2007年01月 アーカイブ

記録帳TOP | 2007年02月 »


2007年01月31日 旧入間川流域の遺跡
 ■ 伊興経塚出土星兜鉢

大谷田の足立区郷土資料館には、伊興の応現寺境内の経塚から出土した星兜鉢のレプリカが展示されている。
実物は上野の東京国立博物館にあるそうだ。
先日、伊興遺跡公園に出かけた際、実物の写真が展示してあったので、撮影してみた。

手元にある足立史談会の郷土史本、『足立区史跡散歩』『足立区の歴史』によれば、これは5世紀頃の古墳時代の兜をベースとして、中世に改造が行われたもので、これ一つで古代〜中世に至る兜の変遷が分かるという代物であるらしいが、本当だろうか?

確かに鉢の形状は衝角付胄っぽいが、胄には詳しくないので、良く分からない。
鋲の打ち方は明らかに平安以降の形式なので、仮にこれが古墳時代の胄を流用したものだとしても、相当な改造が施されているようだが、本当に古墳時代の物を流用したのだとしたら、大変興味深いアイテムである。

ベースとなった胄は、伊興周辺の古墳から出土したものなのだろうか?
それとも、古墳に副葬されずに、伝世していたものを流用したのだろうか?
その場合、地元で伝世していたのか、他所から持ってきたのかも気になる所である。

投稿時間 : 12:58 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年01月30日 荒川区内の塚
 ■ 荒川区「秘墳」探訪

「秘墳」
それは秘密の古墳。
この世のどこかの奥深く、人知れず佇んでいる古墳。
時に思いもつかない何かに姿を変え、例えその直前に到達することができたとしても、俗人の視覚には決して捕えられることはない古墳。

わざわざこんなサイトのこんな駄文に目を通されている位だから、貴方はきっと古墳に興味を持っておられ、日本各地の様々な古墳を写真入りで紹介している「古墳サイト」の幾つかを既にご覧になられたことがあるのではないかと思う。
そこで貴方はこんな経験をしたことがないだろうか?
古墳紹介のページで、◯◯古墳と説明が添えられている写真があるのに、その写真の中に一向にそれらしいものを見つけられない。どこからどう見ても、ただの空き地か、薮か、畑か何かしか見えない......しかし、管理人には見えているらしい......

可視と不可視の狭間に所在し、俗人には頑にその姿を隠す。それが「秘墳」である。
そんな秘墳が荒川区にあると聞き、2007年1月28日の午後、王子から都電荒川線に乗り込んだ。


最初の秘墳は昔の三河島村と町屋村の村境、現在の町屋一丁目にあるという。
墳頂に一本の老松が聳えていたことから「一本松」と呼ばれ、その松が枯れた際、根際の土中から数百年を経た人骨と古刀が出てきたそうだ。この墳頂の松は、江戸時代、代官に斬首された高僧の首が懸けられたため、「首懸けの松」とも呼ばれ、夜な夜な僧侶の霊がこの塚のまわりを徘徊していたとか、いないとか。

「町屋駅前」で都電を降り、事前に調べておいた住所を頼りに、駅前通りを北へ進む。
通りの両側には商店街が連なり、駅前ということもあり、行き交う人は多い。
電信柱や商店の壁の番地表示を見ながら進み、一本松の所在地と同じ番地になった所で路地を左折。住宅街に入る。
住宅街は人通りも殆どなく、曇天と相まって、ひっそりと静まり返ったような雰囲気である。
何本目かの路地に差し掛かった時、その先に若い松の木のある、小さな公園が目に入った。

一本松

この公園の先端部が「一本松」の跡地である。貴方には古墳が見えるだろうか?

一見公園の花壇にしか見えないような部分が、墳丘の名残と思われ(もしかすると、これは原位置ではなく、一本松を顕彰する為に、新たにこの場所に盛ったものかも知れないが)、そこに立てられている荒川区の説明板を読むことで、ここが「一本松」であるということを確認できる。
しかし、その説明板には、元々は丸い塚であったとは書かれているが、「古墳かも知れない」とか、「古い人骨や刀が出た」といった、古墳の存在を匂わせるような文言は一言も書かれていない。
従って、例え古墳見学を趣味としている人が、たまたまここを通りかかって、足を止めてじっとこの場所を見つめ、説明板を何度も読み返したとしても、ここに古墳があるかも知れないとは夢にも思わない可能性が高い。数奇者の目にも映らぬ、正に「秘墳」である。

因みにこの公園、「一本松グリーンスポット」という名前なのだが、上述の「首懸けの松」伝承や、人骨古刀出土伝承等、薄気味悪い伝説が多いので、「グリーンスポット」ではなく「ミステリースポット」とするべきではないか、と一部では囁かれているらしい。


二つ目の秘墳は、都電を王子方面へ二つ戻った、「東尾久三丁目」界隈にあるらしい。

伝承によれば、室町時代に頻発した地震と共に、二つの奇妙な石が地中から姿を現したので、村人はそれを「石尊」と名付けて祀ったが、その後、一羽の鷺が道行く村人に相撲をしかけ、通行の邪魔をするという事件が起こるようになったと言う。そこで一人の武士が鷺退治に乗り出し、見事鷺を斬りつけて一件落着。翌日、何故か石尊に刀傷が残っているのを見て、村人は鷺の正体が石尊であったことを知ったそうである。
旧地名から「下尾久石尊」と呼ばれているこの石、祀ってもらっておいて、それはないんじゃないかとも思うのだが、地中から生え出たことから「出世石尊」とも呼ばれ、何故か今でも「出世講」の人々によって丁重に祀られているのである。

江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』下尾久村の項には、

「石尊 社ハナシ。高四尺許ノ自然石二ツ並ベリ。地ニ入コト深カラザル由ヲイヘバ、先年掘ントセシニ掘出シ得ズ由ヲ権現ニ崇メ祭レリト云。近年傍ニ石尊ト彫シ碑ヲ立。阿遮院ノ持。」

とあり、掘っても掘っても石の根に辿り着かなかったという、鹿島神宮の要石に似た伝説を伝えている。

「荒川区報」では、この石尊は古墳の石材であるとされている。
地震が原因で現れたということから察するに、地震で墳丘が崩れて、石室が露出したというのがこの伝説の真相かも知れない。

荒川区内には他にも、南千住の素盞雄神社に、スサノオ大神とアスカ大神が降臨したという「瑞光石」と呼ばれる石が存在しており、これは石質が埼玉や東京の古墳の石室に多用された、「房州石」という千葉の鋸山近辺で採れる石岩であり、且つ塚状の地形の中腹に露出していることから、古墳石室の石材ではなかろうかとされている。
下尾久石尊の石も、この瑞光石と似たような石であるそうだ。

「東尾久三丁目」で下車。
コートのポケットから、事前に調べておいた地図を取り出す......が、無い。
何としたことか、折角調べておきながら、家に置いてきてしまったようだ。
仕方がないので、ウロ覚えの住所「東尾久3-31」を頼りに探索を開始する。
辺りは、細い路地が入り組んだ下町の住宅街で、先程の町屋以上に人影が少なく、静まり返っている。

そんな3丁目の住宅街をウロウロしていると、『新編武蔵風土記稿』で石尊の別当寺とされている「阿遮院」が見えてきた。
しかも参道入口の看板に、下尾久石尊の別称である「出世石尊」と書かれているので、境内にでもあるのだろう。
地図は忘れたが、難なく到着である。

しかし、境内や隣接する墓地を探してみても、一向にそれらしいものが見つからない。
案内図の類も見当たらないので、寺の人に聞くのが早いだろうと思ったが、境内には私の他に人の気配はない。
それ程広い町内ではないし、境内になくとも、看板に「出世石尊」とわざわざ書いてあるからには、寺のそばのどこかにあるに違いないと思い、わざわざ呼び出すのも悪い気がしたので、一旦外に出て寺の周囲を探してみることにした。

寺の周囲をグルっと周り、細い路地を一本一本、しらみつぶしにチェックしたものの、どこにもそれらしいものが見当たらない。
「ひょっとして見落としているのか!?」
と、更に4周程してみたものの、一向に見つからず。
人に聞こうにも、目に入るのは、遠くを走り去る自転車ばかりで、こちらに向かってくる気配はナシ。
いい加減疲れてきたので、自宅にいる妻に電話して石尊の住所を調べてもらった所、3-31ではなく、6-31であることが判明。
記憶違いで無駄な体力を消耗してしまった上に、東尾久3丁目の地理にちょっと詳しくなってしまった。

東尾久6丁目は、都電の線路を挟んだ反対側である。
正確な住所は分かったものの、それが6丁目のどの辺なのかはサッパリ分からない。
とりあえず街区表示板で大凡の地理を掴もうと試みるも、道路際のガードレールに取り付けられているそれの前に、大型スクーターが違法駐車されており、肝心な部分が見えない。
人に聞こうにも通行人は殆どいない。さすがは下町の住宅街。都内とは思えぬ静けさだ。
やっと見つけた犬の散歩をしていた男性も、「石尊? 変わった石がある所? 分からないねえ」との事。
仕方がないので、電柱や玄関先の番地表示を見つつ、ウロウロしていると、細い路地の先に、何やら怪しげなお堂の姿が!

下尾久石尊

『新編武蔵風土記稿』では「石尊 社はなし」とあったから、もっとオープンな感じの場所を想像していたのだが、これが下尾久石尊であった。
この場所は明らかに周囲より土地が高まっているようで、特に社殿の後ろ側が高くなっており、元々は塚状の地形だったことを彷彿させる佇まいである。
もっとも、これでも「塚」とか「古墳」には見えないが、先程の一本松よりはそれらしい雰囲気がある。

都電を降りて、ここ迄で約50分。駅から近い所にありながら、こうも見つからないとは、さすがは「秘墳」である。

ようやく辿り着いて安心したのも束の間、私はある事に気づいた。
石尊が鎮座している、肝心の社殿の扉が閉まっているではないか!
社殿の前の幟には、「オープンハウス」とデカデカと書かれているのに、全くオープンではないとは、超フェイント。さすがは「秘墳」である。どこまでも人の目に触れるのを拒むかのようだ。
今日から私は、ここを「尾久の秘墳」と呼ぶことにしたい。

しかし、良く見ると、扉の引手のような部分に穴があいており、そこから中を覗けるようになっている。どうやら元々そういう仕様のようで、一応オープンと言えばオープンか。

腰を屈め、穴から中を覗くと、確かに伝承通りに、2つの石が祭壇を挟むように鎮座していた。
素盞雄神社の瑞光石と似たような石だと聞いていたので、表面に穴がボコボコあいた房州石を想像していたのだが、砂岩っぽい凝灰質の石ではるが、表面は瑞光石程ボコボコしておらず、色も赤味を帯びており、ちょっと違った雰囲気の石であった。石には余り詳しくないが、これも房州石の一種なのだろうか?
特に左側の石は、かなり人為的に加工された気配があり、石室材っぽくない。
もっとも、古墳時代も終わりの頃には、石をちゃんと切り出して積み上げる、切石積の石室が造られるようになるのだが、そうした切石積の石室材という雰囲気でもないように見える。
ただ、こうした加工は後世に行われたのかも知れないし、別な角度から見れば、また違った印象となるのかも知れないが。

また、良く目を凝らすと、石尊様の背後にも何やら石材らしいものがあるようなのだが、薄暗くて良く見えない。
地方の古墳を見学に行く際は、石室の中を覗けるように懐中電灯を持参するようにしている。
しかし、この界隈では覗ける程状態の良い石室を持つ古墳はないし、そもそも「社はなし」との記述から、もっとオープンな状態にあるのだろうと思っていたので、懐中電灯の準備は全くノーマークであった。
奥には石碑が幾つかあるので、その台座として後世に持ち込まれたものかも知れないが、次回は懐中電灯持参で確かめるとしよう。

投稿時間 : 21:01 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト