パラモン

パラレリ×ムシモン交雑実験

Dorcus parallelipipedus
Paris, France
Dorcus musimon
Sardegna isl., Italy

 パラレとムシモンの外観は良く似ている。ムシモンの方が体色がより黒く光り、♀や小型の♂の上翅に縦条が現れるので、見分けは容易ではあるが、全体的な印象や♂の大腮形状、特に大腮下面にも内歯状の一対の突起が現れる点等共通点も多い。

 以前より、この両種が交雑するのか否か、大変興味があった。
 一応両種はサルディニア島や北アフリカで分布域が重なっているが、イタリア自然史博物館による分布調査では、パラレリの南イタリア亜種 Dorcus parallelipipedus truquii のサルディニアにおける分布には?が付されており、混生しているのかどうかは定かではないようだ。また、これを反映してか、私が調べた限りにおいてはパラレリとムシモンの交雑個体は報告されていないようである。もっとも両種共に、ヨーロッパミヤマクワガタ程には人々の関心を惹かない種であるようで、誰もそんな事には注意を払わないだけという気がしないでもないが。

 こうした異種間雑種としては、国産オオクワガタ Dorcus hopei binodulosus とコクワガタ Dorcus rectas rectas の例が有名である。両種は同じDorcus属とは言え、外観的には相当の隔たりがあるが、遺伝的には比較的近いらしく、野外/累代共に幾つかの例が報告されている。但し、得られる雑種の殆どは♂で、♀の出現率は極端に低いらしく、また♂♀共に繁殖能力は無いようである。
 オオクワとコクワで雑種が得られるのであれば、外観的により近い形態を有しているパラレリとムシモンとの間では容易に雑種が得られるように思えるのだが、もしそうだとすると、そうした遺伝的に非常に近い2種が、同所的に分布しているにも関わらず、どのようにして種としての独立性を互いに保っているのか、気になる所である。

 現にパラレリはパラレリ、ムシモンはムシモンとして存在している所を見ると、何がしかの住み分けがなされているか、実は見た目程には遺伝的に近くはなく、混生していても交雑しないか、交雑したとしても、オオクワ×コクワの例のように、繁殖力のない個体しか出てこないという事が予想されるが、果たして両者を隔てているものは何なのか、まずは交雑実験を通じて考察を深めてみたいと思う。

履 歴
累 代
入手数
死亡数
生存数
2005.11.01 D.musimon ItSa-F4♂×D.parallelipipedus CzHl-F3♀セット
2006.01.11 DPP CzHl-F3♀-1死亡
2006.05.30 DPP CzHl-F3♀-2死亡
2006.05.30 D.musimon ItSa-F4♂×D.parallelipipedus FrPa-F4♀セット
2006.06.30 DMItSa+DPPCzHl F1×1♂羽化
2006.07.03 DMItSa+DPPCzHl F1×1♂羽化
2006.07.05 DMItSa+DPPCzHl F1×1♂羽化
2007.05.12 DMItSa+DPPFrPaF1×2♂♂2♀♀羽化確認
2007.06.17 DMItSa+DPPFrPaF1×1♀羽化確認
F1
5♂
3♀
幼虫×1
0♂
0♀
5♂
3♀
001
2005.11.01
002
2005.11.03
003
2006.01.11
004
2006.02.05
005
2006.03.04
006
2006.05.30
007
2006.06.20
008
2006.06.30
009
2006.07.03
010
2007.05.13