2008年01月 アーカイブ

« 2007年12月 | 記録帳TOP | 2008年02月 »


2008年01月05日 埼玉県の古墳
 ■ 深谷市岡探訪
妻の実家がある県北の深谷に、新年の挨拶を兼ねて遊びに行くことになった。
折角なので、ちょっと時間を見繕って、旧岡部町岡界隈の古墳&古墳跡を巡ってみることにした。

また、深谷への道中、道沿いに何カ所か古墳が見える所があるので、撮影を試みてみた。

●十三塚一号墳

自宅から深谷へ行くのに、まずは国道122号を北上する。
岩槻の加倉で国道16号を越え、東北道を左手に見つつ北上すると平林寺橋交差点に至る。今はそのまま北上すれば122号バイパスへと繋がるのだが、ちょっと前まではこの先が工事中でバイパスに抜けられず、左折して旧道に出るしかなかった。
この旧道を北上し、蓮田駅を越え、関山交差点で右折し、関山東交差点で左折するとバイパスに入れるのだが、関山で右折せずにそのまま北上すると右手にフェンスで囲まれたこんもりとした林が見えてくる。これが蓮田市では今の所、唯一現存する古墳とされる十三塚一号墳である。
この古墳を含む蓮田市黒浜〜閏戸界隈の古墳は元々「十三塚」と呼ばれており、これを受けて『蓮田市史』等では「十三塚古墳群」と呼んでいるが、『埼玉の古墳 北埼玉・南埼玉・北葛飾』(塩野博著 さきたま出版会 2004)では、「閏戸古墳群」となっている。
十三塚一号墳

墳丘上の林は手入れされておらず、荒れ放題で、下草が枯れるこの時期であっても墳丘を見通すことができない。径20m程度らしいが、こうして見る限り、高さは余りないらしい。

●玉井古墳群の古墳?

122号を更に北上し、騎西町の玉敷神社(ここに古墳の石室材がある)を右手に見つつ、羽生市に入った所で国道125号バイパスに入る。このバイパスを西進し、行田市小見の陸橋に差し掛かると右手に全長112mの小見真観寺古墳が見えてくるのだが、油断して写真を撮り損ねてしまった。

行田から熊谷に入り、125号バイパスから17号バイパスに入り、暫く北上。熊谷市立女子高校を過ぎたあたりでバイパスを降り、深谷市内へと向かう。
この熊谷バイパスから中山道へ下る道の途中、久保島交差点の手前右手の田中に、いかにも古墳然とした怪しい高まりがある。かねがね古墳ではないかと思っていたのだが、『埼玉の古墳 大里』(塩野博著 さきたま出版会 2004)で調べてみたところ、どうやら玉井古墳群を構成する古墳の一つらしい。
同書P247には、熊谷市史からの引用として、「かつて十七基の円墳と二基の方墳が築造されていたが、現在はほとんど破壊されて、墳丘の残存している古墳は三基である。」とあるので、恐らくこの現存三基の内の一基であろう。
古墳らしき高まり

玉井古墳群は玉井中学校にあった前方後円墳の他は、円墳と方墳で構成されていたそうだが、こちら側から見る限り、方墳っぽく見える。ただ、田や畑の中にある円墳の場合、耕作で裾が削られて方墳っぽい見かけになることも多い。

●榛沢郡衙正倉院跡

昼過ぎに妻の実家がある深谷の東方に到着。
東方というと東方城跡や木の本古墳群があったりするのだが、残念ながら妻の実家があるのは中山道の南側にある旧東方村の飛地部分なので、古墳群を見学するには中山道北側の楡山神社がある原郷方面へ少々歩かなくてはならない。まあ、片道せいぜい2km位の話しなのだが、そんな理由で行こう行こうと思いつつ、未だに行かずに終わっている。とりあえず今日は車で旧岡部町を巡る。

挨拶と昼食を済ませ、1時半に東方を出発。中山道を北進し、旧岡部町岡のあたりでバイパス方面へ右折。2時前に「道の駅おかべ」に着く事ができた。ここに車を停めて、小用を足した後に徒歩で岡地内を巡ることにする。まずは道の駅のすぐ裏手を流れる福川を渡った対岸の段丘上に隣接する「中宿遺跡公園」へ。
正倉院正倉

中宿遺跡は榛沢郡衙の正倉院跡と見られる遺跡で、数多くの高床式倉庫跡が検出されており、公園内にはその倉庫が復元されていた。恐らくこの遺跡に続く岡の台地上に政庁跡等、郡衙の中枢部分が眠っているのであろう。

●古墳供養碑

「埼群古墳館」の昇寛さんから、岡の八坂神社境内に古墳供養碑があると教えてもらったので、復元倉庫前を通ってバイパスの岡交差点方面へ西進する。岡交差点から左手の坂を登ると有名な百庚申が見えてくる。この百庚申のある丘の上が八坂神社だ。
百庚申

深谷や岡部、中山道関係のガイドブック類に必ずと言って登場する有名スポットである。私の家は戦国時代末頃から代々この岡村に住んでおり、祖父が東京に出てきた関係で今は埼玉県南に住んでいるが、父の本籍は岡部町岡のままだし、本家は今でも岡で農家をやっている。そういう意味で、ここは私のルーツ的な土地であると言えよう。
説明板

岡村の有志によって造られたとある。残念ながらこの有志の中に我が家の先祖の名は見えず。
古墳供養碑

社殿の左手、墓地の手前の崖際に建っている。この界隈は耕作の為に相当数の古墳を崩しているらしく、人骨が出てくることもしばしばだったらしい。この種の古墳供養碑は県内に幾つかあるらしいが、実際目にするのはこれがはじめてである。
石碑裏面

植え込みが邪魔で良く見えないが、「(前略)村の北隅に古墳大四十小六十あり之を四十塚と名く。近時人口稠密を加ふるに依り高を均し畑とし、墳を発けば皆古の骨を埋たし所なり。耳環勾玉切子臼玉の◯つあり。全面開墾助成法により此跡湮滅し穀禾を収穫せんとす。(後略)昭和五年三月十四日」とある。
境内の様子

石碑裏面の碑文によると、この場所から中山道とバイパスが合流する地点にかけてのあたりに沢山の古墳が存在したようだ。中山道とバイパスの合流点には四十坂遺跡があり、ここから10基の古墳跡が検出されており、碑文の内容を裏付けている。

●寅稲荷古墳

八坂神社で古墳供養碑を見学した後に、中山道を渡った向こう側にある寅稲荷古墳を目指す。
この古墳は供養碑文で見た「四十塚古墳群」を構成する古墳の一基であり、現在は寅稲荷神社の土台になっている。岡の集落内を通る旧中山道沿いにあった百庚申&八坂神社の案内板には、「村社寅稲荷神社」とあったので、八坂神社は寅稲荷神社の境外末社なのであろう。
寅稲荷神社

中山道沿いにあり、通りからも良く見える。鳥居の奥に見える木立が墳丘である。
後円部

上部は社殿で削られてしまっているものの、一目でそれと分かる墳丘が残っている。墳丘手前に見える鳥居は思いの外低く、デジカメの画面を見ながら歩いていたら、思いっきり額をぶつけてしまった。
墳丘上の様子

寅稲荷の社殿によって墳頂は平に均されてしまっているが、写真に見える拝殿が後円部から前方部に至る按部に位置し、その後ろの本殿が前方部上に立地している。
後円部から前方部

社殿で中心部分は見通せないので、墳丘北側に寄って撮影。くびれ部が比較的明瞭に残っているのが分かる。
前方部から後円部

こちらは墳丘南側の様子。こちらもくびれを看取ることができる。
前方部端

2段になっているのが分かる。こうして見ると墳頂以外の墳丘の残り具合は良いようだ。
墳丘全景

北側から。左手が後円部で右手が前方部で、墳頂を均された現状でも前方部が後円部よりもやや高くなっているのが分かる。
説明板

主軸長51m、後円部径26m、同高3m、前方部幅34m、同高3.5mの前方後円墳で、角閃石安山岩を用いた横穴式石室を有する6世紀末の前方後円墳であると考えられている。この説明板では埴輪の有無は明確でないとされているが、周掘から円筒埴輪と形象埴輪の破片が検出されており、この古墳に伴うものである可能性がある。
寅稲荷神社には坂上田村麻呂宿陣伝説があり、四十塚古墳群はその際に築かれた城塞の跡だと考えられていたようである。関東の古墳には日本武尊、藤原秀郷、源義家、太田道灌といった各時代の武将達が陣を敷いた所だとする伝承が多い。これは古墳の周堀を防御用の堀と考えたことに由来するのであろう。以前にもこのブログで述べたが、恐らく元は日本武尊が陣所としたとする伝承が各地の古墳にあり、それが後に様々な武将の名にすり替わっていったのだと思う。『常陸国風土記』を読むと、奈良時代の関東には日本武尊伝承が広く存在してたことが伺え、ここではそれが平安時代以降に坂上田村麻呂に変化したのであろう。

●お手長山古墳

次は寅稲荷の南東600m程の所にある、前方後円墳・お手長山古墳へ。
ブロッコリー畑と住宅の間を抜けて行った方が近道だが、一旦中山道を岡廼宮神社迄戻り、そこから南に伸びる道を岡部西小目指して南下する方が分かり易いと思う。中山道からもブロッコリー畑の彼方に墳丘が見える。

寅稲荷から徒歩10分位の所にあるが、寅稲荷古墳が四十塚古墳群に属しているのに対し、お手長山は熊野古墳群という別な群に属しているらしい。特に谷や川で隔てられている訳でもなく、拠って立つ河川が違う訳でもないのに分ける必要も無いんじゃないかという気もするが、寅稲荷古墳を中心とする群が四十塚古墳群、お手長山古墳を中心とする群が熊野古墳群ということのようである。
北側から

大分削られているらしく、前方後円墳というよりは大き目の円墳といった雰囲気である。
北東から

東側に廻って眺めてみると、僅かにくびれ部の名残を認めることができた。こうしてみると確かに前方後円墳らしく見える。
後円丘

東側に墳頂の千手堂に至る参道があり、その脇に説明板が立てられている。
後円部から前方部

墳頂は寅稲荷程ではないにしろ、平らになっており、現存部の中央に千手堂が祀られている。
前方部側から後円部

前方部は大きく削られており、この写真の撮影位置は前方部と後円部が連結する箇所から若干前方部側に入った所であり、現状ではここが前方部端となっている。
北西から墳丘全景

後円部も南側が大きく削られているが、それと比べると北側は比較的旧状を留めているようで、僅かにくびれ部の名残りを留めているのが分かる。
説明板

本来の規模は主軸長49.5m、後円部径37m、前方部長12.5mの帆立貝形に近いずんぐりとした前方後円墳であったようだ。実測図と復元図とから、前方部の大部分と後円部南側が大きく削られてしまっているのが分かる。主軸長、築造時期共に寅稲荷とほぼ同じであるが、寅稲荷は普通の前方後円墳であったのに対し、こちらは帆立貝形に近い形状である。こうした違いは何を意味しているのだろうか?

●岡林寺石棺仏

お手長山から中山道に戻り、道を渡った向こう側にある岡林寺へ向かう。
ここには昇寛さんのBBSでその存在が明らかになった、関東に2例しかないという「石棺仏」の一つがあるのだ。先日、渋谷でその片割れを見てきたので、これで関東にある石棺仏はコンプリートだ。

ちなみにこの寺、子供の頃に連れてこられた記憶があるのだが、こんな珍しいものがあるとは全く気付かなかった。
大日如来祠

森田家の墓地の一角に大日如来を祀った祠がある。この大日如来こそが古墳の石棺に彫り込まれた「石棺仏」なのである。調べた訳ではないので確証はないが、姓と墓地の規模、こうした祠を祀っていることからして、近くにある島護産泰神社の神主さんの家の墓地ではないかと思う。
石棺仏

渋谷で見たものと似たような石質である。渋谷の石棺仏は石棺仏のメッカ・兵庫県加西市あたりで造られたもののようなので、この石棺仏も同産地なのかも知れない。手前に置かれている鉢も同じ石質のようだ。

●島護産泰神社

珍しい石棺仏を拝んだ足で岡林寺の東にある、榛沢郡総鎮守・島護産泰神社へ寄る。
北〜東側に水田地帯を見下ろす台地縁辺に立地しており、中宿遺跡の復元倉庫がある場所の南側に隣接している。榛沢郡総鎮守という肩書き、郡衙正倉院に隣接する立地を考えると、もしかするとこの神社周辺に郡衙政庁等が置かれていたのかも知れない。また、台地縁辺という立地から、古墳跡である可能性も考えられる。
島護産泰神社社殿

特に小高くなっている訳ではないが、立地からして元は古墳だった可能性はある気がする。或るいは古墳を潰して郡衙施設を作り、その後に神社が祀られたのでは?等と想像が膨らむ古社である。
説明板

この神社の加護のもとで榛沢郡内の開拓が進められたとあり、郡衙施設があったことを匂わせる内容である。また、ここには記されていないが、日本武尊が東征の際に勝利を祈願した場所であるという伝承がある。上述の通り、こうした武将が宿陣したという伝承は古墳の周堀を防御用の堀と見立てることに由来するものと思われるので、この神社に日本武尊が立寄り、戦勝を祈願した(当然宿陣したであろう)という伝承があるということは、周掘を伴う古墳がかつて存在した可能性を物語っているように思う。
社殿裏手にある神楽殿・手水舎改築寄付者芳名碑に曾々祖父の名を発見した!金五円を寄付したそうだ。他にも自治会館建設寄付芳名碑や記念樹奉納者名や社殿改築寄付者名等、新旧の碑石類に親類の名が多く見え、我が家が岡村村民としてこの神社と深く関わってきた歴史を垣間見ることができた。

●蛇喰古墳

島護産泰神社で日本武尊伝承に触れると共に、ひいひい爺さんの名を通じてこの地との縁を再確認した後に、本日最後の古墳を目指して旧中山道を東進する。
10分程歩き、旧中山道が中山道と合流する地点に至ると、左手の畑中に小振りな円墳が見えてくる。これが白山古墳群で唯一現存する蛇喰(じゃばみ)古墳である。
西から

島護産泰神社同様、東に水田地帯を見下ろす台地縁辺という立地である。かつては周囲に沢山の古墳があり、中山道の南側の白山遺跡からは帆立貝形前方後円墳跡×1、円墳跡×24が検出されている。四十塚古墳群や熊野古墳群とは地続きであり、大きく見ればそれぞれの古墳群は一つの大きな古墳群の支群であると考えられるのかも知れない。
南から

見た所、墳丘は2段になっており、1段目の上のテラス部は墓地として利用されている。この段が築造当時からのものなのか、後世の変形によるものなのかは不明である。尚、墳丘上からは埴輪片が採集されており、6世紀代の築造と考えられている。
墳頂の様子

墳頂の平坦面は少なく、墳頂には小さな石祠が祀られていた。
東から

裾部は墓地として利用されている。尚、現存径は25m、高さ2mであり、県内では中規模な円墳の部類に入ると思う。
北西から

こちらも裾部は墓地になっている。世の中には墳丘上が完全に墓地で固められたような古墳も多いが、時代を越えて同じ場所に墓地を営むケースが多いのは興味深い。
北側の水田から

台地縁辺で低地を見下ろすような立地であることが良く分かる。この台地上はかつてはかなりの古墳密集地であり、古墳時代には相当開けた土地であったことが伺える。恐らくこうした基盤があったことから後にこの場所に郡衙が置かれたのであろう。郡衙で政務を行った郡司と寅稲荷やお手長山といった前方後円墳の被葬者との関係も気になる所である。

投稿時間 : 02:05 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト