ピエT

2006.04.30

●息子にせがまれ...
 現在、「パラレリ・スピーチ」コーナーにて配付中の「DeskTop パラレリ」シリーズであるが、どうもコレ、息子(5歳)のツボをヒットしたらしく、連日エテ公のようにパラレリ共と戯れている。仕方ないので、使ってないiBook を「DeskTop パラレリ」専用にして、息子に貸し与えている。

 「DeskTop パラレリ」は、所謂デスクトップ・マスコットという奴で、単体で稼動するMac専用のアプリケーション版と、Yahoo! Widget Engine 3.x を利用して稼動するウィジェット版とがあるが、どちらもパラレリが画面上を徘徊したり、飛んだりする他、テンキーやカーソルキーで思いのままに操縦することも可能である。この「操縦可能」という所が、どうも彼の心を掴んだようだ。
 まあ、大体、5歳位の子供の欲求というものは、大人から怒られるようなものである場合が多い。また、大好きな菓子やジュースを飲食する時だって、食べ方がどうだとか、飲み方がどうのとか、あれこれと細かいマナーを指導されてしまう。従って、彼も中々に思い通りにならない日々を送っている訳で、そんな彼にとって、完璧に自分の言う事を聞いてくれるデスクトップマスコットいじりは、楽しいウサ晴らしなのであろう。何しろ、右に行けと言えば右に行くし、飛べと言えば飛んでくれる上に、決して文句を言われたり怒られたりはしないのだ。

 更に、こいつは玩具と異なり、何となく生き物っぽく見える。まあ、形がクワガタだというのもあるだろうが、キー入力しない限りは、自分の意志でフラフラとデスクトップ上を徘徊しているように見える。そんな生き物っぽいものが、キー入力一つで言う事を聞かせられるというのも、彼にとっては新鮮な感覚なのであろう。本物のクワガタはちっとも言うことを聞かないばかりか、下手に触ると挟まれるし、我が家の他のペットの亀やハムスターもその辺は五十歩百歩である。ましてや親の我々なんか、滅多に言う事を聞いてくれない。

 そんな彼にとって、ピエールやカールと言った、DeskTopパラレリ達は、己のフラストレーションを発散させる為の忠実な下僕といった所なのだろう。もう気に入っちゃって仕方ない。遂には、「お父さん、今度ピエールのTシャツ作ってよお!」とせがまれる始末である。ま、タマには自分も言う事を聞いてやらんとね、と言うことで、リクエスト通りに、「ピエールTシャツ」略して「ピエT」を拵えてみた。

●ド根性ピエール

 作るのは超簡単。
 元々、ピエールはIllustlator で作画しているので、正面向いているのと背面向けているデーターを選んで、これをそれぞれA5サイズ位に拡大し、アイロンプリント用の台紙にプリントアウト。適当に切り抜いてアイロンでTシャツの前と後ろに圧着させれば完成である。

 アイロンの熱が冷めた所で、早速着用。
 なんか、「ド根性カエル」のぴょん吉のようだ。
 というより、街灯下でタマに見かけるクワの轢死体っぽいか?
 まあ、当人は喜んでいるようなので、良しとしよう。

 余程嬉しかったのか、息子はピエTを着たまま寝ると主張。
 そして、これも嬉しさの余りなのか、久しぶりに寝小便をたれ、哀れピエTは製作後数時間にして洗濯機行きとなってしまった。

 そんな事もあろうかと、余った台紙を利用してドイツ産のカールヴァージョンも作っておいた。
 が、画像を左右反転させ忘れ、「カール」の字が鏡文字になってしまった。が、まあ気にしないでおこう。

 大体、世の中の所謂「勝ち組」と呼ばれている人、組織(金や権力を持っている人・組織と言い換えても可)は、ちゃんとはしていないというか、オボロゲな感じである場合が多い。ならばTシャツだってオボロゲな方が良いのではなかろうか?

 例えば、我が国の最高権力者である総理大臣なぞ、国会で明朗な答弁をしている所なんか見た事がない。我々は子供の頃、学校で、質問には明朗快活に答えるよう教えられる。言葉を濁したり、ちぐはぐな答えを返したり、論点をズラして回答を回避するようなことは良くないと教えられるし、そういうことをしようものなら、先生からも級友からも「あいつはバカだ」と言われ、下手すると親が呼び出しを喰らう筈である。なのに歴代総理の答弁の大部分は、こうした教えに反する、非常にオボロゲなものである。あんまりちゃんとは質問に答えていない。
 野党議院が「Yes か No かで答えて下さい!」と言っても、決してそのようには答えない。もっとも、野党側の設問もオボロゲな場合が多いので、どっちもどっちなのだが、少なくとも、上記のような問いに対し、Yes か No かで答えなければ、「こいつは日本語が分からないんだろうか?」とか「読解力不足」ということになろう。

 歴代総理のこうしたオボロゲっぷりで、個人的に最も感銘を受けたのが、日本歯科医師会の1億円ヤミ献金疑惑における、橋本元総理の答弁だ。「記憶にはないが、皆さんがそうおっしゃるのなら貰ったんでしょう」的なことをおっしゃっておられたが、これを聞いて、さすが総理大臣にまで登り詰めた人は違うな! と深く感銘を受けた次第である。普通、金額の大小に関わらず、そうした場で、金品を授受した事を忘れるバカはいないと思うし、覚えていて当たり前な筈であるが、このオボロゲさである。言い訳だとしても、我が家の5歳児並の屁理屈である。とても分別を弁えた大人の台詞とは思えない。でも、この人は、金も持ってるし、未だに隠然たる権力を有しているのである。隣の真面目で記憶力抜群で至極マトモな八百屋のおっさんが、全く金も権力も有していない、というのにである。

 一方、売れ筋商品なるものを見てみても、やはり利益が上がっているようなものはオボロゲな物が多い。例えば、コエンザイムQ10が全然入っていないオボロゲなQ10サプリなんかはバカ売れな上に大儲けである。逆にQ10の量が多過ぎて、健康を害する恐れのあるようなオボロゲな健康食品もバカ売れで利益を上げているようだ。これに対し、例えば職人が精魂込めて、ちゃんと作った皿とか着物なんていうものは、単価的には決して安くはないが、利益率という面から見ると、大抵はそれ程儲けている訳ではないし、下手すると赤字なんてこともままある。カメラでもライカなんかは昔ながらの職人気質な作り方で70年代位迄頑張っていたが、結局ジリ貧になって倒産しかけてしまった事が何度かある。旧ライカの最終作とも言えるライカM5等、当時は「作れば作る程赤字」と言われた程である。最近は経営母体が変わり、多少その辺を路線変更して息を吹き返しているが、カメラというモノ自体の精密感、堅牢感は確実にオボロゲ方面に劣化してきている。利益が出るもの=ちゃんとしている物ではないという好例であろう。他にも例はいくらでも挙げられるが、これらの事から、勝ち組になるには、オボロゲさを身につけることが肝要である、という命題が浮かび上がってくるのである。真面目にちゃんとしていては多分ダメなのだ。

 確かに、マジメできちっきちっとしている人というのは、社会では警戒されがちではなかろうか? これに 加えて何がしかの才能を持っていたりすると、その警戒感は倍増するように思う。「元の濁りの田沼恋しき」ではないが、聖人君子然とした人よりは、多少オボロゲな所のある人の方が、人々は安心して、金や権力を委ねる傾向があるように思う。国会議員であれば、有罪の一つや二つをくらって、「禊を済ませた」ような人や、政治的には無能そうな芸能人とかの方が親しまれる傾向があるのではなかろうか? そうでなければ、疑惑の総合デパートと言われ、現在も裁判で係争中の鈴木宗男氏が議員に復活なんてことにはならないだろうし、そう指摘しておきながら、自身も秘書給与の流用で有罪判決を喰らった辻本清美氏のような犯罪者が議員として復活することなんか有り得ない筈であり、先日の千葉補選のように、キャバ嬢が当選するなんてことは無い筈である。
 私には千葉県民の友人が多いのだが、地元では「サセ高出身」とか、「俺もくわえてもらった」等、エラい言われようらしい(どこまで本当かは不明)。鈴木氏にしても、辻本氏にしても、辛口批評の方が遥かに多く聞こえてくるのも事実である。しかし、そのように世間様からコキ降ろされてたって、彼等はオボロゲに当選し、権力を委ねられるのである。多分、「まあ、あんなオボロゲな奴、人としては俺以下だな」という「手が届く感」を与えるが故、オボロゲな人は一般大衆に安心感を与え、結果として、支持と親しみを勝ち取って、「勝ち組」への階段を登ることになるのであろう。

 その点、このカールTシャツはいい線行っているのではなかろうか?
 そもそも変なムシの絵がプリントされている時点で、かなりグレーゾーンであり、例え文字が鏡になっていなかったとしても、これに「カール」とか書かれても、全く意味不明である。それに輪をかけて、文字が鏡になってしまっている訳であるので、これは中々のオボロゲっぷりではなかろうか? この調子で頑張れば、私も「勝ち組」に仲間入りし、総理大臣の椅子も夢ではないかも知れない。これは、言わば、私の「勝ち組」への橋頭堡的な作品であり、決して「失敗作」等ではないのだ。

 倅も、当初は文字が鏡になっている事に、多少の難色を示したが、上述のようなこのTシャツの偉大さに思いが至ったのか、翌日には喜んで着用して、幼稚園に登園したようだ。ま、気に入ってくれたのと、幼稚園では終始園服着用の為、カールTシャツが人目に触れることはなかったらしいのが何よりである。