2007年10月 アーカイブ

« 2007年09月 | 記録帳TOP | 2007年11月 »


2007年10月29日 その他
 ■ 高稲荷キーホルダー
 「お父さん、古墳キーホルダーって売ってないのかな?」

 と、倅に聞かれた。

 埼玉古墳群の脇にある土産物屋でも見た事はないし、この辺の博物館のミュージアムショップでも見た記憶がない。
 もっともこれまで自分でそういう物を欲しいと思ったことがないので、注意して見ていた訳ではないから、もしからしたら「大仙陵キーホルダー」とか「稲荷山古墳キーホルダー」等が売られていたりするのかも知れない。しかし、「あそこに行けば買えるだろう」という場所はさっぱり思い当たらないのである。

 何故そのようなことを聞くのか? と、倅に尋ねると

 「欲しいから」

 とのこと。小1にしてそんなもんを欲しがるとは、随分渋いセンスだ。
 まあ、探せばあるのかも知れないが、探すのも面倒臭いので、とりあえず私が作ってやることにした。
 一口に「古墳」と言っても色々あるので、どんなのが良いのか尋ねてみると

 「コフィーちゃんみたいな奴」

 というリクエストである。「コフィーちゃん」は蛙男商会のアニメキャラで、前方後円墳の女子高生である。つまり、前方後円墳のキーホルダーが欲しいということのようだ。前方後円墳と言えば、今は亡き新郷古墳群の主墳、高稲荷古墳であろう。と、いうことで、以前制作した1/1000ペーパークラフトの図面を流用して、高稲荷キーホルダーの作成を試みてみた。

原形制作その1

写真右が1/1000で、左上が1/2000の模型である。1/2000でもキーホルダーにはデカ過ぎるので、更に縮尺を半分にして1/4000で制作したのが左下である。1/2000迄は1m+部分的に0.5mの等高線毎に部品化してあるのだが、流石に1/4000では煩雑になるので、等高線を半分に減らして2m毎に部品化してみた。
原形制作その2

0.5mmプラ板を使って組み上げたものに、パテで肉付けを行う。ポリパテか普通のタミヤのパテあたりが、サクサク削れて作業性が良いのだが、ここ数年模型造りをしていなかった為、前者は硬化剤が行方不明で、後者はガチガチに固まっていて使用不可。仕方ないので工具箱の片隅にあったエポキシパテを使用。やたらと固くて写真の状態に整形するのに6時間かかった。
シリコンで型取り

このまま色を塗ってキーホルダーにしても良いのだが、パテで固めているとは言え、実態はプラ板の積層なので、子供の玩具としては強度的に不安が残る(バラけそう)。そこでシリコンを使って型取りし、プラキャストで複製を作ることにした。
複製制作

シリコン型にプラキャストを注ぎ込み、複製を制作する。写真左から原型、複製、下塗り済みの複製。キーホルダーにするため、チェーン連結用の金具をネジ込んでおく。
完成

墳丘部分に多少明るめの色を使ってトーンをつけて完成である。なんかトロけたチョコレートのようで、知らない人が見たら「何コレ?」という感じではあるが、倅は「ぜんぽうこうえんふんだっ!」と分かった模様。とりあえず喜んでいるようなので良かった。

 さすがにこのサイズで肉付けしても、イマイチ何が何だか分からない。肉付けしないで等高線毎にプラ板を積み上げた状態のままの方が、より古墳っぽかったかも知れない。何となく無駄な努力をしたような気がする次第である。そのうち、暇が出来たらそのヴァージョンでも作ってみようと思う。

 と、いうか、コフィーちゃんのキーホルダーとかストラップなら売ってそうな気がする。何となくそれを買い与えても納得しそうな気がしないでもない。こんなものを作るのに都合2日もかけたことを考えると、最初っからこれを買っておけば良かったのかも。

2007.10.29追記

勢いで、肉付けナシヴァージョンを作成してみた。
真上から見る分には、やはりこちらの方が古墳らしく見えると思う。

切り出し&積み上げに1時間。型取りに30分。プラキャスト注入&整形&加工に30分の計2時間で完成。塗装にもう30分かけても2時間半もあれば充分だろう。簡単な上に見栄えも良い。但し側面から墳丘を眺めまわすには肉付けヴァージョンの方が適しているかも知れない。

投稿時間 : 02:27 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年10月20日 東京都の古墳
 ■ 新旧上円下方墳
 最近、『古事記』『日本書紀』『続日本紀』『風土記』等の奈良時代の史書や地誌を読み返している。当たり前のことではあるが、随所に古墳に関する記述があり、中には現存する古墳についての記事もあったりするので読んでいて中々楽しい。ただ、前方後円墳を盛んに築造していた頃の古墳関係の記事となると、当時既に相当記憶が薄れていたのか、半ば伝説のような形になっていたりして、埴輪の出現時期等、考古学上の知見と必ずしも一致しない部分も多々ある。
 一方、これらの文献が編纂された8世紀前半は、まだ畿内でも地方でもかろうじて「古墳」と呼べる高塚式の墳墓を築造していた時代である。考古学者の森浩一氏が提唱する、所謂「終末期古墳」の更に終末にあたる時代であり、前方後円墳の話題に比べると、例えば646年の薄葬令における墳丘や石室サイズの規定等、現実味のある記事が多くなってくる。

 「終末期古墳」というと、前方後円墳が造られなくなり、代わりに、八角墳、上八角下方墳、上円下方墳等、幾何学的な形状の墳形が登場してくるのが特徴である。ま、普通の円墳も相変わらずポコポコと造られてはいる。私が住む埼玉県南には7世紀台の終末期の円墳が多く、先日見てきた大宮の側ヶ谷戸古墳群の東側の群等は、凝灰岩の切石積の横穴式石室を有するまさにこの時期の古墳なのであるが、やはり「終末期古墳」と言えば、多角形墳や上円下方墳といった斬新な形状の古墳であろう。
 円墳は割と沢山見てきたので、今度はこうした斬新な形状の古墳をじっくり見てみたいと思い立った。
 上円下方墳と言えば、以前妻の実家に遊びに行った際に何回か足を運んだ熊谷の宮塚古墳や、川越の天王山古墳がある。また、川越へ行く途上には、最近八角墳の可能性が指摘されている、朝霞の八塚古墳があったりするのだが、本日は比較的近い距離に上円下方墳と八角墳が残り、1300年の時を越え、今でも築造され続けている上円下方墳もある東京都西部・多摩地区へ足を伸ばしてみることにした。

 カメラと地図を整えて、午前10時半に車に乗り込み、首都高→中央道と進み、まずは「新しい」上円下方墳群が眠る八王子へと向かう。

多摩/武蔵御陵入口

先帝陛下と大正帝、そして両帝の皇后様の御陵が丘陵の一角に鎮座されている。その御陵は全て上円下方墳として築かれている。
昭和天皇武蔵野陵


激動の「昭和」の正に象徴と言える昭和帝の御陵。4基ある御陵の中で一番見通しが良く、国民と直接触れ合う機会の多かった先帝陛下のお姿が偲ばれる。
墳形は下方部3段、上円部2段の上円下方墳である。
墳丘規模は下方部1辺27m、上円部径15m、墳丘高10.5m。
香淳皇后武蔵野東陵

昭和生まれの私にとって、天皇陛下と言えば昭和天皇。皇后陛下と言えば、このお方であった。
墳形、規模は他の3基とほぼ同じとされているが、武蔵野陵よりも低い位置にあり、下方部の各段の高さが均等になっているせいか、若干低平な印象を受ける。上円部の葺石は全て多摩川の川原石であると言われている。
大正天皇多摩陵

基底部の方形土段が高く、4基の中では一番威厳に満ちた御姿である。基底部土段が手前側に突き出る形になっているので、こちらから見ると前方後円墳のようにも見える。
墳丘自体は上円部2段、下方部3段で、規模は武蔵野陵と同じらしい。
明治天皇陵を築造する際、当時上円下方墳であると考えられていた天智天皇陵を参考にしたため、この墳形となったようだ。もし当時上八角下方墳であると分かっていたら、上八角下方墳が採用されたのであろうか?
貞明皇后多摩東陵

4基の御陵は全て、丘陵の南斜面をコ字形に削平して平坦地を作り、その上に墳丘が築造されている。航空写真を見ると墳丘後方に後背丘陵との間に区画溝があるようであり、こうした築造様式は7〜8世紀の終末期古墳に用いられたものと全く同じである。
各地の復元古墳を見るとどうしても感じてしまう安っぽさが微塵も感じられないのは、コンクリ等を使わず、きちんと石を葺いているからだろうか? 今は草木が生えた小山のようになっている各地の古墳も、築造当時はこのような威厳に満ちた姿だったのであろう。

多摩御陵、武蔵御陵を参拝してみてとにかく感じたのは、天皇陵の威厳である。
まあ、警備の警察官がいたり、墳丘に草木が生えておらず、しっかりと管理されているせいもあるのかも知れないが、とにかくその辺の古墳を見学するのとはちょっと違った印象である。
正直な所、古墳を見て回っている時に、それが古代の貴人の墓だと知っていても、今現在神社になっていたりしても、余り威厳を感じたり、畏敬の念が沸き起こってはこないので、墳丘を見上げてこうした感覚に囚われるとは、ちょっと意外な経験であった。古墳時代の人達もこうした畏敬の念をもって墳丘を見上げていたのだろうか?
当時の人の感覚の本当の所はさすがに分からないが、なんとなく古代人の感覚を追体験できたような気がした次第である。

そして、草木に覆われていない墳丘は、山野に埋もれている古墳の築造当時の姿を想起させた。古墳というとどうしても草木に覆われた小山の印象があるが、築造当時はこの御陵のような美しい葺石に覆われた姿だった筈である。古墳のビジュアル面における葺石の役割を再認識すると共に、葺石を持たない場合が多い埼玉の前方後円墳は、当時においてちょっとショボい存在だったんじゃないか? という気がしてきた。

多摩/武蔵御陵を後にして、今度は1300年前の上円下方墳・武蔵府中熊野神社古墳に向かう。
甲州街道を新宿方面に進むと、左手の道路際に熊野神社の社殿と「熊野神社古墳」の看板がデカデカと見えてくるので分かり易い。

武蔵府中熊野神社古墳

残念ながら、墳丘は一般公開に向けて整備中であった。
発掘調査の結果、7世紀中葉頃の径32mの上円下方墳であることが判明している。
墳頂を覗き見る

墳丘は全面に養生シートがかけられており、凡その形状が伺い知れるだけであった。裾部分に下方部の葺石と思われるものが露出している箇所があり、興味を惹かれた。公開されるのが楽しみである。
説明板

文字中心で、墳丘や石室の実測図でもあればマシな方という、非常に味気ない説明板が多い中、フルカラーのいかにも「今風」な説明板である。斜めに入った「国史跡!」の文字も、古墳説明板とは思えないデザインセンスを感じさせる。紙だけど。

この説明板及び手持ちの調査報告書によれば、上円部1段、下方部2段の3段築成の上円下方墳で、墳丘規模は、下方部1段目が一辺32m、高さ0.5m。2段目が一辺23m、高さ2.2m。3段目が径16m、高さ2.1mである。墳丘高は全体で約4.4mと先程参拝してきた多摩陵や武蔵野陵の半分以下であるが、平面サイズはこちらの方が一回り大きい。各段には葺石が設備されていたことが判明しており、築造当時の姿は武蔵野陵の高さを半分にしたような雰囲気だったのだろう。

墳丘が余り良く見えなかったせいもあるかと思うが、この説明板が一番印象に残った。墳丘の図解も斜め上から見たCGを使うあたりが垢抜けているし、全体的に見易くセンスも良いと思う。埼玉の古墳案内板もこれ位凝ってみてもいいんじゃないかと思う。それに何よりも「武蔵府中熊野神社古墳」のフォントと、斜めに入った「国史跡!」の文字に、この古墳にかける担当者の意気込みが感じられて面白い。
熊野神社古墳は一般公開されてから、付近の高倉古墳群や御嶽塚古墳群と併せて、じっくりと見学してみたい。

熊野神社古墳は八王子から新宿方面に甲州街道を走ると、甲州街道と川崎街道との交差点の左手前に所在するのだが、この川崎街道を右折すると、今の所、都内唯一の八角形墳とされる稲荷塚古墳の近くに出られる。
関東では最近、埼玉、群馬、茨城でも続々と八角形墳が検出されており、関心が集まっている。
埼玉では前述の朝霞の八塚古墳の他、熊谷の籠原駅近くで見つかった籠原裏古墳群でも2基の八角形墳と思しき古墳跡が検出されているが、この稲荷塚古墳程残りが良いものはない。

稲荷塚古墳
南側から。

多摩市内の台地端の緩斜面上に築造されている。現在墳丘上には恋路稲荷というロマンチックな名前の神社が祀られているのだが、この「恋路」とは「国府路」(こうじ)の転訛であると言われている。府中の武蔵国府と都筑郡衙を結ぶ官道がこの傍を通っていたのだろうか?
東側から。

東側は遊具が置かれた公園になっている。
南に向かって下る緩い斜面上に墳丘が築造されているのが分かる。
北から

東と北は若干削られているらしく、現状は方墳のような見た目になっているが、南側から見ると円墳のように見え、八角形が崩れたものと言われれば、そのような気もする。
墳頂からの眺め

南側の谷間を望む。
多分この谷間に稲荷塚の被葬者が率いる集落があったのだろう。
足元に見えているタイルは、以前は公開されていた石室が埋まっている場所で、石室の形状を異なる色のタイルで表示している。
説明板

7世紀前半に和田古墳群の一基として築造されたとある。この古墳の傍に臼井塚と呼ばれる古墳が存在したらしい。葺石の積み方の関係で裾部にそのような角が生じただけで、本質的には円墳なのではないかとも言われているが、ここでは八角形墳としての復元図が示されている。本当に八角形墳であるのなら、大王墓に八角形墳が採用される前の地方における存在例として、その起源や大王墓への採用の経緯を考える上で重要な古墳である。

投稿時間 : 22:35 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年10月14日 旧入間川流域の古墳
 ■ 大久保塚本薬師堂・八幡社
天気予報によると本日は昼頃から雨とのことだったので、外出せずに高稲荷古墳の模型でも作ろうかと考えていた。しかし昼食を済ませて外を見てみると、雨どころか薄日が差しているではないか...。
今から出かけてそれなりに楽しめる場所となると限られてくる。倅と今期最後のクワガタ樹液採集に浦和の秋ヶ瀬公園にでも行こうか? という話しになったのだが、そこであることを思い出した。

秋ヶ瀬公園は大久保古墳群のすぐそばにある公園である。観音塚や天神山がある河川敷とは地続きで、羽倉橋から南側が公園化されているといった感じである。付近に住んでいる方によるとこの公園内にも幾つかの塚があるということで、確かに何カ所かにそのような場所もあるのだが、昔からの塚なのか、公園化に伴って造られた築山なのかハッキリしない。
一方、天神山から少し北に行った旧塚本村のあたりにも幾つかの塚状になった場所があるそうだ。
こちらは発掘調査で円墳跡が見つかった外東遺跡と天神山の丁度中間位の場所であり、もしかしたら古墳跡もあるのではないかと以前より気になっていた場所である。どうせ秋ヶ瀬に行くのであれば、そのついでにその場所を見ておこうと思い立ち、久しぶりに大久保古墳群を散策してみることにした。

聞く所によると、塚本の提外にある薬師堂と八幡社は共に塚の上に祀られているそうである。
地図によっては「外東」と表記されていることもあるこの場所は、旧塚本村が荒川縁に持っていた持添新田だった場所で、「大久保古墳群は足立郡司の墓域か?」でも触れた、足立家先祖の墓所があるとされる八貫野と呼ばれる場所の内である。
天神山や観音塚のあるあたりも大都市近郊とは思えぬ鄙びた光景であるが、その北側に流れる川を越えると、どこぞの山奥にでも迷い込んだかのような、のどかな田園風景が広がっているのだ。
天神山のあたりにはまだ人家もあったりするのだが、この辺りは元々持添新田だったため、農作業小屋はあるものの、民家はない。今でも昔同様に、堤防の向こう側の本村にある自宅からここに通って農作業をしているのだろう。恐らく江戸時代に開墾された当時と風景はさほど変わっていないのではないかと思われる。

そんな田園地帯のあぜ道に「薬師堂のマキ」という小さな案内板が立てられている。その指し示す方向をみると、水田の向こう側に一段小高くなった自然堤防と思われる竹薮に覆われた微高地が見える。この竹薮の向こう側に薬師堂があるらしい。

薬師堂

水田よりも一段高くなっている微高地上に更に盛土された上に建てられている。境内の槙の大木は市指定の天然記念物である。土台の土盛りはざっと観察した所方形であるようだが、写真左手に続く薮の中にも高まりが続いているようだった。
盛土の様子

この竹薮自体が水田よりも小高くなっているのだが、そこに更に盛土されている様子がお分かり頂けるだろうか?

この薬師堂と農道を挟んだ反対側に八幡社がある。
農道脇に石造の鳥居が建てられているのですぐに分かる。
鳥居を潜り、あぜ道兼用の参道を進むと昼尚暗い竹薮となり、その行き止まりに八幡神を祀った石祠を乗せた小さな塚が見えてくる。
この八幡社は江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』塚本村の項にも記されており、江戸時代からこの場所で祀られて続けてきたようだ。

農道脇の鳥居


参道兼畦道を境に左手が水田よりも小高くなっているのが分かる。この小高くなっている部分が自然堤防で、水田はその後背湿地が開墾されたものであることが分かる。
八幡社

小さな塚上に石祠が祀られている。古墳ではなく、この祠を祀るために盛られたもののように見えるが、塚の右側に見える木の生え方からして、元はもっと大きかったものが削られたもののように思える。
塚上の石

塚上には写真のような石が置かれていた。この界隈の盛土に見られる砂利とは違った感じで、全体にゴツゴツしている。

薬師堂、八幡社共に古墳跡かどうか、見た目だけでは判然としないが、周囲の竹薮の中には良く目を凝らすと他にも自然堤防上に盛土されたと思しき塚状の地形が散見された。
ただ、この辺りの土地は水害対策として、家や作業小屋は「水塚」と呼ばれる人工の高台の上に築かれるし、畑も同様に盛土の上に造られているので、こうした水塚や畑の跡地であるのかも知れないが、付近に古墳が現存していることを考えると、中には古墳を流用したものもあるのかも知れない。
また、外東遺跡から墳丘を失った円墳跡が見つかっていることから、墳丘の封土を水塚や畑の造成に利用した可能性もあるだろう。

八幡社参道脇の高まり

ショベルカーがあるので最近盛られたものかとも思ったが、奥の方にそれなりに大きな木が生えているので、昔からの地形であるようだ。形状は割と大きく低平な円墳状である。
堤防から薬師堂方面に農道を進むと右手に見えてくるこの薮の中にも高まりが見られた。他にも何カ所か現役で畑に利用されていたり、空き地になっているような箇所もあった。

投稿時間 : 23:04 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年10月13日 隅田川流域の古墳
 ■ 上戸田くまん塚古墳
鳩ヶ谷の隣の隣の町であり、ちょっと前まで合併協議会を共に立ち上げていた戸田市に古墳が存在していたことは以前から知っていたが、昨年購入した塩野博『埼玉の古墳[北足立・入間]』で「くまん塚」なる古墳が今でも残っているらしいことを知り、以来ずっと「一度は見ておかねば」と思っていた。何しろ次のような書きっぷりだ。県南在住古墳ファンなら気にならない訳がない。

「この円墳は「くまん塚」と称される古墳である。現在は、開墾されて原形をとどめていないが、わずかに墳丘と横穴式石室に使用されたと思われる石材が残っている。出土した年月は不詳であるが、大刀二が熊木家に保存されている(塩野1981a)。」(塩野博『埼玉の古墳[北足立・入間]』さきたま出版会 2004 P160)

原形を留めていないとは言え、わずかとは言え、墳丘が残っている上に、残骸とは言え、石室材が残っているのだ!
鳩ヶ谷〜川口の新郷古墳群は未調査の一基を除いてほぼ全滅状態だし、これまで埋葬主体に石室が採用された古墳の存在は知られていない。つまり、この界隈では僅かなりとも墳丘が残っているだけでも珍しいのだ。
石室を有する古墳は、毛長川流域を離れ、戸田と同じ荒川(入間川/隅田川)流域の赤羽や王子、旧入間川流域でも上流の浦和や大宮あたりに行けば存在自体はしているが、残骸であっても石材を直接目にすることができるものとなると殆どないのが実情である。
こうした意味で激レアな古墳が鳩ヶ谷&川口近郊に残っていたとは驚きである。
「くまん塚」のことを知ってから詳細な位置や古記録、周辺の遺跡の情報等を調べ、戸田市訪問に備えてきた。
今日は昼過ぎまで小学校の授業参観。その後足立区内の職場にちょっと寄らねばならない用事があったので、帰宅前に戸田市内をブラついてみるには丁度良い。と、いうことで午後1時過ぎに職場を出て、環七→中山道と走って2時前に荒川縁の戸田公園駐車場に到着した。

まずは漕艇池の北岸沿いを西に歩き、南原古墳群跡地を目指す。
1969〜1994年にかけての数次の調査で計5基の円墳跡が発見されている。

南原古墳群跡地

跡地は現在マンションや倉庫等になっている。円筒埴輪や形象埴輪が出土しており、5世紀〜6世紀後半にかけて築かれた古墳群であると考えられている。

特に説明板の類はないようなので、南原古墳群跡地を後にし、いよいよくまん塚へ。
くまん塚はこの南原古墳群跡から400m程北上した地点に存在する。
この程度の距離であれば、同一の群と看做しても良いように思うが、一応くまん塚は「本村古墳群」という別な群の古墳であるとされている。恐らく途中に流れる菖蒲川を境に、北側の古墳を本村古墳群、南側の群を南原古墳群としているのだろう。

さて、くまん塚の詳細位置であるが、事前に仕入れた情報を元にGoogleEarthで周辺の様子を観察してみた所、怪しい場所はほぼ特定できている。
もちろん上空から見て円墳があるようには見えないのだが、畑地の一角に植木とは異なる生え方をしている木立がある箇所があり、その脇の畑地が墳丘裾を避けているような形状になっている部分があるのだ。これは怪しい!

現場に到着し、まずは畑地のまわりを一周してみる。
やはり顕著な地形的な痕跡はなかったが、事前にあたりをつけていた木立のある一角が、マンションの駐車場側から見ると僅かに盛り上がり、石室材と思しき石材が散在しているのが確認できた。『埼玉の古墳』の内容からしてほぼここと見て間違いないだろう。
幸い地主の方が畑地で作業をしておられたので、見学の許可を得ると共に、念のために「くまん塚」の場所を確認してみると、親切なことに作業を休止して、くまん塚の場所に案内して下さった。そこは正しく、あの木立がある場所であった。

GoogleEarthでくまん塚周辺


画像中央の木立がある辺りが怪しい。右に隣接する畑の角が墳丘裾を避けるような形になっているっぽい所がまた怪しい。
くまん塚古墳


上の画像で怪しいと思った箇所が正に「くまん塚」であった。
南原古墳群跡地の北400m程の住宅地内に残された畑地の片隅に、注意して見ればわずかにそれと分かる墳丘が残っている。
西側のマンション駐車場から墳丘全景

現状とても古墳のようには見えない、僅かな盛り上がりが残るのみであるが、言われてみると、周囲の畑地や宅地からそれなりに比高があるのが分かる。
墳頂の様子

墳頂部分には石室材と思われる石材が散乱していた。
石材その1

地主さんに許可をとり、間近から撮影。 石質は凝灰岩っぽい雰囲気で、この石には小穴がぼこぼこと開いていた。
石材その2

地主さんが「ここに大きいのがあるよ」と教えてくれたもの。3つの石から構成されているが、これが築造当時からの石組の残りなのか、石室が破壊された際に適当に積み直されたものなのかは不明。
東側から全景

写真中央の木立があるあたりが「くまん塚」
1999年のマンション建設に伴う調査で、周堀の一部と形象埴輪(人物・馬)が出土している。これらの遺物から6世紀後半代築造の円墳であると考えられている

鳩ヶ谷〜川口市域の古墳が旧入間川(毛長川)の支流沿いに分布しているのに対し、こちらは荒川(入間川/隅田川)流域と、寄って立つ河川が異なるものの、同じ「武南」と呼ばれる地域にまだ古墳跡が残っていたとは嬉しい限りだ。また、一方で河川が異なると近い距離にある古墳でも石室有無といった特徴が出てくるのが興味深い。

暫く墳丘上を観察した後、地主さんにお礼を述べて、駐車場へと戻る。
江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』上戸田村の項によると、この駐車場付近にもかつて怪しい物件が所在していたようだ。

「羽黒権現社 社地は塚の如く築立し所なり。故に土人羽黒塚と云。当社は宝徳二年出羽国羽黒山を擬して勧請せしと云。此社の後に榎一株あり。樹根より一丈許の所二支の源に上池の水たえず湛へたり。これ近き頃よりのことにて土人御水と云ひ、権現の供水なりとて乳なき婦人或は病にかかる人用ひて霊験を得るに到るもの多し。光明寺持」(『新編武蔵風土記稿 足立郡之七』内務省地理局 1884)

この「羽黒塚」は現存しないのだが、かつての戸田の渡、現在の戸田橋付近の荒川近くに所在したと伝えられている。
詳細な位置は不明であるが、現在の戸田公園のあたりではないかと思う。付近に古墳群が存在したことから、この塚も古墳であったのかも知れない。

戸田橋付近の土手から荒川河川敷

かつては羽黒塚の他にも稲荷社等が川縁にあったそうだ。
羽黒塚上にあった羽黒権現社には、全国各地に見られる蘇民将来の伝説が伝わっていたそうだが、この蘇民将来のもとを訪れた神はスサノオだというヴァージョンが風土記の逸文に見える。氷川神社の祭神がスサノオで、武蔵国造が出雲系とされていることと考え併せると興味深い。

投稿時間 : 16:43 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年10月11日 その他
 ■ 小円墳ペーパークラフト2点
友人Aから電話がかかってきた。天神山古墳でも難しいんだそうだ。

「内がしに強くカーブしてる所にハサミ入んねーんだって言ってんだろ?」
「これじゃあ、うちの娘には難しいんだよ!」

だって。

高稲荷の時も「内側にカーブがキツイ所が上手く切れない」とか言ってたけど、あの時は自分で作ってるって言ってたような...いつから子供が作るようになったんだろう?
なんか子供をダシにして、自分の不器用さを誤摩化そうとしている臭いけど、まあいいや。
しかし、いちいちこんな事でクレームの電話かけてくるなよな〜、しかも仕事中に。というか、こいつも仕事中なんじゃないのか?
こんな事でわざわざ電話してくるとなると、こいつ、この調子で学校の先生とかにも噛み付いてそうだな。最近話題沸騰のモンスターペアレントだろうか?
で、要は内側にキツく抉れていない部品ばかりで構成されてる奴じゃないと小2の娘は作れないと?
本当に小2の娘が古墳なんか拵えて遊ぶのかね〜?

ということで、内側にキツく抉れているようなパーツが少ない円墳を2点用意してみた。
これなら多少不器用な小学2年生のお嬢さんことA君でも作れるんじゃないだろうか?
これでダメなら、自分でコンパスで円かいて作ると良いと思う。
というか、別に無理して古墳の模型作らなくても良いと思う。

白鍬古墳群かね山古墳

下から2段目が

「だから、こういうのが切れねーって言ってんだろ!」

って言われそうな形してるけど、切れなかったら2段目は省いていい。
白鍬古墳群白鍬1号墳

1/500にしたら2cmちょっとという小ささになってしまった。
1/250とかにしてもいいんだけど、そうすると0.5m=2mmっしょ?
同じ部品を2枚づつ作ることになるっしょ?

「パーツ数多過ぎなんだよ!」

とか言われそうなんで、1/500。
内側に抉れている部品はないけど、墳丘最上段が

「小さ過ぎて切れねーよ!」

とか言われそうだ。その場合、一番上は作らなくていい。

円墳3連

手前から、白鍬1号墳(径10.4m)、かね山古墳(径15m)、天神山古墳(径30m)。
天神山はまだいいとして、やはり白鍬1号とかね山は1/500では小さ過ぎか。

ダウンロードはこちらからどうぞ。

投稿時間 : 22:56 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年10月10日 その他
 ■ 大久保古墳群天神山古墳ペーパークラフト
お子様の工作、ジオラマ作成、休日の暇潰し等々、ごく一部の方々にご好評の「高稲荷古墳ペーパークラフト」であるが、若干2名の友人から

「難しくて作れない」
「パーツ数多過ぎ」

といったメール&電話が入った。
小4の子供が夏休みの工作で作ったというのに、30過ぎのオッサンがこの体たらくである。
そこで、そんな彼等の為にパーツ数6点の超簡単な奴を用意してみた。それがこの「1/500 大久保古墳群天神山古墳」である。
径30m、高2mちょっとの円墳である。私が試作してみた所、15分で作れた。
これでダメなら、もう古墳ペーパークラフトは諦めた方がいいと思う。

ダウンロードはこちらからどうぞ。

投稿時間 : 20:20 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年10月09日 その他
 ■ だいこうちいなりづかこふんこ
「こふんこ」

倅(小1/6歳)画。
今日、帰宅して倅の部屋に入ったら壁に貼ってあった。
墳丘上に赤い祠と複数の赤い鳥居のような物体が乗っているので、先日見た側ヶ谷戸古墳群の台耕地稲荷塚らしい。遠くから自分で見つけられたのが嬉しかったようだ。

投稿時間 : 22:48 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年10月07日 旧入間川流域の古墳
 ■ 側ヶ谷戸古墳群探訪
この所、3連休続きである。
働く身としては、嬉しいような、仕事が詰まるので迷惑なような、ちょっと微妙な所はあるのだが、趣味に時間を存分に割けるのは喜ばしい限りである。
去年・一昨年は10月末位迄、倅とクワガタ採りに明け暮れていた。しかし今年は8月にオオクワ採集という大成果を挙げた上に、大久保古墳群そばの雑木林の「ヌシ」と勝手に命名していた大型のヒラタクワガタ♂を2年越しで採集したりと既にかなり満足してしまっているので、例年以上に多いスズメバチを相手にしてまで採集を続けようという気にもなれない。と、なれば、古墳巡りに出かけるしかないだろう。

この連休に出かける古墳ポイントの候補は幾つかあった。
前々から行こう行こうと思いつつ、行きそびれていた保渡田古墳群。葺石&埴輪列までもが復元された八幡塚古墳や井出二子塚、薬師塚等、タマには古墳の残骸ではなく、問答無用な大型前方後円墳を見るのも良いものだ。
次に茨城の船塚山。太田天神山に次ぐ東国第2の規模を誇る巨大前方後円墳である。親戚宅のそばに所在しているのだが、こちらもこれまで行きそびれていた物件である。
ま、そこ迄遠出しなくても、最近入手した『房総の古墳を歩く』を参考に、学生時代に遊び倒した北総地域の古墳巡りをしてみるのも面白そうだ。
それになによりも、『大宮市史』や『埼玉の古墳』を始めとする各種文献類を結構読んだので、行ったことが無い割に新鮮味がなく、ついつい後回しになりがちだった側ヶ谷戸や土合等の旧入間川下流域の未訪問古墳群をこの機に巡っておくのも悪くない。
と、いうことで、今朝迄どこへ行こうか散々悩んだのであるが、当サイトのテーマ的には、やはり旧入間川流域を攻めておくべきだろうという結論に至り、既にある程度取り上げている植水古墳群と大久保古墳群の中間にあたる側ヶ谷戸古墳群を巡ってみることにした。

まずは探訪地図を用意する。サイトに掲載している奴だと縮尺が大き過ぎるので、もうちょっと細かい地図を用意して、そこに現存古墳を中心に巡るべき古墳の位置をプロットしていく。ま、分布図は散々見てきたので、大体どこに何があるかは把握しているのだが、どこからどういう順番で巡るべきかを策定する意味でも作っておいて損はない。
ただ、倅がどうしても自分の分が欲しい!と地図も読めないクセに煩いので、彼の分を作ったり何だりしていたら、時間が正午を回ってしまった。慌てて荷物をまとめて車に乗り込み、12:20にようやっと出発。

連休の中日であるためか、道路は割と空いており、いつも多少は渋滞に捕まることを覚悟しなければならない国道17号もスイスイであった。そんな車内に鳴り響いているのは、ドイツの老舗バンド・GRAVE DIGGERだ。

The Grave Digger / Grave Digger
1
GRAVE DIGGER=「墓堀人」とは古墳巡りにはピッタリである。"The Grave Dancer" だとか"Grave In The Noman's Land"等、"Grave"の語がタイトルに含まれる曲も幾つかあり、この辺は"Grave"を「古墳」に脳内変換して聞くと楽しいし、十字軍だとかスコットランドの独立運動等の歴史テーマ物や、ドイツのバンドでは定番とも言える、ゲルマン神話をテーマとした曲が多く、歴史&神話好きな私のツボを捉えて離さない。曲調が一瞬「何のアニメの主題歌?」と聞きたくなるような、これぞジャーマンメタルというクサさを前面に押し出している点もグーだ。アニメ主題歌のごときクサメロ炸裂となれば、倅にも非常にウケが良いのは言うまでもない。彼は「ディガーちん」という愛称までつけて親しんでいる。
そんな私と倅が大好きな曲の一つが、GRAVE DIGGERの10作目のアルバムタイトル曲にして、彼等のバンド名を冠した快心の作、"The Grave Digger"である。

♪Six feet under I'm still alive(6フィート下の地中で俺はまだ生きている)
♪Six feet under I've found my paradise(6フィート下の地中で俺は楽園を見い出した)

古墳の石室内は被葬者が生きる死後の世界=黄泉国であり、そこでも生前同様かそれ以上の力を持つ首長として生きるよう、様々な武具や宝物等の威信材を副葬し、様々な壁画を描いたのだという説がある。これによるならば、正に被葬者は6フィート下(とは限らないが)の地中の空間で生き、そこに楽園を見い出しているのだろう。こうした考え方は洋の東西を問わないのかも知れない。
そんなフレーズから始まり、地中で生きる被葬者の心情をクサメロに乗せてアメ横の魚屋のごときダミ声で歌い上げつつ、サビに至った所で悲劇が被葬者を襲う。

♪He took my life, I've lost control(奴は俺の命を奪い、俺は自制を失った)
♪He killed my wife, he sold my soull(奴は妻を殺し、俺の魂を売った)
♪The grave is open, the digger smilesl(墓が開き、墓堀人が微笑む)
♪He takes me under, the deadly skies(奴は俺を死の空のもとへ連れ出した)

発掘や盗掘で墓室を暴かれ、楽園から再び現世へと連れ戻された古墳の被葬者の心境は案外こんな感じなのかも知れない。埴輪や壁画で幾重にも邪霊から守られ、副葬された威信財で死後も首長としての生を満喫していたのに、いきなりその世界を破壊されてしまうのだから、被葬者からしてみれば、殺されるようなものだろうし、現世の空は死の空に見えるのかも知れない。そして被葬者は叫ぶ!

「ざ ぐれえーえぇーえぃぶ でぃがっっっ!!!!!」

様々な理由をつけて古墳を暴く現世人は、まさに彼等の安寧を破壊する「墓堀人」であろう。
そんな風に曲を曲解しつつ熱唱している内に、鴨川縁の駐車場へと到着した。時計を見ると1時ちょっと過ぎ。日中としてはかなり良いペースで到着できた。
そして、車から降りた倅が叫んだ。

「あっ、地図忘れてきちゃった!」

おいおい...。

稲荷塚古墳

大宮西高校の正門を入った左手にあり、既知の古墳の中では分布域の北辺に位置している。径36とさいたま市内最大級の円墳で、樹上のスダジイの巨木が印象的な古墳である。この古墳の西側から円墳跡(側ヶ谷戸6号墳)が見つかっている。
茶臼塚古墳


稲荷塚古墳南方の台地と水田地帯の境界付近にある。現状は径30mの円墳とされるが、地籍図に記された土地割等から前方後円墳であった可能性が指摘されている。
井刈古墳跡

茶臼塚古墳西側の水田中から形象埴輪が出土しており、かつて前方後円墳と見られる古墳が存在したとされ、井刈古墳と呼ばれている。茶臼塚が前方後円墳だったとすると、2基の前方後円墳が並んで築かれていたのかも知れない。
茶臼塚南方の塚状の盛り上がり

台地端に若干塚状に膨れている箇所があった。既知の古墳以外にもかつては相当な数の古墳がこの地に築かれていたと考えられているが、こうした地形をみると、まだまだ人知れず眠っている古墳跡も多そうだ。
山王山古墳跡

茶臼塚東方の慈宝院墓地内にある。既に墳丘は失われており、石室材の一部が残るのみである。
上之稲荷古墳

山王山古墳のすぐ南にある。北と西、東側が削り取られており、カマボコを更に半分に切ったような形になっている。墳丘裾に「入居者募集中!」の幟が置かれ、訪れる者を6フィート下の世界へと誘っているようだ。
円阿弥古墳

現存する側ヶ谷戸古墳群の古墳の中で、唯一旧与野市域に所在する。東側が削られてしまっている。それ程背が高くない上に墳丘上に樹木が茂っていて見つけづらかった。旧与野市内からは他にこの古墳の西南の西浦から円墳跡が見つかっている。
台耕地稲荷塚古墳

径30mの円墳で切石積の石室が見つかっており、群中では最も新しい時代に築かれたものと考えられる。敷地内にはクヌギが植えられており、カブトムシやクワガタを採るためのトラップを仕掛けた跡が目立った。樹液が出ている木も幾つかあるので、そんなもん仕掛けなくても採れそうなものだが、用が済んだら片付けて欲しい。

台耕地稲荷塚古墳は円阿弥古墳から西にちょっと歩くと、墳丘自体は見えないものの、墳丘上に生えている木々が見えてくるのだが、倅はそれを見て「お父さん、あのクヌギが生えている所古墳じゃないかな?」と小1とは思えぬ古墳眼を発揮してズバリ当てたのに驚かされた。
私が好んで巡る古墳は住宅地内にちょっとした緑地として残っているケースが多い。
そんなものを一緒に探しながら方々歩いてきたので、いつの間にやらそんなスキルが身についてしまったのだろう。しかもそれが遠目にクヌギであると見抜いたのも、私とクワガタ採りであちこちの雑木林を踏査した賜物か...。

台耕地稲荷塚古墳を見学し終えた時点で午後2時40分。本当はこの後、大久保古墳群の白鍬支群が目と鼻の先なのでついでに巡りたかったのだが、倅が「公園で遊びたい」と煩いので、白鍬支群はまた今度ということにして、車を停めた「鴨川水辺の里公園」へ。そこで1時間ちょっとトンボやバッタを追いかけて楽しんだ後、帰宅した。

投稿時間 : 23:08 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年10月06日 元荒川流域の古墳
 ■ 村国の古墳を訪ねて
♪ぷぺっぷっぷ ぷっぷっぷっぷ〜
(ちちちち ちち ち ちちちちちちち ちーち ちち)
♪ぷぺっぷっぷ ぷっぷっぷっぷ〜
(ちちちち ちち ち ちちちちちちち ちーち ちち)
♪ぷぺっぷっぷ ぷっぷっぷっぷ〜
(ちちちち ちち ち ちちちちちちち ちーち ちち)
♪ぷぺっぷっぷ ぷっぷっぷっぷ〜
(ちちちち ちち ち ちちちちちちち ちーち ちち)

倅のリクエスト、SLAYERの"JIHAD"と共に国道122号を北上する。
http://jp.youtube.com/watch?v=2lnqisqwxJc参照)
この曲、出だしのリフが割とポップっぽい雰囲気なのだが、どこか調子が狂っていて、シンバルのコソコソさ加減と相まって気違いじみた高揚感というか、ジハード=聖戦の名の元にテロに赴こうとする狂信者の心境を良く表しているような気がする。
しかし、倅はまだ小1故、歌詞の内容が分からないから今はいいんだけれども、中学入って多少英語が分かるようになってきたら歌詞の意味する所を良く説明してやらないといけないよな、と思う。中途半端に歌詞を理解して、「ジハード!ジハード!!」とか叫びながら、テロられても近所迷惑だ。

今日の目的地は岩槻の村国だ。
塩野博著『埼玉の古墳 北埼玉、南埼玉、北葛飾』によれば、1951年刊行の旧埼玉県史の中に、岩槻の村国の元荒川沿いの台地縁に完形未発掘の前方後円墳があると記載されているそうだ。同書の村国の古墳に関する記事を引用すると、

「元荒川右岸、台地の縁辺に築造された古墳である。『埼玉縣史』(埼玉縣1951)によると、「和土村大字村国に一基の前方後円墳を存し、同じく元荒川の流域に臨み、未だ発掘されていない。……他にも相当の古墳が存在したと思はれるが、後世破壊せられたものもあるべく、現存するものは極めて稀である」と記されている。また、『古墳調査報告書 第三編』(小澤1959)にも「村国の古墳は元荒川右岸にのぞむ台地の辺縁に位置し、現在山林となっているきわめて眺望良好の地で、完形の前方後円墳とみられている。」と記してあるが、遺憾ながら現状では村国の古墳は確認できない。」(塩野博『埼玉の古墳[北埼玉・南埼玉・北葛飾]』さきたま出版会 2004 P463)

とあるように、『埼玉の古墳』刊行の時点でその存在は確認できないそうなので、恐らく旧県史刊行後に開発によって削平されてしまったのだろう。
地図で岩槻区村国を見れば分かると思うが、村国の元荒川沿いの台地は現在「岩槻文化公園」になっている。従って、この公園の開発整備に伴って削平された可能性が高いのだが、園内には雑木林が残されていたりするので、もしかしたら残骸の一部等、何らかの痕跡を見つけることは出来るのかもしれない。

そんなことを考えながら122号を走っていると、浦和大門の交差点手前から渋滞に捕まる。
大門交差点を越えられないまま"JIHAD"が終わり、"CULT"がはじまる。
神の名の元に行われる戦争や人権侵害。そんなに人間の血と絶望を神が求めるというのなら、神も悪魔も大差ないんじゃないのか?だったら俺は小煩いことを言わない悪魔でも信じてみるぜ!というキリスト教界に対する皮肉を込めた一曲である。因みにVo.のアラヤさんはクリスチャンである。そんなクリスチャンのアラヤさんが吼える!

「あぃぶめぃまぃちょおぃっす! しっくすしっくすしいぃぃぃっくすっっ!!!!!!!!!!!」
(I've made my choice.666!)

「俺の下した選択。それは666!」
キリスト教徒でもなく、キリスト教を基盤とした社会で過ごした経験が殆どない私には、「うわ〜、皮肉満載だね!」程度の思いしかないのだが、やはりキリスト教が文化の基盤となっているアメリカでこの歌詞は、物凄く反社会的なのだろう。
古墳時代で言うと、

「I've made my choice. 仏 法 僧!」(by馬子)

位の衝撃度? ちょっと違うか...。

大門交差点を抜けると渋滞はウソのように解消され、途端にガラガラに。
曲も"CULT"から、八幡不知森で取り上げた"DISCIPLE"に移っている。
この、JIHAD→CULT→DISCIPLEの流れは、個人的に最近のSLAYERの曲の中では最強の3連コンボだと思う。私は勝手に「反宗教3部作」と呼んでいるのだが、実際のライブでもこの流れでプレイされることが多い。
埼玉古墳群で例えるなら、二子山→丸墓山→稲荷山の3連コンボに相当しよう。
この3曲の中では"DISCIPE"が一番メタルらしくて好きなのだが、古墳の方も国宝・金錯銘鉄剣の出た稲荷山が最もメタルな古墳と言えるだろう。

その後、SLAYER→GRAVE DIGGERと聴き進めて行く内に岩槻区加倉で国道16号に入る。ここでまた渋滞に捕まり、GRAVE DIGGER→REBELLIONと進んで私も倅も熱唱しすぎて喉がちょっと痛くなってきた所で、目的地の岩槻文化公園駐車場に到着した。

車から降りると、いきなり目の前に前方後円墳が!
しかもデカい。70〜80mはありそうだ!!
その上前方部が後円部よりも低い、古風な感じで、在りし日の高稲荷古墳を彷彿させるではないか!!!
後円部っぽい所の頂上


園内案内板によると「村国山」という名らしい。単なる築山か?
後円部風な所から前方部風な所

後円部風な所に比べ、前方部風な所はかなり低い。前方後円墳だとすると4世紀台の古式古墳のスタイルである。
前方部風な所から後円部風な所

御丁寧なことに、「くびれ」まである(笑)。
狙って造ったのか?
「さきたま風土記の丘」にあったとしても、全く違和感の無い眺めである。
南側から全景

南北に流れる元荒川に対して、主軸が直角(東西方向)に配置されている。
古墳なら台地の地形に合わせて南北方向に主軸を採りそうな気がする。

園内の雑木林の中には、想像力を膨らませれば古墳跡のようにも見えないこともない箇所もないではないが、むしろ古墳と言うよりは、土塁や区画溝等、城跡を思わせる地形が多かった。岩槻城址が近いので、恐らくはそれに関連する施設があったのだろう。上に紹介した村国山が一番古墳っぽかったが、これが古墳でないとなると、やはり「村国の古墳」は消滅してしまったか、土塁等の誤認だったのかも知れない。
公園外の村国地内も歩いてみたが、中世〜近世の金鋳所跡はあったものの、やはり古墳跡と思しき箇所は見当たらなかった。

投稿時間 : 17:21 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年10月05日 旧入間川流域の古墳
 ■ 大久保古墳群は足立郡司の墓域か?

大久保古墳群分布図
八幡不知森シリーズで取り上げた明治時代の平将門研究本・織田完之著『平将門故績考』(碑文協会 1907)であるが、八幡不知森に関する章の次に、「武蔵国造旧跡」という一章を充てて、芝丸山古墳が初代国造・兄多毛比命の墓であるとか、その子孫であるとされ、『将門記』に登場する足立郡司・武蔵武芝の居館が港区にあったとか、『更級日記』に出てくる竹芝寺伝説等をとりあげたりしているのだが、その中に大久保古墳群に関する、ちょっと興味深い一節があったので紹介してみよう。

「今茲に石工酒井亀泉より故陸軍歩兵上等兵足立幸太郎の殉難碑文を嘱せり。其の父龍蔵来て曰く、六十七代の旧家なり。其の先祖の墓は足立郡大宮の西南一里許、五堰(ごせき)と云ふ所にあり、千貫樋より進む半里なり。他人此の兆域に入れば神の祟ありと伝ふ云々。予之を聞て感ずる所あり。故に其の碑文の冒頭に 足立氏之先出于足立郡司世居武蔵国 と記したり。夫れ足立郡大宮の官弊大社を勧請したる武蔵国造の当時を思ふに、信州鳥居峠は此の大社の華表ありし所なりとの伝へあり。関東の総鎮守は大宮駅の氷川神社なること今尚然り。其の国造の子孫足立氏の墳域大宮の附近にあるは当然のことなり。武芝の兆域なるや又足立某歴代の墳墓なるや尚探求する所あらんとす。」(織田完之『平将門故績考』碑文協会 1907 P100)

酒井亀泉とは「井亀泉」の屋号で知られる、当時の東京ではかなり有名な石工である。その亀泉から、事故か何かで殉職した足立幸太郎という陸軍上等兵の殉難碑の碑文を考えてくれ、と頼まれたらしい。
その際、亀泉が幸太郎の父・龍蔵から聞いた話しを織田完之に伝えたのが上の逸話である。

足立龍蔵の談によると足立家は67代続いた旧家であり、大宮の南西4km程の所にある五堰という所に先祖の墓所があり、そこは他人が入ると神の祟りがあるとされているそうである。
この「五堰」というのは、千貫樋の近くであるとされているので、現在のさいたま市桜区五関、『新編武蔵風土記稿』でいう所の五関村のことであろう。
『新編武蔵風土記稿』五関村の項には、村内の小名として千貫樋を挙げている。

「千貫樋 下大久保村界なる鴨川に架せる石橋の名にて、今は土地の呼名となれり。相伝ふ、古ここに樋を設んとて銭千貫文を費したれど、地の理あしくして成らず。故に其名を残せりと云へり。」(『新編武蔵風土記稿 足立郡之二十』内務省地理局 1884)

これは現在の埼玉大学の西南あたりで鴨川にかかっていた橋のようで、今でもその近くに「千貫樋公園」がある。
この五関とその周辺の大久保地区には大久保古墳群が分布しており、五関字中島には大久保4号墳、3号墳が知られている。従って、足立龍蔵氏の言う先祖の墓とは、これらの古墳を指している可能性がある。
足立氏と言えば、鎌倉御家人の足立遠元の足立氏の一族であると思われるが、この足立氏は武蔵国造の子孫で足立郡司の武蔵武芝の後裔であるという説が古くから唱えられている。また、龍蔵氏が足立家は67代続いた旧家であるとしていることからしても、少なくとも龍蔵氏の家では、天穂日命〜兄多毛比命〜丈部直(武蔵宿禰)不破麻呂〜武蔵武芝〜足立氏という、神代にまで遡る武蔵国造の系譜に連なっていると考えていたか、そういう系図が伝わっていたものと推察される。
こうした足立氏の出自を武蔵国造一族に求める説に基づいて、織田氏は「其の国造の子孫足立氏の墳域大宮の附近にあるは当然のことなり。」としているのだ。また、ここで「墳域」という語を使っていることからも、単なる墓でなく、高塚式のものを想定していることが分かる。
足立氏の出自の真相はともかくとして、大久保古墳群に足立郡司乃至は武蔵国造一族の墓所説が伝わっていたとは興味深い。

では、「部外者が立ち入ると祟られる足立家先祖の墓」とは具体的にどの古墳を指しているのだろうか?
前述の通り、五関地内には大久保3号墳、4号墳の2基の古墳が知られているが、龍蔵氏の言によれば、千貫樋から半里(約2km)程度の所にあるそうなので、これでは近過ぎる。千貫樋があったと思われる鴨川縁から1kmも離れていない。しかしこの2基の古墳がある場所も五関村の村外れなので、ここより遠いとなると別の村に入ってしまう。そこで改めて『新編武蔵風土記稿』で五関村の範囲を確かめてみると、

「五関村も江戸よりの里数前村に異ならず。水判土庄の唱あり。戸数六十軒余。東は鴨川を隔て領家神田の二村に隣りて、西は塚本村にて、南は下大久保村、北は宿村なり。東西三町余、南北十四町許なり。用水は鴨川の水を引、或は天水を待て耕植せり。当村正保のころは御料所及び小笠原七左衛門が知る所なりしに、寛文のころ頃御料の地を津金又十郎に賜はりしが、後上りて御料に復せり。よりて今は御料所と七左衛門が子孫大次郎知行せり。検地は寛文年中改めありしといふ。当村にも又八貫野の新田をも持添とせり。」(『新編武蔵風土記稿 足立郡之二十』内務省地理局 1884)

と、「八貫野」という所に持添新田を有していたことが分かった。
この八貫野は五関の北西にあたる荒川の水除堤の外の河川敷のことで、鴨川から2kmは離れていないが、1,5km程度の距離はあるので「半里」と表現しても差し支えないだろう。
八貫野は荒川左岸提外の河川敷なのだが、古墳時代は旧入間川の右岸であった。
現在その辺りに現存する古墳はないのだが、発掘調査で外東1号墳が検出されている。また、やや南に下ると天神山古墳、観音塚古墳が現存しており、現荒川河道を含めた提外にもかつてはより多くの古墳が存在したことが推測されている。従って、足立家先祖の墓とされる古墳はこの八貫野にあった五関村の飛地内に所在していた可能性が高い。

投稿時間 : 12:09 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト