2007年08月 アーカイブ

« 2007年03月 | 記録帳TOP | 2007年09月 »


2007年08月27日 近所の塚
 ■ 鳩ヶ谷市本町1丁目の塚

自宅から最寄りのバス停に行く途中に、以前より気になっていった塚状物件がある。
場所は本町1丁目の台地上で、旧122号(日光御成街道)沿いの商店街の裏手の住宅地内である。
稲荷社と思われる祠の土台が塚状になっているのだが、特にこれ迄の所、古墳であるという噂や、出土品の伝承等もなく、江戸時代の文献でもその存在には触れられてはいない。しかし、私が物心ついた頃には既に存在していたし、塚上には割と大きな杉の木が生えているので、かなり古くから存在していたようである。

この杉の木は、今は刈り込まれていて見る影もないが、ちょっと前迄は黒々と葉が茂っており、十手のように湾曲して突き出している枝の形と相まって、異様な雰囲気を醸し出していた。賑やかな商店街の裏手という立地もあってか、少々不気味で陰鬱な雰囲気もあり、近所の子供達も気味悪がって余り近づかないような場所であった。かく言う私もその一人で、ほぼ毎日のように目にはしていたものの、何となく薄気味悪くて、敢えて近づこうという気にはならなかったものである。

以前は住宅地内の駐車場の片隅に、いかにもいわくありげに鎮座していたのであるが、最近この駐車場を半分位潰して家が建てられ、それに伴って、塚上の樹木も手入れがなされたようで、以前のような陰鬱とした雰囲気は無くなり、奇麗に刈り込まれた植え込みと相まって、ちょっと小洒落た築山風な出で立ちに変身した。

本町1丁目の稲荷社

台地縁からはやや離れた場所にあるので、独立丘上や台地縁辺に築かれる傾向にあるこの界隈の古墳の立地からすると、どうも古墳ではなさそうだし、近辺からは縄文時代の遺跡は見つかっているものの、古墳時代の遺跡は見つかっていないので、この点からしても古墳の可能性は薄そうであるが、だとすると、稲荷社を祀るためにわざわざ塚を築いたのは興味深い。
市内の台地上には、他にも似たような祠が幾つかあるが、その殆どは、塚を築かず、地面に直接祠が置かれている。
しかし、江戸時代に描かれた「日光道中絵図」等を見ると、御成街道沿いの台地上には、西新井宿の駒が塚、兒桜、弁財天等、幾つかの塚が築かれていたことが分かるので、かつては他の祠も、この稲荷社のように、塚上に安置されていたのかも知れない。
正面から

左端に見えるのが、例の十手状の枝を持つ杉。今は葉が落ちてしまい、幹の先端部分も切られてしまっているが、以前はそれはそれは不気味な佇まいであった。
すぐ近くに、鳩ヶ谷総鎮守の氷川神社があるのだが、そこに合祀されなかった所を見ると、多分、この土地の地主さん宅の屋敷神なのだろう。この界隈は中世以来の宿場町で、御成街道沿いに商家が建ち並んでいたので、そうした商家がお稲荷様を祀ったものと思われる。

投稿時間 : 10:34 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト