35mm超巨大パラレリへの道

(1) 32mmの壁

2006.05.25
■パラレリの最大体長はいかほどか?
 図鑑やネット上での記事等を見ると、パラレリの最大体長は概ね30mm程度(大腮含む)と記している場合が多いが、欧州の昆虫関連サイトの幾つかで、この数値が35mmとなっているのを見た事がある。一般に野外で採集されるパラレリの最大体長は30mm前後らしく、国内で流通している野外物の個体は殆ど20mm台前半〜27、28mm 程度である。最も多く見られる「最大体長30mm」の根拠はこの辺にあるのだろう。
 一方、35mm の根拠は何であろうか? 私は見た事はないが、どこかで35mmの個体が採集されたことがあるのだろうか? ちょっと前にドイツ人から、5cmは下らない、もっと大きなパラレリがいるという話しを聞いた事がある。さすがに5cmオーバー(計った訳ではないが、彼が「これ位はある」と示した手と手の隙間は5cm以上あったように思う)はヨタ話しだと思うが、通常見かけるサイズよりもかなり大きな個体を見たことはあるのかも知れない。
 実際、野外個体では滅多にお目にかかれないが、飼育下では、30〜31mm程度の個体は割と出てくるし、33mm という個体もネット上で2度程見かけた事がある。この辺を考慮すると、環境や条件が良ければ、35mm程度の個体が出てもおかしくはない気がする。35mmというのは、そうした「推定最大値」なのかも知れない。

 いずれにせよ、飼育下における最大体長が30mmでは収まらないのは事実な訳で、どこまで大きくなるのかは未知数であるが、当面の目標として35mm というのは適度な難易度の設定であろうかと思う。パラレリで35mmもあれば、国産オオクワの80mmオーバーに匹敵する超巨大個体であると言え、その点からも挑み甲斐がある。因みに、私の中でのサイズ区分は次の通りである。

小 型:
〜23mm
中 型:
24〜27mm
大 型:
28〜31mm
巨 大:
32〜34mm
超巨大:
35mm〜

 先日、我が家でもスロバキア・ブラチスラビア産のF1で33mm台の巨大個体が2匹出てきた。これまで、8か国14産地のパラレリ達を相手に、ああでもない、こうでもないと大型個体の育成方法を模索してきたが、この2匹はとりあえずの集大成と言える存在である。目標の35mm迄は道半ばといった所ではあるが、その足掛かりは掴めたのではないかと感じている。以下、実際の飼育データを踏まえ、どうすれば超巨大個体を育てることができるのか、考察してみる。

■29mm の壁

 8か国14産地のパラレリを相手にした大型個体育成で最初にぶちあたったのが「29mmの壁」であった。マットで育てようが、菌糸で育てようが、28mm台迄は、余程過酷な条件で育てない限りは普通に出てくるのであるが、29mm台となるとガクンと出現率が落ちてしまう。この頃は120〜200ccのプリンカップに発酵マットなり菌糸なりを詰めて育てていたのであるが、平均すると菌糸の方が大きくなるものの、29mm台以上が中々出ないという点では同じであった。

 まず気になったのが、室温である。これらの個体の多くは3齢〜蛹の時期を7〜8月という最も暑い時期に送っていた。空調は一切していなかったので、中々大きくならないのは高温飼育に問題があるのではないかと考えたのだ。ただ、諸事情で空調を効かせることはできない。そこでとりあえずは容器をより大きい200ccの方で統一してみることにした。何故ならば、120ccカップと200ccカップとでは、明らかに200ccで育てた個体の方が大きくなっていたからである。大きい容器の方が熱の影響を受けにくく、また、エサ換えの頻度も下がるので、よりストレスなく幼虫を育てられるのでは? と考えた次第である。

 この改善を施してからは、季節が秋〜冬となったこともあってか、29〜31mm台の個体もぼちぼち出てくるようになった。特に30mm台の個体はいずれも菌糸で育てた個体であったので、サイズを狙うのであれば、菌糸の方が適しているという思いを強めることとなった。また、スロバキア・ブラチスラビア産F1の中から、夏期を挟んで羽化し、且つ、割出し後半年未満(4ヶ月程度)という促成飼育であったにも関わらず、31mmと30mmという大型個体が出てきたのにも驚かされた。この事例から、飼育温度云々よりも、エサの量自体が大型個体育成には何よりも重要な要素なのではないかと考えるようになったのであった。因みにこの2匹の飼育履歴は次の通りである。

2005.05.17 初齢にて割出し、120cc菌糸カップ投入
2005.07.24 200cc菌糸カップに投入
2005.08.23 30mm蛹化
2005.09.07 30mm羽化
2005.09.17 31mm掘出し(羽化時期は30mmと同じ頃と思われる)

200cc菌糸カップにて半年以下で羽化したスロバキア・ブラチスラビア産F1 30mm(左)と31mm(右)の兄弟

 蛹化及び羽化の日付がはっきりしている30mmの例で行くと、割出〜蛹化迄98日、蛹化〜羽化迄15日で、割出〜羽化迄の総日数は、98 + 15 = 113 日である。僅か113日で羽化迄漕ぎ着けたのは、明らかに夏期の高温により、短期に積算温度が達成されてしまった為と思われるが、それでも200cc菌糸カップを用いれば、30mm、31mmといった大型個体に成長し得ることが分かったのは大きな収穫であった。

■32mm の壁

 こうして、200ccカップに飼育容器をスケールアップした事で、31mm台迄は何とか出てくるようになったのだが、今度は32mm台が中々出てこない。2つ目の壁=32mmの壁である。
 2005年秋〜冬に、夏期に比べれば低い温度状態で2〜3齢期を過ごした個体であっても、中々32mmを超える個体は出てこず、この事から、やはり温度管理よりもエサの量が、巨大個体を育成するには不足しているのではないかという思いを強めることとなった。そこで、より大きな容器で飼育してみようと考えたのであるが、一概に大きな容器と言っても、果たしてどれ位のサイズのものが良いのであろうか? 色々考えた結果、これまでの200ccカップでの飼育経験では、概ね1回のエサ交換で羽化迄持っていけたので、200cc×2=400cc+割出時に使う120ccカップ=520cc がとりあえず蛹化迄に必要なエサの量であろうと判断した。そこで、500cc程度の容器に最初っから投入して飼育すれば、エサ交換のタイミングの悪さや、エサ換えによるショックによる幼虫の暴れと縮みを抑制でき、その分大きな成虫を得られるのではないかと考えたのであった。

200cc菌糸カップから500cc菌糸瓶へ

 2005年12月より、試験的に幾つかの産地の幼虫で500cc容器による飼育を試みてみた。飼育容器の仕様は次の通り。

容器:500cc 広口ガラス瓶
エサ:フジコン・オオヒラタケDH菌床
菌床を詰めて1週間程暗所にて熟成。全体に白く菌糸が廻った所で使用。

 但し、この時期は初齢幼虫が得られなかったので、これ迄200cc菌糸カップにて飼育してきた幼虫の内、エサ交換の必要のある2齢及び3齢幼虫を用いた。勿論これでは例え効果があったとしても限定的なものになる恐れはあるが、とりあえず蛹化する迄の食べっぷりを見て、本当に500ccで十分なのかどうかを見極められれば良いとの考えである。
 2006年4月頃より、500cc瓶に投入した各産地の幼虫達が蛹化〜羽化し始めた。見るからに大振りな蛹が多く、かなりの期待が持てたが、中でもスロバキア・ブラチスラビア産F1♂で33.5mm、33mmの巨大個体を得ることに成功した。目論み通り、32mmの壁突破である。
 続いて、イタリア・チェゼーナ産F2♂32.5mmが得られ、その他の産地では32mm台こそ出なかったものの、30〜31mm台が続出した事で、500cc菌糸瓶による飼育方法が大型〜巨大個体育成に有効であると確信したのであった。一方♀も27〜28mm台の出現率が大幅に向上。200cc菌糸カップによる飼育との差は歴然であった。

500cc菌糸瓶による、スロバキア・ブラチスラビア産F1♂33.5mm(左)と、イタリア・チェゼーナ産F2♂32.5mm(右)

 さて、32mmオーバーの巨大個体ともなると、体の厚み、幅共に大変貫禄のある体つきとなってくる。パラレリは元々体の厚みがあり、プクプクした感じの可愛げのある虫であるが、このサイズになると可愛げは余り感じられない。32〜33mmとは言え、コクワのように大腮で寸法を稼いでいる訳ではないので、小さいながらも重厚感のある雰囲気を有している。
 また、このサイズになると、ドルクスの特徴の一つである大腮先端の返し状の小歯が、微弱ながらも発現してくる。そして、国産オオクワやホペイ、クルビ等の所謂オオクワ類に顕著な頭部前縁の突起(眼上突起)が明瞭となり、改めてパラレリは、ヨーロッパオオクワガタの和名通り、オオクワの仲間であることを認識させられた。以下にスロバキア・ブラチスラビア産33.5mmの画像を提示するので、これらの特徴を確認して欲しい。

大腮先端に微弱ながら返し状の小歯が現れている。

頭部前縁突起(眼上突起)が明瞭に現れている。

 さて、懸案のエサの量であるが、見た所、いずれの瓶も半分程度食べた所で蛹化したようであり、初齢〜2齢にかけて消費するエサの量を勘案すると、純粋なエサの量としては、500cc瓶で十分と思われたが、中に穿たれた食痕の総延長を考えると、初齢から投入した場合、スグに食痕だらけになってしまい、菌糸が劣化して交換の必要が生じるのではないかとも推察された。これに関しては、改めて実験をして確かめたいと考えている。

 いずれにせよ、120cc→200cc→500cc と飼育容器を大型化することで、それぞれ、「29mmの壁」「32mmの壁」をクリアーすることが出来た。また、200cc菌糸カップでは、温度管理ナシで真夏を挟んだにも関わらず、半年以下という促成飼育でも31mmの個体が出てきたことを考え併せると、温度管理はどちらかというと2次的な要素で、何はともあれ、一度に与えるエサの量が多ければ多い程、乃至は、容器が大きければ大きい程、成虫の体長は伸びる傾向にあると言えそうである。これは、単にエサ換えの頻度が少ない方が幼虫に与えるストレスが少ないという事かも知れないが、これに加え、大きな成虫となる為には、それ相応の空間もまた必要ということではないかと思われる。容器の大きさは蛹室の大きさに影響すると思われるので、狭い空間では小さな蛹室しか作れず、従って、その空間で羽化できるサイズ迄しか成長してくれない、という事もあるのではなかろうか? 小型種だから小さな容器で、という既成概念を一度離れてみることが、35mm超巨大パラレリへの道ではないかと思う次第である。