35mm超巨大パラレリへの道

(2) 35mm突破!

2006.07.11
■35mmを狙うには?

 前段で、33.5mmを出すに至った過程を振り返り、大型〜巨大個体育成の為には、相応の容積のある容器での飼育が効果的であるという結論に至った。具体的には500cc菌糸瓶である。この時点では、500cc菌糸瓶による飼育と併行して、200ccカップによる菌糸及びマット飼育、430ccカップによるマット飼育も併行して行っていたのだが、32mmを超える個体はいずれも500cc菌糸瓶(2齢後期〜3齢中期に投入)によるものであり、これ以外の飼育方法では、やはり31mm台が最高という結果に終わっている。
 初齢乃至は2齢初期位から投入した場合、果たして500cc瓶で良いかどうかの判断はつけかねたものの、少なくとも大型容器での飼育が、巨大個体育成に効果があることは確認できた。では、この結果を踏まえ、パラレリの最大体長と目される35mmを超える超大型個体を育てるには、一体どのような飼育方法をとれば良いのであろうか?

 まず気になるのは、「より早い時期から幼虫を投入したらどうだろうか?」である。今回の実験では、500cc菌糸瓶投入時に初齢幼虫が得られなかったため、いずれも2齢後期〜3齢中期の個体を用いていた。つまり、500cc瓶への投入を含め、それぞれ1〜2回のエサ交換を経験しているのである。これをもし、割出し直後から投入し、エサ交換無しで羽化迄持っていった場合、よりストレスの無い環境で育つことになるので、更なる大型化が望めるのではないだろうか? 但し、これまでに500cc瓶で羽化した個体の食べ方を見てみると、瓶内に長々と食痕が這っており、より早い段階から投入したとなると、500cc瓶ではスグに食痕だらけとなり、エサ交換を迫られるのではないかという懸念はある。従って、今後の実験結果によっては、より大きな容器を用いることになるかも知れない。
 次に気になるのが飼育温度である。夏期に温度管理無し(室温が30℃程度になる事もザラ)で200cc菌糸カップで育てても31mm台が出たという実績はあり、その意味ではさほど気にする必要も無いように思うが、それでも可能であれば、25℃以下程度に温度を保ち、幼虫期間を長くとってやることは悪いことではないだろう。これ迄の結果を見る限り、幼虫期間の長短と成虫サイズとは、必ずしも比例しないという感触を得ているが、大型容器による飼育と組み合わせた場合はどうだろうか? 国産オオクワでも低温でじっくり餌を食べさせることが大型化には必須とされている。パラレリが温帯のドルクスである以上、少なくともそうする事で悪影響が出るとも考えにくい。
 以上を纏めると、概ね、下記のような飼育方法が大型〜超巨大個体育成には有効なのではないかと思われる。

・容器は500cc以上のものを用いる
・エサは持ちの良い、オオヒラタケ系菌床を用いる
・飼育温度は20〜25℃の範囲
・孵化後、なるべく早い時期から投入

 エサに関しては、これ迄の所、フジコン・オオヒラタケDH菌床で、まずまずの成果が上がっているが、他により良いものがあるかも知れない。現在、オオクワ系では実績のあるG-POT を試しているが、産地によってフジコン菌床より死亡率が上がる傾向が見られたものの、特に問題無く育っている産地もあるので、今暫く様子を見ることにしている。いずれにしても、菌床は持ちの良い物を用いないと、結局はエサ換えの頻度が増える事になるので、選定の際はこの辺にも留意する必要があると考えている。

■35mm超巨大パラレリ育成成功!

 それで本年は、この方法で走り始めたのであるが、先日、余り期待はしていなかったトルコ産にて、遂に35mm超の超巨大個体を得ることに成功した。余り期待していなかったというのは、500cc瓶に投入した時点でかなり黄色く色付いており、大型容器使用による成長は殆ど期待できない状態だったからだ。ただ、500cc瓶投入時点で、パラレリとしてはかなり大きな幼虫に成長しており、エサ交換によるショックが少なければ、そこそこの大きさの成虫にはなってくれるだろうという気はしていた。因みにこの個体の飼育履歴は以下の通りである。

2005.06.06 初齢で割出し、200cc菌糸カップ投入
2005.10.21 エサ交換(200cc菌糸カップ)
2006.05.10 エサ交換(500cc菌糸瓶)
2006.06.21 羽化

500cc瓶投入時の幼虫(左)と、羽化した35mm♂成虫(右)

 エサは終始、フジコンのオオヒラタケDH菌床を使用。この菌床はたまたまメインで使っているマットやゼリーがフジコン製だったので、纏めて注文できて良いという観点から使い出したものなのであるが、結論からすれば、パラレリ飼育に適した菌床であると言えよう。因みに菌種は、成長した子実体を見る限り、オオヒラタケの中でもエリンギと呼ばれるキノコのものではないかと思われる。直接関係はないと思うが、エリンギは欧州原産のキノコである。

 さて、さすがに35mm超ともなると、普段見慣れているパラレリとは大分異なる雰囲気となる。
 まず、大腮が国産オオクワ等で言う所の「大歯型」となり、内歯が前方を向くスタイルとなっている。パラレリは31mm程度迄はサイズに関わらず中歯となるが、それでもサイズが大きくなるにつれ、内歯が前を向く傾向は見られた。そして、33.5mmの個体ではかなり大歯っぽくなっていた事から、パラレリも国産オオクワ同様に、大きくなるにつれ、大腮形状が変化することを予測していたが、この個体により、パラレリもサイズ次第では大歯になることが判明した。雑感014「ユーロオオクワ大歯化計画」を図らずも達成した事になるが、そこでも図示したように、小型個体であっても内歯が前を向く例があるので、サイズはその要因の一つには違いないだろうが、それ以外にも内歯形状を変化させる何かがあるものと思われる。また、この個体では大腮下面の内歯状の突起が、国産オオクワの大歯型のそれのように、突起というよりは膨らみに近い形状になっているのも興味深い。以前より、国産オオクワ大歯型大腮の内歯付近の膨らみは、パラレリのこの突起に相当するものではないかと考えていたが(国産オオクワでも小歯〜中歯では、この突起が現れる)、やはりあの膨らみはこの突起が間延びしたものだったようである。
 次に印象的なのが、頭部前縁の突起(眼上突起)の発現である。写真では見づらいかも知れないが、この個体を含め、32mmオーバーの個体ではこれが明瞭となる。パラレリとムシモンの違いを説明するのに、時折、パラレリにはこの突起が出ないことが指摘されるが、ムシモンも小型〜中型個体ではこれが不明瞭となるのと同様、パラレリもある程度のサイズにならないと目立たないというのが真相である。ただ、パラレリよりもムシモンの方が若干小さな個体であっても顕著に現れるのは確かである。
 体の色艶や体型は、元々トルコ産は欧州の個体と比べると、より黒く、光沢が強く、腹部が長くなる傾向があり、この個体でもそうしたトルコ産パラレリの特徴が見てとれる。スロバキア・ブラチスラビア産33.5mmでは、大腮先端に返し状の小歯が認められたが、この個体では認められず、これもトルコ産特有の特徴なのかも知れない。逆に言えば、もし、欧州産の個体で35mmを達成できれば、より腹部が短く、大腮先端に返し状の小歯が出るスタイルになる筈なので、より国産オオクワ大歯型をスケールダウンしたような外観に近付くかも知れない。

 この個体は500cc瓶投入から1ヶ月程度で羽化しており、投入時には既に黄色く色付いていたことを考え併せると、やはり投入後すぐに蛹化し始めたものと考えられる。一般的に半年前後で羽化する個体が殆どの中、ほぼ倍の1年に渡って幼虫を続けたことが35mmオーバーの要因の一つと考えられるが、過去の幼虫期間が長かった(羽化迄に半年以上かかった)個体では、必ずしも幼虫期間の長さと体長とは比例しなかったので、単に幼虫期間が長かっただけでなく、採餌の効率も良かったのではないかと考えられる。一番不思議なのは、兄弟姉妹が半年程度で羽化した中、何故この個体のみ幼虫を続けたのか? である。今の所、これと言って思い当たるフシはないが、恐らくそこにこそ、35mm超巨大個体への重大なヒントが隠されているのではないかと考えている。

 この結果だけを見ると、何も500cc瓶を使わずとも、200cc菌糸カップでも充分超巨大個体を狙えると言うことが出来そうだが、熱の影響を受け易い事による早期羽化(事実この個体の兄弟姉妹は半年程度で羽化している)、エサ換えのタイミングとエサ換えによるショック及びそれによる体重減少/縮みといったリスクを考えると、やはり200ccカップよりは500cc瓶を用いた方が、その辺のリスクを軽減でき、超大型個体育成の可能性は高くなってくるように思う。また、32mm超の個体となると、200ccカップでは充分なサイズの蛹室を作れない可能性が高く、少なくとも、大型幼虫が得られた場合、最後の交換では500cc瓶を用いた方が、蛹化不全や羽化不全を防ぐ意味でも無難であろう。昨年10月に同じトルコ産の兄弟で、32mmは固いと思われた大型蛹が、200ccカップ内に作られた蛹室の中で死亡してしまった事がある。もし、この個体を500cc瓶で飼育していたらと思うと残念でならない。

■今後の目標

 とりあえず、35mm超巨大パラレリを得ることは出来たものの、これは完全に「まぐれ」の産物である。従って、今後は、この飼育データを分析し、ある程度コンスタントに35mmオーバーの個体を育成できる飼育方法を編み出さねばならない。ポイントはいかに幼虫期間を伸ばし、充分な栄養を採らせるか、であろう。
 幼虫期間を伸ばすには、低温管理が必要である。具体的には通年20〜25℃程度で管理できれば良いのではないかと思う。エサに関しては、上述の通り、フジコン・オオヒラタケDH菌床で問題はないと思われるが、G-POT を始めとする他の菌床も1〜2種類づつ試して行きたいと考えている。

 最後に、今後のサイズ的な目標であるが、35mmが出たということは、36mmは確実に出るものと思われる。40mmとなると少々疑問に思わないではないが、37〜38mmは何とかなるのではないかと考えている。まずは上述の通り、35mm台をコンスタントに出せる飼育方法を探究しなければならないが、それを踏まえた上で更なる超巨大個体の育成を目指して、今後も累代に励みたいと考えている。