2009年03月 アーカイブ

« 2009年02月 | 記録帳TOP | 2009年04月 »


2009年03月29日 近所の塚
 ■ さいたま市見沼区東宮下 氷川神社

膝子塚に続いて、膝子の北に隣接する見沼区東宮下へ。

東宮下は膝子塚の所でも書いたように、過去に円墳跡や人物埴輪、円筒埴輪片が見つかっている場所である。
人物埴輪が東宮下のどこから出たのかは、発見者の事情で公表できないということなので、詳細な場所は不明なのであるが、どこか古墳らしき地形でも残っていないものかと、綾瀬川に面した台地縁を中心にGoogle Mapを眺めていた所、氷川神社にそれらしいものがありそうな感じだったので、訪ねてみた。
尚、氷川神社とその周辺は、円墳跡一基と埴輪片が発見された旧大宮市A-116番遺跡の遺跡範囲内である。
また、A-116番遺跡のすぐ北にある、A-117番遺跡からも埴輪が検出されているそうなので、もしかすると人物埴輪が出たのは、A-117番遺跡内のどこかなのかも知れない。

さて、『新編武蔵風土記稿』の足立郡宮下村の項では東宮下の氷川神社について次のように記されている。

「氷川社 小名上組向組大組の鎮守なり。宝光院持。」

旧宮下村の中でも、綾瀬川に面したあたりの鎮守であるらしい。
ちなみに「宮下村」とは、北に隣接する宮ヶ谷塔にある氷川神社の下にあることから付けられた地名とのこと。

東宮下の氷川神社は、綾瀬川による沖積低地を見下ろす台地縁に鎮座しており、社殿向かって右隣りに小さな塚が祀られていた。立地からすれば、古墳であってもおかしくないように思えるがどうだろうか?


東宮下氷川神社。
社殿右手に塚がある。ちなみに社殿の向こう側は崖になっており、台地縁辺という、いかにも古墳がありそうな環境ではある。付近から古墳跡や埴輪も見つかっているとのことで、期待が膨らむ物件である。
塚を北側から。
小振りだが、裾部に石材が積まれており、石室を有する古墳を崩した跡のような雰囲気である。
塚上に祀られている石祠。
「雨降神社」と刻まれていた。旱魃の際はここで雨乞いの儀式を行ったのだろうか? 氷川神社は元々見沼の水神を祀った神社とされているが、こうした水にまつわる儀式を連想させるものが残っているのは興味深い。
塚の麓に建てられていた石碑。
嘉永6年に建てられたもので、この塚の由緒について記されていた。読める所を拾い読みしてみると、相模の石尊宮を勧請したもので、諸御山の土を云々と書かれているので、石材も土も江戸時代に他所からもってきて積み上げたものなのかも知れない。
東から。
見た目は円墳風で、裾部には石材が全周しているようだ。元々は古墳の葺石のように、塚の表面は石材で覆われていたのかも知れない。
西から。
塚上の木の生え方からすると、元はもう少し大きかったのかも知れない。
iPhoneのMapで上空から。

塚のある南側にも、周囲より若干小高くなっている場所がある。宅地開発で周囲が整地された結果とも思えるが、塚を削った跡のように思えなくもない。行ってみると墓地として利用されていた。

どうも氷川神社の塚は古墳ではないっぽいが、かつてこの辺りに古墳があったことは間違いない訳で、これからも調査が進めば新たな古墳跡が見つかるかも知れない。

投稿時間 : 02:43 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年03月28日 近所の塚
 ■ さいたま市見沼区 膝子塚

今日は久々に埼玉県内の古墳かも知れない塚へ。

鳩ヶ谷から日光御成街道(旧国道122号線)を北上していくと、岩槻に入る手前のさいたま市見沼区内に「膝子」という場所がある。
ちょっと変わった地名だが、江戸時代後期に幕府によって編纂された地誌『新編武蔵風土記稿』の足立郡膝子村の項によれば、その由来は、

「膝子村は江戸より行程八里余。村名の起りを尋るに、往昔、農夫某が妻懐妊して異形のものを産めり。その体を見るに人の膝の如くなればとて、当所をさして膝子と異名に呼しより、終に村名となれりと云。覚束なきことにて取べき説にもあらざれど、土人の伝る侭を暫く記せり。」

と記されている。
「人の膝のような異形の子」が産まれたから「膝子」なんだそうだ。
落語の「ちはやふる」のように、突然やってきた幕府の役人に村名の由来を聞かれて、その場でしどろもどろしながら捻り出したとしか思えない、何のヒネリもない直球ストーレトっぷりに痺れるばかりである。
幕府の役人も「嘘くせえけど、連中が言ってる通るに書いておくぜ」としている所も微笑ましい。
「ひざこ」という地名が先にあって、それを説明するために後付けでこじつけた感がビンビンする。

更に読み進めて行くと、村内の塚について記した記事がある。

「膝子塚 村の西北にあり。はかり三間余、高一丈許。これ村名の条に弁せし農夫が妻の産し異形のものをここに埋めしと云。」

「人の膝のような異形の子」というのが、一体どんなものなのか、全くイメージが湧かないのだが、それを埋葬した塚まであるとは、膝子とは、県南屈指のホラーな場所だったようである。

さて、上記の伝承から推察するに、どうも「ひざこ塚」という塚が先にあって、それに因んでこの辺りを「ひざこ村」と呼ぶようになったのではないかと思われる。その「ひざこ」については、村人もその場で捻り出したような話ししかしていない所をみると、なんで「ひざこ」なのか、江戸時代の後期には既に訳が分からなくなっていたようだ。

「ひざこ」の由来については、明治以降に郷土史家や研究者も色々と考察を加えているようで、「ひさご塚(瓢塚)」が訛ったのではないかという説や、上記の伝承を重視して、「ひるこ塚(蛭子塚)」が訛ったのではないかという説が唱えられているらしい。
「ひさご塚」なら前方後円墳を指す可能性が高く、古墳が存在したことにちなむ地名ということになり、興味深い。

膝子は大宮台地の東縁、綾瀬川(古荒川)による沖積低地と見沼の谷との間に挟まれた細長い台地上に位置している。
これまで県南の綾瀬川流域は古墳不毛地帯とされてきたが、膝子のすぐ北に隣接する見沼区東宮下から埴輪が見つかったり、旧大宮市のA-116遺跡から円墳跡と埴輪片がみつかったりと、実は綾瀬川流域にも古墳群が存在していたことが明らかになりつつある。
もしかしたら、この膝子塚も古墳、しかも前方後円墳なのではないか? と思い、早速見に行ってきた。


膝子塚。東南から。
日光御成街道(旧国道122号)のすぐ左側にあるのだが、住宅や生け垣に囲まれていて見通しは悪い。
北東から。
膝子が位置する細長い台地の西縁の見沼代用水際に所在している。現状は円墳乃至は方墳チックな見た目である。私有地内っぽい上に誰もいないようなので、登るのは断念。
西の見沼代用水側から。
薮が邪魔で塚は見えず。塚上の祠と木立が見えるのみ。
「日光道中絵図」中の膝子塚。
江戸時代に日光御成街道沿線の様子を描いたものだが、当時からその姿は円墳乃至は方墳のようなものであったようだ。「愛宕社」と書かれていることから、墳頂の祠は愛宕社なのであろう。ということは祭神は火産霊神だから、地域の防火を願って祀られたのだろう。
iPhoneのMapで上空から。

特に前方部又は後円部があったような地形的な痕跡はなさそうである。あったとすれば、北側か南側か。
もしくは村内にこれとは別の「ひさご塚=前方後円墳」がかつて存在していたのだろうか?

膝子塚からは今の所、異形の者を埋めたという以外に、特に何か古墳を匂わせる出土品が出たという話しはないようだ。或は「異形の者」とは、塚を崩した際に出てきた骨や副葬品の記憶が転じたものなのかも知れない。
膝子村の鎮守、八幡神社。
参道脇に欅の大木が聳えており、非常に趣きのある神社である。境内から縄文〜古墳、平安時代にかけての遺跡が見つかっているらしい。この神社は台地の東縁の綾瀬川による沖積低地を見下ろすような場所に鎮座している。
境内には縄文土器片っぽいものもちらほら見受けられた。古墳時代の土師器も見つかっているそうなので、付近に同時代の集落跡が存在しているのだろう。
膝子の一里塚。江戸から8里の目印である。
元は街道の両側にあったが、現存するのは東側のみで、火の見櫓の土台として活用されている。八幡社と膝子塚の間にある。
台地縁の様子。
向こうに見えるのは、綾瀬川による沖積低地。膝子のあたりは標高が低くなっていて、低地との比高は余りない。
膝子塚の北側にある公園の築山。「ネオ膝子塚」と命名。

投稿時間 : 23:26 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年03月21日 浅草寺周辺の塚
 ■ 台東区千束 蛇塚跡

「船の手水鉢」がさっぱり見当たらないので、今日の所は諦め、浅草寺の北方、所謂「観音裏」「新吉原」にある蛇塚跡を見に行くことにする。
ここも鳥居龍蔵が著書の中で、浅草寺周辺で群を成す古墳の一つであろうとしている物件である。
浅草寺からは徒歩20分程の近場である。

蛇塚はかつて千束〜新吉原界隈にあった弁天池の畔の田の中にあったそうで、そのような湿地帯にあったことから蛇が多く住んでいたので「蛇塚」と呼ばれるようになったという説と、隅田川合戦で討ち取られた首級を葬った「首塚」が訛って「蛇塚」となったという説がある。
こうした「首塚」とも「蛇塚」とも呼ばれる塚は、千束の東北に位置する橋場の妙亀尼塚そばにもあったとされ、隅田川近くの塚であるということを考えると、恐らくは隅田川合戦に基づく「首塚」という伝承が先にあり、それが後に「蛇塚」になったと考えるのが妥当な気がする。
ただ、どちらも来歴不明の塚に対する後付けの説明だと思われるので、より古い時代からあった古墳である可能性もあるのかも知れない。

尚、蛇塚跡地は現在、吉原弁財天となっており、弁天の社と観音像が祀られている。


「蛇塚」の碑。
境内入ってすぐ右に折れた所にある。
蛇塚跡。
溶岩っぽい岩で出来た土台の上に観音像が祀られている。関東大震災時に弁天池で溺死した者を供養するために建てられたそうだ。
説明板。
「弁天祠付近の築山」とあるが、特に蛇塚についての説明はなく、かつてこの付近にあった弁天池や遊郭、関東大震災時の溺死者のことについて触れられている。
iPhoneのMapで上空から。

住宅地の一角にある小さな神社である。
周辺は完全に埋め立てられ、弁天池や湿地帯が広がっていた面影は微塵もない。

蛇塚跡も観音様を祀る際に削られたようで、現状では殆ど高さはなく、蛇塚と書かれた石碑がなければ、とても塚があったようには見えないのだが、上空から見てみると植栽が円形に植わっているのが見てとれ、かつては円形の塚があったらしいことが分かる。

投稿時間 : 23:18 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

 ■ 浅草寺古墳群?探訪 其の3

本日は天気も良いので、昨日に引き続き都内の怪しい物件の探訪に出かけることにした。
どこに行こうかあれこれ考えたが、久しぶりに浅草寺境内を巡ることに。

浅草寺境内の怪しい物件は、鳥居龍蔵が大正時代に著した『武蔵野及其周囲』『上代の東京と其周囲』の2つの著書で紹介している物件を中心に、過去2度の探訪で粗方見て回っているのだが、まだ、やり残していることが幾つかある。

1.伝法院内に所在する伝境内出土の石棺の見学。
2.その石棺が出たとされる、本堂裏手の熊谷稲荷跡の特定。
3.『江戸名所図会』に描かれている塚状地形の見学。
4.石棺と思われる「船の手水鉢」の探索。

1は、伝法院が一般公開される時を狙うしかないので、今回はパス。もっとも浅草寺のHPで写真を見ることは出来るので、わざわざ見に行かなくても、という気もする。
2は、江戸時代に描かれた境内図を元に割り出せそうだし、3も同様。
問題は4だ。

この「船の手水鉢」について、鳥居博士の『武蔵野及其周囲』によれば、江戸時代の文献『読老庵日札』に次のような記述があるそうだ。

「浅草寺の手水鉢、往古は本堂の前にありけるとなり(江戸すずめ)(江戸名所記)等の書にも見へたり、近年いづれに移しけるか知れざりしに、此頃余友藤田金蔵なるもの彼地内にいたり古老を尋て問合はしたるになんなく所在知れたりけり、余一日至り見るに其長さ二間余、幅四尺許、今は船の形もさだかならず、其形は唯石の櫃のように見へける、故人の心つかず、かかる古きもの知らざりけるこれなげくべきにあらずや、今は本堂北念仏堂の庭の中にあり」(同書P123)

元々は本堂の前に置かれていたようで、調べてみると、菱川師宣が描いた境内図に本堂前に置かれている手水鉢が描かれているらしいことが分かった。何というタイトルの絵なのかは不明なのだが、今後調べてみようと思う。また、山東京伝が『近世奇跡考』の中で、この手水鉢に触れているらしい。これも機会があれば一度目を通してみたい。
それがその後、江戸時代の終わり頃には本堂裏手にあった念仏堂の庭に移されていたようだ。長さ約3.6m、幅約1.2mとかなり大きな石材なので、そうそう捨てたり壊されたりはしないと思うので、今でも境内のどこかに残っているような気がするのだが、前回探訪の際には見つけることができなかった。
そこで今回は、念仏堂跡地の浅草寺病院周辺を中心に、2、3をこなしつつ、再度探してみることにした。

まずは、地下鉄の浅草駅から仲見世通りを北上し、弁天山と仁王門(現在の宝蔵門)周辺の塚状地形跡地を巡る。


『江戸名所図会』に描かれた弁天山とその周囲の様子。
弁天山の他に、今の仲見世通り沿いに円墳状の塚が描かれている。

iPhoneのMapで上空から。

赤いピンが刺さっている所が弁天山。こうして上空から見てみると弁天山周辺の地割は、前方後円墳で良く見られる釣鐘型の周濠のようだ。鳥居龍蔵の言う通り、元は前方後円墳だったのだろうか?

『江戸名所図会』の図では、弁天山の南側の通りが仲見世通りとぶつかるあたりに円墳状の塚が描かれている。この画像でいうと、左下角近くだと思われる。
該当地付近。
見た所、既に削られてはいるようだが、もしかすると多少の高まり程度は残っているかも知れない。非公開の伝法院敷地内な上で、タマに公開される庭園内でもないので、見ることは難しいかも。

伝法院と言えば、『江戸名所図会』では、庭園のあたりにも塚状の地形が幾つか描かれている。

画面中央下端に描かれているのが伝法院で、その伝法院の左手に、墳頂に3本の松が生えた塚状の地形が描かれている。庭園ということから、築山である可能性が大だが、元からある高まりを流用した可能性はあるだろう。

iPhoneのMapで上空から。

木が鬱蒼としているので、良く分からないが、池を取り囲むようにポコポコと塚というか築山が築かれているようだ。こうした築山の中には聖域として、立ち入り禁止になっている所もあると聞く。
伝法院の南西に隣接する鎮護堂から、庭園を垣間見る。
ポコポコと築山が連なっているが、中には古墳流用のものがあるのではなかろうか?

また、『江戸名所図会』では、伝法院の左隣、仁王門(現:宝蔵門)の手前左脇に稲荷社が描かれている。ここでは特に塚状にはなっていないが、より古い時代の境内図では「池上稲荷」として、円形の掘を巡らせた塚上に鎮座した姿で描かれている。いかにも円墳流用という感じがして怪しさ満点である。

かつて池上稲荷があったと思われる場所には、現在、不動堂が建っている。
『江戸名所図会』が作られた頃には、既に塚は削られ、掘も埋められていたようだ。

この後、宝蔵門を潜り、本堂左隣の影向堂前の庭園で改めて「船の手水鉢」を探しつつ、本堂裏手へ回り、熊谷稲荷跡を目指す。
『江戸名所図会』では、この辺りは次のように描かれている。

画像右下は伝法院庭園内の築山と思われる。
伝法院内にある石棺が出たとされる熊谷稲荷は、本堂の裏手の念仏堂の右隣りに描かれている。
鳥居列の奥にある建物がそれであるが、ここでは別段塚上に祀られているようには見えない。むしろその後方にある秋葉社が塚上に祀られているように描かれている。より古い時代の境内図でも同様で、塚上にあるのは熊谷稲荷後方の秋葉社である。

石棺が出た塚とは、この秋葉社が乗っている塚だという気もするが、もしかすると熊谷稲荷も塚の残骸風な所に建っていた可能性はあるかも知れない。既に粗方削られていたために、江戸時代の境内図には反映されなかったと考えることも可能だろう。

iPhoneのMapで上空から。

念仏堂は現在の浅草寺病院の場所だから、『江戸名所図会』等と照合すると、病院の建物の右隣り、赤いピンを指してある現在トイレが建っているあたりに熊谷稲荷があったようだ。
秋葉社が乗っている塚は、実相院の左隣の白い建物があるあたりだと思われる。
熊谷稲荷跡と思われるトイレの前には築山が築かれている。もしかすると塚の削りカスの流用なのかも。
築山を東から。
築山の場所は、『江戸名所図会』で鳥居列が並んでいるあたりと思われる。鳥居龍蔵の著書の中で、熊谷稲荷が乗っていた塚は前方後円形だったようなことが記されているので、或は参道が前方部を通り、後円部上に社が置かれていたのかもしれない。
築山を西から。
「築山に入るな」という札があるので、これは築山なのだろう。また、「本堂落成記念植栽」という石碑もあるので、戦後、本堂の再建が行われた際に作られたもののようだ。
築山上に配置された石。
これは関東南部の古墳で多用されている房州石では?
石室材の流用か?
トイレの前にはもう一つ築山。
トイレの建物はもしかすると、熊谷稲荷の社殿を模しているのか?何となく『江戸名所図会』に描かれた建物と似ている気もする。
トイレ裏手、病院敷地内に積まれた石材。
手水鉢っぽいものがあるが、「船の手水鉢」と比べサイズが全然小さいので別物であろう。熊谷稲荷で使われていたものかも知れない。
トイレ裏手の病院敷地内は全体に小高くなっている。随所に熊谷稲荷や念仏堂に用いられていたと思われる石材が積まれていたが、船の手水鉢と思しきものは見当たらなかった。

「船の手水鉢」はあるとしたら、最後に所在が確認された念仏堂の跡地である、浅草寺病院敷地内にある可能性が高い気がする。病院の建物南側の築山上も見て回ったが、それらしい石材は無かったので、あるとすれば、外からは見えにくい場所なのだろう。

浅草神社の境内や、被官稲荷社も見て回ったが、やはり船の手水鉢は見当たらなかった。

ただ、被官稲荷社がやや小高い場所に鎮座しているのに興味を引かれた次第である。

被官稲荷社。
やや小高くなった場所に祀られている。

投稿時間 : 22:10 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年03月20日 隅田川流域の古墳
 ■ 北区王子本町 供養塚跡

江戸時代後期に幕府によって編纂された地誌『新編武蔵風土記稿』の豊島郡王子村の項によれば、かつて王子には、亀井塚、妙観塚、供養塚等、「通りの七曜塚」と呼ばれる七つの塚があったとされている。
この内、亀井塚は王子稲荷裏手の畑中に四基あり、いずれも「亀井塚」と呼ばれていると記されている。王子稲荷の裏手は現在、王子第二小学校の敷地になっているが、ここには東京都遺跡地図にも掲載されている王子稲荷裏古墳がかつて存在しており、位置的にこの古墳が「亀井塚」四基の内の一基であったと思われる。

一方、妙観塚や供養塚の位置については詳細な解説が無く、これ迄どこにあったのか私には見当もつかなかったのだが、先日、北区の発掘調査報告書関連の仕事をしている知人から、供養塚は北区中央公園隣の団地のあたりに、戦後間もない頃迄存在していたという情報を得る事が出来た。『新編武蔵風土記稿』では「供養塚」と表記されているが、「九曜塚」とも表記する場合があるということも知る事ができた。
上の写真は該当地付近で見つけた怪しげな祠である。
果たしてこれが供養塚の跡地なのであろうか?
この場所の戦後間もなくに撮影された空中写真(goo地図や国土地理院のサイトで閲覧可)を見てみると、この祠と思われる木立の右手、現在団地の建物が建っているあたりにも怪しい箇所がある。四角く耕された畑で埋め尽くされている中に、四角く区画されていない場所ああり、そこが塚跡であるようにも思える。

現場は赤羽台3号墳の石室が展示されている北区中央公園のすぐ東隣で、都営王子三丁目アパートの15号棟が立っているあたりである。地形は台地の頂上から南を流れる石神井川(音無川)に向かって下る斜面上である。現状は段々畑のようになっているのだが、これが石神井川の浸食による段丘なのか、人為的に加工されたものなのかは判然としない。
ちなみに、石神井川を渡った対岸には、四本木稲荷古墳、滝野川古墳跡、狐塚跡といった滝野川地区の古墳が分布している。


北区中央公園の駐車場に車を停めると、目の前には赤羽台3号墳の石室の展示施設がある。

赤羽台3号墳石室。
相変わらず暗くて良く見えない。早く改善して欲しい。

該当地を西から。
中央に見える建物が15号棟で、その手前の木立が祠がある場所である。

該当地を南から。
中央の道路が、かつての王子村と下十條村との村境。道の左手が下十條村で、右手が王子村である。

該当地を東から。
写真右手が段丘のようになっているが、これが石神井川による浸食の結果なのか、人為的なものなのかは不明。

iPhoneのMapで上空から。
15号棟の左にある木立が祠の場所。間を通る道が村境だから、道の左側にある祠は下十條村に所属していることになる。「供養塚」は王子村にあるとされているので、やはり祠が跡地なのではなく、15号棟が建っているあたりが跡地なのかも知れない。

投稿時間 : 15:51 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年03月19日 古墳巡りGadget
 ■ iPhone/iPod touchを外付けスピーカーに

HP Mini1000でOSXの夢を見る場合、内蔵サウンドボードが死んでしまい、スピーカーから音が出ないという問題があり、とりあえずUSB接続のサウンドボードを外付けして対処していた。
これで音は出るようになったのだが、元々二つしかないUSBポートの一つを占有されてしまうのが難点であった。

先日、内蔵サウンドを使えるようにする技はないものかと海外フォーラムを眺めていたら、目的のものは見つからなかったのだが、面白い方法が紹介されているのを見つけた。
それは、iPhone/iPod touchをWifi接続の外付けスピーカーにしてしまうというものである。

iPhone/iPod touch用のアプリには、PC上のiTunesで再生されている曲をWifiもしくは3G経由でiPhone/iPod touchに飛ばして聴くというものが幾つかリリースされている。その手のアプリの中には、iTunes上の曲だけでなく、システムサウンド等、PC上で発せられる音ならなんでも飛ばしてくれるものがある。それが「AirPhones」(¥600-)である。
この方法ならUSBポートを使わずに済むし、iPhoneもiPod touchも常に携帯しているので好都合である。

そこで早速、iTunes StoreからDLしてiPhoneと第2世代iPod touchにインストールしてみた。
PC内の音楽や動画を視聴するならともかく、システムサウンドをiPhone/iPod touchで再生する必要性は、私が普通にiPhoneやMacを使っている分には全く感じられないので、HP Mini1000を買っていなければ、恐らくこのアプリには見向きもしなかったと思う。というか、HP Mini1000で夢見てるiPhone/iPod touchユーザーのためのアプリという気がする(笑)。

で、アプリを起動すると左のような画面になる。
これはあくまでもクライアントアプリであるので、これ単体でPC上の音を再生できる訳ではなく、PC側にサーバーソフトをインストールする必要がある。

http://www.airphonesapp.comからサーバーソフトをDLし、インストールするとメニューバーに青いヘッドフォンのアイコンが追加される。
このサーバーソフトが起動している状態で、iPhone/iPod touch側でAirPhones.appを立ち上げると双方が同じローカルネットワーク上にいる場合には接続が成立し、PC上で発せられる全ての音がiPhone/iPod touchのスピーカー及びヘッドフォンから流れ出るという仕組みである。
外出先でホットスポットが見つからないような時は、HP Mini1000のAirMacメニューから新しいネットワークを作って、それにiPhone/iPod touchを参加させることでAirPhoneを使う事ができる。とりあえずAirPhonesを入れておきさえすれば、いつでもどこでもiPhone/iPod touch経由で音を鳴らすことができそうだ。

投稿時間 : 12:51 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年03月16日 隅田川流域の古墳
 ■ 北区豊島 台坐塚

北区豊島界隈にある塚の殆どは、在地豪族である豊島氏関連の伝承を持つものであるが、中にはこれとは異なる異色の伝説を持つ塚がある。それがこの「台坐塚」である。

その名称から推察されるように、この塚は伝説の巨人「ダイダラボッチ」が作った塚だとされているのだ。
伝承によれば、かつてこの地を訪れたダイダラボッチの足の裏についた土がこぼれ落ちて出来たのだとされている。
東京低地にもダイダラボッチ伝説があったとは意外だ。

この台坐塚は、豊島村の小名「䑓坐」(臺は台の旧字)という所にあったと『新編武蔵風土記稿』には記されている。

「臺坐塚 村の東方にあり。四間四方許りの塚にて、此辺の小名䑓坐と呼を以てかく唱ふと云。」

小名䑓坐とは、天狗の鼻と呼ばれる隅田川の湾曲部にあったとされており、「村の東方にあり」という記述とも符号する。但し、現在の天狗の鼻は荒川放水路の掘削に伴い、鼻の長さが短くされてしまっている。旧流路は足立区と北区の区境として残っているので、元々の鼻の長さを今でも知ることができるが、台坐塚はこの天狗の鼻の先端付近の畑の中にあったとされているので、恐らくは現在の都民ゴルフ場のあたりにあったのではないかと思われる。

また、伝承によれば、この塚上には稲荷の祠が祀られており、「稲荷塚」「とうかん塚」とも呼ばれていたそうだ。
無闇に近づくと祟られるということで、誰もこの塚を崩そうとはしなかったそうだが、そんな塚が残っていないというのはどうしたことか? 明治時代迄は残っていたそうだから、恐らくは荒川放水路の建設に伴って消滅したと思われるが、工事に携わった村外の工夫にしてみれば、そんなことは知ったことではなかったのだろう。

尚、豊島村には、小名馬場と神谷村との境付近の甚平衛堀(神谷掘)にかかる「大坊(でっかんぼう)橋」という橋がかつて存在していた。
この掘は現在埋められてしまっているが、豊島馬場遺跡のそばにある神谷掘公園付近にこの橋がかかっていたそうだ。
伝承では、この橋の上で賊に襲われて落命した女性の六部の霊が大坊主の化け物として現れるようになったため、「大坊主=でっかんぼう橋」と呼ばれるようになったとされるが、恐らくはこれもダイダラボッチ伝説が変形したものであろう。
2つのダイダラボッチ伝説が豊島村の西の端と東の端に伝えられていることから推察すると、元々は、ダイダラボッチが村を一またぎした、というものであったかも知れない。

女性の六部と言えば、有徳の尼を葬ったとされる庚申塚はこの大坊橋の近くである。どちらも女性の仏教関係者にまつわる伝説であり、また、この地域にあっては珍しく豊島氏とは関係のない伝説であるという点で共通点があるように思う。
一方、台坐塚の方も豊島氏とは関係無いという点で、この地域では異色な存在である。
このことから更に想像を膨らませると、庚申塚の方にも元々はダイダラボッチ関連の伝説があり、村をひとまたぎしたダイダラボッチの片足の跡が庚申塚で、もう片方の足の跡が台坐塚だったのではないだろうか?


天狗の鼻。

現在の鼻から伸びるように、荒川放水路にかけて引かれている区境が、元々の隅田川の流路跡である。
この先端付近にあったということなので、現在の都民ゴルフ場のあたりがその跡地なのかも知れない。
都民ゴルフ場からは、古墳時代の祭祀跡が見つかっており、当時付近に集落があったことが伺える。

投稿時間 : 12:32 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年03月15日 隅田川流域の古墳
 ■ 北区十条 日枝神社

本日のシメは、十条の「三塚」という所にある日枝神社である。
西音寺がある台地縁を通る日光御成街道から環七を左折して埼京線を跨いだすぐ先の住宅地の一角に鎮座している。
ここにはかつて「山王塚」という塚があり、山王社が祀られていたのが、赤坂の日枝神社がそうであるように、明治になってから、山王社から日枝神社に変わったそうだ。

この塚跡は、台地頂から南東の谷に向けて斜面が下りはじめるところに位置しており、境内も確かに塚跡のような雰囲気ではある。
「三塚」という地名から推察すれば、この塚の他にももう2つ程、付近に塚があったのだろう。


日光御成街道と環七の交差点角にある八雲神社。
ここも周囲よりは小高くなっていて怪しい。

日枝神社境内の様子。
小さな社の右隣りに庚申塔が祀られている。

iPhoneのMapで上空から。
「三塚」という地名から推察するに、この辺りには幾つかの塚があったのだろう。古墳を匂わせる出土品の話しはないようだが、こうして調べてみると、古墳かどうかはともかくとして、往時は赤羽台の古墳群から上野の古墳群に至るまで、台地の東縁には延々と塚が並んでいたようである。

投稿時間 : 17:48 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

 ■ 北区十条 西音寺

日が伸びたお陰で、北区豊島界隈を見て回ってもまだ日没まで時間があったので、今度は北区十条の台地上の怪しい物件を見て回ることにした。
まずは、『新編武蔵風土記稿』十條村の項で、怪しい塚状地形が描かれている西音寺へ。

西音寺はJR京浜東北線東十条駅北口を出てすぐの崖際にある寺院である。
上の図が『新編武蔵風土記稿』に掲載されている境内図で、西から東を望むようなアングルである。本堂の裏手の崖際に松の大木が生えている円墳状の地形が描かれている。この寺は日光御成街道沿いということもあり、3代将軍家光は、日光参詣の折りに度々この寺院に立寄り、この松の下で休息すること好んだと伝えられている。
崖際のこのような小山の上となれば、さぞ素晴らしい眺望だったのだろう。

『新編武蔵風土記稿』では、この地形を「塚」ではなく、「小山」と呼んでいるのだが、立地といい、そばに古墳群が存在していることといい、怪しさ満点の物件である。
もしかしたら寺の片隅に残骸なりとも残っているのでは?と思い、訪ねてみたが、境内には「檀家門徒以外立入り禁止」とのことだったので、遠方から怪しい木立を眺めるに留めた。


西音寺。
東十条駅北口を出てすぐの台地縁の、日光御成街道沿いにある。十条界隈には知人も多いので、今度ツテを頼って突入してみようと思う。

東十条駅北口通路から。
西音寺の本堂右手に見える木立が怪しい気がする。

木立のクローズアップ。
壁に遮られて見えないが、図に描かれたような塚状地形があるようにも思えない。鉄道開通や墓地の開発に伴い、削られたか?

台地の麓から。
やっぱり見えない。

iPhoneのMapで上空から。
『新編武蔵風土記稿』の図と本堂の位置が変わっていないのであれば、塚は写真の右下あたりにあることになるので、既に削り取られている可能性が高い。怪しいと思っていた木立のあたりが跡地だとしても、やはり粗方削られてしまっているようではあるが、僅かな期待は残る。

投稿時間 : 16:16 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

 ■ 北区豊島 若宮八幡神社

豊島シリーズの最後は、若宮八幡神社である。
豊島二丁目の公園の一角に鎮座する神社で、紀州神社からは商店街を10分程南に歩いた場所にある。
この神社は、豊島清光が隅田川を渡河中に溺死した息子・清泰の霊を慰めるために、隅田川のほとりに建てたとされている。
『江戸名所図会』では、田中の塚状の地形として描かれている。
上の画像の右手に描かれている島のようなものがそれである。


若宮八幡神社社殿。
公園の片隅に鎮座している小さな社である。というか、境内が公園化したと言った方がいいかも知れない。現状は周囲が埋め立てられたのか、特に小高くなっているという感じではない。

社殿脇には石材が積まれていた。
以前は社殿の周囲に、他の神社のような石造の設備があったようである。右手に見える丸石は力石か?

iPhoneのMapで上空から。
『江戸名所図会』の図と見比べてみると、この公園の敷地がほぼ塚状地形を踏襲しているように思える。
前述の伝承以外に、特に何かが出たというような話しもないようであるが、ちょっと気になる場所である。

以上、北区豊島界隈の塚跡を見てきた(他に台坐塚というのがあるが、これは改めて紹介する)が、隅田川対岸の梶原から尾久にかけての辺りにも多くの塚がかつては存在していたことが知られている。更に下流の荒川区のスサノオ神社には、房州石が露出している古墳の可能性が高い塚が所在しており、隅田川下流域の塚の中には古墳も少なからず混じっているのではないかという気がする。

投稿時間 : 14:46 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト