2007年12月 アーカイブ

« 2007年11月 | 記録帳TOP | 2008年01月 »


2007年12月24日 近所の塚
 ■ iPod touchで七郷神社古墳へ
携帯音楽プレーヤーをiPod touch 16GBに変えた。
今迄使っていたiPod 5Gは容量が30GBと大きく、音楽/動画プレイヤーとして使える他、外付のHDDとしても使える等、大変便利で良く出来ており、購入した当初はその技術の素晴らしさに深く感心したものだが、今回iPod touchを手にしてみて受けた衝撃は、それを遥かに上回るものであった。

まず、第一にマルチタッチディスプレイを用いた操作系が凄まじい。例えば、再生するアルバムを選ぶ時は、ディスプレイ上で指を左右に動かすことより、本のページをめくるような感じでアルバムのジャケットがクルクルと切り替わっていくし、写真や動画は画面上で指を開くことで拡大、縮めることで縮小し、筐体を横に持ち替えれば自動で画面も横に切り替わるといった工合に、大変直感的というか、ある意味物凄くアナログなインターフェイスなのである。
初代Macintosh以来、直感的な操作性に優れているというのがApple社製品の最大の特徴で、私もその点に惹かれて同社製品を使い続けてきたが、このiPod touchのインターフェイスは正にその究極とも言えるものである。このマルチタッチディスプレイには、子供の頃、雑誌のSF特集等で語られていたような、ステロタイプ的な「未来」を感じることができた。

第二に、無線LAN環境という条件付ではあるが、インターネットへのアクセスが単体で可能になったことが挙げられる。標準でWebブラウザのSafariが搭載され、PCと同様のウェブブラウズが可能である。これも画面上で2本の指を開閉することで拡大/縮小することが出来、3.5インチディスプレイでもそれ程ストレスを感じることなくWebサイトを閲覧できる。無線LANのアクセスポイントは駅や公共施設をはじめ、最近はあちこちに設置されているので、古墳探訪の際、地図を忘れてきてしまったような場合でも、Google Map等で地図を確認することが出来る訳である。勿論地図も拡大/縮小は思いのままだ。
これ迄はPDAにGPSユニットを取り付け、予め地図データをインストールしておいてどうにかこうにか実現できていたようなことが、単体でしかも前準備なしで出来るというのは便利である。また、出先でとある古墳のことについて知りたいと思ったような場合も、自分のサイトや他の古墳系サイトにアクセスしたり、検索したりできるので、資料類を忘れてきても何とかなるし、出かける当日の朝になって、無理にあれこれと資料を揃えなくても良くなりそうだ。
もっとも、アクセスポイントが豊富にある東京都区部や県南の都市部ならともかく、郊外や山の中にあるような古墳群に出かけるような場合、わざわざアクセスポイントがありそうな市役所だとか図書館だとかに行くのか? という問題はある。携帯電話が使えるような場所であれば、携帯電話とiPod touchとの間で無線LAN通信し、携帯電話経由でネットにアクセスするという手が使えるが、地方の古墳群の場合、これすら難しい場合があるのも事実である。この場合、予め必要な情報をiPod touchに入れておくことでカバーするより他ない。まあ、持参するべき資料類を忘れないようにしておけば良いのではあるが、予めこれをやっておけば、例え資料類を忘れてきてしまっても何とかなるだろうし、予定に入れていなかった古墳に急に思い立って寄って見ようと思ったような場合にも対応できるので、便利だと思う。
このようにiPod 5Gを購入してから2年足らずで早くも隔世の感を感じてしまうiPod touchなのだが、そうは言っても所詮は音楽プレイヤーであり、標準の機能では出来ることには限りがある。その点は今迄使ってきたPalm等のPDAの方が遥かに多機能ではある。しかし、OSにはデスクトップやノートのMacと同じOS Xが搭載されており、潜在能力的には既存のPDA以上の「パームトップコンピューター」となり得る力を持っているのである。多分、将来的にはこの点を生かした様々な機能拡張がサポートされるのだとは思うのだが、現時点のユーザーとしては、どうしても宝の持ち腐れ感を感じざるを得ない。しかし世の中凄い人がいるもので、非正規な方法ではあるのだが、その潜在能力の一部を引き出す方法が編み出され、その方法が公開されているのである。

それは"Jailbreak"(脱獄)と呼ばれており、失敗するとAppleのサポートが受けられなくなるというリスクはあるものの、一旦脱獄に成功すれば、様々な機能を追加することができ、その使い勝手は格段に向上するのである。
左の画像は脱獄後の私のiPod touchのホーム画面である。こうした画面のキャプチャーができるのも"Jailbreak"のお陰である。

少々アイコンが見づらいが、最上段右から2番目に見える"Maps"というのは、海外で発売されているiPhone用のGoogle Map閲覧ソフトである。iPod touchはiPhoneから電話機能を省いたものにほぼ相当するので、こうしてインストールさえしてしまえば問題無く使える訳である。少ないメモリで地図も衛星写真もサクサク移動/拡大/縮小できて秀逸である。
"Mail"もiPhone用ソフトで、ネット接続可能なクセに何故かiPod touchには提供されなかったソフトである。まあ、Web Mailを使えということなのだろうが、やはり普段使っているPOP Mailも使えるに越したことはない。その他、テキストエディタやら高解像度用画像ビューア、PDFビューア、ファイル管理ソフト等をインストールしてある。こうしておけばWeb上のデータのみならず、予め、古墳関連資料をテキストやPDF、画像ファイルにしてiPod touchに入れておき、適宜閲覧することが出来るようになる訳である。
と、いうことで、昨日一杯は「脱獄」と各種アプリケーションのインストールに専念し、とりあえず「出来たらいいな」と思うことは一通り出来るようにしておいた。そこで本日は、倅のクリスマスプレゼントを購入するついでに、iPod touchの操作習熟を兼ねて、これを用いて古墳を見に行くことにした。場所は近所の東川口にある「七郷神社古墳」である。

東川口駅から歩いて15分程の所にある七郷神社の社殿裏手には円墳状の塚があり、一部の郷土史本では「古墳」として紹介されている。
以前、交通新聞社の『散歩の達人』で新郷古墳群を取り上げてもらった際に、編集部の方々とここにも取材に行ったことがあるのだが、9月上旬という時期であったため、草ぼうぼうでマウンドが良く見えなかった。この時期であれば下草も枯れ、多少は様子を見易くなっているだろうと思い、出かけてみた次第である。

近所故、凡その場所は分かっているのだが、駅から歩いて行ったことが無い為、駅からの道順が朧げであったので、早速iPod touchでGoogle Mapにアクセス。写真左のように東川口駅からの道順が分かるようにした上で、画面をキャプチャした。Google Mapでは七郷神社は表示されないのであるが、「戸塚第3緑地」の隣に該当する。このキャプチャーした画像を駅から出たら眺めつつ、七郷神社へ行こうという寸法である。

●七郷神社古墳

川口市戸塚3丁目の戸塚小学校隣に鎮座する七郷神社裏手の塚である。
一部の郷土史本では「円墳」として紹介されているが、『川口市史 考古編』等の考古系資料では全く触れられておらず、古墳なのか別な塚なのか正体不明な物件である。

尚、境内とその周辺からは弥生時代の集落跡と方形周溝墓が検出されており、弥生時代のムラの様子を伺い知ることが出来る資料として、この点についてのみ『川口市史』で紹介されている。

現時点で川口市内の古墳としては市域東南部の毛長川(旧入間川)の現在は埋没してしまっている支流沿いの台地縁辺上に展開していた新郷古墳群しか知られておらず、綾瀬川流域ではその存在は全く知られていない。ただ、上流のさいたま市見沼の東宮下から古墳跡と埴輪が検出されており、川口市内の綾瀬川沿いの自然堤防や台地縁辺にも古墳が存在した可能性はあるだろう。

左の画像はiPod touchの"Map"で表示した七郷神社古墳のGoogle Mapによる衛星写真である。無線LAN機能搭載の携帯電話と組み合わせれば、今、自分がいる場所の衛星写真をその場で確認することも出来るのだ。ま、そこまでしなくても、予め行く予定の場所の衛星写真をキャプチャーして保存しておき、適宜閲覧するというスタイルでも十分だろう。
画像中央の神社社殿背後(右手)の森が円形に盛り上がっているのが分かるだろうか?
地図をチェック

駅から出たら、早速iPod touchで先程キャプチャーしておいた地図画像を画像ビューアで表示。メタルを聞きながら要所要所で地図を確認でき、これは便利である。
七郷神社

東側に綾瀬川による沖積低地を見下ろす台地縁辺上に鎮座している。
マウンドを西南から

社殿向かって右奥にある相殿と焼却炉があるあたりの後ろに円墳状のマウンドがある。以前訪れた際は草ぼうぼうで、かろうじてそれらしいものがあるというのが分かる程度であったが、下草が枯れ、明瞭にその姿を見ることが出来た。径20m、高4m程度はあるだろうか。
頂上の様子

下草が無くなり、マウンドに立ち入ることが出来るようになっていたので早速突入。頂上には市の保存樹木に指定されているスダジイの大木が屹立していた。大宮西高にある側ヶ谷戸古墳群の稲荷塚古墳を連想させる姿であった。
マウンド上の様子

マウンド上は雑木林になっており、頂上にあるもの以外にも大きなスダジイの木が何本かあった。こうした木の生えっぷりからして近代以降のものではないのは明確であり、古墳ではないとしても何がしかの遺跡であることには間違いないだろう。
墳頂から北西の眺め

台地平坦面からの比高は結構ある。雑木林に覆われているので、外から墳丘の外観を観察するのは難しいのだが、マウンド上から四方を見回してみると、マウンドは円錐形であるように思われる。尚、遺存状況は良好なようで、社殿や他の建物で大きく削られていることはなさそうであった。
墳頂から東の眺め

戸塚第3緑地へと続く東側は綾瀬川による沖積地へと下る急斜面に面しており、県南では典型的な古墳の立地パターンであるように思える。境内を発掘した際にこの塚の調査はしなかったようで、市の遺跡地図にもこの塚自体はプロットされていない。

投稿時間 : 23:31 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年12月22日 東京都の古墳
 ■ 葛飾区&江戸川区探訪
東京都遺跡地図には、古墳の他にも「塚」が数多くプロットされている。勿論その大部分は中世〜近世にかけて造られた経塚や富士塚等であるが、中には「性格不詳」「時期不詳」と良く分からないものや、名前だけ「◯◯塚古墳」と古墳である可能性を臭わせている塚もある。要するに、コレと言った遺物が知られていない上に未調査のため、古墳なのか別の目的で造られた塚なのかハッキリしない物件なのである。

先週迄とはうってかわって朝からどんよりとした曇天であったが、本日はそうした「塚」の内、葛飾区と江戸川区に残る古墳の可能性がありそうな物件を巡ってみた。

●鹿見塚

車で環七を飛ばし、京葉道路を左折。まずは江戸川区の篠崎公園のそばにある、同区鹿骨3丁目の鹿見塚へ。
この鹿見塚はこのあたりの地名である「鹿骨」の起源となった場所で、古くから地元では「古墳ではないか?」と言われているそうである。

現在、隣の葛飾区内からは、柴又と立石からそれぞれ古墳跡が見つかっている。葛飾区〜江戸川区は、奈良時代の「下総國葛飾郡大嶋郷戸籍」で知られる大嶋郷に比定されている。大嶋郷は「嶋俣里」「仲村里」「甲和里」の3つの里から構成されており、それぞれ、葛飾区柴又周辺、葛飾区立石〜奥戸周辺、江戸川区小岩周辺にあたるのではないかと考えられているのだが、つまり、今の所、嶋俣里と仲村里の範囲からは、古墳が見つかっているのに対し、甲和里からは見つかっていないということになる。
江戸川区内からも上小岩遺跡をはじめ、古墳時代の集落遺構が幾つか発見されている。柴又や立石同様に、集落があるのであれば、古墳があってもおかしくはない訳で、そんな江戸川区において、最も古墳である可能性が濃厚なのが、この鹿見塚であると言えよう。
鹿見塚

現在塚上には鹿見塚神社が祀られているが、ご覧の通り、非常に小さな神社である。ただ、神社敷地に隣接する土地も元は塚の一部であったように思われるので、元々の規模はもっと大きかったのであろう。
塚の様子

塚と言っても削られたのか埋没しているのか、現状では高さは殆どないのだが、参道から社殿に向けて僅かに盛り上がっている。
鹿見塚碑

「鹿骨発祥の地鹿見塚」と彫られている。地元の有志によって建てられたようだ。
説明板

「この鹿見塚のあるあたりは昔から鹿骨発祥の地といわれている。伝説によるとこの地は昔戦国時代の頃、興亡のはげしい世の中を離れ、安住の地を求めて石井長勝・牧野一族・田島一族・中代一族および別系の石井一族が開拓し住みついた所といわれる。ある日のこと日頃尊崇している鹿島大神が、常陸の国から大和の奈良に向かう途中、大神の杖となっていた神鹿が急病でたおれたので、塚を築きねんごろに葬った所だと伝えられている。
昭和四十二年八月氏子中によって碑が建てられた。台座はコンクリート三段組で高さ九八・碑石は高さ八一・幅五二・厚さが一三(単位センチメートル)あり表面に「鹿骨発祥の地・鹿見塚」と刻まれている。鹿見塚神社は昭和四十八年に再建築されたものである。
昭和五十二年十一月 江戸川区教育委員会」とある。
塚上からの眺め

一番小高くなっている社殿裏手から外を眺めてみると、道路からそれなりに比高があることが分かる。
西から

社殿の裏手に向けて、徐々に高まっていっているのが分かる。社殿裏手あたりが元々のマウンドの頂上だとすると、マウンドの北側半分と西側がざっくり削られてしまっているようだ。
北から

神社敷地の東側も建物で削られており、現状は元々あった塚のごく一部が残されているに過ぎないことが分かる。

●半田稲荷神社

次は篠崎公園前から柴又街道を北上し、葛飾区東金町4丁目の半田稲荷神社へ向かう。
ここは遺跡地図で葛飾区の18番として登録されており、遺跡名は特につけられていないのだが、「低地微高地 塚? [中?]」となっている。塚なのかどうかもハッキリしない上、時代も中世のものなのかどうかハッキリはしていないようだ。

このように、今一つ掴みどころのない遺跡なのであるが、聞く所によると、境内には「狐穴」という横穴があるという。横穴式石室が「狐穴」と呼ばれることは良くある(実際に狐が巣をかけることが多かったのだろう)ので、柴又八幡神社古墳のように、石室の一部が露出しているのかもしれないと思い、足を運んでみた。
半田稲荷神社

東側に江戸川(太日川)を臨み、北側に水元公園(旧入間川流路跡)を臨むという立地で、古墳時代はこの2つの河川に北〜東〜南を囲まれた半島状の自然堤防上に立地している。尾張徳川家から庇護され、多くの歌舞伎役者が参拝していたことで知られている。
神泉跡

湧水は枯れているそうだが、遺構が境内に保存されていた。泉をとりまく柵には寄進者の名が刻まれており、市川団十郎や尾上菊五郎といった歌舞伎役者の名もある。
塚?

社殿左手の稲荷祠の左手から背後にかけてが盛り上がっており、この祠は塚を切り開いた跡に祀られているようにも見える。新宿区西早稲田の水稲荷神社裏手にある冨塚古墳と似たような雰囲気であった。
狐穴

稲荷祠へ続く参道の左手に、噂の狐穴があった。期待に反して溶岩等で比較的新しい時代に造られたもののようであった。元々富士塚でもあったのだろうか?
別角度から

塚上の薮から、今まさに飛び出してきたような狐の石像が可愛らしい。このあたりは溶岩を積み上げて造られているようで、富士塚跡地っぽい。
狐穴クローズアップ

ご覧のように溶岩を積み上げて造られており、古墳の石室跡ではないようだ。大きさも小さく、仔狐位しか出入りできそうにない。
稲荷祠

鳥居を潜り、祠の前に出ると大小様々なお狐様達がお出迎え。何となく楽しげな光景であった。葛飾区による説明板によると、祠の前の一対の狐は、狐の石像としては区内最古のものなのだそうだ。
稲荷祠左手の様子

ご覧のように塚跡のような地形になっている。狐穴は石室跡ではなかったものの、時期不詳の塚ということなので、もしかすると古墳跡なのかも知れない。ただ、これだけ削られている割には特に遺物は知られていないらしい。
稲荷祠右手の様子

稲荷祠の背後から右手、更に右手の社殿裏にかけて塚状の高まりが続いていた。塚の南側を削った跡に、社殿と稲荷祠を建てたような印象である。
塚状地形を裏手から

裏手(北側)は公園になっており、元々塚だったとすると、南側だけでなく、北側も削られていることになる。これだけ削られて、特に遺物が出ていないという点が古墳と見るには弱く、区としても「中世の塚か?」と推定するより他にないのだろう。

●三ツ池古墳

半田稲荷から国道6号を南下。古墳時代の集落跡が見つかっている新宿地区から左手の住宅地に入って暫く進むと、葛飾区の10番として遺跡地図にプロットされている、三ツ池古墳のある理昌院そばに出る。

この三ツ池古墳、古墳という名がついているものの、時代区分は奈良時代となっている。再終末期の古墳なのか?と思いきや、遺跡地図には古墳マークではなく、塚マークでプロットされている。要するに古墳とは言われているものの、付近からは奈良時代の遺物しか出ていないということのようだ。まあ、再終末期の古墳になると、火葬骨を骨蔵器に入れて埋葬するだけという形もあるので、もしかすると本当に8世紀代の古墳なのかも知れない。
理昌院墓地から該当地付近

地図には現存マークでプロットされているのだが、該当地は塀の向こうで、良く分からなかった。Google Earthで確認するとどうも建物の下敷きになっているっぽいのだが、多少なりとも残っているのだろうか?
聞明寺墓地から

隣接する聞明寺の墓地からも覗いてみたが、この場所から、上の写真で棕櫚の木が生えているあたりに向けて若干地形が高まっているような印象で、もしかすると聞明寺の裏庭(棕櫚の木のある所)に多少墳丘が残っていたりするのかも知れない。

●奥戸三丁目の塚

最後に立石様や南蔵院古墳、立石熊野神社古墳がある立石から中川(古利根川)を渡った対岸にあたる奥戸三丁目にある塚を見学する。
ここは遺跡名はついていないものの、葛飾区の23番遺跡「低地微高地 塚 [不]」として遺跡地図にもプロットされている。対岸に古墳跡があり、奥戸地区からは古墳時代の集落跡(鬼塚遺跡)が見つかっていることから、古墳である可能性も考えられる物件である。

ただ、古墳時代の集落跡が見つかった鬼塚遺跡内にある、一見円墳状の塚である鬼塚は、調査の結果中世塚であることが判明しており、これを考えるとこの塚も同種の中世塚である疑いも出てくる。
奥戸三丁目の塚

奥戸3−12の住宅地の最奥部に人目を避けるように佇んでいる。周囲は全て住宅で取り囲まれており、通りからその存在を見通すのは難しい。このブロックの中心部分がちょっとした広場状になっており、そこに建つ民家の裏手に円墳状の塚が残っていた。
目測で高さ1.8m程度、径10m程度の小型の円墳状である。民家敷地(写真左手〜手前)とマウンドの間が凹んでおり、周堀跡のようにも見えるのだが、民家敷地側を盛土したためにこうなっただけとも考えられる。
民家庭先にあった奇石

マウンド前に建っている民家の庭先に男根状の石がおかれていた。元々塚上かその前あたりに神社か何かがあった名残なのだろうか? この場所は住宅密集地のド真ん中に、ここだけぽっかりと空間があき、2軒の家がポツンと建っているだけというちょっと変わった雰囲気であり、塚があることからしても、神社跡地なのかも知れない。

江戸川区や葛飾区というと、北区や板橋区等の都内の台地上の地域と比べると元々古墳や塚の数はとても少ない印象の場所なのだが、4カ所まわって、一応3カ所、見た目にそれと分かる場所が見られたというのは実に優秀な成績である。古墳かどうかは不明としても、こうした塚が残っているのは大したものだと思う。

今日は時間の関係で寄ってこられなかったが、いつも仕事で通っている江戸川区内の道沿いにもう1カ所、塚上に鎮座する稲荷社があるのを知っている。探せばまだ他にもありそうな気もするので、地誌や郷土史本でもう一調べして、再度この地域を巡ってみようと思う。

投稿時間 : 21:44 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年12月18日 隅田川流域の古墳
 ■ ガセネタ 赤羽台3号墳石室
北区十条の「北区中央公園」には、赤羽の星美学園構内で検出された、赤羽台3号墳の石室が移設公開されている。が、しかし、行ったことがある人なら分かると思うが、石室が覆屋の中で保存されていて、ガラス越しに見学する形になっているのは良いのだが、照明は石室の後ろ側の壁に穿たれた2つの小さな採光窓から入ってくる光のみで常に薄暗い上に、肝心のガラスが汚れていて、良く見えないのだ。
そこで先日、北区在住で文化財関係の仕事をしている知人に、「中央公園の石室って、薄暗い上にガラスが曇ってて見づらい。見せる気があるのか無いのかハッキリしてもらいたい!」と愚痴っていた所、「こないだ家族と遊びに行ったら、掃除してたから見易くなってんじゃない?」という情報を得た。
本日、仕事で板橋方面に出かける用事があったので、その帰路、トイレを借りるついでに赤羽台3号墳石室を再訪してみた。

移設石室展示場

この覆屋の中に赤羽台3号墳の石室が移設展示されている。見た目は以前と比べて別段キレイになったという印象は受けないのだが...。
赤羽台3号墳石室

ガラスも以前と変わらず、薄汚れたままであった。ガセネタかよ。
相変わらず薄暗く、コンパクトデジカメ(会社に転がってたCoolpix7600)での手持ち撮影は困難を極めた。次回は古ライカ持参でリベンジを図りたい。やはりマニュアル機の方が、こういう場合色々と融通が効いて良い。
説明板その1

石室を一旦バラして組み直したのではなく、床ごと切り取ってこの場所に移動させているので、石材の配列等はオリジナルのままである。
説明板その2

元々の所在地は赤羽の星美学園構内である。ここも仕事でタマに行くので、構内に現存する1号墳の写真を撮ってこようと思うのだが、カメラを忘れたり、時間に追われたりで、未だ実現できずである。もう1台デジカメでも買って、車に常備しておくべきか?
説明板その3

床面には礫と共に一部カキ殻も用いられていたようだ。カキ殻はこの界隈の横穴墓の床面に多用されている他、附近には縄文時代の生ガキ加工センターであった中里貝塚が存在している。ある意味、この土地における縄文以来の伝統なのかも知れない。
説明板その4

石室及び出土品の実測図。
説明板その5

3号墳復元想像図。石室には柴又八幡神社古墳や埼玉の将軍山古墳等の石室にも用いられている房州石が一部使用されている。この石材は、荒川区のスサノヲ神社の塚や葛飾区立石の立石様でも見られ、これらもまた古墳の石室の一部が露出しているのではないかと考えられている。

投稿時間 : 21:14 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年12月17日 隅田川流域の古墳
 ■ 上野公園古墳跡巡り
昨日と打って変わって、木枯らしが激しく吹きすさんではいるものの、空はスッキリと晴れ渡っている。
本日は夕刻より上野で忘年会の予定がある。上野と言えば、上野公園内に現存長70mの前方後円墳である摺鉢山古墳が残っており、かつては他にも多数の円墳があったと言われていることは、東京近在の古墳ファンの間では良く知られていることであろう。

左の写真は鳥居龍蔵『上代の東京と其周囲』(磯部甲陽堂 1927)の「東京市内の古墳調査巡回の記」の中に掲載されている、「上野古墳跡」というタイトルのものである。
それにしてもこの写真、キャプションが無ければ、ちょっと変わった生え方をしている木を撮ったものとしか思えず、ありったけの想像力を働かせてみても、この写真から「古墳」の2字を連想することは不可能だ。100人にアンケートをとったとして、100人全員が「木の写真」と答えるに違いない、跡地写真の中でも高難易度なものである。こんな写真を大正時代に高価なフィルムを惜しみなく使って撮っている(撮らせている)とは、やはり鳥居龍蔵という人はタダ物ではない。ただ、古墳跡と意識して写真を見直してみると、木の根元が僅かに盛り上がっているあたりにこのキャプションの意味を確認することが出来なくもない。

さて、この写真が上野公園のどこら辺で撮られたものなのかは不明であるが、鳥居博士は上野公園内の古墳について、この記事の中で次のように延べている。

 本郷の高台を去つてそれから上野の公園に向った。上野公園では先ず最初に磨鉢山に行つた。これは非常に巨大なる古墳であるが、大分形は壊されて居る。或は瓢箪形の古墳が壊されたものではあるまいかと思はれる。それから尚ほ上野の停車場を見下ろす方の崖に臨んだ所に、三四の丸塚の上を削られたものが分布して居る。其の内一個は原形を存じて居る。私は嘗つて此附近で埴輪の破片を拾つたことがある。又た大野延太郎氏も此處に埴輪の破片を拾つたことがある。尚ほ此附近に祝部土器の破片を拾つたこともある。斯ういふやうなことから考へて見ると埴輪の破片を出す古墳を中心として、此處に古墳の多く存在して居つたことが知られる。而も埴輪の存在して居る工合から見ると、芝の公園にある古墳と時代が同じやうに思はれる。(前掲書PP71〜73)

この記事は大正5年(1916)に行われた、東京市内の古墳巡回行についてのものなのだが、これによると当時は摺鉢山の他に、上野駅に面した崖上に3〜4基の円墳らしき塚があり、そこで埴輪や祝部土器=須恵器の破片が採集できたそうである。ただ、当時既に一基を除き、これらの円墳の多くはその上部が削られており、原形は留めていなかったようだ。幸い同書にはその原形を留めているとされている円墳と思われる写真が掲載されている。

右の写真が同書P72に掲載されている「上野の古墳」と題されたものである。墳丘の中腹に石室と思われる石組が露呈しているのが見える。主体部が横穴式石室で、埴輪片が採集されていることから、この円墳をはじめとする円墳群は6世紀台のものであった可能性が伺える。墳丘上に立っている人物から推測して、高さ2〜3m、径10〜15m程度の小振りな円墳であったようだ。
現在の東京都遺跡地図では、上野駅を見下ろす崖線上に「桜雲台古墳」という円墳跡がプロットされている。鳥居博士の記述によれば、他にも2〜3基の円墳跡があったことになっているが、プロットされているのはこの一基のみであり、もしかすると、当時原形を留めていたとされるこの写真の古墳が桜雲台古墳なのかも知れない。
ただ、東京都遺跡地図では、崖線上ではないが、公園内にもう2基の円墳跡がプロットされている。博士の記述では全て崖線上に存在しているような感じを受けるのであるが、或はこの2基の古墳跡が文中で触れられていた円墳跡のことなのかも知れない。

その辺は今の所はハッキリしないのであるが、遺跡地図では消滅扱いであっても、意外と見た目に分かる残骸が残っていることも多いので、忘年会前に公園内を一巡りしてみることにした。

●桜雲台古墳跡

上野駅公園口改札を出ると、正面に東京文化会館の建物がまず目に入る。この建物の東の角のあたりに、かつて桜雲台古墳という円墳があったらしい。恐らく「東京市内の古墳調査巡回の記」で触れられている円墳の一つであろう。
桜雲台古墳跡地

完全に建物の下敷きになってしまったようで、跡形もない。

●蛇塚古墳跡

科学博物館前から左手に噴水広場を眺めつつ、東京都美術館方面へ歩いて行くと、正面に旧東京音楽学校の奏楽堂の建物が見えてくる。この奏楽堂前の広場入口の十字路のあたりが蛇塚古墳跡である。
事前にGoogle Earthでチェックしてみた所、とりあえず建物の下敷きにはなってはおらず、ちょっとした緑地になっているようなので、多少なりとも残骸が残っているのではないか? と期待していた物件である。
蛇塚古墳跡地

遺跡地図では、写真左の木が生えている緑地帯の角のあたりにプロットされている。写真右手奥にも芝生に覆われたマウンドが見える。
芝生広場のマウンド

上の写真の右奥に見えていたもので、これが蛇塚跡かとも思ったが、プロットされている地点から離れており、関係なさそうだ。
蛇塚跡地の高まり

遺跡地図でプロットされている地点には、通路に面して石碑が設置されており(古墳跡とは無関係)、その後ろ側が僅かに盛り上がっていた。墳丘を削っても、意識的に地均しでもしない限り、完全に平らにすることは難しいものだ。もしかするとこの高まりはそうした墳丘の痕跡なのかも知れない。
怪しい高まりを反対側から

これらの木々は公園化の際に植林されたものと思われるので、植林された当時、既にこの高まりは存在していたことになろう。芝生広場のマウンドならいざしらず、この程度の高まりをわざわざ造ったりするとも思えず、しかも古墳跡地であるとなると益々怪しい。

●表慶館古墳跡

最後の古墳跡は国立博物館内の表慶館のあたりにプロットされており、その名も「上野公園表慶館古墳」となっている。博物館には公園内から出土した埴輪片等も展示されていた筈なので、久々に博物館を見学し、ミュージアムショップも冷やかしてみることにする。
表慶館古墳跡地

正面に見える建物の凸部の前あたりが跡地。建物の下敷きにはなっていないようだが、墳丘は完全に削平され、跡形も無くなっていた。ま、それは良いとしても博物館なのだから、跡地に説明板の一つも建てておいて欲しい気はする。

●摺鉢山古墳

そろそろ集合時間が迫ってきたので、博物館を後にし、集合地点に向かいつつ、最後に公園内に唯一現存する摺鉢山古墳に寄ってみた。

現地説明板等では6世紀台の前方後円墳とされているが、その根拠はどうも「東京市内の古墳調査巡回の記」で鳥居博士が記している埴輪片採集記事であるらしい。しかし、上に引用した記事を読む限り、埴輪片は崖線際にあった円墳跡で採集されており、摺鉢山周辺で拾ったようには書かれていない。他にも採集記録があるのかも知れないが、後円部よりも低く小さな前方部(削られた結果かも知れないが)等、4〜5世紀頃の古式前方後円墳である可能性もありそうだ。
大正時代の摺鉢山古墳

『上代の東京と其周囲』P72より。
写りがイマイチであるが、左手が前方部で右手が後円部だと思われる。現在の地図と照らし合わせてみると、墳丘の南側から撮影されたもののようだ。
摺鉢山古墳

現存長70mのこの界隈では大型の前方後円墳である。写真左手が前方部で右が後円部。その他詳細はこのブログの過去記事(2007年2月14日)参照のこと。

この後、友人達と合流し、忘年会に突入。
特に店を予約していた訳ではないので、元々適当な店を探して入るつもりだったのだが、激しく吹く木枯らしに、すっかり移動する気が失せた一行は、そのまま上野駅内で飲むことを選択。で、スグに入れるという理由から、またしてもハードロックカフェに行く羽目になってしまった。

「もうしばらくハンバーガーはいらない」と思っていたのに、結局ハンバーガーとビールをオーダー。改めて「ハンバーガーは暫くいらない」と思いつつ、帰宅の徒についたのであった。

投稿時間 : 00:31 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年12月16日 旧入間川流域の古墳
 ■ 花畑・大鷲神社&竹の塚・竹塚神社
午前中の蓮沼・大塚山に続き、午後は毛長川流域の「古墳かも知れない物件」を見に足立区へ。

足立区内の毛長川流域の古墳&古墳跡は、考古学系の文献や郷土史本の類で知ることが出来たものに関しては、既に一通り巡り終えている(写真を撮ってない所は何カ所かある)のだが、最近、『江戸名所図会』等の江戸時代の地誌類や神社の社伝等に踏み込むようになってから、もう何カ所か「古墳かも?」と思える物件が浮上してきている。
本日はその内の大物2件を訪ねてみた。

●大鷲神社

最初は花畑の大鷲神社である。
毛長川と綾瀬川との合流点を見下ろす小高い丘の上に鎮座する神社で、「酉の市」発祥の神社としても有名である。
今日「酉の市」と言うと、浅草寺(鷲神社)の酉の市がまず第一に想起されるが、これは花畑大鷲神社が祭礼の際に、鶏を浅草寺に放生していたことを契機に浅草に伝わったものであるとされている。これは2つの点で興味深い。

まず第一に、大鷲神社は全国各地に存在しているが、これは古代豪族・土師氏と深い関係を有する神社であるとされている。と言っても「土師=はじ」が「鷲=わし」に訛ったのだろうという朧げな理由なのであるが、浅草寺が土師真知という土師氏の豪族によって創建された寺であるとされている点が見逃せない。

第二に、どちらも古墳群が存在した地であるという点である。花畑大鷲神社のすぐ西側には毛長川流域A群に分類されている白山塚古墳と一本松古墳の2基の円墳が存在していた。更に西方には古墳流用と考えられる花畑浅間神社の富士塚があり、江戸期の文献を見ると、かつては他にも幾つかの塚が大鷲神社周辺に存在していたようである。
一方、浅草寺には住職の居宅である伝法院に残存する石棺が出たとされる、浅草寺本堂裏手にあった熊谷稲荷の塚(江戸期の文献では秋葉社が乗っている)をはじめ、調査によって確定して訳ではないものの、弁天山や蛇塚、待乳山等、古墳と考えられる塚が存在している。

かつての毛長川(旧入間川)の流路は、現在の綾瀬川との合流点から更に東方に伸びており、葛飾区の水元公園の西方で中川と合流し、更に水元公園の東方で太日川(現江戸川)と合流し、デルタ地帯を形成しつつ東京湾に流れ込んでいたことが分かっている。水元公園内に残る流路跡は、古くは旧入間川のものなのだ!
従って、浅草と花畑は中川(古利根川)を用いた水運で連結されている地であり、大鷲神社が祭礼で鶏を浅草に放つという風習は、こうした古くからの地縁に基づくものなのではないかと考えられるのだ。

その一つの傍証として、日本武尊伝承が挙げられるだろう。浅草のある台東区から隅田川対岸の江東区にかけては、鳥越神社や吾嬬神社をはじめ、日本武尊に関する伝承が多い。例えば江東区立花の地名は、日本武尊の妻、弟橘姫に由来するものだし、吾嬬神社はその姫の遺品を葬った塚であるとされている。そして大鷲神社の祭神は日本武尊であり、日本武尊の東征に対する報恩のしるしとして祠を祀ったのがその創建であるとされているのである。
更に日本武尊伝承は大田区や品川区の東京湾沿岸地域にも多く分布しており、あたかも大田区→品川区→台東&江東区→足立区と東京湾から古利根川を遡って花畑に至る水上交通ルートの存在を暗示しているかのようである。これは東海地方産のS字口縁台付甕の分布状況とも重なる部分があり、これが東京湾から河川を介して内陸に向かう水上交通路によって伝播したと考えられていることと同様なのかも知れない。

そんな土師氏や日本武尊との関わりが推察される大鷲神社の江戸時代の様子が、『江戸名所図会』に描かれている。それはどう見ても大きな円墳状のマウンドに乗っているようにしか見えず、近辺に古墳が存在していたことからして、ここもまた古墳なのではないか? という気がしてならないのである。
『江戸名所図会』鷲大明神社

多くの人が行き交い、当時の「酉の市」の盛況振りが伺える。賭場や遊郭まで臨時に設営されたそうで、江戸市中のみならず、遠方からも多くの人々が訪れたという。
大鷲神社社殿拡大

どう見ても円墳状のマウンドの上に鎮座しているようにしか見えない。周辺は旧入間川の氾濫土による微高地が延々と広がる土地であるので、自然地形とも思えず、人為的に盛土されたものである可能性が高いのではないだろうか? 手前に見える「弁天」と書かれたマウンドももしかすると小型の円墳を流用したものなのかも知れない。
現在の参道

周辺はすっかり宅地開発されてしまっているものの、参道の規模は江戸時代から変わらない様子であった。
木々に囲まれた長い参道を進むと、右手に新設された神園が現れ、その先に小高い丘の上に鎮座する社殿が見えてくる。
大鷲神社社殿

江戸時代の絵図と比べ、土台部分が整形されてはいるものの、社殿のサイズから推測すると、驚いたことにマウンドの径と高さ自体は大きくは変わっていないようである。
説明板

ここでは源義光(八幡太郎義家の弟)が戦勝を祈願したという由緒しか語られていないが、前述の通り、日本武尊の東征にまつわる創建の由緒が別にある。先週の鳥越神社に関する記事で触れた通り、元々は日本武尊に関する伝承であったものが、時代が下るにつれ、その時々の武将の話しにすり替わっていくという私の推測を裏付けているようである。
マウンド上の様子

江戸時代の絵図と同様、かなり広々としている。もしこれが古墳だとすると、かなりの規模のものである。径50mはある感じである。
マウンド上から麓を見下ろす

現状で高さは1.8〜2m程度で、径の割に低く、かなり薄べったい印象である。元が古墳なら相当削られている筈で、それだけ削られていれば遺物の一つ二つは知られていそうなものだが、特にそういう話しはないようである。
マウンド東側の様子

側面が石垣で整形されてはいるものの、特に大きく削られている訳ではなく、全体としては旧状を留めているようであった。『江戸名所図会』で描かれた姿とは全く様子が変わってしまっている場所が殆どである中、これは非常に貴重な例であろう。まさか身近にこのような場所が残っていたとは、驚きである。
マウンド北側の様子

こちらも石垣で直線的に整形されているが、裾部の列石が緩くカーブを描いており、元は円形のマウンドであったことが伺えた。
マウンド西側の様子

マウンドの周囲は『江戸名所図会』の図同様に平坦地が取り囲んでおり、一周することができる。この平坦地は周堀跡であるようにも思えるのだが、どうだろうか?
倉庫

『江戸名所図会』で「弁天」と記された小さなマウンドがあったあたりは倉庫になっていた。若干小高くなっているのはその名残りか? ここももしかすると古墳跡なのかも知れない。
築山

江戸時代は社殿に向かって左手に弁天社が乗るマウンドと池が描かれているが、現在は参道を挟んだ反対側に池と築山が設けられていた。ただ、江戸時代の図でもこの場所には鳥居が2つと祠が描かれており、当時からの高まりを再加工したものかも知れない。現在は頂上付近から滝が池に流れるように細工されている。
尚、大鷲神社一帯は「大鷲神社境内遺跡」として遺跡登録されており、過去に縄文及び弥生土器片が採集されていることから、東京低地でも最も早い段階で陸化した場所であると考えられている。近辺に古墳が所在したことから、縄文〜弥生〜古墳時代の遺構が存在することが予測されているのであるが、1991年に神社敷地北側に隣接する道路と公園で行った所、通常この界隈で遺跡が検出される自然堤防の高位面を示す黄褐色シルト層は検出されず、低湿地であったことを示す青色シルト層が検出されただけで、遺構遺物は見つからなかった。報告書では近代以降に受けた撹乱の影響を考えているが、遺跡はより標高が高い南(神社敷地内)か西の方にあるのではないかとしている。

今の所、神社敷地内での調査はなされていないようであるが、本日訪ねてみた所、参道入口の南側の工場が取り壊されており、整地工事が行われていた。この工事に伴う調査がなされたかどうかは分からないが、何か新たな発見に繋がるのかも知れない。

●竹塚神社

大鷲神社の次は、竹の塚駅東口にある竹塚神社へ。
竹の塚駅西口から北に500m程歩くと白旗塚古墳が現存しているが、江戸時代に描かれた『日光道中分間延絵図』を見ると、白旗塚周辺には他に5基の円墳らしき塚が描かれている。また、『新編武蔵風土記稿』竹塚村の項にも「駒形耕地」に小さい塚が幾つかあるという記述が見え、これは東武線の東側にあたる。また、竹の塚の南に隣接する六月町にある炎天寺には人物埴輪の頭部が保存されていることから、かつては竹の塚駅東口方面にも古墳が存在していたことが伺えるのである。

そんな古墳群地帯に鎮座する竹塚神社は、社伝によれば、源頼義(義家、義光の父)が奥州征伐の際に陣を敷いた場所であるとされ、明治の頃迄は境内にその遺構とされる環濠が残っていたのだそうである。
大鷲神社の所で述べたように、源頼義奥州征伐云々は後世に変形を受けたものであり、元々は日本武尊が東征の際に陣所としていたという話しだったのだろうと思う。ま、それもまた伝説であり、とうてい事実とは考えられない(日本武尊が実在したかどうかもハッキリとしていない)ものではある。
いずれにせよ、武将が陣所としたという伝承は環濠の存在から捻り出されたものであるこは容易に想像できる。しかし、この立地で環濠となると、それは防御の為の堀ではなく、古墳の周掘の名残りと見るべきではないだろうか?
竹塚神社

竹の塚駅東口、イトーヨーカドー前に鎮座している。周囲の道路や宅地と比べると敷地全体がやや小高くなっている。
由緒書

明治時代迄環濠が残っており、源頼義が宿陣した際の遺構であると考えられていた旨が記されている。社殿は墳丘上に鎮座しており、環濠は周堀なのではないだろうか?
竹塚神社社殿

玉垣で画された社殿一帯は参道側よりも若干小高くなっており、墳丘上に建てられた名残りが感じられなくもない雰囲気であった。やはり古墳跡地か?
社殿周辺の様子

環濠はどうやら埋められてしまったようで、現在は確認できない。どの位置にどの程度の規模のものが存在していたのだろうか?
南東から境内遠景

現状はとても古墳のようには見えないが、道路と比べて敷地が若干小高くなっているのが分かる。現存する古墳からそう離れていない場所で正体不明の環濠があったとなると、古墳跡かと勘繰りたくなる。
竹塚神社の向かいにBook Offがあったので、何かCDの出物でもないかと思い、物色。
メタル系は寂しい限りの在庫状況であったが、それでもドイツのメタルバンド・Grave Digger=墓堀人の未入手日本盤アルバムと同じくドイツのRAGEのベスト盤(何故か新品)を発見! 私は日本盤が出る迄我慢できない性格なので、まずは輸入盤を買ってしまうのであるが、結局日本盤もボーナストラックが気になって買ってしまう場合が多い。買い逃した場合は、こうして中古屋で探す羽目になる訳で、だったら最初っからちょっと我慢して日本盤だけ買うようにした方が何かと宜しいのは分かっているのだが、「Heavy Metal is Dead!!!!」と叫ばれて久しい昨今、日本盤が出ない場合も珍しくないので、当面この悪習はやむことがないのだろうと思う。

あと、SLAYERの新譜"Christ Illusion"の日本盤も売られていた。これは既に輸入盤と日本盤と2枚持ってるから買わないけど、この辺の中古屋ではまず見かけない品である。鋼鉄CDの数は少ないが、並んでいるのは珍しいものばかりと、充実しているんだかしていないんだか、良く分からないBook Off 竹の塚店であった。

●白旗塚古墳

本日の予定は竹塚神社をもって終了であるが、折角ここ迄来たので、駅の反対側にある白旗塚古墳に寄っていくことにする。以前は車で来た場合、ちょっと離れた所にある伊興遺跡公園の駐車場に停めて、エッチラオッチラ歩いて来なくてはならなかったのだが、昨年、間近にコインパーキングが出来たので、非常に車で行き易くなった。
白旗塚古墳

特に以前と何も変わった様子のない、径12m、高2.5mの円墳である。公園化されているのだが、何故か未調査のままである。何故か周囲に水堀が巡らされ、橋にも門が設けられており、墳丘に立ち入れないようになっている。この古墳には強烈な祟りの伝承が少なくとも2ヴァージョン伝わっているのだが、それを恐れているのだろうか?
白旗塚古墳スタンプ

以前は「白旗塚古墳ポストカード」があったのだが、昨年からそれに変わってご覧のようなスタンプが設置された。どうやら「史跡巡りポストカード集め」から「史跡巡りスタンプラリー」に企画変更になったようだ。古墳スタンプは意外とありそうで無いので、訪れた際には是非バシバシ押しまくって頂きたい。

投稿時間 : 00:31 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年12月15日 埼玉県の古墳
 ■ 見沼区蓮沼大塚
本日は近場の「古墳かも知れない物件」を見て回った。
まず午前中は見沼区蓮沼の県道2号線脇にある「大塚」を見学。地元では「大塚山」と呼ばれているらしい。
第2産業道路を大和田交差点で右折し、県道2号線に入ると割とスグに、右手のセブンイレブンの裏手あたりに、一見してそれと分かるマウンドが見えてくる。

『新編武蔵風土記稿』には残念ながらこの塚についての記述はないのだが、この辺りの旧地名は「蓮沼」「猿ヶ谷戸」といったものであったようだ。前者は湿地、後者は台地に切れ込んだ谷間とどちらも「水」を連想させる地名であるが、それに反してこの塚のある辺りは台地の只中という立地である。西の見沼低地からも、東の綾瀬川沿岸の低地からもそこそこ距離があり、古墳の立地としては疑問を感じる部分もあるのだが、古墳時代の土器が出土しているらしく、古墳説が唱えられているようだ。

西から

「大塚」の名の通り、この界隈の古墳&塚としては、割と大き目なマウンドである。径25〜30m程度はあるかも知れない。背も高い方で、4mはありそうな感じであった。土合古墳群の東福寺古墳と同じか若干小さい程度であろうか。
マウンドの様子

残存状況は良好なようで、遠目にもきれいな円錐形のマウンドを見てとれた。近づいてみると、裾部は道路や住宅で一部削られている箇所もあったが、全体的には大きな破壊は受けていないようであった。マウンドから南側の畑地にかけて一面の雑木林となっていた。
北から

この大塚は、岩槻城の支城の物見台であるという伝承もあるようだが、台地の只中ということで城郭の立地としてもふさわしいとは思えない。仮にそうだとしても、塚の規模からして物見台として造られたものとも思えず、元からあった塚を流用したということではないかと思われる。
東から

かと言って、台地縁辺か自然堤防上という例が殆どであるこの界隈の古墳の立地からすると、古墳説もすんなりとは受け入れられない気がするが、土器が出ていて埴輪が出ていないとなると、7〜8世紀台の古墳なのだろうか?それとも中世の経塚か何かで、土器は築造の際に採土した場所に古墳時代の集落跡があったことに由来するのだろうか?
東側は墳丘裾に段がついていて、こちらから見ると2段築成の円墳のように見える。また、これだけの規模のマウンドなのに墳頂に神社や祠が乗っていないのは珍しい。

この大塚の東北約2kmの綾瀬川右岸の東宮下地区からは古墳跡と埴輪が検出されている。一方、西方約2kmの見沼の谷を挟んだ対岸の武蔵一宮氷川神社境内から大宮公園、土呂町にかけてはかつて円墳と見られる多くの古墳が存在したことが知られており、大塚がある台地を含め、周辺の台地上からも古墳時代の集落跡が見つかっているようだ。集落があったのならば、台地のド真ん中とは言え、古墳があっても不思議ではない訳のかも知れない。

ま、例え古墳ではないとしても、こんな大きな塚が残っているとは、県南もまだまだ捨てたものではないと思い直した次第である。

投稿時間 : 23:17 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年12月09日 浅草寺周辺の塚
 ■ 浅草寺〜鳥越神社 鳥居物件探訪
少々吹く風が冷たいものの、昨日に続き、中々の好天である。
昨日、上野のハードロックカフェで、MEGADETHのPVを眺めつつ、鳥居龍蔵博士が大正〜昭和にかけて、『武蔵野及其周囲』『上代の東京と其周囲』の2冊の著作で指摘されている、浅草寺周辺の古墳らしき塚の数々について思いを巡らせていた。今年の春に墳丘が残っているものについては一通り巡ってみたのだが、まだ浅草寺周辺には古墳跡と思しき場所が何カ所かあるようだし、また、古墳を崩した際に出土したとされる石棺も2つ境内に残っているとされる。

この石棺の内の一つは浅草寺住職の居宅となっている伝法院内にあることが分かっているが、伝法院は何がしかの行事の際か、寺が仏事等で使用しておらず、且つ暇な時以外は非公開であり、簡単に見学することが出来ない。今日も浅草寺庶務所の窓には、「仏事で使用しているため、伝法院の見学はできません」という札がかけられていた。
聞く所によると、土日はまず無理なのだが、平日なら見学の許可が降りることもあるそうなので、仕事を休んで平日に出かけてみるか、扇投げ大会等で立入りが許される機会が訪れるのを待つしかないようだ。
もう一つの石棺は、かつて本堂の裏手にあった念仏堂の庭に置かれていたそうだ。鳥居博士の『武蔵野及其周囲』によれば、江戸時代の文献『読老庵日記』に「船の手水鉢」として、次のような記述があるそうだ。

「浅草寺の手水鉢、往古は本堂の前にありけるとなり(江戸すずめ)(江戸名所記)等の書にも見へたり、近年いづれに移しけるか知れざりしに、此頃余友藤田金蔵なるもの彼地内にいたり古老を尋て問合はしたるになんなく所在知れたりけり、余一日至り見るに其長さ二間余、幅四尺許、今は船の形もさだかならず、其形は唯石の櫃のように見へける、故人の心つかず、かかる古きもの知らざりけるこれなげくべきにあらずや、今は本堂北念仏堂の庭の中にあり」(同書P123)

これによれば、長さ約3.6m、幅1.2mの細長い櫃状のものであったようだ。「船の手水鉢」と呼ばれ、元は船の形をしていたらしいので、これは船型石棺の成れの果てだったのかも知れない。大正時代には既に行方不明になっていたらしいが、境内の建造物の石材として流用されてしまったのだろうか?

このように、浅草寺周辺にはまだまだ興味深い物件が眠っているようで、今日は鳥居博士が著書の中で「古墳ではないか?」と指摘している「鳥居物件」を中心に、もしかしたら「船の手水鉢の残骸でも...」という淡い期待も込めつつ、浅草寺とその周辺を巡ってみることにした。

●浅草寺の怪しい物件

倅は私の父と遊びに出かけてしまったので、今日は久々に一人での散策である。
倅が一緒だと、場所によっては怪しまれないという強力なメリットがあるものの、やはりチョロチョロして危なっかしく、オチオチ目を離して古墳を眺めてられないというデメリットもある。また、遊具が設置されている公園を見かけようものなら、30分はそこで遊ばせなければならないため、古墳巡り的には無駄な時間をとられてしまったりする。その意味では、やはり一人は気楽で良い。

今日は一人なので、iPodでメタルナンバーを聴き、士気を高めながらの出撃である。
こんな天気の良い日は、やはりスラッシュナンバーに限る。本日は「スラッシュ四天王」のSLAYERと、「ジャーマンスラッシュ三羽烏」のSODOMをチョイス。スラッシュメタルというと、ヘヴィで激しく、高速なのと引き換えにメロディーは弱い傾向があり、SLAYERなんかはまさにその典型なのだが、SODOMはクサメロ大好きドイツ人だけあって、アニメ主題歌ばりのクサメロをSLAYERと同等かそれ以上の勢いとヘヴィさでゴリ押ししてくるという、いかにもドイツらしいバンドである。

音楽を聞きながらだと、退屈な地下鉄での移動もあっと言う間。仲見世通りを突き進むのはさすがにしんどいので、1本地下鉄の駅よりの空いている通りを通って、浅草寺を目指す。勿論、音楽は聴きっぱなしだ。
弁天山

通りを北上すると、以前このブログでも取り上げた弁天山が見えてくる。鳥居博士によれば前方後円墳とのことで、確かに今でも前方部の名残っぽい箇所が残っている。

浅草神社

浅草寺本堂を左手にみつつ、弁天山の先を進むと浅草神社に至る。土師中知、檜前濱成、武成という地元の豪族を祭神とする東京では珍しいタイプの神社である。土師氏と言えば古墳と関わりの深い氏族であると共に、武蔵国造家とも同族であり、古代豪族と古墳、古代寺院との関係が伺え、大変興味深い。もしかするとこの社殿も古墳の上に建てられているのではないだろうか?
檜前馬牧説明板

浅草神社境内西側に立っている。ここに書かれている通り、この地は古くから古代官牧の「檜前馬牧」の比定地の一つと考えられており、江戸時代まで馬市が盛んだった(浅草寺の東側を通る「馬道通り」はその名残り)等、傍証となるような事柄も多い。古代豪族、古墳、古代寺院、官牧と浅草は正に古代史ロマンの宝庫である。
淡島堂

江戸時代の境内図では、半円形の掘に囲まれており、円墳跡ではないか?と個人的に考えていた物件。現状は掘はなく、江戸時代の絵図でも特にマウンド上にあるようには描かれてはいないのだが、果たしてどうだろうか?
銭塚地蔵

江戸期の文献では「銭塚弁天」となっており、鳥居博士が古墳跡であろうとしている物件である。ここは今でも周囲と比べるとやや小高くなっており、マウンドの残りカスの上に建っているような雰囲気である。
銭塚地蔵

お堂の中には地蔵と白い石のようなものが祀られており、手前に置かれたチップのようなもので軽く叩いてお参りするのだそうだ。「カンカン地蔵」と呼ばれているらしい。
金町一家供養塔

銭塚地蔵の敷地内、地蔵堂の隣に「金町一家之霊」と刻まれた石碑が祀られていた。説明板がないので詳しい由緒は不明である。
銭塚地蔵敷地の様子

江戸時代に寛永通宝を埋めたという伝承があり、これが銭塚地蔵/弁天の由来であるが、鳥居博士は宮崎県の古墳を発掘した際に、経筒と共に古銭が出土した例を挙げ、古墳が後代に経塚等に転用されることがあり、ここもそうした例の一つではないかとしている。
銭塚地蔵裏手の様子

若干小高くなっているのが分かるだろうか? 確かに古墳に「カネ塚」「ゼニ塚」という名称がつく例も多く、また金鶏伝説等、財宝を暗示するような伝説が付与されている例も多い。これらは実際に塚を崩した際に副葬品の類が出土したことに由来すると思われ、寛永通宝を埋めたという伝承も、こうした財宝埋蔵伝承の一ヴァリエーションなのかも知れない。
銭瓶弁天

本堂の西側に鎮座しているが、元は本堂裏手の「奥山」に祀られていたようだ。上の銭塚弁天/地蔵と紛らわしいが、こちらは地下から銭の入った瓶が出てきたという伝承があり、鳥居博士は銭塚同様、奥山もまた古墳であろうとされている。

この他、伝法院境内にある石棺が出土したとされる熊谷稲荷跡を探してみた。これは本堂の裏手にあったのだが、江戸期の文献では熊谷稲荷は平地に鎮座しており、その背後にある秋葉社が塚上に鎮座しているように描かれている。塚が崩された明治期には秋葉社に代わって熊谷稲荷が塚上に移っていたのだろうか?
また、この塚は瓢形=前方後円墳とされているが、江戸期の絵図では円墳状である。絵図には反映されていないが、当時は僅かに前方後円形の高まりが残っていたのかも知れない。
現状該当地付近は全くの更地になっており、観光バスの駐車場となっており、どこがその跡地なのか特定することは出来なかった。次回は江戸時代の境内図を持参して、跡地を特定してみたい。
「船の手水鉢」は全く何の手がかりもナシ。さすがに捨てはしないと思われるので、今でも境内のどこかに残っているのではないかと思うのだが...。

●鳥越神社

浅草寺周辺には、他にも蛇塚だとか篠塚稲荷といった「鳥居物件」があるのだが、これは時間の関係でまた今度とし、SLAYERの高速ツーバスの響きにシビレながら再び地下鉄に乗り込み浅草橋へ。駅から10分程歩いた所に鳥越神社が鎮座している。ここには境内から出土したとされる蕨手刀が保存されており、「鳥居物件」の中では古墳跡の確度が非常に高い物件の一つである。
西南から

かつては「鳥越山」と呼ばれる小高い山だったそうだが、現状は周囲よりも若干小高くなっている程度である。どうも江戸時代に周辺の埋め立て用土として削られてしまったらしい。この社殿が載っている高まり自体が古墳だったのか、独立丘の上に古墳が乗っていたのかは不明だが、前者だとするとかなりの規模の古墳だったことになる。
鳥越神社西門

神社敷地が小高くなっているのが分かる。蕨手刀が出ているとなると、7世紀台の終末期古墳であったと思われる。東京都遺跡地図では台東区の9番(低地、古墳、消滅)としてプロットされている。
境内の様子

説明板や由緒書きでは蕨手刀に触れられておらず、写真が展示されていたりもしないのが残念であった。また7世紀台の古墳であれば、横穴式石室を有していた可能性が高く、石室材でも残っていないものかと思って探してみたが、それらしい物は見つけられなかった。
社殿裏手の様子

裏手は倉庫に改造されていた。多分、中に神輿が納められているのだろう。駒込の富士神社古墳の土台部分が似たような使われ方をしていたのを思い出した。こちら側から見ると道路からの比高は結構あるように見え、その昔はもっと大きな山であったという伝承も頷ける気がする。
鳥越神社大鳥居

鳥居の手前に小さな橋がかかっているが、この橋は「白鳥橋」という名である。社殿によれば日本武尊が東征の際にこの地に逗留されたのが鳥越神社の起源であるとされており、平安時代迄はこの辺りはこの故事に因んで白鳥村と呼ばれていたとされている。
説明板

日本武尊伝承や源頼義/義家の奥州討伐伝承等が語られている。因みに鳥越から隅田川を渡った対岸にある吾嬬神社(吾嬬の森)は日本武尊の妻で、三浦半島から房総半島に渡る際に海神の怒りを鎮めるため、海中に身を投じた妻の弟橘姫の遺品を葬った塚であるという伝承がある。

日本武尊の東征伝承や、源頼義、義家、義光の奥州討伐伝承は都内に広く分布しており、毛長川流域の古墳にもこれに関する伝承を有するものが幾つかある。私見であるが、恐らくこの種の伝承は本来全てが日本武尊を主人公とするものであり、これが時代が下るに従って、その時々の武人の名前に置き換えられていったのではないかと考えている。

例えば、毛長川流域古墳群のA群が所在する足立区花畑の鷲神社は、日本武尊東征の際の陣所であったとされる。
その西のB群(白旗塚古墳群)の白旗塚と竹塚神社(社伝によれば、昔は社殿の周囲を環濠が取り囲んでいたとあるので、古墳跡かもしれない)は源義家の陣所だったとされているし、白旗塚の西にあった甲塚は討ち取った敵兵の首実検をした場所であるという伝承がある。一方、さらに西方のD群(足立区入谷付近)にある白旗塚と同音の白幡塚は、戦国時代に岩槻城を攻める際の陣所となったとする伝承がある。こちらは具体的な人名は出てこないのだが、岩槻城を攻めたのは後北条氏か秀吉であり、どちらも白旗をシンボルとはしていないので、元は白旗塚と同様に、源氏伝承に由来する名称であると推測される。
つまり、同じ伝承が伝わっていたため、後に区別する必要から白幡塚には戦国時代の陣所という伝承に変えられたのであろう。これと同じことが、竹塚神社と白旗塚にも言えるのかも知れない。元々どちらも鷲神社同様に日本武尊の陣所という伝承があったため、後にこれらの塚は奥州征伐の際に源義家が陣所とした場所だと、主人公を変えられてしまったのではないだろうか?
そう仮定すると、白幡塚も元々は日本武尊の陣所であったという伝承があった可能性が浮上してくる。近隣に似たような伝承を有する塚があったために、時代と共に日本武尊→源氏→後北条氏 or 秀吉と陣所にした武将の名が変えられてきたのではないかと考えられるのである。

更に、竹塚神社の社伝から、これらの塚が陣所であると考えられるようになった背景には、「環濠」の存在があったことが推察される。古墳群所在地内の話しなので、この環濠とは古墳の周堀である可能性が高い。逆に言えば、この種の武将が陣所としたという伝承が残っている場所には、環濠を伴う小高い丘=古墳が存在する(した)可能性が高いのではないだろうか? 果たしてこの種の伝承と古墳の分布とが重なるものなのかどうか、今後じっくりと調べてみたいと思う。

投稿時間 : 23:18 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

 ■ 恵比寿〜代官山〜ハードロックカフェ
今日も3週連続で小春日和。家でゴロゴロするには勿体ない陽気である。
今年は週末の度に天候がすぐれないというパターンが多く、平日、仕事で外をまわりながら、「暢気に働いてる場合じゃね〜!」と思うことも度々であったので、週末の度に好天続きというのは本当に嬉しい。
しかも、今日は寝坊せず、予定通りに起きることができた。そこで、先週寝坊のために断念した、代官山〜恵比寿界隈の古墳&古墳跡を巡るべく、倅を連れて家を出た。

ちょっと前迄、鳩ヶ谷から恵比寿というと割と遠いというか、行くのが面倒臭いというイメージがあったのだが、最近は最寄りの赤羽駅から埼京線で1本という手軽さである。まあ、埼京線は新宿止まりの電車も多いのだが、乗り継ぎが良ければ、自宅から1時間足らずで到着し、今日も大体それ位で恵比寿駅につくことができた。

恵比寿〜代官山あたりの台地上は、今でこそ現存する古墳は少ないが、江戸時代の地誌類を読むと、かつては多くの古墳と見られる塚が築かれていた場所であることが分かる。東京都の遺跡地図を見ると、渋谷川を挟んで左右の台地上に古墳及び古墳跡がプロットされている。その内、渋谷川の右岸にあたる代官山〜恵比寿界隈には、現存2基、古墳跡3基の計5基が存在している。今日はこれらの古墳&古墳跡を巡ってみる。

●福昌寺石棺仏

関西からの移入物なので、この地の古墳群とは直接関係はないのだが、恵比寿駅東側の福昌寺に古墳の石棺の蓋に仏像を彫刻した石棺仏があるそうなので、最初にこれを見学してみた。
石棺仏

「♪私のぉ〜お墓のふーたに〜彫らないでください〜」

と聞こえてきそうな感じで、確かに家型石棺の蓋の裏側に仏像が刻まれている。石棺仏は関西に多く見られ、関東ではこの福昌寺のものと埼玉県深谷市の岡林寺のものと2例しか知られていないらしい。

説明板

和歌山県から持ち込まれたものとされるが、石材は兵庫県加西市近傍のものであるようで、元々はそのあたりの古墳に用いられていた石棺であると推察される。加西市は石棺仏のメッカで、数多くの石棺仏が現存している。また、『播磨風土記』にその築造の由来が記された玉丘古墳があることでも知られている。

●加計塚古墳跡

続いて、恵比寿駅近傍の古墳跡を訪ねてみる。
まずは福昌寺から渋谷川を渡った南方にある加計塚古墳跡である。
加計塚小学校

現在この界隈の地名は「恵比寿四丁目」となってしまっているが、バス停や小学校の名前等に旧地名を留めている。古墳跡はこの小学校の校舎裏手に所在するらしい。
加計塚古墳跡地

東京都遺跡地図では加計塚小学校校舎の裏手にプロットされており、そこを覗いてみると台地縁のいかにも古墳がありそうな立地であった。残念ながら、地表にはそれと分かる痕跡は残っていないようだった。
景丘公園

加計塚小学校に隣接する公園は、「景丘公園」という名であった。「カケ(カゲ)オカ」にある塚だから「カケヅカ」と呼ばれたのだろうか?

●渋谷塚古墳跡

次は加計塚跡から恵比寿駅を挟んだ反対側、ほぼ真西に位置する渋谷塚跡である。遺跡台帳では円墳とされている。この古墳については、今詳細を調べている所なのだが、恐らくその名称はこの地を支配した武士である渋谷氏とその伝承に由来するものと思われる。
渋谷塚古墳跡地

丁度台地上の平坦面が、渋谷川沿いの低地に向かって下る斜面に移行するあたりであり、この地形が旧来のものであるのならば、所謂山寄せ式の円墳であったと思われ、概ね7世紀頃の終末期古墳であったのかも知れない。

●福徳稲荷古墳跡

渋谷塚跡から北(恵比寿駅方面)にちょっと歩くと、線路沿いに小さな稲荷社が見えてくる。これが福徳稲荷で、かつては円墳上に祀られていたらしい。
福徳稲荷古墳跡地

渋谷塚同様、台地平坦面から斜面に移行するあたりに所在している。現状はまったく古墳のようには見えず、墳丘は削平されしまったようだ。
境内の様子

遺跡地図ではこの神社境内から背後の宅地あたりにかけて円墳マークがプロットされている。神社背後の宅地は神社敷地よりも高くなっており、恐らくそのあたりに墳丘が存在していたのであろう。
境内の様子2

境内は狭く、現状はとても小さな稲荷社なのであるが、「渋谷次郎史跡」と刻まれた石碑があった。ここも渋谷塚同様に渋谷氏伝承と関わりのある場所のようだ。狭い境内の両側には寄進者の名が刻まれた石柱がズラっと並んでおり、地元の人々から篤く祀られていることが伺われる。

●猿楽塚古墳北塚

恵比寿駅周辺の古墳跡地を一通り見終え、次に代官山駅近くの猿楽塚へと向かう。恵比寿と代官山は非常に近く、福徳稲荷から西に10分少々歩くだけで猿楽塚に至ることができる。と言っても、恵比寿駅前の中古カメラ屋で私が使っている古ライカ用の革ケースの出物を見つけてしまったので、買おうかどうか暫く悩んでしまったりしていたので、実際には30分近くかかってしまったが。都内の古墳見物は何かと便利な反面、こうした誘惑が多いのが困ったものである。

さて、代官山というと、10年程前に今の妻と渋谷から東急東横線に乗って代官山に向かっていた際に、同乗していた二人組の若い外国人女性が歌っていた「代官山の歌」が思い出されてならない。
ま、歌といっても延々と、

「♪だーいかんやぁまっ、♪だーいかんやぁまっ、♪だーいかんやぁまっっ」

と次第にトーンをあげつつ合唱し、これ以上高い声が出ない!という所まで繰り返した所で、二人呼吸をあわせて

「だいかんやぁーまぁ〜〜!!!」

とシメるだけの、どーしようもないものなのだが、私達を含め、乗り合わせていた人々は、その余りのどーしようもなさと、そんな歌を車中で、公衆の面前で、堂々と且つ楽しげに歌ってしまう彼女達の脳天気さとに吹き出すのを堪えるのに必死だったのであった。あれ以来、耳について離れず、代官山に来る度に思い出してしまう。
猿楽塚の立地

猿楽塚はヒルサイドテラスという施設に取り込まれているため、イマイチ地形が掴みづらいのだが、ヒルサイドテラスはご覧のような崖縁に建てられており、従って猿楽塚も台地縁辺に築かれた古墳であることが分かる。尚、この崖下の低地には目黒川が流れており、先に見た恵比寿駅周辺の古墳が渋谷川を見下ろすような立地であったのに対し、猿楽塚は目黒川を見下ろすような立地となっている。
東から

通り沿いにヒルサイドテラスを左手に見つつ進んでいくと、建物の切れ間にこんもりとした林が見えてくる。これが南北に2基並んでいる内の北塚とされるものである。径20mと割と大き目の墳丘が、半ば建物に取り込まれるように残っているのが面白い。
南から

墳頂には猿楽神社が祀られており、墳丘南裾に鳥居と参道入口が設けられており、説明板もここに立てられている。径20mと聞くと、割と小さ目な円墳のイメージであるが、建物に囲まれたちょっとした空間にドカっと存在しているせいか、こうしてみると中々大きな墳丘が残っているように見えた。
西から

代官山の商業地の中にこうして古墳が残っているということ自体、中々に奇異な風景である。代官山だけあって、古墳をとりかこむ壁や、墳丘の土留めも心なしかオシャレな感じがする。恐らく都内の古墳としてはもっともファッショナブルな装いの物件であると思われる。墳丘北側裾は完全には削られずに、タイル等で固められつつ建物に取り込まれているのが分かる。
墳丘北側の様子

墳丘北側はタイルに固められて通路となっている部分を経て、奥に見える建物内へと続いているようである。こうして完全には削り取らず、建物と融合するかのように加工されたのは、史跡指定されているのと、恐らくこの土地の地主が墳頂の神社を祀った家であるからだと思われる。
墳頂の様子

墳頂の平坦面は少なく、多少削平して社殿の為の敷地を確保した雰囲気であり、横穴式石室が採用されたことにより、墳頂平坦面が減少する傾向にある6〜7世紀台の古墳とする推定は妥当な所のように思えた。埴輪は出ていないようなので、埴輪消滅後の7世紀台のものであろうか?
墳頂からの眺め

現存高5mと割と背の高い方で、墳頂からの眺めもそれを反映してかなりの高低差を感じるものとなっている。周囲を建物に囲まれているため、見晴らしは良くないが、もし建物がなければ、台地縁という立地もあって、かなり遠く迄見通せるものと思われる。物見台として用いられたする伝承もあるが、それも納得である。
説明板

鳥居の脇に、渋谷区教育委員会による説明板が立てられていた。その昔は、南北に並ぶ2基の古墳の間を鎌倉街道が通っていたそうである。このあたりに渋谷氏伝承が多く生じているのも、この鎌倉街道がこの地を通っていたことに起因するのだろう。
猿楽神社縁起

「古よりこの地に南北に並ぶ二基の円墳があり。北側に位置する大型墳を猿楽塚と呼称している。この名称は、江戸時代の文献「江戸砂子」「江戸名所図会」等にも見られ、我苦を去るという意味から、別名を去我苦塚と称したとも言われている。六〜七世紀の古墳時代末期の円墳と推定され、都市化その他の理由により渋谷区内の高塚古墳がほとんど湮滅したなかで、唯一現存する大変貴重な存在であり、昭和五十一年三月十六日に、渋谷区指定文化財第五号に指定された。
この地に移住する朝倉家は戦国時代からの旧家であり、遠祖は甲州の武田家に臣属し、後に武蔵に移り、中代より渋谷に住み、代々、無比の敬神家として、渋谷金王八幡宮と氷川神社の両鎮守への参拝を常とし、また氷川神社改建の折にも尽力している。
朝倉家では、大正年間に塚上に社を建立し、現在、天照皇大神、素戔嗚尊、猿楽大明神、水神、笠森稲荷を祀り、二月十八日、十一月十八日を祭礼日と定めて、建立以来、一族をはじめ、近隣在郷の信仰を集めている。

平成十四年十一月十八日 朝倉徳道 撰」とある。

●猿楽塚古墳南塚

遺跡地図や現地説明板によると、猿楽塚は南北に2基並んで現存していることになっており、上で見た北塚のすぐ南側にもう1基、小さい方の古墳がある筈である。ざっと見回してみた所、南側はヒルサイドテラス等の建物があるばかりで、全くそれらしいものは見られなかったが、ヒルサイドテラスと、北塚の西側にあるマンションの間の谷状になっている部分にそれらしいマウンドがあった。
南塚?

遺跡地図にプロットされている地点より若干西寄りである気がするが、日本家屋の裏手にそれらしいマウンドが見られた。個人宅の敷地のようで、立入りることは出来ず、垣根の木々によって見通しが悪いのだが、確かに遺跡台帳にあるような径12m程の円墳のように見えた。
裾は石垣が施されており、一部家屋で切られていたりと、多少は変形しているようであるが、もしこれが南塚だとすると、こちらも北塚同様に割と良く残っているようである。北塚側からだと垣根の木に阻まれて良く見えないのだが、今にして思えば、この場所を見下ろすように建っているヒルサイドテラス内の店舗の中から覗けば、良く見えたのではないかと思う。

石棺仏から猿楽塚迄、一通り見終えた時点で午後1時。古墳巡り的にはこのまま目黒方面に向かうか、渋谷川左岸の広尾方面を流すかしたい所ではある。で、広尾まで行くのであれば、メタラーとしては六本木のハードロックカフェで昼食をとるというのも魅力的ではある。が、そもそも恵比寿〜代官山行きを思い立ったのは渋谷に用事があったからなので、その用事を済ませるべく、代官山駅から「代官山の歌」を脳内でグルグルさせつつ東急線に乗り、渋谷へ。
渋谷で2軒ばかり店を巡って買い物を済ませた後、別な買い物をするために上野へ移動。ついでに上野駅駅ビル1Fにあるハードロックカフェで久々に昼食をとることとした。

私はいつもハンバーガーを頼むのだが、英国発祥のアメリカンレストランであるこの店、世界共通のレシピで調理しているだけあって、ハンバーガーもアメリカンサイズである。何しろ間に挟まっているハンバーグが1枚180gというボリュームである。
学生時代、語学研修で一月程滞在したニュージーランドで、ホストファミリーに連れられて訪れたマクドナルドで出されたハンバーガーの大きさに衝撃を受けた(事前に話しは聞いていたが)ものだが、大体それと同じ位。小1の倅の顔程もあるハンバーガーがフライドポテトの海に浮いているという風情なのである。

私はダブルバーガー(肉だけで180g×2=320gだ!)、倅はチーズバーガーを注文。
その辺のハンバーガーショップでハンバーガーを2〜3個食べても、「今日はこの辺にしといてやるか!」という気分にしかならないのだが、流石の私もここのハンバーガーを食べると、向こう4〜5年はハンバーガーはもう結構!という心持ちになるのであった(ま、数ヶ月後にはまた行くのだが)。
そんな大きなハンバーガー&フライドポテトを倅がペロっと食べてしまったのには、渋谷に古墳が残っている以上の衝撃を受けた。子供って、好きなものは、本当に幾らでも食べるのね。

投稿時間 : 01:12 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年12月01日 東京都の古墳
 ■ 西早稲田&飛鳥山
先週末に続き、本日も中々の小春日和。
当初予定としては、8時頃家を出て、まずは代官山&恵比寿の古墳&古墳跡を巡り、戻りがてら以前から気になっていた西早稲田の円墳跡?と穴八幡神社の横穴を見てから、息子と約束していた王子の飛鳥山公園で日没迄遊ぶというコースを考えていた。
が、息子に起こされて時計を見ると、既に午前9時をまわっていた。寝坊だ。
今から出て、ある程度飛鳥山で息子を遊ばせるとなると、代官山&恵比寿か西早稲田のどちらかをカットしないといけない。そこで今日の所は都電で王子と直結している西早稲田界隈を巡ることとし、代官山&恵比寿はまた次の機会にということにした。

東京都の遺跡台帳を見ると、新宿区内には古墳単独での遺跡登録はなされておらず、一見しただけでは区内に古墳は無いように見受けられるのだが、良く見ると新宿区の49番・下戸塚遺跡の遺跡概要の中に古墳時代のものとして、「竪穴式住居跡 土坑 方形周溝墓 円墳」と、円墳の記載がある。遺跡地図でその範囲を確認すると、都電荒川線早稲田駅のあるあたりの新目白通りの南側から、早稲田大学キャンパスの北西側にかけてのあたりである。

ざっと調べてみた所、現在、この遺跡範囲内に円墳は残っていないようなのだが、この遺跡範囲の南東側、98番・西早稲田一丁目遺跡と60番・穴八幡神社遺跡との間位の所に、かつて都内では最大にして最古の富士塚として江戸&東京名所となっていた「高田富士」があった。この富士塚はこの界隈の鎮守であった水稲荷神社社殿の背後にあった「富塚」という古墳と思われる塚の上に増築する型で構築されていたと伝えられているのだ。
十条のお富士山古墳や駒込の富士神社古墳等、都内には古墳を流用して富士塚とした例が幾つかあるが、この高田富士もそうした古墳の一つであったようだ。
しかし残念ながら、この高田富士は早稲田大学のキャンパス拡大に伴い、1965年に削平。水稲荷神社もこの地を去り、北西の甘楽園内に遷座することとなってしまったのだが、聞く所によると、この遷座に伴い富士塚も新しい境内に移築されたのだそうだ。上述の通り、高田富士は古墳流用の富士塚と考えられるので、当然その盛土の何割かは古墳の墳丘由来のものである筈である。従って移築された新高田富士の盛土には土台となった富塚古墳のものも含まれているものと思われる。まあ、ここまで来ると最早古墳とは言えないが、古墳を流用して富士塚を造り、それを壊して、更にその土を利用して新しい富士塚を築いているとなると、これはこれで「古墳カス」とは言える訳で、古墳ファンなら一見の価値はあるだろう。

尚、この富士塚を削平した際、土台となった富塚から石室が出てきた他、埴輪等の遺物も出土したと伝えられている。これらの遺物は現在の水稲荷神社社殿裏にある「富塚」に祀られているという。どうやら富士塚だけでなく、富塚古墳もまた新しい神社境内に移築されているようで、石室も復元されているようなのである。どうも元々富塚前に鎮座していたからという水稲荷神社側の意向で移築したらしい、つまり、遷座の後も「富塚前の水稲荷神社」という体裁を守るという意向で移築したらしいので、学術的に正確に復元されているのかどうか気になる所だが、こういう型で古墳が移築されるというのも珍しい。

その他、近隣には横穴簿説もある穴八幡神社の横穴が残っているとされている他、『江戸名所図会』等の江戸期の地誌には、往時、この辺り一帯には「百八塚」と呼ばれる多くの塚があったと記されており、かなりの規模の古墳群が所在した可能性が推察されるという土地であり、興味深い。

●富塚古墳

地下鉄で王子に出て、都電荒川線に乗り、終点の早稲田で下車。
まずは駅から近い水稲荷神社境内の移築富塚古墳&石室と移築富士塚(上述の通り、古墳墳丘の封土を流用)を見学。
甘楽園の乗る台地

都電の早稲田駅で下車し、線路沿いに少し戻って最初の交差点を左折すると右手前方に甘楽園が乗る台地が見えてくる。この甘楽園の南側(写真右奥)には水稲荷神社が鎮座しており、その社殿の裏手に旧態を再現する型で富塚古墳が復元されているという。
堀部安兵衛仇討の碑

台地沿いに南下すると水稲荷神社参道が見えてくる。この参道に入ってすぐの所に「高田馬場の仇討ち」に赤穂藩士・堀部安兵衛が助太刀に入ったことを記した石碑が建っていた。思えばもうじき「忠臣蔵」シーズンである。
高田富士

石碑のある所から後ろに振り返ると、木立の向こうに古墳状の盛土の山が見えた。これは「高田富士」として知られる富士塚である。上述の通り、古墳の残りカスと言える物件である。
水稲荷神社

元々は現在の早稲田大学構内の9号館から、その南側の寳泉寺(この神社の別当寺)墓地のあたりにかけて鎮座していたが、キャンパス拡大により、1965年にこの地に遷座したそうだ。これに伴って社殿背後に存在した富塚とその上に増築されていた富士塚も現敷地内に移設されたと言われている。
水稲荷神社説明板

昔懐かしい板に墨書きの説明板。それもその筈、1952年製で「区」の字が旧字体のヴィンテージ説明板である。文字が掠れていて読みにくいが、「文亀元年(1501)上杉朝良の祀る所と伝へる。冨塚の前に鎮座する。榎稲荷また水稲荷と称する。大榎の枝股に天水を湛える。旱天にも涸れず眼病に効験ありと云われた。昭和二十七年新宿区役所」とある。遷座したのが1965年だから、この説明板も移築されたものである。
富塚古墳表示板

社殿の裏手に回り込むと崖縁に確かに塚状のものがあり、そこには神社によってこのような表示がなされていた。この冨塚が戸塚となって、この辺りの旧村名の由来になったとある。
北側から

これが移築された富塚古墳である。が、戦後に移築されたにしては、塚上に大きな木が生えているし、何よりも社殿でL字型に切り取られているのは何故か? 移築ならもっとそれっぽい形状にしそうなものだが...。写真中央に石室が開口しているのが見える。
富塚古墳石室

移築物ではあるが、都内でこんな立派な横穴式石室に出会えるとは思っても見なかった。これは羨門か玄門だと思われるが、自然石で構成されており、これを見る限り、富塚古墳は6世紀台のものであったと思われる。周囲には元々富士塚に使用されていたと思われる溶岩が配置されている。
石室内部の様子

石室内部には小さな鳥居と様々な狐の人形が祀られていた。
しかし良くみると、石室の側壁は溶岩だし、天井石も移築時に追加されたもののようだ。
また、奥に扉が見えるので、その奥が玄室だとすると、これは羨道部分を再現したもののようだ。と、なると上の写真に見えている石組は羨門か。
羨門〜羨道〜玄室と一応は横穴式石室の体裁にはなっており、ある程度はオリジナルに忠実に造られているのかも知れないが、見た所、オリジナルの石材は羨門を構成する3点のみのようで、残りはかつて冨塚上に築かれていた富士塚に用いられていたと思われる溶岩が使われている。
聞く所によると、この扉の奥には富塚古墳を崩した際に得られた出土品(埴輪等が出たらしい)が納められているとのことである。
もう一つの石室?

この復元というか再構築石室の西側にもご覧のような石室残骸風な箇所があった。すぐ近くに水神社が祀られていたので、これはその神池として造られたものであろうか?
墳頂の様子

これは最高所に祀られている稲荷祠で、周囲には動きのある姿をした狐の石像が配置されている。他にも墳丘上には幾つかの祠が祀られていた。
南から

前述のように、移築された古墳にしては、社殿に切られたような型になっているのが解せない。もしかしたら、元々この場所に所在した別な古墳に、富塚古墳の石室及びその上に増築されていた富士塚の石材を追加して「ニュー富塚」として再利用したのだろうか?
石室は明らかに移設されたもののようだが、墳丘自体はどうも元々この場所にあったもののように思える。神社の方が不在だったので、真相を聞くことが出来なかったのが残念である。いずれ日を改めて再訪し、神社の宮司さんに真相を聞いてみたい。

●高田富士

参道を戻り、次は先程チラっと見えた移築富士塚へ。
前述の通り、元々は現在の早稲田大学構内にあった冨塚古墳の上に増築されていた富士塚であり、その盛土の何割かは古墳由来のものであると思われる。先に見たように、富塚は社殿裏に移築?されていたので、水稲荷神社遷座に伴い、かつての古墳跡は、土台の古墳部分と増築された富士塚部分に2分割されてこの地に移転したことになる。つまり、一つの古墳が遷座によって2つに分裂した訳で、そこはかとなく面白い。
東から

富士塚には毎年7月20日前後の「お山開き」の時以外、立ち入ることが出来ない。仕方ないので隣接する甘楽園内から観察。かつては都内最大最古と言われた富士塚であるが、移築されても尚、そこそこの規模を維持しているようだ。
北から

木立が多く、引き位置からの観察は難しかった。この富士塚を崩した際に埴輪片等が出土したと言われているので、この富士塚の盛土内にもそうした古墳由来の遺物が混じっているのではないかと思われる。
南から

富士塚の麓には浅間神社の祠が祀られていた。来年のお山開きの際には是非この古墳カスに登山してみたい。
東側の通りから

東側の通りからも僅かに富士塚の姿を見ることが出来た。切り通しの崖縁に移築されており、頂上からの眺めは高所恐怖症の私には、かなりヤバいものになりそうだ。今から来年に備えて覚悟を決めておかねばなるまい。

●穴八幡神社横穴

現在の水稲荷神社の南、旧鎮座地の西側の台地上に「穴八幡」といういかにも古墳チックな名前の神社が鎮座している。
神社の由緒によれば、寛永13年(1636)、徳川幕府の御持弓頭であった松平直次がこの地に的場を築き,射芸の守護神として京都の岩清水八幡を勧請したのが始まりだという。この八幡神社を管理する別当寺である放生寺を建てるために、境内南側の崖を削った所、横穴が現れ、その横穴内から金銅の阿弥陀像が発見されたそうで、それを以来「穴八幡宮」と呼ばれるようになったそうだ。

立地、そして何がしかの宝物が出たという伝承からして、古くからこの横穴は古墳時代の横穴墓ではないか?と言われているが、東京都の遺跡台帳には縄文時代の遺跡としては登録されている(新宿区60番)が、横穴墓としての登録はなされていない。
南側の参道から

台地の上に立派な丹塗りの門が聳えており、牛込36町の総鎮守であった風格を漂わせている。この左手の崖面に横穴が開口しているとガイドブック等には書かれている。
横穴推定位置

穴八幡神社境内と別当時の放生寺の境の崖面に、社名の由来となった横穴が所在している筈であるが、残念ながらその箇所は工事中で、横穴を見ることは出来なかった。

●富塚跡地

先程見てきた富塚&高田富士が元々あった場所に、新宿区による説明板があるとのことなので、最後に跡地を見ておくことにした。跡地はすぐに分かったものの、説明板を探し出すのにちょっと苦労した。
富塚跡地説明板所在地

説明板は早稲田大学9号館から西側の通りに出る通路沿いにあった。但しこの掲示板のある位置に富塚&高田富士があった訳ではない。
富塚跡説明板

新宿区教育委員会による説明板。富塚が古墳であること、富塚がこの界隈の旧村名である戸塚村の名の由来になったこと、百八塚と呼ばれる程多くの塚があったこと等が記されている。
富塚古墳跡地

手前に見えている白い建物が早稲田大学の9号館で、まだ高田富士がこの地にあった1948年撮影の航空写真と現在の航空写真を重ね合わせてみると、この建物が建っている場所から右手の寳泉寺墓地のあたりにかけてが水稲荷神社の元社地であり、冨塚及び高田富士は写真奥に見える別の建物のあたりに所在したようだ。

●渋沢邸内築山

早稲田界隈の古墳関連物件を一通り見終えたので(探せばまだ他にも色々ありそうだが)、再び都電に乗り込み、王子の飛鳥山へ。賞味期限偽装問題が発覚したばかりのマクドナルドなら空いているだろうと思い、麓のマクドナルド王子店で昼食をとることにしたのだが、全くそんなことは関係ないようで、いつもと違わぬ混み様であった。

手早く昼食を済ませた後に、約束通り、日没迄飛鳥山公園で遊ぶことにする。
遊具が設置されているエリアに入ると径32mの円墳である飛鳥山1号墳が嫌でも眼に入る。
息子がそこら辺の子供達と一緒になって公園で遊んでいる間、暇になった私は、下草が枯れ、見学し易くなった園内の古墳を見て時間を潰すことにした。

園内には上述の飛鳥山1号墳が現存している他、博物館建設に伴う調査で2号墳、3号墳の2基の円墳跡が見つかっている。これを総称して「飛鳥山古墳群」と呼ぶが、園内には他にも2カ所、古墳ではないか? と言われている場所がある。
一つは公園の北端にある「地主山」と呼ばれているマウンドで、過去に発掘した際に焼土層が出ただけで、古墳特有の遺物は見つかっていないそうで、古墳説には否定的な意見が強いようである。現在公園の北端に行っても明瞭なマウンドがある訳ではなく、既に削平されてしまったのかもしれない。
もう一つは1号墳の南側にある四阿の建つマウンドで、これ迄、渋沢邸庭園の築山だと思われていたのだが、同様に築山だと考えられていた1号墳が古墳であることが判明したため、このマウンドも古墳ではないかと考えられるようになってきている。まずはこの四阿の建つマウンドから、旧渋沢庭園内を散策してみる。
西から

こちらから見ると高さは余り感じられないが、四阿のある辺りが小高くなっているのが分かる。学生の頃、ガールフレンドと一緒に何度か来たこともあるのだが、当時この四阿はホームレスの家と化していて、近づける雰囲気では無かった。
南から

こちらから見ると墳丘状の地形が良く分かる。1号墳と比べると低平な感じであるが、大きさは同じ位で、形状も円墳であるように見える。
南東から

1号墳は横穴式石室を有する7世紀台の古墳であり、このマウンドも古墳だとすると同時期のものだろうか? 墳頂は渋沢邸庭園造園時に削平されたらしく、今の四阿を建てる際にも特にコレと言った遺物は見つかっていないようである。
東から

こちらから見ると奇麗な円錐形であるが、北西側がタイルで固められている。
北から

タイルで2段に整形されており、何となく葺石を張り巡らせた2段築成の円墳チックである。墳丘西側は地面との比高が余りなく、これは墳頂部が削平されている為かと思われるが、元々東側に下る緩斜面上に築造されているせいもあるかと思う。

●飛鳥山1号墳

続いて北側に近接する飛鳥山1号墳へ。
これも以前は庭園の築山だと思われていたが、発掘調査の結果、横穴式石室や副葬品類が検出され、7世紀築造の径32mの円墳であると判明した。
南西から

飛鳥山には子供の頃から数えきれない程遊びに来ているが、こうして考えてみると、古墳もあり、博物館もあり、子供用の遊具もありと、今の私にとっても最高のロケーションである。
南西から

下草が無くなり、以前撮影した時よりも断然見学し易くなっている。墳丘への出入りも自由で、登り放題なのも、この界隈の古墳としては貴重である。

投稿時間 : 23:58 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト