2007年09月 アーカイブ

« 2007年08月 | 記録帳TOP | 2007年10月 »


2007年09月29日 埼玉県の古墳
 ■ 八潮・越谷の古墳と塚

朝起きてみると昨日とは打って変わって雨天であった。ただ午後から晴れないまでも雨はあがるとのことである。

当初予定としては、八潮の八條殿社古墳を皮切りに、国道4号線を北上しつつ埼玉東部の古墳を見学するつもりだったが、午後からでかけるとなるとそんなに遠く迄は行けそうもないので、若干予定を変更し、八潮と越谷の古墳と塚を巡ってみることにした。


◯清浄院 開山塚(越谷市大松60)

新編武蔵風土記稿埼玉郡新方領大松村の項に

「清浄院 浄土宗芝増上寺末栄広山浄土寺と号す。寺領十二石の御朱印は慶安元年九月十七日賜ふ。本尊阿弥陀を安ず。立像にて長三尺許。恵心の作といへり。開山堅真宝徳元年七月二十八日示寂す。当寺の東少許を隔て開山塚と云あり。そこより掘出せし古碑に嘉禄元年の文字見えたり。是起立の人の碑ならんと云。」

と清浄院境内に開山を埋葬した塚があるとの記述がある。
古墳に後代この種の説話が付与されることは良くある話しなので、この塚も古墳であるか、この由緒が正しいとしても、既存の古墳を開山の墓地に転用したものではないか?という気がしたので、見学してきた。
清浄院。
越谷市東部の中川傍の田園地帯の只中に所在している。

『新編武蔵風土記稿』の記述通り、本堂裏の東側(写真右手)に開山塚が現存している。
開山塚。

復元円墳のごとく奇麗に整備されている。
開山の墓ということで、大切にされているのだろう。
別角度から。

見た目は2段築成の円墳といった雰囲気。
説明板によると径は東西13.5m、南北13m、高さ1.8mとある。
見た目もサイズも埼玉県南に多い典型的な小円墳だ!
説明板。

昭和49年の発掘調査で人間の歯4本、銅銭1枚、鉄クギが出土したとある。
別の資料によれば、銅銭は唐銭だったらしく、これらの品の周囲の土は脂肪分を吸って黒く変色していたそうである。
これらのことから誰かを埋葬した塚であることは間違いないが、古墳特有の埋葬主体が見つかっていないことから、古墳というよりは、寺伝通りの開山の墓地というのが正解な気がする。
「よく原型が保たれた円墳である」と書いてあるが、まあ、円形の墳墓という意味では確かに円墳なんだろうけど、寺伝通りに古墳ではないとなると何と呼ぶべきか...。「新墳」というほど新しくはないし、「中古墳」というのもちょっと違うよな...。やっぱ「中世墳」が妥当?
◯大聖寺 大相模不動堂(越谷市相模町6-442)

これも『新編武蔵風土記稿』を読んで気になった物件。
本文中には特に塚とか古墳とかは書かれていないのであるが、掲載されている境内図に怪しい塚状地形が2カ所掲載されていたので、これが残っていないかどうか、見学してきた。
元荒川右岸の自然堤防上に所在している。
大聖寺(大相模不動堂)仁王門。

寺伝によると天平勝宝2年(750)の創建と言われる古刹である。
本尊は奈良東大寺初代の別当良弁僧正作と言われる不動明王像。
628年創建と言われる浅草寺境内に古墳が所在していたことから、期待が膨らむ。
『新編武蔵風土記稿』の「大聖寺境内図」。

不動堂に向かって右手の池端に1つと不動堂裏手に1つ、計2カ所の塚状地形が描かれている。
不動堂裏手のは円墳っぽいが、池端にあるものは前方後円墳のようにも見えなくもない。
仁王門を潜り、長目の参道を進むと右手に弁天池と若干小高くなった場所に立つ鐘楼が目に入った。
仁王門との位置関係、手前に池を伴うことから、この鐘楼の土台部分が境内図に描かれた塚状地形と見て間違いなかろう。
弁天池を巡る柵に恐ろしい注意書きが...。

他所からこの池に生物を持ち込んでも、水の原因で死んでしまうそうである。
さすがは県内屈指の古刹。多くの神社仏閣で放置プレイされていることの多い弁天池ですら、この霊威である!
この弁天池は境内図にある通り、半ば塚状地形を巡るようになっており、周掘の跡っぽく思える。
鐘楼土台を別角度から

現状は高さ1m程度で、江戸時代の境内図に描かれた状態からは大分削られてしまっているようだ。
もし古墳だったのであれば、何がしかの遺物遺構が検出されていて然るべきなのだが、特にそういった話しはないようである。
ただ、寺域のスグ裏手が元荒川という立地からして、古墳かどうかは別としても人工的に盛られたものである可能性は高いように思われる。
不動堂。江戸時代の境内図と比べ、こちらはかなり立派になっている。

この裏手に円墳状の地形があった筈なのであるが、現状は住宅地となっている。
ただ、不動堂裏手と住宅地の間に竹薮があるので、もしかするとそこに痕跡程度は残っているのかも知れない。
次回寺の人に聞いてみようと思う。
塩野博著『埼玉の古墳 北埼玉、南埼玉、北葛飾編』によれば、この大相模不動堂がある現相模町(旧大相模村大字東方)で古墳の石室と思われる遺構が田中から見つかったことがあるそうだ。今となっては詳細な場所等は不明となっており検証不能なようだが、かつてこの地に古墳が存在していたのであれば、大聖寺境内の塚状地形も古墳の成れの果てなのかも知れない。
また、東隣の見田方からは古墳時代後期の集落遺構である見田方遺跡が発見されている。
人が住んでいたなら、その周辺に古墳が築かれていたとしてもおかしくはない。
◯八條殿社古墳(八潮市大字八条406)

越谷から八潮に入り、八潮市内唯一の古墳とされる八條殿社古墳へ向かう。
『新編武蔵風土記稿』埼玉郡八条領八條村の項に、

「八條殿社 塚上ニ社ヲ建。内ニ神体トテ古碑二基ヲ置。一ハ弘安七年。一ハ慶安四年五月二十七日宗源禅門ト彫レリ。是尋常ノ古碑ニテ当社ニ預リシモノニハアラズ。一説ニ月輪太政大臣兼実ノ三男八條左大臣義輔罪アリテ当国ニ左遷シ此地ニテ逝セシカハ其霊ヲ祀シト。此説覚束ナシ。義輔系図ニハ良輔ニ作ル。当所ノ地名ニヨリテ此人ノ事を付会セシナラン。又当国七党系図ニ出タル在名此辺ニ多く残タレバ村名の條ノスル所七党系図八條五郎光平等カ家号ヲ付会セシモ知ベカラズ。サレド塚上ヲ平ケル所ヨリ石槨ノ著シ様古墳ナルコト知ラル。」

とあり、かつて石槨(石室又は石棺)が検出されたことが記されている。
このことから、この塚が古墳である可能性が高いのだが、明治に入って八條殿社が廃社(恐らく小社合祀令による)となってから、出土遺物等は散逸してしまい、現状では確認することができないようである。
八條殿社古墳遠景。

中川(古利根川)右岸の自然堤防上に立地している。
毛長川流域の古墳群から間近と言って良い距離に所在しているが、こちらは石室を有していたらしいのが興味深い。
最近は古墳群を河川流域単位で把握することが多いが、これもそうした把握法が有効な一例かも知れない。
墳丘南側から。

2基の石灯籠と八潮市教育委員会による説明板が設置されている。
手前は畑になっており、西側は家屋になっている。
この辺り一帯は中世の武士居館跡でもあり、周囲の水路は掘の名残とされている。
説明板。

「明治42年廃社」とあるから、やはり小社合祀令によって、近くの八幡神社に合祀されたようだ。
もし古墳だとすると1基だけでなく、毛長川流域のように群集墳を形成していたのかも知れない。
八幡神社は現状塚上にあるようにはなっていないが、これももしかしたら元々は古墳上に建てられていたのかも知れない。
墳丘東側に見られる溝状の窪地

写真中央から左側が墳丘で、写真では判別しずらいが、その右側に溝状の窪地がある。
武士居館に伴う空掘跡と言われているようだが、墳丘を巡るように続いているので、周掘跡の可能性もあろう。
墳頂の様子

2基の石灯籠の間から墳丘へ入ることが出来る。
説明板でも「度重なる発掘で原型を留めていない」とあるが、確かに現状は塚と呼ぶのもどうかと思う程の僅かな高まりが残っているに過ぎない。石槨が出たとあるので、その残骸でも残っていないかと見回してみたが、特にそれらしいものは見られなかった。
墳頂から北側を望む

北側には東側から続くように、溝状の窪地が巡っている。
武家屋敷の空掘というよりは、やはりこれは周掘跡ではないだろうか?
この八條殿社古墳から中川を下った足立区大谷田にも「大谷田古墳」と呼ばれるある塚があった。
古墳と呼ばれてはいるが、まだ発掘調査等で古墳と断言できるものが見つかっている訳ではないようだ。
また、八潮市八条のすぐ上流側にある草加市柿木町には狐の嫁入り伝説のある「塞塚」と呼ばれる塚があった。
横穴式石室を有する古墳には、実際に狐が巣として利用していたためか、「狐塚」と呼ばれたり、狐にまつわる伝承が伝わっていることが多いので、或はこの塚もそうした古墳だったのかも知れない。
八条の西隣の草加市青柳にも「まるぼっち」と呼ばれる塚と円形の池の伝承が残っている。伝承によるとかつてこの池から丸木舟が出土したことがあるそうだ。草加市内には丸木舟伝承が他にも幾つか伝わっており、実際に綾瀬川から縄文時代の丸木舟が出土したことがあるのだが、塚が伴うまるぼっちの丸木舟は、ことによると古墳の船型木棺であったかも知れない。

何一つ古墳である確証がある訳ではないが、こうした近隣の塚の伝承を集めてみると、中川の最下流域右岸に古墳群が形成されており、八條殿社古墳はその中の一基であったように思えてくる。
◯西袋陣屋(八潮市西袋638)

知人から八潮の西袋にも古墳っぽいものがあると聞いたので、最後にここも見学してきた。
ここも陣屋跡と八條殿社古墳跡と似たような立地だが、こちらは公園としてその遺構が一部保存されている。
西袋地区は綾瀬川右岸の自然堤防上に立地しており、その西は谷塚古墳群のある草加市瀬崎町と接しており、南は毛長川を挟んで、白山塚古墳や一本松塚古墳のある足立区花畑という立地である。
西袋陣屋公園。

これは櫓台の跡らしい。
公園内にはこのように土塁も保存されている。
この界隈で保存されている城館跡となると、川口市赤山の赤山陣屋位しかないと思っていたので、ちょっと嬉しい新発見である。
公園に隣接する駐車場の一角に、祠を乗せた塚があった。
これが知人の言う「古墳っぽいもの」であろう。

陣屋跡ということで、櫓台跡とか、土塁の一部という可能性もあるが、埼玉の高坂には前方後円墳を土塁に取り込んでいる例もあるし、上の八條殿社古墳の例もあるので何とも言えない。
ただ、公園整備に先立って発掘調査を行った筈で、特に古墳関連の遺物が見つかっていないとなると、やはり古墳ではなく、陣屋跡に伴う遺構と考えるのが妥当なようだ。
塚を別角度から

毛長川流域のA群(右岸、足立区花畑)、E群(左岸、草加市南部)から程近く、毛長川と綾瀬川の合流点に近いという立地からして、この辺りの自然堤防は毛長川(旧入間川)と綾瀬川の氾濫によって形成されたものであろう。
特に草加市南部の谷塚古墳群が所在する谷塚〜瀬崎町から続く自然堤防上という立地から、これが古墳だとすると毛長川流域に形成された古墳群の一つと捉えることも出来そうだが、残念ながらその可能性は低そうだ。

投稿時間 : 17:43 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年09月28日 千葉県の古墳
 ■ 営業ルート上の気になる物件(千葉県)

仕事で千葉の市川〜船橋〜松戸方面に良く出かけるのだが、いつも通るルート上に気になる物件が幾つかある。
今日も仕事で出かけたので、車中よりそれらの物件の撮影を試みた。

京葉道武石ICを降りて、実籾駅方面に進んでスグの所にある塚

本日撮影分は写りがイマイチだったので、今年2月に撮った写真を紹介。
奇麗に整形され、手入れされている所を見ると最近造られたものだろうか?
頂上に小さな祠が乗っている。
その先の畑地の中にも怪しげな土膨れが

畑の廃土の山だと思うが、中央部分が抉れているのが石室跡っぽい。
以前は、凹んでいる部分に石が幾つか見えていたので、尚更古墳の残骸っぽかった。
京成実籾駅前を過ぎ、実籾街道を少しいった所にある八幡稲荷神社

由緒書きによると、古来より武士や軍人により崇拝されてきたそうだ。
戦前、近所に駐屯していた陸軍師団がこの神社周辺を整地しようとした所、怪我人が続出したという古墳にありがちなエピソードが伝わっている。
しかし、さすがは帝国陸軍。
結局この塚だけ残す形で整地工事は完遂したそうだ。
ご覧のように、塚上に赤い社殿が鎮座している。

毛長川流域の入谷氷川神社古墳や谷塚の兎田稲荷神社、滝野川の四本木稲荷神社古墳等を彷彿とさせる、典型的な神社古墳風な外観であるが、特に古墳であるとは考えられていないようだ。
塚は低平で、高さ1.5m、径15m程度といった所だろうか?

神社北側〜東側は公園になっており、南側には実籾街道が通っており、古墳ならばこれらの開発に伴って遺物の一つも出ていて然るべきだが、そういう話しも伝わっていないようなので、近世塚なのかも知れない。
実籾から習志野の空挺隊演習場の脇を抜け、松戸方面へ。

松戸へ行く途中の鎌ヶ谷市内に「右京塚」という地名があり、そこに「右京塚神社」なる怪しさ満点の神社が鎮座している。寄っている暇がないので、看板を撮影。
やはり塚上に社殿が建っているのだろうか? かなり期待が膨らむ神社である。
右京塚の先の貝殻山公園(貝塚でもあるのか?)そばの飲食店駐車場奥にも怪しげな塚が...。

石碑と説明板らしきものが見えるので、何かの遺跡か史跡なのだろう。
貝殻山という地名も古代史ファンとしては気になる所。
今度日を改めて探訪してみたい。
松戸の陸自駐屯地脇にも小さな祠を乗せた塚状地形がある。

ついこの間迄、塚上にシイか何かの巨木が黒々と葉をつけていたのだが、最近伐採されてしまった(写真中の太い幹の木)。このような古木があることから、古くから存在する塚だということが分かるが、果たして古墳だろうか?
塚上には祠が2つ祀られている。

周辺に車を停められそうな所がないのが難だが、ここも一度じっくり観察してみたい。
松戸市河原塚には「河原塚古墳群」が存在している。

この林の奥と、近くにある中学校の敷地内に古墳があるらしい。
しかも中学校の敷地内にある4号墳は、貝塚の上に円墳が築かれているという変わりダネで、中学校敷地造成に際して、この貝塚&古墳部分のみ削り残して保存している。
松戸市HPの写真をみると、円錐形のコンクリの台座の上に古墳が鎮座しているという珍妙な残り方である。
河原塚古墳群が乗っている丘は「塚山」と呼ばれているのだが、この塚山と別の台地との間の谷間に墓地に覆われた小丘が存在している。

元々独立丘なのか、近年の開発で台地本体からとり残されたのかは不明だが、独立丘や台地縁辺部は古墳造営の場として良く選ばれる地形である。この丘に古墳があったのかどうかは不明だが、現在も墓地として使われている所をみると少々怪しい気もしないではない。
仮に古墳があったとしても、墓地造営により、既に削平されてしまっているっぽい。
地形的に鳩ヶ谷の仙元祠古墳跡や川口の高稲荷古墳跡、東養寺古墳跡を彷彿とさせ、個人的に気になる場所である。

投稿時間 : 17:49 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年09月01日 近所の塚
 ■ 川口市石神御岳塚

近所の塚、第2弾。
川口市石神の御岳塚である。川口市北部の台地上(大宮台地鳩ヶ谷支台)に所在している。
この辺りは石神貝塚等の縄文遺跡で有名で、今でも畑脇等に土器の破片が落ちていたりするのだが、古墳時代の遺跡は乏しく、再び人間の活動の痕跡を見い出せるようになるのは奈良時代以降という、この界隈の台地上の典型的な遺跡分布の傾向にある。また、鳩ヶ谷〜川口市域の台地上の古墳は、台地縁辺やそこから切り離された独立丘上という立地であるのに対し、この御岳塚は台地の奥の方に築かれている。こうした立地や、周囲の遺跡の年代からして、古墳である可能性は薄く、近世以降の山岳信仰に基づく塚であると考えるのが妥当かも知れない。

御岳塚(御嶽塚)は、富士山や白山と共に古くから山岳信仰の対象となってきた木曽の御岳山を信仰する御岳講(富士山信仰の富士講のようなもの)の人々によって、御岳山を模して築かれた塚であり、富士塚同様に江戸時代に多く造られている。この石神の御岳塚はその可能性は薄いが、古墳を流用して築かれることも多く、この界隈では大久保古墳群白鍬支群(浦和)の御嶽山(遊び塚)古墳、与野市の御嶽社塚古墳が知られている。

川口市の塚というと、国の重要有形民俗文化財に指定されている木曽呂の富士塚が有名で、この御岳塚の方は殆ど知られていないようだが、破壊される富士塚や御岳塚が多い中、これからも大事に保存して頂きたい。

西側から

南北に走る御成街道沿いに面した西斜面に参道が設けられている。
今でも中腹と山頂に祠が祀られており、登れるようにはなっているのだが、季節柄、ご覧の通り、参道が薮で埋もれてしまっている。
道路からの比高は3m程度、径は10mちょっとといった所で、見た目は小型の円墳といった雰囲気である。
北西から

傾斜は比較的急である。
北側はご覧の通り、道路によってザックリ削られて、コンクリートの土留めが設けられている。
塚の東と南も住宅によって削られており、現状は長方形に近い形で残っている。
北から

手前に停めてある車から推定して、現状で高さ3m、径10mちょっとといった所であろうか?
元々は径15m程度はあったのかも知れない。

投稿時間 : 06:07 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト