« 葛飾区四ツ木 清重塚 | 記録帳TOP | 北区 豊島馬場遺跡 »

2009年03月15日 隅田川流域の古墳
 ■ 北区王子 庚申(観音)塚

本日は、先週訪れた葛飾区の清重塚の被葬者と伝えられている、葛西三郎清重の父である豊島清光に関する伝承を伝える塚跡を巡る。
現在の北区豊島、旧村名で言う所の豊島村の隅田川沿いにはかつて幾つかの塚が存在していたことが知られており、その多くに豊島氏に関する伝承が伝わっている。今の所、どこからも古墳である可能性を強く臭わせる遺物が出たという話しはないのだが、息子の清重の墓とされる塚から石室乃至は石棺のようなものが出たとされていること、範囲内に古墳時代前期の大規模な方形周溝墓群/集落跡である豊島馬場遺跡が存在していることから、これらの塚も古墳であった可能性が皆無とは言えない気もする。

まずは地下鉄南北線・王子神谷駅前の庚申通り入り口にある庚申観音塚に。
伝承によれば、その昔、この辺りに住んでいた有徳の尼を弔うために、尼の住まいの隣に碑を立てて祀ったものだとされている。


昭和5年に書かれた由緒書。
古い物なので、流石に所々字が消えかけていて読みづらいが、四条天皇の頃にこの地に庵を結んでいた尼がおり、人々の救済に勤めていたが、晩年は庵から出ることが出来なくなり、読経を続けるばかりとなった。この尼が亡くなった後も、庵からは生前同様に読経の鐘の音が聞こえたので、この尼を弔うために庵の傍らに碑を立てて祀った。以来月日は流れ、人々の心からこの尼の善行が忘れ去られ、庵は朽ち果て、碑の周囲も度々草木が鬱蒼と茂り足を踏み入れることができないようになってしまったが、その都度霊験あらたかなる奇瑞が現れ、人々に尼の行いを思い出させた。それで改めて庚申の碑を建立し、尼を顕彰した。といったようなことが書かれている。

尚、文中にこの塚を指して「古墳」と表現している箇所があり、単に尼を顕彰する碑を立てただけでなく、尼を葬った場所であるとも考えられていたことが分かる。
尚、ここでは「観音塚」とされている。

iPhoneのMapで上空から。
北本通りと庚申通りの交差点付近に残る小さなお堂だが、敷地は周囲よりやや小高くなっており、塚跡だと言われれば、そういう気もする。上記の伝承以外に、何か出土したというような話しもないようだ。

投稿者 Toyofusa : 2009年03月15日 13:25 Twitterにポスト Tumblrにポスト