« 待乳山聖天 | 記録帳TOP | 芝丸山古墳 »

2007年02月15日 東京都の古墳
 ■ 将門の首塚

学生時代、大手町の電報局に夜勤の電話受付オペレーターとして週3日程度勤務していた。
往時と比べれば電報の需要は減ったとは言え、その頃はまだ時間帯によっては息つく間のない忙しさがあった。その分時給も良く、待遇も社員に準じた扱いだったので、有給休暇の取得が出来たり、旅行やら食事会等の福利厚生プログラムにロハで参加できたりした。また、電話応対やブラインドタッチは最初にしっかりと研修を受けさせてもらえたし、実戦を通じて更に鍛えられるのだが、こうした社会に出てからも役に立つスキルを給料を貰いながら身につけられる訳で、正に学生にとっては至れり尽くせりの職場であった。

私のシフトは18時〜22時で、勿論その間夕食を採ったりはしないから、仕事が終わる頃には激しい空腹感に襲われることになる。そこで楽しみにしていたのが、電報局の隣の逓信総合博物館前の交差点のあたりに出ていた屋台のラーメン屋に寄って、一杯啜って行くことであった。特に冬場なんかはこたえられないウマさがあったのだが、この交差点を皇居の方向に1ブロック半程歩いた先に、東京屈指のミステリースポット「将門の首塚」がある。
今でこそ、オフィスビルの狭間にちんまりと残っているに過ぎないが、伝承では京都で斬首された平将門の首が飛んで来て落ちた場所であるとされている。無念の最期を遂げた将門の怨念たるや凄まじいものがあったようだが、それを鎮め祀ることで、将門の霊は江戸の守護神として尊崇されるようになったそうだ。また、それ故に、首塚を崩そうとした者には容赦なく将門の怨霊が祟るとされ、恐れられ続けてもきたのである。何しろ進駐軍ですら、相次ぐ事故に恐れをなして、首塚の整地を諦めた位なのだ。

そんな首塚であるが、関東大震災で塚が崩れた際に、大熊喜邦博士による調査が行われたことがあり、その際に小型の石室(石郭とも言われている)が検出されたという。遺物は石室内部に堆積していた土の中から江戸時代の陶片や瓦が見つかっただけで、他に見るべきものは検出されず、既に江戸時代に盗掘にあっていたと結論づけられている。
首塚のあった場所は、江戸時代には大名屋敷で、「伊達騒動」で有名な酒井雅楽頭が拝領していたこともあるが、もしかして伊達騒動は首塚を盗掘した祟りではなかろうか?

閑話休題。遺物が出ていないのが気になるが、石室が出たとなると首塚は古墳であった可能性が高いかも知れない。
震災後に塚を削平して大蔵省の建物を再建しているにも関わらず、埴輪の出土も伝えられていない点や、石室が小型の石郭のようなものであったと言われている点を考慮すると、7〜8世紀の終末期の古墳であろうか?

将門の首塚(将門塚)

明治40年刊行の『平将門故績考』(織田完之著、碑文協会 1907)に掲載されている首塚の図。円墳乃至は方墳といった雰囲気であり、同書によれば、「高凡二十尺週廻十五間」とあるから、高さ約6m、径約8.7m程度であったらしい。径に対して高さがあり、図でもそのように描かれているが、元々そうなのか、後世の加工によってそうなったのかは不明。手前に見える池は周掘の名残だろうか?

塚の前に据え置かれている石灯籠は、現在も首塚跡地で見られるものと同一のものと思われるが、大正時代撮影の写真を見ると、墳丘上に据え置かれている。
現在の首塚

現在も小高くなっているが、震災後に大蔵省を再建するにあたって削平されている筈だから、これは新たに盛り土されたものだろう。因みに昭和に入ってから、大蔵大臣が急病死したり、職員に怪我人や病人が続出したことから、将門の祟りを恐れて大蔵省は移転。跡地にて盛大な慰霊祭を執り行ったそうなので、その時のものかも知れない。
境内には様々な記念碑や説明板が建てられているが、これが現在の首塚の心臓部である。
方壇状の基壇の上に石碑と石灯籠が設置されている。
この石灯籠は時代によって、墳頂に据え置かれたり、墳丘前に据え置かれたりしていたもので、削平前の首塚を偲ばせる唯一の遺品である。

投稿者 Toyofusa : 2007年02月15日 19:40 Twitterにポスト Tumblrにポスト

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://paralleli.life.coocan.jp/kofunblog/mt-tb.cgi/15