バイオハザード4

2005.12.21

●バイオハザードというゲームについて

 私はそれ程TVゲームの類はやらないのだが、家にはDVDプレーヤー兼のPS2があり、アクションやシミュレーション系を中心にタマに遊んでいる。その中でも割と気に入っているのがカプコンのバイオハザードシリーズで、この度「バイオハザード4」がPS2でもリリースされたので、早速購入してプレイしてみた。

 このシリーズ、これ迄はアンブレラというDQN企業が開発したTウィルスやGウィルスといった、感染した生物を化け物に変化させるヤバいウィルスや、それを応用して開発された生体兵器(モンスター)との戦いがメインテーマであり、主にアメリカを舞台に話しが展開されてきたのであるが、今作はガラリと舞台が変わってヨーロッパ。しかもアンブレラ社崩壊の6年後という設定で、相手もアンブレラが開発したウィルスとは無関係の、「プラーガ」という寄生虫によってモンスター化した連中である。

 このドラスティックとも言える作品背景の変更は、アンブレラ社のT&Gウィルスの「腑甲斐無さ」に起因しているのではなかろうかと私は睨んでいる。
 アンブレラはこれらのウィルスを人間を始めとする様々な生物に組み込み、遺伝子操作を行って、タイラントやハンター等というモンスターを「兵器」として開発し、これを各国軍隊に売り込んで儲けようと企てていたのだが、こいつら、莫大な費用とさらってきた人間を改造するというショッカーまがいの悪行(人+トカゲ+Tウィルス=ハンターとかやってるから、ゲルショッカーか)に及んでまで開発した割には、例外なくバカで、言うことを聞かせるのも一苦労という代物である。一応、設定等を見てみると、デフォルトの状態では「遭遇する奴は殺せ」といった具合の、ごくごく簡単な命令なら理解できるとある。しかし、ある程度ダメージをくらうと、制御不能な「暴走状態」になって、完全に言う事を聞かなくなるそうである。
 思うのだが、「遭遇する奴は皆殺し」って、敵味方は区別できないって事っしょ? それと「暴走状態になって手ぇつけらんなくなる」ということの間に、一体どれ程の違いがあるのだろうか? もしかして、デフォの状態なら、敵味方の区別はつけらんないけど、「やめれ!」というと、行動停止したりしてくれるのだろうか? ま、いずれにせよ、殆ど言う事は聞いてもらえないと思って間違いはなかろう。トラやライオンを戦場に放すのと、一体どれ程の差があるのか、非常に疑問な連中なのである。

 更に、こいつらは弱い。
 勿論、生身の人間よりは丈夫なのだが、拳銃があればとりあえず倒せるし、頑張ればナイフ一本で仕留めることも可能なのだ。何しろ、「バイオハザード2」では、Tウィルスを使って作った奴よりも強力とされる、Gウィルスで変身したモンスター(開発者のオッサン)が、新米警官やら女子大生によって、あっさりと撃退されてしまっている。強力と言っても、所詮その程度なのだ。
 こんなもん、何百匹と戦場に投入した所で、軍隊の火力と組織力の前には瞬殺されるのは間違いない。何しろバカだから、数いても組織だった行動はとれないし、敵に向かって真直ぐに突っ込んでいってしまうから、訓練された兵士にとっては良い的であろう。
 普通に考えて、こういったどうにも扱いに困る上に、さして強くもないモンスターを戦場に投入するよりは、TorGウィルスそのものを、ミサイルの弾頭に搭載して、敵陣や街に打ち込んでバラ捲いた方が、よっぽど役に立つだろう。何しろ、これに感染した人間は皆、バカなゾンビになってしまうのだ。知性や理性は完全に飛んじゃって、食欲だけで行動するようになってしまうので、それだけで組織だった抵抗とかはできなくなるし、更に食いもんがなくなると餓死してしまうそうなんで、ウィルスをばらまいて、粗方飢え死にした頃に進軍すれば、労なく占領できる筈である。首都に打ち込んじゃえば、それだけで、敵国の国家として機能を崩壊させられそうである。つまり、兵器としては、T&Gウィルスを開発した時点でかなりの成功を収めている筈なのである。従って、売るんなら、ウィルスそのものを売れば良い筈なのだが、そこに気付かず、延々と役に立たないモンスターを開発しつづけるという設定にはさすがに無理がある。それ故に「プラーガ」なのであろう。これは、「バラ捲くことに意義がある」存在だからである。

 この「プラーガ」に寄生された人間は、多少凶暴になったり、食事の嗜好が変わったりはするらしいが、知性迄は失わず、一応、今迄通りの社会生活は営めるのである。しかも、親虫の命令には絶対服従なので、何をやるにしても、組織だった行動がとれる訳である。従って、全世界の人間にプラーガを寄生させることができれば、親虫を宿した一人の人間による支配体制が確立するのである。更にポイントが高いのは、プラーガに寄生された人間以外の生物とも、プラーガを通じてコミュニケーションがとれるようになる点である。違いに寄生されてさえいれば、ユーロオオクワやヘラクレスなんかとコミュニケーションを図ることも可能なのだ。ハードな動物愛好家や自然保護狂には夢のような話しだろうし、案外その方が平和なんじゃないかという気もしなくもないが、明らかに、ヘンテコモンスターを繰り出されるよりは、こっちの方が脅威である。こんなことされて困らない国はないだろう。

●プラーガよりもある意味怖い、もう一つの「バイオハザード」

 バイオハザード4は、正にそのように、プラーガを用いての世界征服を企てるスペインの田舎宗教団体と、それを阻止しようとするアメリカのエージェントの戦いの物語である。
 舞台はスペインの片田舎の山村で、ゲームは村の入口の林から始まる。時折、落ち葉がひらひらと舞い落ちる広葉樹林であり、樹形からしてヨーロッパナラの林のようである。ライフルのスコープ等で葉の部分をズームしてみると、葉の形もなんとなくヨーロッパナラっぽくモデリングされているような気がする。スペインでヨーロッパナラの林となれば、まず間違いなくユーロオオクワが生息しているだろう。私が開発スタッフなら、絶対にユーロオオクワやユーロミヤマをへばりつかせておく所である。中々雰囲気良くCGが作られているだけに、妙に勿体ない気がしてきた。ま、これはそういうゲームじゃないんで、仕方ないのだが。

 しかし、ゲームを進めて行くと、敵キャラ以外にも、カラスやコウモリ、ヘビ、牛、鶏といった、「村やその周辺に生息している生物」も案外色々と出ている事に気付く。ある建物の中では壁を這い回るクモを見つけることができた。
 嗚呼! お遊びでクモ出すなら、ユーロオオクワじゃないっすか? ヨーロッパなら。

 更にゲームを進めると、湖にて、プラーガに寄生された巨大オオサンショウウオとの戦いになった。
 おいおい、ヨーロッパのオオサンショウウオはとっくの昔に絶滅しとるぞ。何しろシーボルトが日本からオオサンショウウオを持ち帰る迄、こいつの化石を「ノアの洪水でやられた人の骨」とヨーロッパの連中は思ってた位だ。
 どうもこいつは、例の宗教団体によって実験的に作られたらしいが、ベースとなったオオサンショウウオはどこから連れてきたのであろうか?
 オオサンショウウオが現存するのは、北米と中国、日本の3ケ所のみである。この内、中国と日本の物は亜種関係にあるが、北米のものは別種で、大きさも日本や中国のものよりもかなり小さく、成体になっても鰓穴が残る等、より原始的なオオサンショウウオである。クワガタで言うと、ホペイ&ビノデュロサスに対するパラレルスオオクワに近い関係である。
 戦闘中に観察した限りでは、頭部のイボイボや、脇腹のヒダの特徴からして、どうも中国か日本産のオオサンショウウオがベースとなっているようである。わざわざこのために輸入したのか、村営水族館か何かにいたのを流用したのかは分からないが、いずれにせよ、こんな外来種ベースのモンスターを湖に放すとは、二重の意味で「バイオハザード」である。

 巨大オオサンショウウオを倒すと、舞台は昼から夜に変わった。
 改めて湖に近付いてみると、岸辺近くに魚が泳いでいるのが見えた。試しに湖に手榴弾を投げ込んでみると、魚がアイテムに変わり、回収することができた。で、回収してみてビックリ! この魚、正体はブラックバスとランカーバスであった。いずれも北米原産の外来種である。一応、見える範囲の魚は全て駆除しておいたが(体力回復アイテムとして使える他、売ってお金にできるので)、巨大オオサンショウウオがいようといまいと、生態系は危機的な状況と言えそうである。

 外来魚を駆除して湖を離れ、先へ進むと、村には明かりが灯り、所によっては蛍光灯なんかも点灯している。こうした林の近くの灯火には、ユーロオオクワやユーロミヤマが集まってくるんだろうなー等と考えつつ、敵を倒していると、ヨーロッパナラと思しき木の幹に何か虫のようなものがへばりついていることに気付いた。最初はさっきみかけたクモかな? と思っていたのだが、近寄ってビックリ! 何とそこにいたのはカブトムシであった!! しかも、日本産である。
 いや〜、もう本当に、こんな所に国産カブトを出すんだったら、マジでユーロオオクワ&ユーロミヤマを出してもらいたい。しかも、魚のように、アイテムとして回収できるようにしてもらえると、バイオハザードシリーズも「サバイバルホラー」という位置付けから、「サバイバル昆虫採集&ホラー」に昇格するとともに、購買層も一気に100人位は増えるのではなかろうか? もし、「バイオハザード4完全版」とか「バイオハザード4ディレクターズカット」とか出すのであれば、その際には是非これを実現して頂きたいものである。早速付属のアンケート葉書にてリクエストを敢行するつもりである。

 しかし、先程のオオサンショウウオやブラックバスもそうであるが、どうもこの村、プラーガ以外にも、外来生物の侵入という、もう一つの「バイオハザード」が進行中のようである。というか、どうもプラーガというのは、設定を見る限り、この土地の「土着生物」のようなので、例え人にとっては迷惑千万であっても、活動がこの土地に限られているのであれば、生態系的には特に問題は無いと言える。例の宗教団体はこいつを全世界にバラ捲こうと画策はしているものの、現時点ではプラーガの活動はこの地域内に限られているから、これはまだ、「放っておくとバイオハザードになるかもしれない」状態である。環境へのインパクトという意味では、既に村内各所で生息が確認されている外来生物の方が問題であろう。こちらは既に起ってしまっているのである。クモ、ヘビ、カラス、コウモリあたりも、本当にスペインに元から住んでいる種類なのか、疑ってかかった方がいいかも知れない。

●深読み「バイオハザード4」

 ここまで考えて、私はようやっと気付くことが出来た。これはきっと、製作スタッフからのメッセージなのだ。
 プラーガのような派手さはないし、さしあたって人間にとってどうということはないが、現実世界でもこのような外来種の移入とそれに伴う生態系の改編という「バイオハザード」がじわじわと進行しているんだぞという事をゲームを通じて、我々プレイヤーに訴えかけているに違いない!
 とかく暴力的な描写が青少年に悪影響を及ぼすと、PTAや教育委員会から目の仇にされるバイオハザードシリーズであるが、本作は外来種問題という時事ネタを「バイオハザード」というシリーズタイトルと掛けて巧みに取り込むことで、こうした「教育上良くない」という声に答えた意欲作なのではなかろうか?

 思えば、「TVゲームは教育上宜しくない」とする連中の言葉を真に受けて、「ゆとり教育」なるものを導入した結果、世の中にはゾンビ並のクソガキが蔓延することになった。昨今の少年犯罪の凶悪化の背景にはTVゲームの影響が少なからずあるのも事実であろうが(当の犯罪者がそう言ってる)、その背景には、ゲームと現実との区別もつけられないようなゾンビ並の低能を量産した、この社会の教育環境の悪質さがある筈である。つまり、「教育上良くない」と言って色々な物を排除してきた連中が、一番教育に宜しくないことをしでかし、ゾンビ並の低能を量産した可能性が大なのである。
 本作は、「暴力的で直接的に人に害をなすプラーガは、本質的には土着生物であり、例え人に害を及ぼそうが、何らその地のあるべき姿を変えるものではない。むしろ、人から愛されるカブトムシやブラックバスこそが、その地の自然環境や生態系をじわじわと殺して行き、取り返しのつかない事態を引き起こすのである。」というテーマを、「一見、暴力的で教育上悪そうなTVゲームと、一見、教育上良さそうな教育バカの甘言と、本質的にゾンビ並の低能を量産したのはどちらですか?」と置き換えて、逆に問いかける社会派の作品とも言えるのではなかろうか? 深い、深すぎるぞバイオハザード4!

 ならば、こうした虫や動物があちこち徘徊しているのは、単なる演出やお遊びではなく、ゲーム進行上重要な意味を持っている筈である。つまり、プラーガを本来の生息地を越えて、あちこちにバラ捲こうとしている田舎教団の野望を阻止するとともに、これら外来生物を駆除することも求められているのではなかろうか? 全て駆除するとご褒美として、強力な武器をゲットできるとか、そういう特典があるのかも知れない。きっとそうに違いない。

 目の前で、木の幹にへばりつき、軽く頭を上下させながら樹液をなめている(ように見える)カブちんを駆除するのは可哀想な気もするが、やはりこいつは本来ここにいてはいけない種である。心を鬼にして駆除を決意し、弾を外さないように、武器をライフルに持ち替え、スコープでカブちんの前胸に照準を合わせ、引き金を引いた。
 すると、何としたことか! カブちんはブビビ...っと羽を広げ、飛び立っていってしまったではないか!
 確かに前胸ド真ん中に照準を合わせたつもりだが、ひょっとして外したのか?
 慌てて飛び立ったカブちんを追い掛けてみたものの、結局奴を見失ってしまい、駆除することは出来なかった。

 何度かマップを切り替えてみたりしたが、飛び立ったカブちんが戻ってくることは無かったので、仕方なく先に進むことにした。
 以後も時折現れるブラックバスやクモ等を駆除しつつ、とりあえずゲームクリア。特にこれらを駆除したご褒美らしきものは無かったように思うが、やはりカブちんを含め、完全に駆除しないとダメなのかも知れない。これに気付く迄に見落とした連中もいるだろうし。

 そう思い、もう一遍最初からゲームにトライ。
 序盤から、マップの隅々迄丹念にチェックしていった結果、案の定、見落としていたクモやヘビ、カラス、コウモリ等が結構いた。こいつらを念入りに駆除しつつ進んで行くと、先程よりも前の段階で、木の幹にへばりつくカブちんを見つけることができた。これも一周目には見落としていたらしい。
 前回はライフルで仕留め損なったので、今回は攻撃範囲が広い上に、大抵の敵は一撃で倒せるロケットランチャーを使って駆除を試みる。これなら多少的を外しても大丈夫だが、一応、念には念で、スコープで照準をカブちんにキッチリと合わせてから発射!
 カブちんがへばりついていた箇所が盛大な爆炎に包まれる。ボスキャラでさえ一撃で葬る攻撃である。これでカブちんも灰と化したに違いない...違った。
 なんと燃え盛る爆炎の中から、羽を広げたカブちんがブビビ...っと飛び出してきたではないか!
 今回は絶対に絶対、攻撃を当てた筈である。何しろ自分も多少ダメージを食らう位の至近距離からの攻撃である。外している訳がない。ロケランではダメなのか? 何か特定の武器で攻撃しないと駆除できないのだろうか?

 予想外の強敵の出現に、私の外来種駆除作戦は行き詰まってしまった。
 カブちん出現ポイントは3〜4箇所位しかないのだが、以後も各種拳銃、ナイフ、マシンガン、マインスロアー、手榴弾、卵(手榴弾のように投擲できる)等々、ありとあらゆる武器で攻撃してみたが、結果は同様。どんな攻撃を当てても、カブちんは悠然と飛び立つばかり...カブちんは絶対に殺れないようになっているということを悟り、私の深読みは単なる愚考であったことを思い知らされたのであった。

●カプコンさんにお願い

 お遊びでカブトムシを出すのであれば、是非「完全版」「ディレクターズカット」ではこれをユーロオオクワやユーロミヤマに改めて頂きたい(出す予定があるのであれば)。仮にも「バイオハザード=生物災害」をタイトルとし、これの阻止を主目的とするゲームである以上、外来生物を闊歩させておくのは、いかがなものかと思う。
 ま、それは置いておくとしても、やはりヨーロッパの森にはヨーロッパの虫が相応しいと思う。勿論、昆虫マニア以外にはそんな事を気にする人はいないと思うが、PS2 の限界ギリギリ迄造り込まれた、ヨーロッパの山村の雰囲気を非常に良く表現しているCG であるだけに、そこに日本のカブトムシがいるというのは、画竜点晴を欠き、勿体無い限りである。

 次回作では、是非是非、その辺にもこだわって、ゲームマニアや武器マニアだけでなく、昆虫マニアをも唸らせるものにして頂きたい。