて脱走しそうで心配である。そこで思いきって、コバシャのタイニーかこれに類するケースを大量に導入しようと決意した。こうした製品であれば、ある程度積み重ねても安定しそうである。

●スタック・エスかコバエシャッター・タイニーか
 今、手元にはこの種の飼育ケースとして、コバシャのタイニー(写真右)の他に、スタック・エス(写真左)という製品がある。いずれも生体を購入した際に、その容器となっていたものであるが、ざっと調べてみた所、このサイズの物で流通量の多い容器はこの2種類のみのようである。

 容積的にはどちらもほぼ同じであるし、どちらの製品もオプションでセパレーターが用意されており、これを用いることで2部屋に仕切ることができる。こうすることで一つの容器で2匹を個別管理できる訳で、ユーロオオクワ成虫管理用容器として理想的である。普通に産地別に1ケース2匹づつ入れて行っても良いだろうし、将来ペアを組ませる予定の♂♀を入れておき、成熟した頃に仕切りを外し、交尾をさせるという使い方も便利そうである。実際に今持っている容器はペアリング用の一時飼育スペース(産卵セット投入前に1〜2週間♂♀を同居させる)として活用している。現状では各1個づつしかないのでペアリング専用スペースとなっているが、容器の数を揃えれば、羽化後の成熟待ち〜交尾迄一貫して使用できるようになるだろう。
 また、いずれの製品もコバエの侵入防止対策が講じられており、機能面においても大差はないようである。

 さて、この2種の容器の内、どちらで揃えるかが悩み所である。
 以下に両者のスペックを纏め、比較検討してみたい。

品名 高さ 奥行 単価 セパレータ単価
コバエシャッター・タイニー 93 105 105 @170- @30-
スタック・エス 83 104 104 @140- @30-
※単価は10〜20個纏め買いした場合の値段で、税別

 スタック・エスの方がコバシャ・タイニーよりも単価で30円程安い設定となっており、外形寸法もコンパクトである。特に高さは1cmも低くなっており、限られたスペースに積み重ねる際にも有利であろうし、単体で置くにしても、コバシャよりも1cm低い分だけ、置ける場所の選択肢が広がる可能性がある。
 この高さの違いは、コバエの侵入防止と通気の確保の図り方の違いによるもので、スタックが蓋の縁の内側に細かなスリットを設けることで対処しているのに対し、コバシャは蓋を二重構造として、その間に不織布のフィルターを挟みこむ方式となっている。このフィルターの分だけ、コバシャの蓋は背が高くなり、また積み上げる際にこの出っ張りが干渉しないように、容器の足も高くなっているのである。単価の差も、蓋の構造の複雑さ(パーツ点数の多さ)によるものであろう。

 これまで一年以上、この2つの製品を併用してきたが、どちらもコバエが湧いたことは一度もなく、フィルターやスリットが目詰まりして中が酸欠になって虫が死んだり弱ったりしたこともなかった。従って、方式は違えど、機能においてはどちらも必要十分なレベルをクリアしていると言えそうである。
 どちらの技術が優れているか? と問われれば、不織布フィルターを採用しているコバエシャッターの方が、コバエの侵入防止と通気性の確保という意味では、より確実であろうと思う。ただ、スタックの方もこの一年、コバエの侵入は許していない訳であるし、蓋を水洗いする際に、わざわざフィルターを外す必要がないというメリットもある。

 以上の点を勘案すると、コバエ侵入防止という機能面に主眼を置くのであれば、コバエシャッター・タイニーを選ぶべきであろうし、コストやメンテナンス性、外形寸法の小ささ等に主眼を置くのであれば、スタック・エスとなろう。
 私の場合、最大の悩みは設置スペースの確保であるので、より背の低いスタック・エスで決定である。たかが1cm、されど1cmで、複数個積み上げる場合、積み上げ個数×1cm の差は案外大きいものである。5段積むのであれば、スタックの方が5cm低いスペースであっても置ける訳で、限られたスペースになるべく多くを詰め込むという観点からすると、背は低いに越したことはないのである。

●スタック・エスを導入
 早速、スタック・エスを取り扱っているショップに発注。とりあえず容器とセパレーターを20セット購入してみた。これで最大40匹迄対応できる計算である。

 注文翌日に品物が到着。最近の通販のテンポの良さには感心すると共に、驚かされるばかりである。ただ、こうしたフットワークの良い所は、大抵は末端の小売業者で、メーカーや卸業者となると、どのジャンルであっても、テンポが遅くなるのはどうしたことであろうか? 虫の場合も所謂大手の通販だと、注文翌日に配達という風には中々いかないものである。
 私も仕事で、自社製品の発送手配をやっているが、在庫があるものであれば、注文翌日に届けることは別に難しいことでも何でもない(モノによっては、注文当日に生産して発送なんてこともある)。メーカーや大手であれば、少なくとも小売専門の所よりは人手もあるだろうし、客とすれば、早く届くに越したことはない訳であるから、何故それをやらないのか不思議である。

 閑話休題、スタック・エスをセパレーターで2室に仕切って、ユーロオオクワを入れてみたのが左の写真である。30mm前後の大形♂でこんな感じなので、平均的な大きさのユーロオオクワでは、これでもまだ広過ぎる感じがしないでもない。ただ、餌として、16gゼリーを半分に割ったものを入れるとすると、例えばこれを更に半分に仕切って、4室にしたとすると、少々苦しいものがある。

 もし、純粋にこの用途に特化した容器を考えるとするならば、12cm角程度の容器を4分割して使えるようになっているものがベストであろう。これなら一つの容器で4匹を管理できることになり、ペアリングも2ペア同時に行え、置き場所も約1/2 に節約可能となる。
 また、一室につき、16gゼリーを1/2個づつ入れていくのも不経済である(大抵、半分も食べない内に腐ったり干からびたりする)ので、右図のように、セパレーターは十字型とし、中央部分を円筒状にして液状のエサを入れておけるようにしておくと良いと思う。
 この円筒の壁面に、90度毎に小さなスリットかスポンジを設けておけば、各室のクワガタはそこから採餌できるだろう。これなら、いちいちゼリーをカットして与える手間も省けるし、ゼリーも無駄にならずに済む。適当に頃合を見計らって、液状のエサを円筒部分に継ぎ足すだけでOKである。
 それ程面倒な工作でもないと思うので、今度暇があったら試しに自作してみようと思う。

 容器形状は、特にテーパーがかかっている必要もないと思うので、ホームセンターか東急ハンズで適当な大きさのアクリルボックスを探してみようと思う。それにしても、どうして市販の飼育容器は例外無くテーパーがかかり、下に行く程すぼまる形状になっているのだろうか? 普通に直角の面で構成しても良いように思うのだが、複数個を密集させて置いた場合の通風を考慮してのデザインなのだろうか? それとも原料の節約=コスト削減の為の工夫なのだろうか? 謎だ。

 左図が現時点でユーロオオクワの成虫管理に最適と考える容器である。本体は、幅10cm、奥行10cm、高さ7cmで、積み重ね対応の蓋と足をつけた時の外形寸法は、10.5cm×10.5cm×8.2cmとなる。テーパーがかからず、本体が10cm×10cmの面積であれば、4室に区切ってもそこそこのスペースを確保できると思う。スタック・エスやコバシャ・タイニーは本体の最も幅広の部分の外形寸法が幅87mm程度である。テーパーがついているので、これは容器の最も上の部分に当たるが、普通はそこにクワガタが闊歩する空間がくる程、マットを詰めたりはしない。普通に寸胴のデザインになっていれば、ほぼ同寸法の容器で4匹を管理できるようになる訳で、かなりのスペース節約が図れるであろう。

 プリンカップからユーロオオクワ達をスタック・エスに移し、積み重ねてみたのが左の写真である。とりあえず、メタルラック手前の空きスペースに3×3=9個を置くことができた。勿論、上下の棚の空きスペースにも更に数個づつ置いてある。
 プリンカップを積み上げるのに比べれば、嵩はとられるものの、安定性は良好で、これなら余程大きな地震でも来ない限り、倒壊する心配もなさそうである。脱走の心配も解消した。見た目もスッキリしており、これなら家族から文句を言われることもなかろう。やはり専用の飼育容器の方が、色々と考えられているので、何かと安心である。

 ただ、飼育ケージの手前を塞ぐ形になってしまっているので、ケージの配置を抜本的に見直すか、新成虫の置き場所を別途設けるかしないと、日々の観察や世話に支障をきたしそうである。