■ 上野公園古墳跡巡り
昨日と打って変わって、木枯らしが激しく吹きすさんではいるものの、空はスッキリと晴れ渡っている。
本日は夕刻より上野で忘年会の予定がある。上野と言えば、上野公園内に現存長70mの前方後円墳である摺鉢山古墳が残っており、かつては他にも多数の円墳があったと言われていることは、東京近在の古墳ファンの間では良く知られていることであろう。

左の写真は鳥居龍蔵『上代の東京と其周囲』(磯部甲陽堂 1927)の「東京市内の古墳調査巡回の記」の中に掲載されている、「上野古墳跡」というタイトルのものである。
それにしてもこの写真、キャプションが無ければ、ちょっと変わった生え方をしている木を撮ったものとしか思えず、ありったけの想像力を働かせてみても、この写真から「古墳」の2字を連想することは不可能だ。100人にアンケートをとったとして、100人全員が「木の写真」と答えるに違いない、跡地写真の中でも高難易度なものである。こんな写真を大正時代に高価なフィルムを惜しみなく使って撮っている(撮らせている)とは、やはり鳥居龍蔵という人はタダ物ではない。ただ、古墳跡と意識して写真を見直してみると、木の根元が僅かに盛り上がっているあたりにこのキャプションの意味を確認することが出来なくもない。

さて、この写真が上野公園のどこら辺で撮られたものなのかは不明であるが、鳥居博士は上野公園内の古墳について、この記事の中で次のように延べている。

 本郷の高台を去つてそれから上野の公園に向った。上野公園では先ず最初に磨鉢山に行つた。これは非常に巨大なる古墳であるが、大分形は壊されて居る。或は瓢箪形の古墳が壊されたものではあるまいかと思はれる。それから尚ほ上野の停車場を見下ろす方の崖に臨んだ所に、三四の丸塚の上を削られたものが分布して居る。其の内一個は原形を存じて居る。私は嘗つて此附近で埴輪の破片を拾つたことがある。又た大野延太郎氏も此處に埴輪の破片を拾つたことがある。尚ほ此附近に祝部土器の破片を拾つたこともある。斯ういふやうなことから考へて見ると埴輪の破片を出す古墳を中心として、此處に古墳の多く存在して居つたことが知られる。而も埴輪の存在して居る工合から見ると、芝の公園にある古墳と時代が同じやうに思はれる。(前掲書PP71〜73)

この記事は大正5年(1916)に行われた、東京市内の古墳巡回行についてのものなのだが、これによると当時は摺鉢山の他に、上野駅に面した崖上に3〜4基の円墳らしき塚があり、そこで埴輪や祝部土器=須恵器の破片が採集できたそうである。ただ、当時既に一基を除き、これらの円墳の多くはその上部が削られており、原形は留めていなかったようだ。幸い同書にはその原形を留めているとされている円墳と思われる写真が掲載されている。

右の写真が同書P72に掲載されている「上野の古墳」と題されたものである。墳丘の中腹に石室と思われる石組が露呈しているのが見える。主体部が横穴式石室で、埴輪片が採集されていることから、この円墳をはじめとする円墳群は6世紀台のものであった可能性が伺える。墳丘上に立っている人物から推測して、高さ2〜3m、径10〜15m程度の小振りな円墳であったようだ。
現在の東京都遺跡地図では、上野駅を見下ろす崖線上に「桜雲台古墳」という円墳跡がプロットされている。鳥居博士の記述によれば、他にも2〜3基の円墳跡があったことになっているが、プロットされているのはこの一基のみであり、もしかすると、当時原形を留めていたとされるこの写真の古墳が桜雲台古墳なのかも知れない。
ただ、東京都遺跡地図では、崖線上ではないが、公園内にもう2基の円墳跡がプロットされている。博士の記述では全て崖線上に存在しているような感じを受けるのであるが、或はこの2基の古墳跡が文中で触れられていた円墳跡のことなのかも知れない。

その辺は今の所はハッキリしないのであるが、遺跡地図では消滅扱いであっても、意外と見た目に分かる残骸が残っていることも多いので、忘年会前に公園内を一巡りしてみることにした。

●桜雲台古墳跡

上野駅公園口改札を出ると、正面に東京文化会館の建物がまず目に入る。この建物の東の角のあたりに、かつて桜雲台古墳という円墳があったらしい。恐らく「東京市内の古墳調査巡回の記」で触れられている円墳の一つであろう。
桜雲台古墳跡地

完全に建物の下敷きになってしまったようで、跡形もない。

●蛇塚古墳跡

科学博物館前から左手に噴水広場を眺めつつ、東京都美術館方面へ歩いて行くと、正面に旧東京音楽学校の奏楽堂の建物が見えてくる。この奏楽堂前の広場入口の十字路のあたりが蛇塚古墳跡である。
事前にGoogle Earthでチェックしてみた所、とりあえず建物の下敷きにはなってはおらず、ちょっとした緑地になっているようなので、多少なりとも残骸が残っているのではないか? と期待していた物件である。
蛇塚古墳跡地

遺跡地図では、写真左の木が生えている緑地帯の角のあたりにプロットされている。写真右手奥にも芝生に覆われたマウンドが見える。
芝生広場のマウンド

上の写真の右奥に見えていたもので、これが蛇塚跡かとも思ったが、プロットされている地点から離れており、関係なさそうだ。
蛇塚跡地の高まり

遺跡地図でプロットされている地点には、通路に面して石碑が設置されており(古墳跡とは無関係)、その後ろ側が僅かに盛り上がっていた。墳丘を削っても、意識的に地均しでもしない限り、完全に平らにすることは難しいものだ。もしかするとこの高まりはそうした墳丘の痕跡なのかも知れない。
怪しい高まりを反対側から

これらの木々は公園化の際に植林されたものと思われるので、植林された当時、既にこの高まりは存在していたことになろう。芝生広場のマウンドならいざしらず、この程度の高まりをわざわざ造ったりするとも思えず、しかも古墳跡地であるとなると益々怪しい。

●表慶館古墳跡

最後の古墳跡は国立博物館内の表慶館のあたりにプロットされており、その名も「上野公園表慶館古墳」となっている。博物館には公園内から出土した埴輪片等も展示されていた筈なので、久々に博物館を見学し、ミュージアムショップも冷やかしてみることにする。
表慶館古墳跡地

正面に見える建物の凸部の前あたりが跡地。建物の下敷きにはなっていないようだが、墳丘は完全に削平され、跡形も無くなっていた。ま、それは良いとしても博物館なのだから、跡地に説明板の一つも建てておいて欲しい気はする。

●摺鉢山古墳

そろそろ集合時間が迫ってきたので、博物館を後にし、集合地点に向かいつつ、最後に公園内に唯一現存する摺鉢山古墳に寄ってみた。

現地説明板等では6世紀台の前方後円墳とされているが、その根拠はどうも「東京市内の古墳調査巡回の記」で鳥居博士が記している埴輪片採集記事であるらしい。しかし、上に引用した記事を読む限り、埴輪片は崖線際にあった円墳跡で採集されており、摺鉢山周辺で拾ったようには書かれていない。他にも採集記録があるのかも知れないが、後円部よりも低く小さな前方部(削られた結果かも知れないが)等、4〜5世紀頃の古式前方後円墳である可能性もありそうだ。
大正時代の摺鉢山古墳

『上代の東京と其周囲』P72より。
写りがイマイチであるが、左手が前方部で右手が後円部だと思われる。現在の地図と照らし合わせてみると、墳丘の南側から撮影されたもののようだ。
摺鉢山古墳

現存長70mのこの界隈では大型の前方後円墳である。写真左手が前方部で右が後円部。その他詳細はこのブログの過去記事(2007年2月14日)参照のこと。

この後、友人達と合流し、忘年会に突入。
特に店を予約していた訳ではないので、元々適当な店を探して入るつもりだったのだが、激しく吹く木枯らしに、すっかり移動する気が失せた一行は、そのまま上野駅内で飲むことを選択。で、スグに入れるという理由から、またしてもハードロックカフェに行く羽目になってしまった。

「もうしばらくハンバーガーはいらない」と思っていたのに、結局ハンバーガーとビールをオーダー。改めて「ハンバーガーは暫くいらない」と思いつつ、帰宅の徒についたのであった。

投稿者 Toyofusa : 2007年12月17日 00:31 Twitterにポスト Tumblrにポスト

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://paralleli.life.coocan.jp/kofunblog/mt-tb.cgi/52