2007年02月 アーカイブ

« 2007年01月 | 記録帳TOP | 2007年03月 »


2007年02月27日 隅田川流域の古墳
 ■ 浅草寺縁起に見る古墳の影

浅草寺と言えば東京を代表する古刹であるが、具体的にどれ位古いのかは、恥ずかしながらつい最近まで知らなかった。
幾つかの古墳本や鳥居博士の著作に触発されて、浅草寺周辺の古墳について調べる過程でそれを知ることが出来たのであるが、寺伝によれば推古天皇36年(628年)とのことである。

まあ、寺伝というのは大抵はオボロゲなもので、話し半分どころか何の確証もない場合が多いのであるが、浅草寺は一味違う。戦後、戦災で焼けた本堂や五重塔を再建する際の発掘調査で奈良〜平安時代の遺構が検出されたのだ。須恵器の仏具や和同開珎が出土しており、奈良時代には既に寺院として機能していたらしい。寺伝が伝える草創の時期とは尚100年の差があるが、ある程度近い年代の遺構が出ているとなれば別段フカしている訳でもないのかも知れない。縄文晩期や弥生時代の遺物も見つかっているそうなので、浅草は東京低地の中でも割合に早い時期から陸化していたと思われ、今後の調査でより古い時代の寺院遺構が見つかる可能性はあるだろう。

このように、浅草寺の寺伝は100%ではないにしろ、草創当時、即ち7世紀前半代の出来事が伝えられている可能性がある。7世紀前半と言えば、まだ古墳が造られている最中だし、関東ではギリギリ前方後円墳も築造されている時期である。何か古墳に関する手がかりとなる記述でもないだろうかと、浅草寺の寺伝を詳しく見てみることにした。
寺伝の概略は様々な書物やウェブサイトに記されているが、ここはやはり浅草寺のオフィシャルなものを参照したい所である。何かそういうものがないかと探してみると、少々古い本だが、『南無観世音 金竜山縁起正伝』(金竜山縁起編修会編 芳林堂 1912)という本を見つけた。「金竜山縁起編修会編」だし「正伝」とあるからには、これが浅草寺公式のものであろう。

同書には浅草寺の始まりについて、次のように書かれている。

人皇三十四代推古天皇の御宇三十六戊子年三月十八日癸丑の朝、碧空雲消えて蒼溟に風静かなり 爰に土師眞中知(はじのまつち)といへる人その家臣檜前濱成武成(ひのくまのはまなり・たけなり)といへる二人の兄弟を随へ一葉の扁舟に棹し江戸浦に出でて釣を垂れ網を引く業をなしけるに 宮戸川(往昔は駒形堂の地前は宮戸川と云ひて海に近いかりける由舊記に見ゆ)の河口にして 覚へず観自在尊の霊像のみ網にかかり放魚はさらに獲ざりしかば 爰に蜑のたく縄くり返しまた異浦にうら伝ふといへども七浦の浦ごとにさながら同じ観音大士の霊像のみかかり給へり 依て主従三人の者はうち驚き機縁の浅からざるを思ふにつけ信心ふかく催されて その尊容を拝し奉るに 寳冠瓔珞蕩々として金色荘厳篤々たり 左の御手に蓮華を持たし 右の御手には無畏を施し給ふ 五彩の瑞雲たなびき渡り 四華の露香ばしく 数行の涙止め難かりき 三人のもの霊像を抱きまつりて急ぎ磯邊に上陸し 直ちに草を結びて形ばかりの蘆の丸屋をつくり 心ばかりはすみ田川濁りにそまぬ蓮の臺とぞなしたりける(同書PP18-19)

この観音像は金色の5.5cm程の小さなものらしく、現在も本尊として現存しているらしいが、「秘仏」のため公開はされていない。これを調べられれば寺伝のウラをとれるのではないかと思うのだが、秘仏とあれば仕方がない。そもそも東京大空襲で本堂が焼けた際、無事に済んだのであろうか? まあ、7回場所を変えて網を投げても、その都度網にかかって現れるような仏様だから、米軍の爆撃程度でやられることはなかろう。

また、隅田川流域には、戦争寺以外にも川から見つかった仏像を本尊とした寺院の伝説が多い。足立区〜荒川区の「千住」という地名も、隅田川から千手観音像が見つかったことに由来するという伝承がある。他にも足立区や北区の隅田川沿いには、川から見つかった仏像の話しだとか、流木から仏像を造った話しが多く伝わっているが、大抵は浅草寺縁起が伝える時代よりは新しい時代の出来事だとされている。
浅草寺の伝承が最も古い時代だとされていることから考えると、隅田川流域のこの手の話しの元ネタは浅草寺の伝承で、これが次第にその土地土地の伝承に変化していったとも考えられるが、こうした話しが広まる契機として、隅田川から仏像が見つかったことはあったのかも知れない。それも一度だけでなく、複数回。流木を加工して仏像を造った話しを加味すると、完成品だけでなく、未完成の品も流れてきたのではなかろうか?
例えば、その昔、隅田川/入間川の上流の方に仏師が住んでいて、気に入らない出来の仏像をその職人気質から、

「こんなモノは、こうだっ!」

とばかりに隅田川に投げ捨てていた。それが時折下流の人に拾われて、上のような伝説が生まれることになったのかも知れない。

閑話休題。628年創建という古さもさることながら、その創建に関与したとされる古代豪族の名が出てくるのが興味深い。関東の寺院には鎌倉〜戦国時代頃の武将によって創建されたとされるものが多いので、これは異色と言える。しかも埴輪&古墳職人の土師氏である。土師氏のような古墳の造営や祭祀に関わった豪族は、古墳造営が下火になってからは、その技術を寺院建築や仏像の作成に振り向けるようになったと言われており、7世紀代の寺院の創建に土師氏が関わっていたとする浅草寺縁起は、その点でもリアリティのある話しと言えよう。
この浅草の豪族、土師眞中知について、同書は次のように記している。

抑も此の土師臣眞中知といへるは 都にてやんごとなき職司を有せるものなり しかど故ありて武蔵なる今の地に流浪(或書には故ありて左遷の身となり云云とあり)し來りける 日本紀に云へり垂仁天皇三十一年野見宿禰に始て土師臣の姓を賜ふと 野見宿禰は天穂日命第十四世の裔にして眞中知も土師臣の姓を冒すものなれば其遠孫なるおと言ふまでもなし 又其姓名より推すときは素より常人にはあらざること亦た明らかなり
 土師眞中知の事に就き思出草に説あり
縁起に土師眞中知とあるは眞は直の誤ならん 又眞人の人の字の欠たるならんという説あれども 皆憶測にして土師の氏に直及び眞人の姓あることをきかず 土師氏は連或は宿禰の姓なり 眞中知は三字の名にしていにしへには多くあることなり 眞を姓とするゆえに中知をナカトモとよみたるはいかにも後めきたる訓なり 余林祭酒(林大学頭を指す)の蔵せられし紫の一本の古本を見しに 眞中知にマツウチと仮字をふりあり 之によりて考れば今のマツチ山は彼眞中知の舊宅の地か、もしくは墳墓の地なるべし まつち山は本龍院の縁起にも此寺推古帝五年に創立せりとあれば眞中知の謫せられし時に當れるににたり 余はこの説を賛襄す云々
 又夢跡集にも「ある人の云く」として
土師眞人中知の陵は金龍山なる今の眞人山(まちやま)と云う云々(同書PP19-20)

寺伝に直接記されている訳ではないが、江戸時代の国学者・林大学頭の説として、浅草寺そばの待乳山の名は土師眞中知に由来し、しかもその墳墓ではないかというものが紹介されている。
埴輪を造った野見宿禰の子孫で、古墳の造営や祭祀に深く関わったとされる土師氏+墳墓。古墳の影がちらちらと見えてくるようではないか。
また、野見宿禰と言えば相撲が強かったのでも有名で、両国の国技館のそばには相撲協会によって「野見宿禰神社」が祀られている。そもそも浅草から程近い両国の地に国技館が建てられたのは、もしかするとここに土師氏伝承が伝わっていたからなのかも知れない。

一方、土師眞中知の家臣とされる、檜前濱成・武成兄弟について、同書は次のように記している。

土師眞中知の家臣といへる檜前濱成武成の兄弟二人は主なる人の武蔵なる僻陬の地に流浪するに至りしを悲み 元来忠義無二、操節金鉄のますら雄なりければ其跡をしたひつつ當国へは來られるなり
 親選姓氏録に檜前舎人連と云々 檜前ヒノクマと訓む、さるを前を熊と改めし者鮮からず 続日本紀に檜前舎人直由加麻呂武蔵国加美郡の人にして土師氏と祖を同するとあり
 又延喜式兵部省諸国馬牛の牧の中にも武蔵国檜前馬牧とあり是等によるときは濱成武成も此国の人ならんか
(同書P20)

延喜式に見える「檜前馬牧」を浅草寺の伝承からこの地に比定しているのが興味深い。
浅草寺の東側には今も「馬道通り」があるが、江戸時代迄ここに馬市が立ったことは『江戸名所図会』等の江戸期の文献から知ることが出来る。また、隅田川対岸の本所・牛島の地名は古代の牛牧に由来するとされている。これらが本当に古代官牧に由来するものであるならば、これまた凄い話しだが、「延喜式」の記述にインスパイヤされて、檜前濱成・武成の人名共々捻り出されたものではないか? という疑念は拭いきれない。「眞中知」という名が林大学頭も言っているように、非常に古風な印象を与えるものであるのに対し、「濱成・武成」は平安以降の武士や公家の名前のような印象を受け、とってつけた感は否めない。

名前はともかくとして、この地に土師氏とその同族である檜前氏の伝承がセットで存在しており、古代寺院や古代官牧の存在が伝えられているのは面白い。寺院は発掘調査である程度寺伝を裏付けるような遺構が検出されているので、もし官牧も実在していたならば、寺院や牧場は一朝一夕に出来るものではないから、浅草は相当古くから開けていた土地であったと考えられるし、古代寺院や官牧を造り、運営できた技術の土台としての古墳築造の技術とその成果である古墳の存在は、むしろ当然とも言えるのではないかと思う。
このように、私は浅草寺縁起に古墳存在の影を見る訳であるが、果たして待乳山や弁天山が古墳であるのかどうか、解明される日が一日も早く来ることを祈る次第である。

投稿時間 : 22:22 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年02月25日 旧入間川流域の古墳
 ■ 草加市谷塚古墳群探訪

旧入間川の下流部・現在の毛長川流域の古墳は、その立地によって、下流部左岸自然堤防上の草加市谷塚古墳群、中〜下流部右岸自然堤防上の足立区伊興古墳群、上流部左岸・台地際の鳩ヶ谷〜川口市新郷古墳群の3つに大別される。この内、新郷古墳群と伊興古墳群は発掘調査によって検出された遺構や、表採されたり、伝えられてきた遺物等からある程度、群を構成した古墳の内容について伺い知ることが出来るが、谷塚古墳群に関しては発掘調査で確認されたのは蜻蛉古墳一基のみで、他に表採されたり、伝えられてきた埴輪や副葬品類はなく、ただ『新編武蔵風土記稿』のような古記録から、かつては多くの古墳が存在したらしいと推定されているに過ぎない。
勿論、新郷や伊興の古墳群についても、古記録等から推測される古墳の数に比べれば、遺構や遺物によってその内容を多少なりとも伺い知ることが出来る古墳の数は大変少ないのであるが、こうした傾向が一番顕著なのが谷塚古墳群であると言えよう。

しかも谷塚古墳群も、他の群の例に漏れず、古墳や古墳と推定される塚の殆どは未調査のまま削平されてしまい、今となってはその塚跡の正確な所在地も良く分からなくなってしまっている。当サイトの谷塚古墳群の項に跡地写真がないのはその為であり、今でも色々と調べてはいるのだが、中々場所を特定できないでいる。しかし、こうした塚の全てが削平されてしまったかというとそうでもないらしく、『草加市史 通史編上巻』(草加市史編纂委員会 1997)には次のような記述がある。

本市内では氷川町に御殿稲荷古墳とよばれる小さな塚が近年まで存在し、また、毛長川の自然堤防上にも古墳と思われる塚が現在も一基残っているが、それらは未だ古墳と確認されたわけではなかった。

また、『草加の歴史』(草加市教育委員会 1963)には、

谷塚という名の意味を考えてみると、谷は低湿地を意味するので、水田をつくるのに適していたこの地にムラがつくられ、ムラの豪族ほどではないにしても、有力な人々が多くの塚をつくったのであろう。この地区には、現在塚らしいものはほとんどみられず、瀬崎町に小さな塚が1つ残っているのみである。もっと詳しく調査すれば塚のあとらしいものもないわけではないが、塚といえるものは、江戸末期のころまでに掘りくずされてなくなってしまった。

と記されている。『草加市史』で「一基残っている」とされているので、恐らくこの瀬崎町の塚は同じものを指しているのだろう。従って、瀬崎町には1997年の時点ではまだ古墳らしい塚が一基残っていたことになり、これは現存する可能性が高い。そこで最近はこの現存するらしい塚の所在地等について調べを進めているのであるが、机上の調査では中々埒が開かないので、直接現地に赴いて地元の人に聞いてみるのが早道であろうと思い、出かけてみることにした。また、調査の過程で知り得た他の「古墳かも知れない物件」も合わせて巡ってみた。

草加市は鳩ヶ谷から直線距離で10kmあるかないかと、至近距離と言っても差し支えない場所である。車なら30分とかからないが、駐車場が駅前にも余りないような所なので、路駐取締りが厳しい昨今、これはちょっとリスキーである。ベストは自転車なのだが、我が愛車のタイヤはボロボロで、現在乗用に耐えない状態である。タイヤを交換したい所なのだが、26×2×1+1/2というちょっと特殊なサイズのタイヤ故、未だに入手できないでいるのだ。


我が愛車「瑞典号」
スウェーデン製のオフロード車で、ペダルを反転させてブレーキをかけるタイプなので、慣れると両手がフリーになって便利。クソ重い代わりに頑丈で、フレームは一生物なのだが、タイヤのサイズが特殊過ぎるというのは盲点であった。リアカー用のタイヤが代用できるらしいので、一度試してみるつもり。

自転車が使えないとなると、バスか電車ということになる。
目的地の瀬崎町は東武伊勢崎線谷塚駅の東口一帯なのだが、鳩ヶ谷から谷塚駅行きのバスは出ていない。
一駅北側の草加駅行きならあるが、本数が少なく、1本逃すと時間帯によっては1時間程待たねばならないのが難である。
電車はその点、本数は十分なのだが、埼玉高速鉄道線で東川口駅→JR武蔵野線で南越谷→東武伊勢崎線で谷塚駅と、大きく迂回するルートとなり、直線距離で10kmもないような場所へ行くのに2回も乗り換えねばならない理不尽さである。運賃も計 610円と、JRなら相当遠く迄行けそうな額をたかだか「隣の隣の市」に行くのに支払わねばならないのだ。
そこで、事前にバスの時刻表を調べておいて、バスで草加駅迄行くことにしたのだが、見事に寝坊してしまった。
結局、計610円を支払って、昼過ぎに谷塚駅東口に降り立ったのであった。

最初の目的地は浅間神社である。
実は瀬崎には以前一度足を運んだことがあり、「塚」について地元の人に聞いてみたことがあるのだが、その時教えられたのがここである。確かに小高くなった所に社殿が建てられているが、市史がいう塚とは別物であろう。


瀬崎町の鎮守・浅間神社

道路と比べてみても小高くなっている。これは社殿築造時の盛り土ではなく、草加市HP等によると元々小高くなっていた丘の上に社殿を建てたと推定されているようだ。浅間神社の性格からして、富士山を連想させるような丘の上をその鎮座地として選ぶのは当然なので、やはり元々小高くなっていた土地であると考えて間違いなかろう。
社殿裏(西側)から

毛長川沿岸の自然堤防上であり、元々小高くなっていたとなると自然地形とは考えにくく、社殿築造時に盛ったものではないとしても人工の土盛りである可能性が高い。この社地の東南方には『新編武蔵風土記稿』に刀や曲玉、人骨の出土が記録されている「加賀屋敷」の古塚跡地と推定されている場所があり、これを考えるとこの社殿の土台も古墳である可能性があるかも知れない。
社殿裏の富士塚

社殿裏には、ひょうたん池を埋め立てた広場を挟んで富士塚が築かれている。溶岩等を用いた登山可の富士塚で、十条富士を小さくしたような雰囲気である。この富士塚も周囲よりも小高くなっている土地の中央部分に建てられており、円墳を崩した跡に建てられたように見えなくもない。

浅間神社とその周辺にて、土地の人にこの界隈の「塚」について聞いてみたが、富士塚以外の情報は得られず。どうもこの辺で「塚」と言えば、この富士塚以外には思い当たるものはないようである。もしかして市史のいう塚とはこの富士塚のことなのであろうか? 今回は他の塚を見に行くことにしているので寄っている時間はないのだが、やはり一度、図書館か郷土資料館に行って聞いてみるのが確実そうである。

瀬崎の塚については、今度郷土資料館で聞いてみるとして、本日はこれまでの調査で知り得たもう一つの塚状物件を見に行ってみることにする。谷塚駅を挟んだ反対側、谷塚駅西口の北西1.5km程の所に「兎田」という所があるのだが、『埼玉ふるさと散歩<草加市>』(中島清治著 さきたま出版会 1994)によれば、

この県道川口・草加線を越えて草加南高校に突き当たり、北東方面にクランク状に約四〇〇メートルほど道なりに進むと、稲荷神社がある。通称うさぎ田稲荷と呼んでいる。昔、この辺りに野兎がいたという説と、旧谷塚村の飛び地であるという地理的な観点からの二説がある。見事な朱塗りの木造両部鳥居をくぐり、正面の石段を上る。社殿は約1.5メートルの円墳の上に建てられている。人工的に造られたものか、往古の塚の跡かは定かではない。(同書P119)

と、いかにも怪しげな神社があるそうである。グーグルアースで該当地点を見てみると、今でも田か畑の中にポツンと円墳状の地形がみてとれ、現存していることを確認できた。毛長川左岸の自然堤防上という立地だが、流路からは1km程離れているので水害対策の盛土とも思えず、古墳流用の期待が膨らむ物件である。


兎田稲荷神社

畑の中にポツリと盛り上がったいかにもな雰囲気の場所である。
大きさは径15m程度と余り大きくはなく、高さもないので低平な印象で、北区の四本木稲荷古墳や板橋区の小豆沢観音塚古墳を彷彿とさせる。
木の生えっぷりからして、最近盛られたものではないことは明らかだが、これだけ周囲が耕作されていたり、墳頂部を削平して社殿を建てていると思われる割に、特に古墳関係の出土品が知られていない点が弱い。
正面から見た兎田稲荷

鳥居が『埼玉ふるさと散歩』の記述と異なるので、1994年以降にリニューアルされたようである。尚、この神社は『新編武蔵風土記稿』に記載はあるが、特に塚上にあるとは書かれていないので、それ以後に盛土されたとも考えられる。

稲荷社のすぐ西隣には最近建てられたと思われる住宅が迫っているが、この建設にあたっても特に遺物が出なかったとなると、古墳ではないのかも知れないが、建設に先立って発掘調査が行われたかどうかは不明である。この点も次回郷土資料館で確認してみたいと思うが、見た目や立地からすると非常に怪しげな物件である。

草加市内にはこの他にも、雷神様、まるぼっち、塞塚(狐塚)といった塚や塚状の地形があったそうである。
雷神様は毛長川流域であるが、まるぼっちや塞塚は綾瀬川や中川流域であり、もしかしたらその方面にも古墳が築造されていた可能性がある。特にまるぼっちには「丸木舟が埋まっている」という伝説があるのが興味深い。草加市金明町の綾瀬川からは縄文時代の丸木舟が見つかっているのだが、縄文時代からの伝承とも思えず、一度掘り出した丸木舟を再び埋めたというような事が過去にあったのかも知れない。また、まるぼっちが塚状の場所であったということを考えれば、古墳の舟型木棺であった可能性も考えられるように思う。
塞塚には「狐の嫁入り」伝説があり、横穴式石室を持つ古墳に「狐塚」の名称や狐に関する伝説が多く見られることから、これも同様の古墳であったかも知れない。
これらも場所の特定が出来次第、跡地を見に出かけてみたい。

投稿時間 : 19:34 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年02月21日 古墳本
 ■ 『上代の東京と其周囲』

『武蔵野及其周囲』の所で触れた、鳥居龍蔵博士のもう一つの著作『上代の東京と其周囲』も入手した。こちらは前作よりも更に古墳濃度が高い。目次を書き出してみると、

一 上代文化史上より見たる上野台
二 不忍池に就いて
三 『江戸砂子』に見えたる古墳
四 東京市内の古墳調査巡回の記
五 神田駿河台の大塚
六 梅若塚の感想
七 芝公園内の古墳
八 芝公園の貝塚の遺跡とその土器
九 金杉橋付近から出た二個の土製網の錘に就いて
十 武蔵野のメンヒル
十一 立石村の石棒
十二 立石村の埴輪土偶に就いて
十三 立石村附近原史時代の遺跡
十四 震災と東京府下の先史・原史時代の遺跡
十五 下渋谷の竪穴
十六 武蔵野の横断
十七 兒玉郡の先史・原史時代概論
十八 御嶽の有史以前
十九 坪井博士と北吉見の横穴に就いて
二十 筑波山頂の立石に就いて
二一 宇都宮から雀宮まで

東京都区部古墳マニア、特に東京低地の古墳マニアには前評判通りの鼻血物の内容となっている。
従って、紹介されているのは「古墳かもしれない」物件が殆どで、東京低地の古墳に関しては、第十二章「立石村の埴輪土偶に就いて」で触れられている葛飾区の南蔵院裏古墳以外は明確な遺物の存在すら明らかになってはいないのだが、鳥居博士が諸々の状況証拠から「古墳であろう」と推理していく過程は、読んでいて非常にエキサイティングである(来歴のはっきりしない塚を片っ端から古墳認定しているきらいもあるが)。
そして面白いのが、掲載されている写真の多くは、当サイトで多くお目にかけているような「古墳カス写真」「古墳跡地写真」なのである。
この本が出版されたのは昭和二年だが、原稿の殆どは大正時代に書かれたものである。今と違って、カメラもフィルムも高価なものであった時代に、当時殆ど誰も注目しておらず、その存在すら疑われていた東京低地の古墳群の、しかもその跡地にまで丹念に目を配った博士の姿勢に、郷土東京への深い愛情と、関東大震災後の復興と再開発によって、調査もされぬまま次々と姿を消していく古墳の多さを目の当たりにした博士のあせりとを感じずにはいられない。そのお陰で、今日、いつの間にやら消えてしまった「怪しげな物件」の存在を詳しく知ることが出来る訳で、学史的な評価は分からないが、古墳マニアの視点からすると、正に「名著」である。

同書に記された東京低地の古墳と思しき塚を書き出してみると、

・将門塚(大手町) ・兜塚(兜町) ・金子塚(麹町) ・小野照崎神社境内の塚(下谷) ・篠塚稲荷社(浅草) ・浅草寺裏の蛇塚 ・浅草寺境内弁財天社 ・浅草寺境内銭塚弁財天 ・浅草寺境内熊谷稲荷 ・浅草寺弁天山 ・待乳山(浅草) ・駿馬塚(浅草) ・総泉寺妙亀尼塚(橋場) ・総泉寺釆女塚(橋場) ・総泉寺首塚(橋場) ・業平塚(本所) ・梅若塚(隅田) ・牛島神社隣の塚(隅田) ・秋葉神社(隅田) ・吾妻森(立花) ・櫂塚/漂知塚(立花) ・小塚原飛鳥社(荒川区のスサノオ神社) ・関屋塚(千住) ・青砥左衛門尉屋敷跡(青砥)

同書に掲載されている将門の首塚

関東大震災の数ヶ月後に撮影したそうだ。
このあと、塚は削平されて大蔵省の建物が建てられ、更にこれが取り払われて現在のような姿になったと思われる。
後ろから見た将門塚

明治時代に書かれた『平将門故績考』(織田完之著、碑文協会 1907)では円墳のように描かれていたが、こうしてみると小型の前方後円墳のようにも見える。震災後に発掘して石室が検出されたと伝えられているが、発掘されたことは『上代の東京と其周囲』本文中にも記されているのから、恐らくこの写真は調査後に撮影されたものであり、発掘調査の結果このような形になったものと思われる。

このようにかなりの数に登る。
青砥の物件は戦後の調査で古墳ではないことが判明したらしいが、その他のものは既に消滅してしまったものを含めて未調査である。古墳か否かの判断は今後の調査を待つより他にないが、鳥居博士の軌跡をなぞって、これらの塚/塚跡を巡ってみるのも楽しそうである。

投稿時間 : 23:44 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年02月20日 隅田川流域の古墳
 ■ 『不動尊利生並浅草観世音古代之絵図』

今、浅草寺周辺の古墳巡りのための下調べをしており、まずはどの辺に古墳らしきものが所在したかを確かめるために、浅草関連の江戸〜明治大正頃の文献に目を通しているのであるが、昨晩、明治26年刊行の『不動尊利生並浅草観世音古代之絵図』という文献の境内見取り図に、怪しげな塚が描かれているのを発見した。
概ね、『江戸名所図会』と同じ場所に塚が描かれているが、幾つか新たな発見もあったので、記しておきたい。

この本は金子愛蔵氏の自費出版本で、序によれば祐天上人(奈良や鎌倉の大仏修復に活躍した人か?)の古筆を入手したので、それを参考にしたらしい。ただ、「古代之絵図」と言いながら、出てくるのは江戸時代の浅草寺周辺の絵図ばかりという超フェイント本である。
図のキャプションと思しき部分には、「朱雀院」(朱雀天皇 在位930-946)の名が出てくるので、その当時の浅草寺の図かと思いきや、「織田山城守」「六郷伊賀守」等の大名屋敷が書き込まれており、どうも文と図とは全く関係ないらしい。下の図は、「権現様の御入国は天正十八年八月の上旬にして去より金龍山浅草寺を以って御祈念所と仰せ出される」というキャプションが付いているのだが、他のページの例からすると、果たして家康入府当時の境内図なのかどうかは疑問ではある。ただ、『江戸名所図会』には描かれていない塚や、描かれている塚でもこちらではより大きな姿で描かれている所を見ると、『江戸名所図会』以前の情報が反映されているのかも知れない。

まず、図の左から。
左上の囲みは「酉宮稲荷」であるが、『江戸名所図会』では墳丘を崩した跡っぽく描かれていたのが、こちらではより墳丘の残存度が高く描かれており、周囲には掘が巡っていたことも分かる。こうしてみると周掘が巡った円墳を崩した跡に社を建てたようにも見える。

左側中段の囲みは「淡島社」である。こちらは塚のようには描かれていないが、境内を半周する掘の存在が気にかかる。ここは円墳の跡地で、掘は周掘を利用したものではなかろうか?

左側下段の囲みは伝法院の北側で、現在庭園になっているあたりである。『江戸名所図会』にも幾つかの塚状のものが描かれていたが、こちらでは掘が巡っているように描かれている。しかも峰が二つあるように描かれており、古墳時代後期の前方後円墳を横から見た図のように見えなくもない。庭園の築山という可能性もあるが、それも古墳流用なのかも知れない。

次は図の右側。
右側上段の囲いは「秋葉社」であり、伝法院にある石棺が出土した塚であると思われる。
『江戸名所図会』よりも大きな姿で描かれており、墳頂へ至る階段もないことから、より古い時代の姿が反映されているのかも知れない。

下段左側は弁天山で、鳥居博士の『武蔵野及其周囲』に記されていたように、かつては池(掘)が全周していたことがこの図から分かる。古墳だとすると、掘の巡り方からして円墳や方墳だとは思えず、図の左側を前方部とする前方後円墳乃至は帆立貝型古墳であるように感じる。

画角の関係で『江戸名所図絵』には描かれていなかったが、弁天山の右隣りには「達磨池」という池があったようで、その畔の「桝井」の傍に塚状の地形が描かれている。

投稿時間 : 19:49 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年02月19日 隅田川流域の古墳
 ■ 『江戸名所図会』に見る浅草寺古墳群?

鳥居博士の『武蔵野及其周囲』の浅草関係の記事を読むと、浅草寺周辺には博士が前方後円墳と推定している弁天山以外にも幾つかの塚があったようで、古墳群を形成していたらしいことが記されている。
浅草寺には今年の正月にも友人と参詣してきたのだが、弁天山以外にそれらしいものは無かったように思う。もっとも博士が踏査した大正時代ですら、弁天山ともう一つ位しか残っていなかったようなので、大分昔に削平されてしまったのだろう。そこで江戸時代の地誌類に何か手がかりになりそうな記事でもないかと探していた所、『江戸名所図会』の浅草寺の挿絵に、それらしい塚が描かれているのを見つけることができた。

『江戸名所図会』には浅草寺とその周辺の様子が、見開きの5枚の絵で描かれている。
以下の図は『江戸名所図会 巻六』(博文館 1893)からのもので、幾つかある版の内、須原屋版を後刷したものである。

其一は、雷門周辺を描いたものであるが、ここには塚状の地形は見受けられない。

しかし、其二になると、事態は急展開する。

画面左上が、鳥居博士が前方後円墳であろうとしている弁天山である。
これは大分小さくなってしまってはいるが、現存している。
図を見ると、弁天山の右手部分に池が描かれているように見える。鳥居博士によれば、かつては弁天山を取り囲むように池が存在していたらしく、これは周掘の跡であろうと推察されている。
また、弁天山の左下にも、墳頂に松の木が生えた円墳状の塚が描かれている。
鳥居博士は文中で、弁天山に伴う円墳が必ずあった筈だという趣旨の発言をされている。博士も『江戸名所図会』は詳しく調べられておられるので、恐らくはこうした江戸時代の記録に基づく所見なのだろう。

其三は五重塔と伝法院周辺の図である。
中央左側に「二王門」とあるのは、現在の宝蔵門のことである。五重塔は現在と異なり、宝蔵門の右手(本堂東南)側に建てられていたことが分かる。

画面中央下端に描かれているのが伝法院で、ここには古墳の石棺を流用したと思われる手水鉢があり、これは現存しているらしい。明治の神仏分離令に伴い、浅草寺本堂裏にあった熊谷稲荷の土台となっていた塚を崩した際に出てきたものらしいが、その伝法院の左手に、墳頂に3本の松が生えた塚状の地形が描かれている。

其四は、浅草寺本堂と三社祭りで有名な三社権現社(浅草神社)周辺を描いたものである。

まず、画面左上、熊谷稲荷の裏手、「秋葉」と記された塚上に建てられた社が描かれている。伝法院にある石棺は、熊谷稲荷の塚を崩した際に出土したと言われているが、恐らくはこの秋葉社の塚のことであろう。古墳の可能性が高い塚である。
また、画面中央下端にも塚状の地形が見え、その右側にも祠を載せた小高くなっている部分が描かれている。はっきりしないが、これは池の中の小島であるようにも見える。
本堂と三社権現の位置関係からして、この2つの塚状の地形があった場所は、現在五重塔が建っているあたりの西側ではないかと思う。

其五は酉宮稲荷神社の周辺である。
この神社は浅草の産土神で、境内の鎮守であるそうだ。

画面左手の田が広がっている箇所と比べ、酉宮稲荷社から右手にかけての部分は土地が一段高くなっているが、この高くなっている部分は自然堤防であろう。酉宮稲荷社の敷地は、その自然堤防よりも更に高くなっているように描かれており、塚を崩した跡のようにも見える。
また、画面中央上端左寄りの部分に「富士」と記された塚状のものが描かれている。
これは通称「お富士さん」と呼ばれ、植木市で有名な浅草5丁目の浅間神社である。名前からして富士塚の類と思われるが、社伝によれば、元々小山のようになっていた所に浅間神社を勧請したそうである。古墳を富士塚に転用する例は、都内でも駒込富士神社や十条のお富士山古墳等、幾つか知られており、このお富士さんもそうした例の一つなのかも知れない。

また、浅草寺の北方、今の東浅草2丁目の東禅寺の東側には「駿馬塚」という塚があった。
八幡太郎源義家が奥州征伐に向かう際、この地で倒れた愛馬を葬った塚であると言い伝えられており、描かれている人物との対比から見ると当時は小さな塚になっていたようだが、『武蔵野及其周囲』によれば、明治時代にこの塚から瓦棺(陶棺)が出土したそうである。従って、駿馬塚は古墳であった可能性が高いのだが、関東の古墳で陶棺が用いられているものは珍しい。

駿馬塚は、現在その塚跡が残るのみで、出土したとされる陶棺の行方も不明になっているのが惜しまれる。

以上、『江戸名所図会』に描かれていた塚状地形の推定位置を現在の地図上にプロットしてみると次のようになる。

右上の前方後円墳は松乳山聖天で、中央下側の前方後円墳が弁天山であるが、いずれも推定である。

これらが全て古墳かどうか、この図だけで断言することは出来ないが、伝法院に石棺と思われるものが残っていることから、この地に前方後円墳を中心とした古墳群が存在していた可能性は低くないように思う。
そもそも、浅草寺は『万葉集』にその前身と思われる庵の存在が詠われており、埴輪の制作や古墳の造営・祭祀に携わっていた古代豪族・土師氏の私寺として創建されたと言われる、東京屈指の古刹である。7〜8世紀に寺院を建立できた基盤として、より古い時代からの人々の営みと文化の蓄積があった筈であり、その点からもこの地に古墳群が存在した蓋然性は高いと言えるのではないだろうか。

投稿時間 : 12:41 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年02月18日 古墳本
 ■ 『武蔵野及其周囲』

関東大震災の直後、多くの建物が倒壊し、すっかり見通しが良くなってしまったことを逆手にとって、それ迄見落とされてきた東京都内の「古墳かもしれない」怪しい盛り土を広くフィールドワークした鳥居龍蔵という凄い考古学者がいた。台地上のものだけでなく、当時殆どノーマークだった東京低地のそうした物件にも目を向け、低地部の微高地にも古墳が存在していることを実証しようとした点が更に凄い。
博士はその成果を『武蔵野及其周囲』『上代の東京と其周囲』の2冊の著作で発表しているのだが、博士の調査後削平されてしまった物件も多く、この2冊に記された情報は大変貴重なものである。

毛長川流域の古墳についてあれこれと調べている内に、自然とその他の東京低地の古墳にも興味を持つようになったのであるが、現在にあってもこの界隈で学術調査が行われているのは、葛飾区の南蔵院古墳と柴又八幡神社古墳位なもので、都指の白旗塚古墳ですら、未だ調査はされていないという状況である。つまり、この界隈で「古墳」とされているものの多くは、厳密には「古墳かもしれない」とか「多分古墳であろう」と推定されているに過ぎない物件であり、鳥居博士が踏査した頃と余り変わらない状態が続いているのである。従って東京低地の古墳を巡ろうと思うと、必然的にこうした推定古墳が中心になるのであるが、どこに怪しい塚や塚跡があるかという情報の多くは、鳥居博士の踏査記録に追う所が多いのである。
そこで前々から『武蔵野及其周囲』と『上代の東京と其周囲』の2冊は、見かけたら必ず買おうと考えていたのであるが、先日、『武蔵野及其周囲』を入手することが出来た。大正12年9月発行の初版本である。この本では主に浅草や本所界隈の「古墳かもしれない物件」についての情報を得ることが出来るのであるが、既に消滅しているものを含め、東京低地にはこんなにも怪しげな塚が存在していたのか、と改めて感動を覚えた次第である。
しかもその内の幾つかには写真や図が掲載されており、特に現存しない塚のそれは、大変興味深い。

浅草寺隣の弁天山古墳

鳥居博士は前方後円墳であろうと推察しておられる。
これは現存しているので、是非チェックせねばなるまい。
本所・牛島神社の隣にあった塚

この塚は残念ながら現存しないようだが、塚の麓に造られた大名・阿部家の墓は現存しているかも知れず、跡地を探すことは可能かもしれない。それにしても本所にこのような塚があったとは驚きだ。

この他にも待乳山、業平塚、秋葉神社、吾妻の森、駿馬塚等、怪しい物件に関する情報が記されているので、この本を片手にこれらの塚や塚跡を巡ってみたいと思う。

投稿時間 : 10:56 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年02月17日 武蔵国造の墓
 ■ 芝丸山古墳

埼玉や東京には幾つか、武蔵国造の墓であるという伝承を持つ古墳がある。
しかし、その多くは伝えられる人物が活躍したとされる年代と古墳の築造年代との間に開きがある。
その点、この芝丸山古墳は被葬者(あくまでも伝承上のだが)と築造年代とが比較的合致する珍しい古墳である。

芝丸山古墳は東京湾を東に望む芝の台地上に所在し、主軸長106〜125m(諸説ある)で、後者の値をとれば東京都内最大だし、武蔵国全体でみても2位となる大型前方後円墳である。前者の値をとったとしても武蔵国屈指の大前方後円墳であることに代わりはない。
江戸時代から現代にかけて、墳丘が大きく加工されており、元々の墳形の推定が困難になっているため、築造年代はこれまで、4世紀〜6世紀初頭迄諸説唱えられてきたが、

 1.埴輪が無い
 2.削られたにしても後円部より前方部が低い
 3.前方部端が若干撥型に開く可能性がある
 4.台地縁辺の非常に目立つ箇所に立地している

といった点から、最近では4世紀台築造の、武蔵国最古級の前方後円墳であろうという見解が有力になってきている。
これまで、武蔵国最古の前方後円墳は西南方約10Kmの多摩川岸に所在する、田園調布の宝來山古墳(97m)とされてきたが、或るいはこれに先立つのではないかとも考えられるようになってきている。
そして、この古墳の被葬者は、初代の无邪志国造・兄多毛比命であるとされているのである。

「无邪志」とは、武蔵国がまだ、「无邪志」「胸刺」「知知夫」の3つに分かれていた頃の国の一つであり、厳密に言えば兄多毛比命は武蔵国造ではないのだが、最終的に无邪志が中心となって統一を果たしたと考えられているので、後の武蔵国造の直系の先祖であると言えよう。
武蔵国最古級の大型前方後円墳の被葬者として、これ程ふさわしい人物があるだろうか?

芝丸山古墳東側側面

左が前方部で、右が後円部。
前方部が一段低い様を見てとれる。

兄多毛比命が无邪志国造となった事は、『先代旧事本紀』という平安時代初期の書物の「国造本紀」という巻に記されており、そこには後に武蔵国となる、胸刺と知知夫の初代国造の名も記されている。それによれば、知知夫国造は思金神の十世の孫・知知夫彦命が任ぜられ、胸刺国造には兄多毛比命の子・伊狭知直(いさちのあたえ)が任ぜられたとある。
任じられた時期は、胸刺国造の任命時期は記されていないが、知知夫国造は瑞籬朝御世(崇神朝)、无邪志国造は志賀高穴穂朝世(成務朝)とある。胸刺国造は无邪志国造の子とあるから、順番としては、

 知知夫国造−无邪志国造−胸刺国造

となろう。
また、それぞれの領域は、无邪志が足立郡と埼玉郡、知知夫が現在の秩父から埼玉県本庄市あたりにかけての領域で、胸刺は多摩川流域に比定する説が根強い。
それぞれの領域内の古墳の様相を見てみると、3系統の国造の内、血縁関係にない知知夫国造領域には古式の前方後円墳が存在していないし、无邪志の領域と考えられる足立郡、胸刺の領域と考えられる荏原郡や橘樹郡には共に古式の前方後円墳が所在していることから、大きく見れば2つの系統に分けることが出来、国造本紀の記事との対応関係が伺える。
特に興味深いのは胸刺国造の本拠地と考えられる多摩川流域の田園調布には、芝丸山古墳と同じかやや新しいと考えられる、宝來山古墳(97m)が所在している点で、これは无邪志国造と胸刺国造の任命時期と合致しているように思える。
こうした古墳の様相からしても、芝丸山を兄多毛比の墓とする伝承には、それなりの説得力があるのだ。

もし、東京湾岸の芝丸山が最古の前方後円墳とする説が正しければ、早い段階で前方後円墳を築造した勢力が最初に拠点としたのは、港区の芝のあたりで、そこを拠点として多摩川を遡上した勢力が胸刺国造となったという経緯を想定することが出来る。埼玉や東京の古墳時代初期の集落遺構からは西東海系の土器が見つかることが多いが、その分布は東京湾岸を中心とし、主要河川沿いに拡散する傾向があり、この地方の古墳文化の伝播のルートしては、内陸よりも太平洋岸を伝うルートがより強く想定され、芝丸山→宝來山という推定を補強する。

さて、多摩川流域に拠点を置いた勢力は、宝来山に続いて亀甲山(107m、4C後半)→野毛大塚(82m、5C初頭)と大型首長墓を造っていくのであるが、これが胸刺国造のものだとするならば、无邪志国造の墓は芝丸山以後、一体どこに造られたのであろうか?
東京湾岸から多摩川を遡上したのが胸刺だとするならば、无邪志の勢力は芝丸山の後、旧入間川を遡上して、その流域に拠点を移したのではないかと私は思う。多摩川流域のものよりは規模の面では劣るものの、旧入間川の下流部・現在の毛長川流域には亀甲山とほぼ同時期と考えられる川口市高稲荷古墳(75m)があり、調査前に消滅したので詳細は不明だが、鳩ヶ谷市仙元祠古墳もその外観から古式前方後円墳である可能性が指摘されている。更に旧入間川を遡上した、東松山市内にも諏訪山35号墳(61m)が所在しており、无邪志勢力は旧入間川流域の開発に取り組んだのではないかと思われるのである。墳丘規模が多摩川流域に及ばないのは、地理的に上流部の東松山と下流部の鳩ヶ谷&川口とかなり距離を隔てて2つの首長墓系列に分かれてしまったからかも知れない。また、立地条件からすると、芝丸山の東北方に所在する上野の摺鉢山にも古式前方後円墳である可能性が残る。他にそれらしい古墳が見当たらない以上、これらの前方後円墳が芝丸山に続く、无邪志国造の墓なのではないだろうか?

芝丸山古墳後円部頂

後円部径64mと、武蔵国屈指の規模を誇るだけに、非常に広々としいる。
但し、墳頂部は削られており、ほぼ真っ平らに均されている。
中央部分には「瓢型古墳」と刻まれたストーンサークル状の記念碑が鎮座していた。
後円部から前方部

前方部頂も削られているが、共に削られても尚後円部よりも低くなっているということは、元々前方部が低い古式前方後円墳であることを伺わせる。 また、後世の掘削等により、前方部端が不明瞭になったため、主軸長には106m〜125mまで諸説あるが、100mを超える大型前方後円墳であることを実感できる距離感である。規模的には埼玉古墳群の稲荷山古墳が120mと近いが、あちらは最近前方部が「復元」されたものであるのに対し、こちらは削られているとはいえオリジナルであり、ポイントが高い。樹木が多くて見通しが悪いのがちょっと残念。
前方部から後円部

後円部との比高と、くびれ部の様子を見てとれる。
前方部端側の階段脇の石垣の中に、一カ所だけ房州石が使われている箇所があった。
公園化の際に積まれたものであることは明白であるが、芝公園内には他にも十数基の円墳が所在していたことが知られ、これらは埴輪を持つ6世紀台のものであったそうなので、もしかしたら石室材を流用したものでは? 等とつい想像してしまう。

投稿時間 : 17:34 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年02月15日 東京都の古墳
 ■ 将門の首塚

学生時代、大手町の電報局に夜勤の電話受付オペレーターとして週3日程度勤務していた。
往時と比べれば電報の需要は減ったとは言え、その頃はまだ時間帯によっては息つく間のない忙しさがあった。その分時給も良く、待遇も社員に準じた扱いだったので、有給休暇の取得が出来たり、旅行やら食事会等の福利厚生プログラムにロハで参加できたりした。また、電話応対やブラインドタッチは最初にしっかりと研修を受けさせてもらえたし、実戦を通じて更に鍛えられるのだが、こうした社会に出てからも役に立つスキルを給料を貰いながら身につけられる訳で、正に学生にとっては至れり尽くせりの職場であった。

私のシフトは18時〜22時で、勿論その間夕食を採ったりはしないから、仕事が終わる頃には激しい空腹感に襲われることになる。そこで楽しみにしていたのが、電報局の隣の逓信総合博物館前の交差点のあたりに出ていた屋台のラーメン屋に寄って、一杯啜って行くことであった。特に冬場なんかはこたえられないウマさがあったのだが、この交差点を皇居の方向に1ブロック半程歩いた先に、東京屈指のミステリースポット「将門の首塚」がある。
今でこそ、オフィスビルの狭間にちんまりと残っているに過ぎないが、伝承では京都で斬首された平将門の首が飛んで来て落ちた場所であるとされている。無念の最期を遂げた将門の怨念たるや凄まじいものがあったようだが、それを鎮め祀ることで、将門の霊は江戸の守護神として尊崇されるようになったそうだ。また、それ故に、首塚を崩そうとした者には容赦なく将門の怨霊が祟るとされ、恐れられ続けてもきたのである。何しろ進駐軍ですら、相次ぐ事故に恐れをなして、首塚の整地を諦めた位なのだ。

そんな首塚であるが、関東大震災で塚が崩れた際に、大熊喜邦博士による調査が行われたことがあり、その際に小型の石室(石郭とも言われている)が検出されたという。遺物は石室内部に堆積していた土の中から江戸時代の陶片や瓦が見つかっただけで、他に見るべきものは検出されず、既に江戸時代に盗掘にあっていたと結論づけられている。
首塚のあった場所は、江戸時代には大名屋敷で、「伊達騒動」で有名な酒井雅楽頭が拝領していたこともあるが、もしかして伊達騒動は首塚を盗掘した祟りではなかろうか?

閑話休題。遺物が出ていないのが気になるが、石室が出たとなると首塚は古墳であった可能性が高いかも知れない。
震災後に塚を削平して大蔵省の建物を再建しているにも関わらず、埴輪の出土も伝えられていない点や、石室が小型の石郭のようなものであったと言われている点を考慮すると、7〜8世紀の終末期の古墳であろうか?

将門の首塚(将門塚)

明治40年刊行の『平将門故績考』(織田完之著、碑文協会 1907)に掲載されている首塚の図。円墳乃至は方墳といった雰囲気であり、同書によれば、「高凡二十尺週廻十五間」とあるから、高さ約6m、径約8.7m程度であったらしい。径に対して高さがあり、図でもそのように描かれているが、元々そうなのか、後世の加工によってそうなったのかは不明。手前に見える池は周掘の名残だろうか?

塚の前に据え置かれている石灯籠は、現在も首塚跡地で見られるものと同一のものと思われるが、大正時代撮影の写真を見ると、墳丘上に据え置かれている。
現在の首塚

現在も小高くなっているが、震災後に大蔵省を再建するにあたって削平されている筈だから、これは新たに盛り土されたものだろう。因みに昭和に入ってから、大蔵大臣が急病死したり、職員に怪我人や病人が続出したことから、将門の祟りを恐れて大蔵省は移転。跡地にて盛大な慰霊祭を執り行ったそうなので、その時のものかも知れない。
境内には様々な記念碑や説明板が建てられているが、これが現在の首塚の心臓部である。
方壇状の基壇の上に石碑と石灯籠が設置されている。
この石灯籠は時代によって、墳頂に据え置かれたり、墳丘前に据え置かれたりしていたもので、削平前の首塚を偲ばせる唯一の遺品である。

投稿時間 : 19:40 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年02月14日 隅田川流域の古墳
 ■ 待乳山聖天

学生時代、ワンゲル部の他に、町歩きサークルにも所属していた。
このサークル、顧問が最近TVにもちょろっと出ている文化人類学の教授で、文化人類学的視点をもって都市を見つめながら歩いてみようという趣旨のサークルなのだが、まあ、それはタテマエという奴で、実態は合コンサークルである。
一応大学のサークルなのだが、部員には系列の女子短大や専門学校生も在籍していたので女子率が非常に高く、その点でかなり人気のサークルであった。部長をはじめ幹部がワンゲル部の先輩なので、ワンゲル部員はほぼ強制的に入部させられ、自腹での店の下見&予約とか、ルートの下調べ等をやらされていた。

この「ワンゲル部員兼街歩きサークル部員」の同期生の中に、「サイパン」と呼ばれている奴がいた。
摺鉢山の所で書いた「奥多摩温泉水事件」を始め、先輩からの様々な無理難題(登山口の遥か手前のコンビニで飲料を調達している最中に置き去りにされる等)に共に立ち向かってきた、戦友と呼んでも差し支えない奴である。
私からすれば、非常にイイ奴なのだが、どうしたことか全く女性にモテず、本人もその事で日々悶々としていた。

奴は別段見た目が悪い訳ではない。服装も日常から山登りにでも行くような格好をしていた私なんぞからすると、オシャレな部類であった。寡黙というよりは饒舌な奴で、話しも面白い。しかし、女性に己の思いを届けることに関しては連戦連敗、玉砕の連続だったので、先輩は面白がって奴のことを「サイパン」(戦中、日本軍守備隊が玉砕)と呼んでいた。

ある日、街歩きサークルの浅草探訪企画にサイパンと共に参加した(させられた)。
意中の彼女が参加するとあって、サイパンは朝から超上機嫌で、浮かれまくっていた。
待乳山聖天に寄った際、ここが縁結びに大なる御利益のある神社であることを知ったサイパンは、彼女の方をチラっと一瞥し、嬉々として願をかけようとした。勿論、十円玉2枚+5円玉1枚=25円=「二重にご縁」を握りしめてである。
ところが、サイパンがその25円をソフトボール投げで賽銭箱に放った所、信じられないことが起こった。
何と、3枚の硬貨がことごとく賽銭箱の桟に当たって弾き返されたのだ!
カッと目を見開いて、瞬間硬直するサイパン。
奴も驚いただろうが、私も驚いた。

我に返ったサイパンが、弾き返された硬貨の内、足元に転がってきた5円玉を拾い上げ、再び賽銭箱にソフトボール投げで放る。

一体、どうしたというのであろうか。
5円玉は再び桟に当たり、サイパンの足元に跳ね返ってきた。
震えるサイパン。
再度5円玉を拾い、今度は全身全霊の力を込め、桟をもブチ破る勢いで賽銭箱に野球投げをするサイパン。
妙な期待を胸に凝視するギャラリー。
三度桟に当たる5円玉。
その5円玉が手に当たって痛がるサイパン。

「こいつ、神様に断られてやんの!」

爆笑する先輩。
思わず笑ってしまう女子(含む意中の彼女)。
ヘタリ込むサイパン。
唖然とする私。

当時の私は無神論者であったのだが、そんな私が神の存在を信じるキッカケとなった出来事であった。
その後もサイパンは、今日迄、玉砕記録を更新し続けている。
恐るべし、待乳山聖天!

その待乳山聖天は、インドの知恵の神・ガネーシャを祭神とする浅草寺の別院で、隅田川岸の小高い丘の上に鎮座しており、古くから古墳説が唱えられている。
待乳山とは「真土山」の意とのことで、人工の土盛りを匂わせるネーミングであるが、地元の伝承によるとこの丘は、浅草寺を開いた地元の豪族・土師臣中知(はじのおみ・なかとも)の墳墓であるとされている。豪族の墳墓という段階でかなりの古墳臭さであるが、その上に、この豪族は記紀で埴輪制作の創始者とされ、古墳の造営や祭祀に深く関与したとされる土師氏一族である。最早古墳以外の何者でもないという位の古墳臭さである。

また、『江戸名所図会 巻6』の待乳山聖天の挿絵を見てみると、

聖天が載っている円形の丘の手前に、更に丘が伸びているように描かれている。もしかして前方後円墳か!?

気になったので、早速グーグルアースでチェック。本当に便利な世の中になったものだ。
どうも江戸時代から地形そのものは余り変わっていないようで、上空から見ると今でも前方後円墳っぽく見える。

しかし、『台東区史』では、古墳である可能性は低いとされている。
今の所、古墳と関連づけられそうな遺物が知られていないのがその理由のようだ。ただ、待乳山は万葉集に、

 亦打山(まつちやま)夕越え行きて廬前の角太河原(すみだがはら)にひとりかも宿む

と詠われており、遅くとも8世紀には既に存在していたことは明らかである。
古墳でないとすると、自然地形か水害対策で盛られた盛り土であろうか?
既に神社として整備されているので、今後も中々発掘調査ということにはならないと思うが、果たして古墳か否か、非常に気になる物件である。

上の写真は、昨年、妻が浅草に出かけた際に、やはり「古墳ではないか?」と言われている浅草寺の弁天山を撮ってきてくれと頼んで撮ってきてもらったものである。弁天山と待乳山とどうしたら間違えられるのか良く分からないが、『江戸名所図絵』の図と見比べてみると、階段の角度からして、前方部?端側から前方部らしき部分を撮影したもののようだ。
どうせなら、主丘の写真を撮ってきて欲しかった所だが、お陰でサイパンのエピソードを思い出すことができたので良しとしよう。
折角なので、近々弁天山共々、浅草周辺の怪しい物件を巡ってみようかと思う。

投稿時間 : 22:40 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

 ■ 上野公園摺鉢山古墳

暖冬とは言え、この冬は本当に暖かい。
今日は雨天だというのに最高気温14度と、「着更着」どころか、コートを羽織ってきたことを後悔してしまう暖かさである。
この影響で、早咲きの桜が更に早く咲き始め、この調子ではソメイヨシノも3月中に満開を迎えるのでは? 等と言われている。

東京で桜と言えば飛鳥山、そして上野公園である。
社会人になってからはさっぱりやっていないが、学生時代は毎年必ずこの上野で花見をやったものだ。
中でも思い出深いのが、大学2年の時で、当時ワンゲル部に所属していた私は奥多摩に登山&キャンプに出かけていたのだが、先輩の命令で早朝4時に奥多摩を出て、5時半頃から場所取りをやらされたことがある。
まあ、それだけなら大したことではないのだが、前日、下山した山の麓に湧いていた温泉水(鉱泉?)を同じ先輩から、

「体にいいから飲め」

と言われて飲んだのが大ヒット。30分に一度トイレに通いながらの場所取りとなったのだった。

そもそもその温泉水施設、今から考えても非常に理不尽なものがある。
山の麓にぽつねんと蛇口が設置されており、そこには金属のコップがヒモでブラ下げられていた。
コップが用意されているからには飲んでもOKと考えるのが常識であろう。更にこの水を汲みにきていた地元のおばちゃんも「この水はね、胃腸にいいのよ〜」と言っていた。

「胃腸に良い水」+「コップ」

これはどう考えたって、飲んだって大丈夫というか、むしろ飲んでおくべき水であろう。
しかし、しかしである。この蛇口の支柱の部分を良くみると、何やら説明が書かれているのだが、そこには、なんと、

「飲むな」

と書いてあるのだ。
コップをブラ下げておいて「飲むな」とは、超フェイント。
しかも、地元のおばちゃんのワンポイント効能講座付である。
されど、その掟を知ったのは飲んだ後の事。所謂「後の祭り」という奴だ。
そして、この時通ったトイレというのが、摺鉢山西麓の奴である。
そういう訳で、上野公園に行く度、摺鉢山を見る度にそのことが思い出されるのである(奥多摩に行っても思い出すが)。

そう言えば、3年の時の花見で、ゲロを吐く友人の背をさすってやったのもこのトイレだったし、その後、動けなくなった彼を摺鉢山山頂のベンチで介抱したこともあった。

そんな思い出一杯の摺鉢山は、現存長70mの前方後円墳とされる。
他にも上野公園内には他にも幾つかの円墳が存在していたらしいが、現存するものはこの摺鉢山だけである。

上野駅を公園口で降り、正面に見える文化会館の裏手へ出ると、摺鉢山の後円丘が見えてくる。
現存長とは言え、70m級はかなりデカい。先日見た富士神社古墳も大きく見えたが、あちらは45m。芝の丸山古墳の125mには及ばないが、旧豊島郡域で2番目の規模を誇る首長墓である。
現状、前方部がかなり小さくなっており、大分削られているように見えるので、元々の規模は75〜80m位はあったのかも知れない。墳丘規模、そして台地縁という立地からも、今は亡き川口の高稲荷古墳を彷彿とさせる。

D-LUX3の28mmでは、墳丘側面をすっぽり収めることはできないが、南側からであれば2分割で収めることができる。それを合成したのが上の写真で、左1/3位が前方部で右が後円部である。
削られているとしても前方部は未発達の印象で、台地縁という立地を考えると、高稲荷古墳同様の4世紀台の古式前方後円墳なのかも知れない。後円丘東北側の階段脇にある説明板によれば、過去に埴輪片が採集されたそうだが、話しの出所と思われる鳥居龍蔵氏の『上代の東京とその周囲』の記述では、周辺の円墳から拾ったような書き方がされており、本当に摺鉢山から埴輪片が採集されたのかどうかは不明である。採集された埴輪片は6世紀台のものらしいので、これが摺鉢山からのものであれば、摺鉢山は6世紀台築造ということになろう。

後円部を東北側から。

説明板によると、後円部径43m、道路からの比高は5mとある。墳頂部は明らかに削られているので、元々はもっと高かったのだろう。
後円部頂の様子。

かつて墳頂には清水観音堂や天神社が載っていたそうで、そのことから「天神山」とも呼ばれたようである。
後円径43mという事は、これだけで富士神社古墳に匹敵するサイズであり、墳頂部はかなり広々としている。
後円部から前方部。

後円部に比べ、前方部は狭く短く、そして低い。
かなり削られているように見えるが、現状で最大幅23mとのことである。
前方部から後円部。

投稿時間 : 21:42 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト