2007年03月 アーカイブ

« 2007年02月 | 記録帳TOP | 2007年08月 »


2007年03月04日 浅草寺周辺の塚
 ■ 浅草古墳群?探訪 其1

今週末は天気も良く、気温も高いということだったので、温泉旅行を兼ねて遠くの古墳でも見に行こうかと思っていたのだが、クレーム対応で急遽出社。午前中にとりあえずやるべき作業は終わる予定であったので、遠出は諦めて、午後から家族で浅草界隈に出かけることにする。

妻は最近サイクリングに凝っており、チャリで芝川(旧入間川)→荒川放水路→隅田川と川沿いに浅草迄走ってくるそうなので、私は倅を連れて職場に行き、予定通り仕事を片付けてから12時ちょい過ぎに王子を出発。1時前に浅草・雷門前に到着。
土曜ということもあり、雷門前は混雑気味。しかも聞こえてくる言葉は英語、ドイツ語、ロシア語、中国語、韓国語と国際色豊。日本語も標準語は店の呼び込み位で、周囲から聞こえてくるのは関西弁等の方言が多い。東京近郊に住んでいると普段は余り意識しないのだが、浅草が都内屈指の観光スポットであることを改めて実感した次第である。

やや遅れて妻も雷門に到着。
まずは腹ごしらえをしたいというので、伝法院裏手の妻オススメの煮込み屋にて、牛スジ煮込み丼を食す。
小さな店なので店内は既に満員。店先の路地に置かれたテーブルで食べたのだが、外で食べるのが全く苦にならないというか、むしろそれで丁度良い位の本日の陽気である。
注文するとスグに出てくるのもこの手の店の良い所である。白米の上に牛スジの煮込みがドッサリ載って500円也。
妻は「コラーゲン、コラーゲン」と呪文を唱えながら食べていたが、そういうことは置いといて旨い。ただ5歳の倅には不評で(当たり前か)、倅が残した分も妻と分けて食べたので満腹。なんだかこれからあちこち歩き回るのが億劫な気分になってきたが、それでは何をしに浅草くんだりまでやってきたのか訳わからないので、まずは浅草寺境内を目指す。


浅草寺観音堂

628年創建は、本当だとすると都内最古。一応境内からは奈良時代の遺構や仏具が出土しているので、あながちフカしているとも思えない寺伝である。本尊は628年に土師眞中知、檜前濱成・武成主従が隅田川で拾ったとする観音像であるが、これは秘仏であり、非公開。
五重塔前の銀杏の大木の根元が塚状になっていた。

『江戸名所図会』にもこのあたりに塚状の地形が描かれていたし、鳥居龍蔵博士の『武蔵野及其周囲』にも境内に幾つかの古墳と思われる土盛りがあったとされているので、もしかしたらこれもその名残なのかも知れない。
同じく境内の塚状地形

本堂北西の「奥山」と呼ばれる一角にあり、東京都教育委員会の説明板によると戸田茂睡という江戸時代の歌人の墓であるらしい。と、なると、これは江戸時代に盛土されたものなのであろう。

浅草寺境内には淡島社跡等、他にも「古墳跡かも」とアタリをつけていた場所があるのだが、予想以上に人出が多く落ち着いて見学できそうもないので、本日はパス。通常非公開の伝法院内にある古墳の石棺らしき物も申し込めば見せてもらえることが分かったので、次回、これの見学とあわせてチェックしてみることにして、一旦宝蔵門から外に出て、鳥居博士が「前方後円墳」であろうと推定しておられた弁天山へと向かう。

宝蔵門を出てスグに左に曲がると弁天山が見えてくるのだが、敷地的には境内と一体になっているにも関わらず、ここにはそれほど観光客もおらず、というか、墳丘上には誰もいない。


弁天山

確かに小高い丘の上に弁天社と鐘楼がある。裾が石垣で丸く整形されているので、こちらから見ると円墳っぽく見えるのだが、意外と規模が大きく、前方後円墳説にもうなづけるものがある。
墳頂をはじめ、墳丘やその裾にはこのような素焼きの焼物の破片が多く露頭していた。他に砂利やら瓦の破片なんかも見受けられるので、古墳由来のものではないっぽいが、埴輪片や土器片が混じっていたりしないのだろうか。
墳丘の南東方向に、ご覧のような突出部が見受けられた。前方部の残骸?
相当削られているらしいが、現状の見た目は上野公園の摺鉢山古墳っぽい。
前方部?から後円部?を見上げる。
こうしてみると帆立貝型の前方後円墳か造出付円墳のような雰囲気でもあり、掘り崩された前方後円墳の残骸のような雰囲気でもある。
南側から。

かつては弁天山を取り囲むように池が巡っていたそうで、江戸時代の絵図にも確かにそのように描かれている。また、大抵は弁天山を寸胴な瓢箪型か、円丘に小さな突出部のついたような形状で描いており、周掘を巡らせた前方後円墳を連想させる。

弁天山の墳丘上には砂利が多く敷き詰められていた。後で訪れる待乳山もその基底部は砂利山だと言われており、このことから待乳山は武蔵野台地から切り離された洪積台地の残丘=自然地形であろうとされているようである。弁天山の砂利も最近撒かれたものではなく、元からのものだとすると、弁天山もそうした残丘の一つなのだろうか?
それとも待乳山付近の砂利混じりの土を造って積み上げたものか?
自然地形だとしても、その上に盛土して古墳を築造する例も多いので、これをもって一概に弁天山は古墳ではないとは言えないと思うが、もしそうした自然の残丘上に盛土して古墳を築いたのであれば、この界隈の古墳の中では初期に築かれたものであるのかも知れない。

さて、弁天山の南側の池を埋め立てた跡は児童公園になっている。
弁天山を見学している間、倅をここで遊ばせていたのだが、「そろそろ次に行こう」と言っても「もっとここで遊ぶ!」の一点張りである。しかも妻は「そろそろ帰って夕飯の支度をする」とのことで、ここで撤退。妻に倅を託して私は古墳巡りという手が使えなくなってしまったので、どうにかこうにか倅を説得して、待乳山聖天を目指す。

しかし、ここで思わぬ伏兵が現れた。
隅田川沿いに待乳山へ行こうとしたのだが、川沿いの公園内に児童遊具が充実した一角があったのだ。
当然倅は「ここで遊ぶ!」と言い出したので、仕方なく暫く遊ばせることにする。再び倅を説得して移動を開始する迄、トイレだのジュースだの手洗いだの何だのかんだので結局1時間近くとられてしまった。

そんなこんなで、弁天山から1時間ちょいかけてようやっと待乳山に到着。ここも鳥居博士が『武蔵野及其周囲』で「前方後円墳であろう」としている場所である。


待乳山聖天

コンクリ壁で取り囲まれてはいるが、かなり高さのある丘の上に鎮座している。隅田川岸という立地からするとかなり不自然な地形であるが、洪積層の残丘=自然地形であろうとされている。これは戦前から地質学者の間で唱えられていたらしく、鳥居博士も「基底部は自然の残丘であろうが、その上に若干の盛土をして前方後円墳を築いたのではないか」との説を述べられている。
社殿の土台は現在方形に整形されているが、江戸時代の絵図では円丘状に描かれている。そしてこの丘を側面から見てみると、南北に細長い形状で、元円丘状の部分から一段低い突出部が南西方向(写真右手)に出ているような雰囲気で、前方後円墳のように見える。
後円部?裾から前方部?方向

土台は自然地形らしく、仮にこれが古墳だとしても、どこからが人工の盛土なのか、現状では全く分からなくなっているが、仮にこの丘全体を墳丘に取り込んだとするとかなりの規模である。既に江戸時代には浅草寺を開いた地元の豪族・土師眞中知の墳墓説が唱えられており、規模からしても古墳だとするとこの界隈の古墳群の主墳であろう。
前方部?端から後円部?を望む。

ご覧の通り、前方部っぽい箇所は後円部?よりもかなり低くなっている。日本堤築堤の際に待乳山の土が使用されたと言われており、また江戸時代初期の地誌『江戸砂子』では、この部分も後円部?と同じ位の高さがある二子山状に描かれているので、原型からはかなり削られているのかも知れない。
後円部?から前方部?を望む。

前述の通り、待乳山は今日に至る迄の間にかなり削られているようで、『江戸砂子』に描かれた二子山状の形状が本来の形状であり、被葬者と言われている土師眞中知が浅草寺の寺伝の通り、7世紀前半代の人物であったとすると、最末期の前方後円墳であったと考えられ、墳丘に埴輪が見当たらないことと合致するかも知れない。果たして浅草寺の寺伝はどこまで真実を伝えているのであろうか?

待乳山は「眞土山」とも書く。周囲の地質と異なり、土で出来ている山ということで、いかにも人工の盛土であることを想起させる名前だし、古墳と関係の深い古代豪族・土師氏の伝承が伝わっている点、前方後円形の外観を有している点等、いかにも怪しい場所であるが、『台東区史』では古墳ではなく、自然地形の丘であろうとしている。確かにこれ迄、古墳に由来するような遺物の出土は知られていないのだが、伝承によればその昔、待乳山から「金の龍」が出たことがあるそうである。浅草寺の山号「金龍山」はこれに由来しているのだが、これは金銅装の馬具や冠の一部等、古墳の副葬品ではないのだろうか? 例えば馬具のF字鏡板等は、それ単独で見れば龍っぽく見えないこともない。あくまでも伝承上のことであり、しかも出てきたのは「金の龍」という今一つ掴み所の無いものではあるが、こうした特別な物が出たという伝承が伝わっていることもまた、古墳説を補強する材料の一つではないかと思う。

待乳山の次は、東にちょっと歩いた所にある通称「お富士さん」と呼ばれる浅間神社に向かう。
が、しかし、待乳山の西側が児童公園になっていたため、ここでも倅を遊ばせるために足止めをくらう。
今回は30分位で切り上げて頂き、通りを東に進むと、小高い土台の上に鎮座している浅間神社が見えてきた。
小学校と警察署の真ん前である。


今は境内に若干の溶岩が残るのみであるが、かつてはここに富士塚が築かれていたそうである。今でも6月30〜7月1日にかけて「お山開き」が行われるのだが、現在は山がないために植木市が開かれるという変わりダネである。現状は全く古墳のようには見えないが、『江戸名所図会』によれば、元々小山になっていた所に富士塚を築いたとあるので、土台部分は古墳の墳丘を加工したものであった可能性があるのではないかと思う。
墳丘上は平らに均されており、浅間神社の社殿と集会所のような建物が乗っている。また、墳丘北側は住宅によってクランク状に切り取られており、東側も切り取られている風なので、元々の規模はもっと大きなものであったことが伺われる。

浅間神社を後にして、最後に駿馬塚跡地を見て帰ることにする。
『江戸名所図会』では小さな円墳のように描かれており、明治時代に陶棺が出たことから、古墳の可能性が高い物件である。墳丘は既に削平されているらしいが、跡地に石碑が残っていると聞いていたのだが、該当地附近にはマンションが建てられており跡形も無くなっていた。もしかしたら事前に調べておいた住所が間違っていたのかも知れないので、ここも次回探訪時に聞き込みをする等してみるつもりである。

ここで時計をみると午後4時30分。浅草東北方の橋場や対岸の立花、牛島等、他にも見ておきたい場所はあるのだが、時間的にちょっと厳しそうなので、本日はここ迄。浅草寺周辺のものしか見られなかったが、それでも古墳と思しき塚、しかも前方後円墳らしきものを目にすることができた。もっとも、弁天山も待乳山も過去に何度か行ったことはあるので、「古墳かも知れないという視点で」目にすることが出来たという次第であるが、改めてそういう視点で見てみると、浅草とは非常に興味深い土地である。もしこれらの塚が古墳であることが確認されれば、浅草寺のような古代寺院との関わり、土師氏伝承との関わり等、東京の古代史を考える上で新たな材料を提供してくれることになるだろう。未見の物件を含め、また時間を作って再訪してみるつもりである。

投稿時間 : 00:21 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト