2008年12月 アーカイブ

« 2008年11月 | 記録帳TOP | 2009年01月 »


2008年12月26日 古墳巡りGadget
 ■ ミニノート MSI Wind U100 Vogue 購入

今年7月にiPhoneを買うまで、外出する際は割と頻繁にノートパソコンを持ち歩いていた。
写真左奥のPowerBook G4(15インチ)か、右奥のMacBook(13インチ)なのだが、いずれも重さが2.5kg程度ある。
学生時代、重さ3kg位あった東芝Dynabook 286を毎日持ち歩いていた身としては、これまで特に何とも思っていなかったのであるが、iPhoneを購入して、ノートの出番が激減した今となっては、タマに持ち歩くとエラく重く感じてしまう。それから、サイズ的に車内や店で広げるにはちょっと大き過ぎるというのも難点である。

そこで、最近流行の低価格ミニノートを買ってみた。
似たようなスペックの物が沢山出ているので悩んだが、機種はMSI Wind U100 Vogueに決定!
理由は、メモリが最大で2GB積めるのと、Mac OSXが比較的マトモに動く夢が見られるとされている、の2点である。
せめて夢の中くらい、普段使い慣れたOSとソフトを使いたいものだ。

勿論、この機種はWindows機(Win XP HE SP3を搭載)であり、Mac OSX機ではない。
まあ、Mac OSXを載せられるのはApple製の機体に限るという同社の規定があるから当たり前である。
しかし、最近のMacは、Win機と同じIntel製プロセッサを積んでいるため、Intel Mac用のOSXであれば、Win機にインストール出きる夢を見る技が編み出されているのである。
丁度最近のIntel Macが、OSの標準機能でWin XPやVistaをインストールしてデュアルブート環境を作ることが出きるのの逆である。

ただ、OSXは、システムを構成するパーツが決まりきっているApple製マシンを前提に組まれているため、様々なパーツが用いられているWin機全てにインストール出きる訳ではなく、また、インストールは出来ても実際に使ってみると様々な不具合が出ることが殆んどである。つまり、夢を見るのにも色々と厳しい条件があるということだ。
そんな中、U100は比較的安定してOSXが動く(致命的な不具合が出ない)とされており、私のような小型のMacノートの夢を見たい層に人気の機種なのである。価格も5万円程度と一番安いMacBookの半値程度である。
これなら例え夢が見られなくてもダメージは少ないし、XP機としては使える訳で、それはそれで無駄にはならないだろう。
そこで近所のPCショップでU100を購入し、OSXがU100 Vogue上で動く夢にトライしてみることにした。

ネット上にはU100で夢を見る用にカスタマイズされたOSXが転がっており、これを使えば楽勝か? と当初は思っていた。しかし改めてトライしてみると、安PC故なのか、一口にU100と言ってもパーツ構成に幾つかのヴァリエーションが存在しているようで、手順通りには中々行かない面もあり、紆余曲折、あれこれと試行錯誤はさせられることとなった。
まあ、最終的には無事インストール&起動する夢を見ることが出来たので良しとしよう。
夢の中で使ってみると、内蔵カメラが動かないとか、ヘッドフォン出力が死んでいる、スリープから復帰できない等、細かな不具合はあるものの、悪夢という程ではなく、私の使用範囲では特に困るような不具合もなく、噂通り安定して良い夢が見られる印象である。

因みに、U100 Vogueのスペックは次の通り。

 寸法 : W=260mm D=180mm H=40mm
 重量 : 1.32kg
 CPU : Intel Atom N270 1.6GHz
 RAM : 2GB
 HDD : 160GB
 解像度 : 1024 x 600

一方、これまで使ってきた機体は、

 Power Book G4 15in.
 寸法 : W=348mm D=241mm H=28mm
 重量 : 2.54kg
 CPU : PowerPC G4 1.5GHz
 RAM : 1GB(最大1.5GB迄増設可)
 HDD : 80GB
 解像度 : 1280 x 854

 MacBook(2008年2月発売モデル)
 寸法 : W=325mm D=227mm H=27.5mm
 重量 : 2.27kg
 CPU : Intel C2D 2.4GHz
 RAM : 4GB
 HDD : 250GB
 解像度 : 1280 x 800

HDD容量は私のメインマシンで、購入当時30万以上したPB G4を上回ってしまっている。
5万円パソコンなのに(笑)。
更にベンチマークテストの結果も、総合点を比べてみると

 U100=45.15
 PBG4=49.23
 MB=73.08

となり、総合点だけで見れば、PowerBook G4と大差がない(グラフィック機能等、PBG4が大差をつけている部分もある)正にドリームマシン状態。
流石にCore 2 Duo 2.4GHzのMacBookには遠く及ばないが、サイズ的にもスペック的にもU100はMacBookの2/3程度のマシンと言えよう。
外出及び旅行時に携帯するマシンとしては、まずまずのスペックであると思う。
古墳巡りの際も、これならサッと取り出して、iPhoneやデジカメの撮影データを吸い上げるのに便利な夢を見られそうだ。

投稿時間 : 02:59 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト