リュウキュウオオクワ

2006.02.07

●ドルクス属の和名の付け方に思う

 現在のドルクス属は、従来のものにコクワガタ属 Macrodorcas、アカアシクワガタ属 Nipponodorcus、ヒラタクワガタ属 Serrognathus、ヒメヒラタクワガタ属 Metallactulus、サビクワガタ属 Graphaloryx の一部等が統合されたものとなっている。従って、これに属するクワガタの和名には、「◯◯オオクワガタ」「◯◯コクワガタ」「◯◯ヒラタクワガタ」等、旧来の属名を引きずる形のものがつけられている。

 属が統合されたということは、本来これらの属の間にはそれ程大きな違いはなく、また、それぞれの属の間に中間的な形質を持った種がいたりする為、例えば、どこからどこ迄がオオクワガタで、どこからどこ迄がヒラタクワガタなのか? といった点に関してはイマイチはっきりしない部分がある。Dorcus hyperionDorcus miwai 等は、オオクワともヒラタともとれる外観を有している為、それぞれ、「ヒペリオンオオクワガタ」「ヒペリオンヒラタクワガタ」、「ミワオオクワガタ」「ミワヒラタクワガタ」と2つの和名を有している。この2種は、頭楯の形状等から、現在ではヒラタクワガタという事で落ち着いているが、将来において、この認識が変わらないという保証もないように思う。

 元々和名というのは、学名とは異なり、日本国内における「通称」のようなものだから、「これが正解!」というものはなく、一番通りの良いものが定着しているに過ぎない。その名を聞いた者が、ある特定の種の姿を思い浮かべることができさえすれば、必要十分なので、「◯◯オオクワ」だろうが「◯◯ヒラタ」だろうが、呼び方自体はどっちでも良いのかも知れない。
 ただ、そうは言っても、和名をひねり出す際には何らかのガイドライン、言い換えれば、どういう形のクワガタがオオクワで、どういう形の奴がヒラタなのか、その判定の基準となるものはある筈である。で、各種図鑑等で、和名とそのクワガタの姿とを見比べてみると、

 オオクワ=大腮が湾曲していて、一対の内歯を有しているもの。
 ヒラタ =大腮が直線的で、小歯が多く並んでおり、頭楯が二山状になっているもの。
 コクワ =大腮が直線的で、一対の大きな内歯を有しているもの。或いは、単に体格が小さいもの。
 アカアシ=大腮の先端部分に複数の小歯が現れるもの。但し、コクワと看做される場合も多い。
 ヒメヒラタ=毛のないサビクワ。
 サビクワ=体表に毛が生えているもの。

 概ねこのような傾向があるような気がする。従って、旧アカアシクワガタ属に属していたヒメオオクワガタは大腮が湾曲していて、一対の内歯があるから「オオクワ」だし、旧ヒラタクワガタ属のライヒヒラタは、大腮が直線的になり、内歯の他に小歯が現れる大型個体は「ライヒヒラタ」、オオクワ風になる小型個体は「セスジオオクワ」となり、必ずしも和名と旧属との間に整合性がある訳ではないばかりか、同一種に複数の和名が付与されるということも生じるのである。
 また、これで行けば、シェンクリングオオクワや、リツセマオオクワの一部亜種は、「シェンクリングコクワ」「リツセマコクワ」となっても良いような気がするし、逆にサイズ的にも大腮形状的にもこの2種と大差のないネパールコクワが「ネパールオオクワ」と呼ばれないのも引っ掛かる所だ。
 この点からも、和名とは学術的に検討に検討を重ねて命名されたものではなく、国産種の形状や印象を基準として、見た目の第一印象でつけられた「通称」であることが良く分かる。なんとなくコクワっぽいからこれはコクワ、こいつはヒラタっぽいからヒラタ、といったノリで命名されたのであろう。

●リュウキュウコクワをリュウキュウオオクワと呼びたい

 私が大好きなクワガタの一つにリュウキュウコクワガタがいる。
 コクワと言えども、その大腮形状は本土のコクワとは異なり、アンタエウスの大腮を細くしたような、湾曲の強い形状をしており、私は密かに「日本のパラレリ」と呼んでいる。
 従って、上記のノリで行くならば、私はこいつをリュウキュウコクワではなく、「リュウキュウオオクワ」と呼びたい。
 小さいし、♀はコクワ似だから、コクワというセンスも理解はできるが、♂の大腮形状に注目するならば、湾曲しているし、一対の大きな内歯もあるしと、「オオクワ」と呼ぶ条件も同時にクリアーしていると思う。第一、小さいからコクワというのであれば、ユーロオオクワだってユーロコクワであろう。実際に現地では「コクワ」と呼ばれている訳だし。
 もっとも、ユーロオオクワは旧ドルクス属の基準種だから、ドルクス=オオクワと認識してきた我が国においては、例え国産コクワよりも小さなクワガタであったとしても、オオクワと呼ばざるを得なかったのかも知れない。しかし、それでも巨大なDorcus nepalensis をネパールコクワと呼ぶように、形さえ似ていれば、大きさはどうでも良いというようなノリも無きにしも非らずだと思うので、ユーロオオクワをオオクワと呼ぶのであれば、似たような大腮形状を持つリュウキュウコクワも是非、「リュウキュウオオクワ」と呼んでやって頂きたいと思う。

 更に不毛な力説をするならば、日本本土にも大陸にも台湾にもフィリピンやインドネシアといった東南アジアの島嶼にもオオクワと呼ばれるクワガタがいるのに、琉球弧にだけオオクワがいないのは何だか寂しい気がする。ヨーロッパやアフリカ、新大陸のアメリカにすらオオクワがいるというのに、琉球弧にオオクワがいないというのは納得がいかないものがある。
 リュウキュウコクワをリュウキュウオオクワと呼びさえすれば、この「オオクワ空白ゾーン」を埋めることが出来る。何しろ、基亜種のリュウキュウオオクワの他に、アマミオオクワ、トクノシマオオクワ、ヤエヤマオオクワの3亜種が加わり、これにより、日本本土から台湾にかけて、国産オオクワ、アマミオオクワ、トクノシマオオクワ、リュウキュウオオクワ、ヤエヤマオオクワ、タイワンオオクワ&ツノボソオオクワ&シェンクリングオオクワと、ほぼ連続してオオクワと呼ばれるクワガタが存在することになるのだ。大陸のホペイと朝鮮半島のビノデュロサスを加えれば、環東シナ海オオクワベルトの完成である。これでキレイに繋がった。ああ、スッキリだ。


 さて、幸いなことに、世間一般は言うに及ばず、クワガタファンの間でも、リュウキュウコクワの認知度は、まだまだ低いと思われる。従って、今から頑張ってこいつのことを「リュウキュウオオクワ」と呼び続ければ、将来的にこの呼称の方が定着する可能性が残っているのではないかと思う。
 ノコギリクワガタのような認知度の高いクワガタを、例えば、「ヘコヘコクワガタ」という呼称に摺り替えようと思っても、中々に無理そうであるが、認知度の低いリュウキュウコクワであれば、コクワからオオクワへの昇格も夢ではあるまい。

 類似の成功例(?)としては、地中海沿岸に分布するペイロニスオオクワと、北インドに分布するラティオキナティプスオオクワがコクワからオオクワへの昇格を果たしている。いずれも以前は「コクワ」と呼ばれていたが、最近は「オオクワ」と呼ばれるようになってきた。特にラティオキナティプスの方は、むし社の『BE-KUWA 16号』にて、「今後はラティオキナティプスオオクワと呼びます」と宣言されたのが決定打となった。
 リュウキュウコクワも『BE-KUWA』や『月刊むし』あたりで、「今後はオオクワと呼ぶことにします!」と一行書いてもらえれば、一撃で「リュウキュウオオクワ」という和名が浸透することになると思うが、こうしたトップダウン的な方法論は望むべくもないので、草の根運動的にコツコツと浸透を図り、多数派工作をしかける以外に道はなかろう。

 とりあえず、今日から私はこいつのことを「リュウキュウオオクワ」と呼んでやることにしようと思う。早速こいつの飼育ケージに「リュウキュウオオクワ」と書いたシールを貼っておくことにしよう。これで妻と倅もこいつのことを「リュウキュウオオクワ」だと思うに違い無い。スタート・イズ・3人で、どこまで浸透させられるか、気長に楽しもうと思う。

今日からリュウキュウオオクワと呼びます!
リュウキュウオオクワ