2008年11月 アーカイブ

« 2008年08月 | 記録帳TOP | 2008年12月 »


2008年11月09日 東京都の古墳
 ■ 赤羽台1号墳
北区の赤羽台古墳群の中で唯一現存する、赤羽台1号墳を見学してきた。
赤羽台古墳群は、JR赤羽駅北西の台地上に所在する、八幡神社から星美学園の敷地にかけて分布していた古墳群であるが、その殆んどは、戦前の陸軍駐屯地造成に始まる開発によって消滅しており、星美学園敷地内の崖際に円墳が1基残存しているのみである。

実はこの学校には仕事の納品や打ち合わせで何度も訪れているのだが、中々古墳の見学をしている時間がとれずにいた。今日は学園で行われるチャリティーバザーに行くことになったので、一通り見物を終えた後に、裏手の赤羽台一号墳を見学させて頂くことにした。

赤羽台一号墳

場所は遺跡地図で確認済みだったが、意外とアテにならないこともあるので、念のためシスターに場所を確認してみた所、「幼稚園の裏手に古墳の残骸がありますよ」とのことであった。教えられた通りに崖際の道を進むと、確かに古墳の残骸のようなマウンドが見えてきた。

西から

北区の飛鳥山遺跡の調査報告書に掲載されている写真等と比べ、かなり変形してしまっている気がするが、単に発掘調査のために草木を取り払ったせいで印象が変わっただけか?
径30m程の円墳とのことであるが、墳丘は大分失われて小さくなっているようだ。

南から

こちらから見るとそれなりに形の整った円墳に見えるが、本来の規模を考えるとシスターが「古墳の残骸」とおっしゃってたのもうなずける。
墳丘の向こう側は崖になっている。

東から

東側は崖線に面しており、墳丘と距離をとることができず、全体を写すことは出来なかった。

北から

現状で墳丘高は2m程度であろうか? 場所が幼稚園の裏手だけに、園庭の築山にしか見えない。

墳頂から東を望む

崖際という立地故、墳頂からの見晴らしは良く、眼下には隅田川(現荒川)による沖積地を一望できる。
写真奥に堤防が写っているが、その向こうに新河岸川と荒川が流れている。写真右手奥に写っているのが、高層マンションで有名な、川口市のエルザタワーで、その手前位に現荒川と隅田川を仕切る岩渕水門(通称赤水門)がある。
この古墳の立地を考えると、被葬者が暮らしたムラもまた、この低地のどこかにあったのだろう。

墳頂から西を望む

西側は幼稚園の建物になっているが、その手前にも古墳の残骸状の高まりがある。

墳丘南側

こちらにも何やら小さなマウンドがある。古墳の残骸? それとも残土?

説明板

崖際に説明板が設置されていた。赤羽台遺跡全般についての解説で、1号墳について詳しく解説されている訳ではなかった。

投稿時間 : 23:08 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト