2009年04月 アーカイブ

« 2009年03月 | 記録帳TOP | 2009年05月 »


2009年04月29日 古墳巡りGadget
 ■ Chameleon 2.0 RC1

どうも最近、体の調子が悪いので医者に行ったら、「疲労の蓄積が限界超えた」みたいな事を言われた(笑)。
暫く何もしないで寝てろとのことだったので、板橋の古墳&塚巡りは延期。薬飲んで家で寝ることに。
しかし、ここまで体が参っていると寝ることもままならないもの。
寝るにも体力が必要というのは本当なのかも知れないと実感した次第である。

どうにも寝付けないので、HP Mini1000のブートローダーを新しい物に入れ替えてみた。
これまで使っていたChameleon 1.xは、ブラックスクリーンに白文字で各種状況がつらつらと表示されるという、ごく普通のインターフェイスであったが、新式の2.0は、GUIが採用され、上の画像のようにグラフィカルで直感的な操作が可能となったのが最大の特徴である。

60GBHDDにOSXしか入れていなかった時は、殆ど自動的にOSXが起動するのを眺めているだけだったので、別にブートローダーなんて動けば何でもいいと思っていたのだが、120GBHDDに換装し、XPとのデュアルブートにしてからは、それなりに切り替えることもあるので、より使い勝手が良さそうな2.0に入れ替えてみた次第である。

1.x から2.0へのアップデートは簡単。
Voodooのサイトから最新版のインストーラーパッケージをDLしてきて実行するだけ。
一応、念のために作業前に現状の環境をバックアップしておいた。
特にインストールガイドが無かったので、物凄く不安だったのだが、それだけですんなり2.0を入れることができた。
XPが上手く起動できないという報告もあがっているのだが、とりあえず私の環境では無問題。XPもいつも通りに起動できた。

Chameleon2.0にすると起動画面は次のようになる。

例によってiPhoneで手持ち撮影故、手ブレはご容赦。
1.0とやってること自体は特に大きく変わってないけど、やっぱりGUIは見た目が良い。
画像を差し替えて、自分好みの画面にカスタマイズもできるそうなので、いずれ体調が戻ったら試してみるつもり。
高稲荷古墳のCGにでもしてみようかな。

投稿時間 : 15:55 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年04月22日 古墳巡りGadget
 ■ NetBook + OSXの夢で解像度変更

最近、何のブログだか分からなくなりつつあるが、古墳関係は近々、板橋区内の古墳&怪しい塚を巡る予定。
と言っても、「古墳」と名のつくもので現存しているものは、小豆沢観音塚古墳しかないようなので、怪しい塚&古墳跡中心になりそうな雰囲気。

さて、軽くて小さくて便利なNetBookであるが、アプリケーションによっては、1024 x 600の画面に収まりきらないものがある。例えば、Skypeの環境設定の一部がそうだし、画像処理ソフトのGimpなんかもメニューがはみ出してしまう。それにOSXのシステム環境設定の一部ですら、下の方がはみ出してしまうものがあるのだ。
単に余白が切れているだけならいいのだが、大抵はそこに何がしかのボタンとかメニューがあり、当然それは操作することが出来ない。
上の画像はOSX86Toolsというユーティリティーだが、これも切れている部分に、端末内に組み込まれているハードのドライバを自動的に探させるためのボタンが存在している。

どこに何があるのかが分かっていれば、Tabとスペースとエンターで操作して乗り切ることができない訳ではないが、大抵の場合において、これが非現実的であるのは、想像するまでもないだろう。
と、なると、残るは画面解像度を変更することだが、NetBook + OSX86環境下では、システム環境設定からこれを変更することが出来ない場合が多い。大抵はそのマシンの標準の解像度に固定されているのだ。

そこで、様々な手法でこれを変更するのだが、これ迄、割と一般に行われていたのは、ターミナルからコマンドを打って変更する方法だろう。

●defaults write -g AppleDisplayScaleFactor 0.5
 →2048x1200
●defaults write -g AppleDisplayScaleFactor 0.6
 →1680x1000
●defaults write -g AppleDisplayScaleFactor 0.7
 →1462x857
●defaults write NSGlobalDomain AppleDisplayScaleFactor 0.8
 →1280x750
●defaults write NSGlobalDomain AppleDisplayScaleFactor 1.0
 →標準設定に戻る

といった具合である。
これで画面は一応、希望する解像度に変更することができるのだが、変えるにも戻すにも、いちいちターミナルからコマンドを入力するのは面倒臭い。

本日、HP Mini 1000関係の海外フォーラムを覗いてみた所、画面解像度を切り替えるアプリケーションが紹介されていたので、早速試してみた。
"ScaleResolution"というアプリである。

アプリを起動すると、画像左手に見える「80%」「100%」のボタンが配置されたウィンドウが表示される。
ここで「80%」を選んだ後に、アプリケーションを立ち上げると、そのアプリのウィンドウが標準の80%に縮小されて表示されるという仕組みである。
ご覧のように、標準解像度では下が切れていたOSX86Toolsもきちんと全部表示されている。

ScaleResolutionを適用する前に立ち上げたアプリや、「100%」のボタンを押してから立ち上げたアプリは100%で表示されるので、縮小表示されたものとそうでないものをデスクトップ上に混在させることができる。

これならコマンドを入力するより遥かに手軽だし、必要のあるアプリにだけ適用できるので便利である。
ただ、割と無茶をやってのけているアプリ故、私の環境の場合、これを使った後に再起動するとグレーのリンゴ画面でカーネルパニックを起こして電源を手動で落とす羽目になってしまった。
-fオプションをつけて再起動した場合はカーネルパニックを起こさなかったので、再起動の場合は必ず-fオプションをつけるか、予め、com.apple.boot.plistを編集して、常に-fオプション付で起動するようにしておいた方が無難なようだ。

先日、HP miniシリーズの最新機種のHP Mini 2140で、1366 x 768の解像度が選べるようになった。
CPUがMini 1000と同じAtom N270なので、OSXを動かす夢も見られそう(既に海外では動作報告有)なので、ちょっと羨ましかったりもするのだが、ScaleResolutionで何とかなりそうなので、これは見送るとしよう。色も黒くないし。

投稿時間 : 00:08 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年04月19日 古墳巡りGadget
 ■ HP Mini1000でタイムマシン

HP Mini1000の内蔵HDDと併せて、バックアップ用の外付けHDDも買い足してみた。
据え置き型は何台も並べておく場所もないので、近所のPCショップで安売りされていた、IOデータのポータブルにした。容量は500GB。主にMini1000やU100 Vogueのバックアップ担当なので、この程度で充分だろう。

バックアップ用アプリは、有償無償色々出ているが、とりあえずはOSX標準の「Time Machine」を使ってみる。
市販のアプリと比べると融通が効かない部分もあるのだが、ほぼ放っておくだけで勝手にバックアップをとってくれ、しかもこちらの希望する時点の状態に復元可能な状態を整えてくれるのは激しく便利である。

この便利なTime Machine、問題はOSX86環境下でちゃんと動くのか? である。

試してみると、iDeneb v1.3 + 10.5.6アップデートそのままの状態でも、とりあえずバックアップは無事とれるようだ。
1時間毎の差分バックアップも問題なくとれている。
復元の方はまだ試していなので不明であるが、バックアップさえとれていれば、例えタイムマシンがダメでも何とかする手だてはあるだろう。

ただ、バックアップをとった後に、AppleSMBIOS.kextを更新したりしてしまうと、再度バックアップディスクを接続した際に「Macアドレスがどうのこうの」というエラーメッセージが出て、バックアップをとることも、バックアップデータから復元を行うこともできなくなってしまう。これは上記kextを入れ替えることで、別マシン扱いになってしまうことが原因だ。
調べてみると、ターミナルを使ってバックアップデータ内のbackup.dbをいじることで再び使用できるようになるらしいが、その記事を見つける前にフォーマットをかけて、一からやり直してしまったので、まだ試してはいない。
それと同様にiTunesも別マシン扱いになることで、一時的にiTMSで購入した曲の再生やアプリの転送が出来なくなってしまう。これはストアメニューから再度認証を行えば良い。アカウントとコンピューター名を変えていない限り、「このコンピューターは既に登録されています」的なメッセージが表示され、楽曲の再生及びアプリの転送が出来るようになる。
万全を期すなら、AppleSMBIOS.kextを入れ替える前に、一度認証を解除しておいた方が無難かもしれない。

所で、AppleSMBIOS.kextを差し替えたのは、システムプロファイラの「ハードウェアの概要」が、「この情報を収集中にエラーが出ました」となって正しく表示されない問題を修正するためである。
10.5.6にアップデートした時点で入っているAppleSMBIOS.kextは、v1.1.1であるが、これを1.0.14以前のものに差し替えるとちゃんと表示するようになる。ただ、機種IDはどれを使っても相変わらずデスクトップ機扱いで、

1.0.12:機種名=Mac、機種ID=Mac Pro
1.0.13:機種名=MacPro、機種ID=MacPro3,1
1.0.14:機種名=iMac、機種ID=iMac7,1

といった具合である。
とりあえず、今の所問題はないので放置しているが、何となく気持ち悪い。
また、アプリによっては機種IDによってインストール内容が変わる場合があるので、その種のアプリを使う場合はちょっと困ることになる(画面内に収まらない等)かも知れない。

それから、「このMacについて」のCPUの欄が、ずっと「不明」になっていたのも直してみた。
これはU100 Vogueの時に使ったAboutThisMac.pkgを適用することで可能である。

適用すると上の画像のように、ちゃんとIntel Atom N270の1.6Ghzと表示されるようになり、ちょっとスッキリする。

投稿時間 : 00:28 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年04月16日 古墳巡りGadget
 ■ HP Mini1000 HDD換装&デュアルブート化

東芝製の120GBHDDが安く手に入ったので、Mini1000のHDD換装とXPとのデュアルブート化にトライしてみた。
結果は上のSSの通り、無事成功。
もっともデュアルブート化はU100 Vogueでもやっているので、今回は特につまづく事も無かった。
以下忘備録として、その手順を記そうと思う。


●1.HDD換装
Mini1000は比較的簡単にHDDの交換が出来る機種だと思う。

上の写真のように、バッテリーを取り外すと、上下に2本のネジが現れる。
このネジを外して、丸く穴が開いている部分に指を入れて押し上げると、キーボードが浮き上がる。
あとはキーボードをロックしている左右の突起に注意しつつ、軽くこじるようにするとキーボードが外れる。

キーボードを外すと、本体内右上にHDDが見える(上の写真は交換後だが)。
これは右側の2本のネジで止まっているので、これとコネクタのPC側のロックを外して、ネジのある側から持ち上げるようにすると、マウントごとHDDを外すことができる。
東芝の120GBHDDのサイズは、このマウントを装着した状態にほぼ等しいので、マウントは使わずにそのまま空いたスペースに入れて、コネクタを繋ぎ直すだけで良い。特にスペーサーをかませたりしなくても、ガタツキも殆どない。
尚、コネクタにはHDD側、PC側の区別があるので、表示を見て正しく繋ぐ事。

元々入っていたHDD(サムスン製60G)は、マウントから取り外して、ケースに入れて、USB接続の外付けHDDとして再利用。このケースは東芝製HDD専用とのことであったが、問題無く収まった。
勿論このディスクからブートすることも可能なので、今後トラブルの際にはお世話になることもあるだろう。

HDDを交換し終えたら、キーボードを元に戻し、裏面のネジを閉めて、バッテリーを取り付ける。


●2.XPのインストール

購入初日に一度拝んで以来のXPの画面(笑)。

デュアルブート化の要領はU100 Vogueの時と同じ。
おおまかな流れとしては、

XPインストール→OSX用パーティションの作成→OSXインストール

となる。
今回は実質約113GBの容量を、XPに20GB、OSXに83GB、両者共通のデータ領域に10GBという風に配分する。

XPとOSXは実はどちらから先に入れてもいいのだが、MBRの場合、XPから先に入れた方が作業は楽になるので、まずはXPをインストール。
付属のリカバリーディスクを挿入したDVDドライブを接続し、HPのロゴの画面でF9を押し、DVDドライブからブート。
あとは指示通りにすれば、小一時間でインストールは終了する。

XPを入れ終えたら、付属のドライバDVDと入れ替えて、各種ドライバやアプリケーションをインストール。
これも指示通りに進めていけば良い。


●3.OSXインストール用パーティションの作成。
1.DVDドライブをMini1000に繋ぐ。
2.GParted Live CDを挿入した状態でMini1000を起動。
3.起動画面でF9を押す(メニューが現れるまで押し続ける)
4.メニューが表示されたら、DVDドライブを選択し、エンター。
5.GParted起動中に幾つか質問されるが、とにかくエンターを押して先に進める。
  但し、キーボードの種類を聞かれる所では、日本語を選ぶ(15番)。
6.GPartedが起動したら、ボリュームを選択し、まずはボリュームの後ろ側に
  全体の容量からXP用の容量(今回は20G)を引いた値を入力し、新しいボリュームとする。。
7.今度はその新しいボリュームの後ろ側に、共通データ領域用の10Gのボリュームを作成。
  計3つに切り分ける。
8.メニューからAplyを選んで、パーティション分割を実行。
9.EXITのアイコンをダブルクリックし、Rebootを選んで再起動。
10.XPが起動したら、スタートメニューから「名前を選んで実行」を選び、
  「diskpart」と入力し、diskpartを実行。
11.入力画面が現れたら、次の順番でコマンドを入力。

  List disk
  Select disk 0
  List partition
  create partition primary id=af
  active

  もし、create partition primary id=afの所でエラーが出た場合は、

  Select partition # 

  と入力(#はパーティション番号。OSXをインストールする予定のパーティションを選ぶ。
  今回は2。)し、パーティション選択後に改めて

  create partition primary id=af
  active

  と入力する。
  これで2番のパーティション(OSX用)からブートする設定が完了。

12.exit と入力し、diskpartを終了。
13.GParted Live CDを取り出し、代わりに、OSXインストールDVDを挿入して再起動。


●4.iDeneb v1.3 10.5.5のインストール
リテールDVDから入れる方法を試してみたが、どうもうまく行かない(途中で止まる)ので、とりあえず自分の中でやり方が確立しているiDenebを使うことに。
10.5.6ベースのv1.4もあるが、またDLしてくるのも面倒なので、手持ちのv1.3を使用。

1.iDeneb v1.3 をDVDからブート。
  最初のテキストが表示されたらすかさずエンターを押してインストール開始
2.インストーラーが立ち上がったら、「主に日本語を使用」を選択して次へ
3.メニューバーからディスクユーティリティーを起動。
4.OSXを入れるパーティションを選択し、「Mac OS拡張(ジャーナル)」を選んで、消去。
  共用データ用パーティションは、FAT32でフォーマット。
5.画面を進め、インストールするHDDを選択した後に、「カスタム」を選択。
  以下のオプションを選択する。

  ■Patches 10.5.5 Ready
   ■Audio
    ■AppleAzaliaAudio
   ■Chipset
    ■ICHx Fixed
   ■Karnel
    ■Karnel 9.2.0 sleep
   ■Network
    ■Ethernet
     ■Apple Yukon 2
     ■Skge Marvell
    ■Wireless
     ■Broadcom
  ■Fix
   ■ACPI Fix
   ■Cpus=1 Fix
   ■Apple SMBIOS
    ■Apple SMBIOS MacBook
   ■FireWire Remove
   ■IOUSB Family fix
   ■PowerManagement
   ■PowerOff_Fix
  ■Video
   ■Intel
    ■Intel GMA950
  ■Applications
   ■kext helper
   ■OSX86 Tools

6.インストールを実行。
  前回は出なかった進捗状況を示すバーが何故か今回は表示された。
  また、前回は背景が青地に白で「iDeneb」と書かれたものだったが、
  こちらも何故か今回はOSXの標準画面だった。
  いずれにせよ、終わるまでひたすら待つ。
7.再起動したら、管理者権限付きのアカウントを作成。
  システム環境設定のアカウントの項目で、自動でログインするように設定。
  これをやっておかないと、後のステップでキーボード使用不可になった際に
  ログイン不能になってしまう。
  USBキーボードがある場合は、無問題。
8.ターミナルを起動し、

  passwd root

  を実行し、rootのパスワードを設定しておく。


●5.10.5.6インストールに備えての準備

1. Universal OSx86 Installerを起動。
2.10.5.5の入ったHDDを選択
  motherboard package to install は、OSX86_ essentialsをプルダウンメニューより選択
  Apply kext packageをチェック
  install PC_EFI v9 chameleon 1.0.12をチェック
  した上で、installを実行。
  設定項目を誤ると、10.5.6が立ち上がらなくなるので要注意。
3.終わったら、再起動を2回行う。
4.DSDT patcherを起動。
5.Darwin/MacOSXを選択
  New HPET optionをチェック
  Apply DSDT patch to MACOSXをチェック
  した上で、実行。
  設定項目を誤ると、10.5.6が立ち上がらなくなるので要注意。
6.終わったら再起動を2回行う。
7.Mini1000用のkextセットを、Kext Helper B7を使ってインストール。
  前回はここでkextセットをインストールしなくてもWifiを認識したのだが、
  今回は認識してくれなかったので、ここでインストール。
8.ディスクユーティリティーでアクセス権の修復を実行後、再起動。
9.事前にDLしておいたBroadcom.zipを解凍し、出てきたBroadomフォルダーをHDDにコピー
10.ターミナルを開き

  sudo -s

  と入力。パスワードを聞かれるので、事前に設定しておいたRootのパスワードを入力。
  続いて、

  cd /Broadcom
  /Broadcom/bcm43xx_enabler.sh

  と入力。
  色々聞かれるが、エンターを押して先に進める。
  終わったらターミナルを閉じる。
11.ディスクユーティリティーを開き、「アクセス権の修復」を実行。
  アクセス権の修復終了後に再起動するとwifiが使えるようになる。


●6.10.5.6のインストール

1.ソフトウェアアップデートから、10.5.6のアップデーターのみを選択し、インストール開始。
2.再起動後(環境によって1〜3回自動で行われる)、Mini1000用のkextセットを
  中に含まれるkext全てをKext Helper B7を使って再度インストール。
  尚、kextインストールの際に、管理者パスワードの入力を求められるので、
  USBキーボードかソフトウェアキーボードを使って入力。
3.再起動するように求めるダイアログが出てくるが、再起動せずに、Kext Helperを終了。
4.ディスクユーティリティーを開き、「アクセス権の修復」を実行し、再起動。
  これを飛ばすと、起動時にグレーのリンゴの画面で止まってしまうことになる。
  その場合は、セーフモードで起動して、アクセス権の修復を実行する。
5.再起動後、Wifiが死んでいるので、5の7〜8を再び行う。
6.iDenebのDVDから抜き出した、Japanese.pkgを実行して日本語化をする。


●7.データの移行。
一からソフトをインストールしたりするのは面倒なので、取り出したHDDから今迄の環境を移行させることにする。

1.取り出したHDDをUSBにてMini1000に接続。
2./Application/Utility/ から、移行アシスタントを起動。
3.USB接続した旧環境入りHDDを選択し、移行するアカウントを指定して実行。

あとは暫く待つだけで、アプリやデータ、環境設定の大部分が自動的に引き継がれる。
移行が完了したら、移行したアカウントで再ログイン。
VoodooPS2controller.kextや、VoodooHDA.kext等は移行されないので、この辺は改めて再インストール。
SafariやiTunesは、ブックマークやデータは移行できるものの、アプリ自体は旧ヴァージョンのままなので、ソフトウェアアップデートを使ってアップデートする必要がある。
尚、引き継がれはしたものの、挙動が怪しいアプリ等は再インストールした方がいい。


さて、環境の移行が済んで、色々といじってみた所、今迄生じていた細かな不具合の幾つかが直っていることに気づいた。

1.VoodooPS2controller.kextを導入しても、スリープ復帰後にちゃんとキーボードと
  トラックパッドが動作する。
2.同じく、たまに生じていたVoodooPS2controllerの読み込みミスが起こらなくなった。
  これ迄は、立ち上げた際にキーボードとトラックパッドが死んでいることがあった。
3.バッテリー非装着にも関わらず、電源の設定が常に「バッテリー」になる不具合が解消。
  バッテリー非装着時はちゃんと「電源アダプタ」になるようになった。
4.システム環境設定の「キーボードとマウス」コントロールパネルが、
  日本語環境下でも開くようになった。

システムを新規に入れ直したので、これまでかち合っていた何かが幾分解消されたのだろう。
一方で、相変わらずの不具合も残っている。

1.システムプロファイラのハードウェアの項目がエラーで表示されず。
2.バッテリーインジケーターの「残り時間」が延々計算中に。

新発見の不具合としては、

1.スリープ復帰後にシステム終了/再起動ができない。
  電源が落ちる/再起動する直前の所で止まってしまうので、手動で電源落としてやる必要がある。
  これはVoodooPS2controllerの副作用であろう。
  ApplePS2controllerを使っていた頃には見られなかった症状である。

ま、どれも深刻なものではないし、日常の利用では気にならないものばかりではある。
それよりもXPとのデュアルブートになり、不具合も幾つか解消され、容量も増えたので、使い勝手は格段に良くなったと思う。音も出るようになったし、これならU100 Vogueの代わりにメインの持ち歩きマシンにしてもいいかも知れない。

投稿時間 : 12:31 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年04月14日 古墳巡りGadget
 ■ HP Mini1000 スリープから復帰できない

今日、HP Mini1000をいつものようにスリープさせておいて、いざ復帰させようとした所、マトモに復帰しなくなってしまっていることに気づいた。
一応、スクリーンは点灯し、デスクトップは表示される。
が、キーボードとトラックパッドが無反応(USBマウスやキーボードは大丈夫)になってしまうのだ。
更に再起動させると、グレーのリンゴ画面の所でリセットを促す表示が出てしまう始末(出ない時もある)。
再起動できれば、キーボードとトラックパッドは使えるようになるのだが、スリープの度にいちいち再起動させるのは面倒だし、そもそもそれではスリープの意味が無い(笑)。

USBが大丈夫でPS2接続のキーボードとトラックパッドがダメとなると、原因は先日、二本指スクロールを導入するために入れた、VoodooPS2controller.kext(4月12日のエントリー参照)しか考えられない。
試しに外してみると、今迄通りにちゃんとスリープから復帰してくれる。

二本指スクロールを取るか、スリープを取るか、非常に悩ましい問題である。
特に二本指スクロールは快調だっただけに尚更であるが、とりあえずここは、意図せず突入してしまう可能性のあるスリープを優先させるべきだろう。

「FFScrollの時代は終わった」とか言っちゃったけど、VoodooPS2controller.kextがヴァージョンアップして、この辺の問題がクリアされる迄は、再びお世話になることにしようと思う次第である。

投稿時間 : 22:31 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年04月13日 古墳巡りGadget
 ■ HP Mini1000 + iDeneb、内蔵スピーカー作動!

二本指スクロール問題を解決した余勢を駆って、久々に海外フォーラムを覗いてみたら、懸案の内蔵スピーカーを作動させる方法が遂に素人でも十分出来る形で編み出されていた。
二本指スクロールと同じ、Voodoo projectの手によるもので、その名も「VoodooHDA.kext」!

インストールは簡単。

1.Voodooチームのサイト乃至は海外の関連フォーラム等から、VoodooHDA.kext.zipをDL。
2./System/Library/Extensions/ から、AppleHDA.kextを削除。
3.DLしたZIPを解凍し、kextHelperかOSX86Toolsを使ってインストール。
4.ディスクユーティリティーかOSX86Toolsを使ってパーミッションを修復。
5.再起動。

最初にAppleHDA.kextを削除しておくのが注意点。
で、再起動したら、システム環境設定→サウンド→出力を開くと次のような画面になっている。

「Analog PCM #0: Speaker」の項目が追加されている筈なので、これを選択。
するとスピーカーから音が出るようになる。しかし、これだとボリュームのコントロールができない。
「Analog PCM #0: PCM」を選ぶとボリュームコントロールが効くようになる。
とりあえずはこれを選んでおくと良いようだ。

音が出るようになった所で、iTunesで曲をかけてみる。

HP Mini1000 内蔵スピーカー初の選曲は、Slayerの代表曲「Angel of Death」。
アウシュヴィッツ強制収容所の医師、ヨーゼフ=メンゲレSS大尉とその行いを唄った曲で、発表当時かなりの物議をかもした曲だ。未だに日本版だとこの曲の歌詞の和訳は省略されている。
で、冒頭のリフに続いてアラヤさん渾身のシャウトが入るのだが、音は......悪い(笑)。
全体的にくぐもった感じ(特に高音と低音)になる上に、シンバルなんかワシャワシャしちゃって聴きづらい。
まあ安ノート故、ここはこだわっても仕方ないだろう。
実際にはこんな感じ。
iPhoneで手持ち撮影故、手ブレはご容赦。

また、試しにヘッドフォンを繋いでみると、ちゃんとヘッドフォンから音が出る。
こちらの音は若干マシ。
音質だけなら、SoundBlaster Play!をかました方がいいと思う。

次に「入力」を見てみると、

同様に幾つか追加されているAnalog PCM関係の中から、「Analog PCM #0: Microphone」を選んでみる。
しかし、入力されている気配はない。
Input mixもMicrophone#2も同様に無反応。
iPhone用のマイク付きヘッドフォンを繋いでみて試してみたけど、やっぱり無反応。
海外フォーラムの記事を読んでも、どうもマイクはダメっぽいことが書かれているので、現時点では出力のみということなのだろう。
まあ、マイクを使う頻度は高くないから、それこそその時は外付けサウンドカードを使えば、当面は困ることはないだろう。

これまで、外付けUSBサウンドカード、AirPhones+iPhone/iPod touchで凌いできたが、これで内蔵スピーカー関係も一番スマートな方法で解決することができた。
二本指スクロールといい、Voodoo projectに感謝!である。

投稿時間 : 18:37 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年04月12日 古墳巡りGadget
 ■ HP Mini1000で二本指スクロール

先日、久しぶりにHP MINI1000をいじったついでに、二本指スクロールの調整にトライしてみた。
これまでは、MSI U100 Vogueの時と同様に改変版FFScrollをインストールして実現していた。
これだと、まあ使えないことはないのだが、不安定な所があって本家MacBookと比べてしまうとイマイチ感は否めない所があった。

つい最近、二本指スクロールを実現する新しいエクステンションである「VoodooPS2Controller」がリリースされたので、これを試してみた。

まずは、VoodooPS2Controller-0.98-installer.pkgをChameleonのサイトからDL。
.pkg形式なので、ダブルクリックすれば自動的にインストーラーが立ち上がる。
インストール先のディスクを選択したら、次はインストールオプションを選ぶ。
ここは自分の環境に応じて、適宜選んでもらっていいのだが、iDenebの10.5.6でシステム環境設定にトラックパッドの独立項目がない人(10.5.5のキーボード&マウスのコンパネをコピーして入れた人等)は、ここで「Trackpad」にチェックを入れておくと、普通の10.5.6のようにトラックパッドの項目が独立するので良いと思う。

インストールが終了したら、ディスクユーティリティーかOSX86Toolsを使ってパーミッションの修復を実行。
HP Mini1000 + iDenebの場合、kextをいじった後はこれをやっておかないと上手く立ち上がらなくなることがあるので、やっておいた方がいい。

パーミッションの修復が済んだら再起動。
再起動後にシステム環境設定を開くと上の画像のように、トラックパッドの項目が独立して表示される。
また、私の環境では「キーボードとマウス」の項目は英語環境にしないと開けなかったのであるが、独立したトラックパッドの項目は日本語環境下でも開くので若干便利になった(そう頻繁に開く項目じゃないからどっちでもいいけど)。「キーボードとマウス」は相変わらず英語環境にしないと開かない。

トラックパッドの項目を開くと、お馴染みの設定項目が現れる。
ここで各種設定を自分好みに調整。
で、実際に動かしてみると、本物のMacBookと遜色ない動きで驚いた!
今迄お世話になったけど、もうFFScrollの時代は終わったかも知れない。
HP Mini1000のトラックパッドは小さい上に横長なので、面積的に少々物足りない部分はあるが、動作自体は非常に安定していて滑らかである。スピードの調整もちゃんと反映される(FFScrollはこの辺が不安定だった)のも素晴らしい。
水平スクロールもバッチリ。

基本的に「トラックバッド」の項目で設定すればいいのだが、「その他」の所にある「VoodooPS2」コントロールパネルからはより詳細な設定が可能。

トラックパッドの使用範囲の設定。

縦スクロール、横スクロール、サークルスクロールのOn/Offと移動量の設定。

二本指スクロールの各種動作の設定。

このVoodooPS2Controllerは、環境によっては日本語入力に支障が出る場合があるらしいが、私の環境では今の所無問題。
このエントリーもVoodooPS2Controllerを適用したMini1000で書いている。
ただ、再起動したり、電源入れ直したした時にキーボードとトラックパッドが反応しなくなることが何度かあった。
-fオプションでキャッシュを整理しつつ起動してみた所、とりあえずこの問題は収まったっぽい。
5回程電源切ったり、再起動したりしてみたが、今の所、キーボードとトラックパッドが反応しなくなることはない。

これでトラックパッド周りの調整は完了としても良さそうだ。

投稿時間 : 13:09 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年04月11日 旧入間川流域の古墳
 ■ 植水古墳群 八百比丘尼伝説
近所の書店の郷土史コーナーで、左の本を見つけた。
埼玉の郷土史本の大御所、さきたま出版会のさきたま文庫66『慈眼寺」である。
慈眼寺はさいたま市西区の佐知川〜水判土にかけての旧入間川左岸(現在は鴨川の右岸)の台地上に分布する植水古墳群の只中にある古刹であり、境内地内にはかつて慈眼寺裏古墳、慈眼寺脇古墳、浅間山古墳の3つの古墳が所在していたことで知られている。
何か古墳について書かれていないかと思って買い求めてみた所、興味深い記事を見つけることができた。
同社出版の塩野博著『埼玉の古墳[北足立・入間]』のP119でも触れられているが、かつて境内地内から石櫃が見つかったという伝説があるのだ。
石櫃となると、古墳の石室か石棺の類が出土した可能性も考えられるだろう。

寛保三年(1743)刊行の菊岡沾凉『諸国里人談』では、それについて次のように記しているそうだ。

「又武蔵国足立郡水波田村慈眼寺仁王門の傍榎の木の伐株あり 周り二丈あまり 筵六畳を敷なりと これ若狭の八百比丘尼の栽たる木なりと云伝へり 茲に又 掘出しの地蔵といふあり 近年土中より掘出したる本尊なり その石櫃に八百比丘尼 大化元年と彫たり 大化は三十七代孝徳帝の年号にして 寛保まで凡一千百余歳なり」(さきたま文庫66『慈眼寺』さきたま出版会 P37)

また、水判土の口碑として次の説話を紹介している。

「八〇〇歳の時に当地に立寄り、善政を施していた当地のお殿様に残りの二〇〇歳の命を差し上げ、自らは紫金の地蔵尊を抱いて亡くなった。また、現在の石碑は比丘尼が亡くなった場所に建てたものと比丘尼終焉の地であるとの口碑も残っている。」(同書PP37-38)

八百比丘尼とは、若狭の国の娘で、人魚の肉を食べたために不老長寿の身となり、800年生きたとされる女性のことで、彼女にまつわる伝説は慈眼寺だけでなく、我が地元の鳩ヶ谷を含め、埼玉にも多く分布している。

さて、『諸国里人談』では慈眼寺のどのあたりから石櫃が出たのかは記されていない(「茲に又」を慈眼寺そのものではなく、仁王門と捉えれば、仁王門のそばか?)が、地元の口碑では現在石碑が建っている場所が、八百比丘尼が亡くなった場所であるとされているので、もしかすると石櫃が出たのはその辺りなのかも知れない。
尚、1830年完成の『新編武蔵風土記稿』の慈眼寺境内図では仁王門の右手、門前を通る道(現県道56号線〜水判土堀之内遺跡へ通じる道)とそこから北へ向かう道とが交差するT字路の角の南側に「八百比丘尼石碑」として石碑が描かれているが、現在は本堂東側の畑中に祀られている。
この場所は慈眼寺脇古墳があったとされる場所であり、この石櫃は慈眼寺脇古墳かそれに隣接して存在した未知の古墳に伴うものだったのかも知れない。

この畑の中の石碑、祠の中に祀られており、以前の探訪で目にはしているのだが、まさか古墳関連のものとは思わなかったので碑文を読むことまではしなかった。そこで改めて八百比丘尼の石碑を見学すると共に、過去2回の探訪で省略していた植水古墳群の古墳跡を訪ねてみた。


水判土堀之内遺跡
鴨川の現流路(旧入間川の流路跡)と鴨川の旧流路に挟まれた中州のような場所にある。発掘調査で周溝外径15.9mの円墳跡一基が検出され、「堀の内古墳」と命名されている。写真奥の宅地のあたりか?

iPhoneのMapで上空から。

写真上部で蛇行している鴨川旧流路と現流路(旧入間川流路)に至る間が遺跡範囲。この範囲内のどこで見つかったのかは良く分からないが、比較的新しく開発されたっぽい場所は、遺跡内を横断する道路の南側に細長く伸びる宅地位しかなさそうなので、このあたりなのではなかろうかと睨んでいる。

水判土堀之内遺跡から浅間山古墳跡を目指す。
水判土堀之内遺跡から西に進む道は旧入間川の流路跡のようで、今でも周囲よりも気持ち低くなっているような気もする。

上空から見ると旧流路跡が良く分かる。
赤いピンが刺さっている所が浅間山古墳跡で、こうして見ると旧入間川の流れを望む台地際に築かれていたことが分かる。

「慈眼寺絵図」(さきたま文庫66『慈眼寺』さきたま出版会 P22より)
正徳六年(1716)に描かれたもの。T字路の角に盛り土が描かれており、これが浅間山古墳であると思われる。図の下部を横断している道のT字より左側が県道56号線で、右側が上の写真の道である。

尚、『慈眼寺』のP15では、この盛り土について、

「東南の隅に盛り土を描いている。古墳であろうとの推測もあったが、、現在の鐘楼を建築する際の工事中の所見では、周りに堀はなく、版築もしていない盛り土であり、民間信仰による塚であった。塚の多くは江戸時代後期に築いている。中期の塚は珍しい例であった。」

と記しているが、現在の鐘楼は仁王門より南側に出ていないから、この図の土盛りが描かれている場所とは位置が合わないのではないだろうか? この土盛りは明らかに仁王門よりも南側に、T字路の角に描かれており、この場所は現在県道の真下になっているものと思われる。従って、現在の鐘楼の場所にあった盛り土はこれとは別のものであったのではないだろうか? それとも、浅間山古墳とされてきたものは、実は近世の塚だったのだろうか?
まあ、遺跡地図の類には「古墳かも」といった程度のものも載っており、その後の調査で近世の塚であったことが判明したものもあるので、浅間山古墳もそうした例の一つなのかも知れない。
一方、次にあげる『新編武蔵風土記稿』(文政13年=1830)掲載の境内図には特に塚らしいものは描かれていないので、鐘楼のあった場所の盛り土はこれ以降に盛られたものという推察も成り立つかも知れない。

新編武蔵風土記稿の慈眼寺境内図。
こちらは文化〜文政(1804〜1829)に調査した結果を1829〜1830に纏めた地誌なので、上図の約100年後の様子が反映されているものと思われる。丁度T字の部分が中央に描かれているが、正徳の境内図では描かれていた浅間山がこの図では見られない。単に省略されただけかもしれないが、この間に大きく削られてしまったのかも知れない。
尚、図の下部中央に「八百比丘尼石碑」のタイトルと共に石碑が描かれており、元々は現在とは違う場所に祀られていたことが分かる。
こうして見ると、石櫃は浅間山古墳を崩した際に見つかったものなのでは?という気もしてくる。

浅間山古墳跡。
どうやら県道56号線建設に伴って消滅したようだ。上にあげた2つの江戸時代の境内図から推察するに、丁度道路のあたりに浅間山古墳があったものと思われる。

江戸時代の道筋と現在道との関係。

赤い線が江戸時代の境内図に描かれている道筋。
現在の県道は慈眼寺前から北東に向けてカーブして通っているが、江戸時代の道は、そのまま南東方向に直進していた。従って、浅間山古墳があった場所は、現在水判土交差点となっているあたりであったと思われる。

緑色の印は『新編武蔵風土記稿』の境内図で八百比丘尼石碑が描かれていた場所。

本堂東隣の畑地。
慈眼寺脇古墳はこのあたりにあったとされている。写真左手に写っている小さな祠が八百比丘尼の石碑を祀っている祠である。地元の口碑によれば、ここが八百比丘尼が亡くなった所=埋葬した場所ということになる。祠の右手に小さな土盛りがあるが、これは何?

八百比丘尼の石碑を祀る祠。
慈眼寺の寺伝によれば、石櫃ではなく、石碑が仏像と共に見つかったと記されており、それは享保八年(1723)の陰暦4月下旬とのことである。『諸国里人談』の記事と併せて考えると石室乃至は石棺の石材を利用して石碑を造ったということなのかも知れない。

八百比丘尼石碑。
石質は安山岩とのこと。古墳の石室乃至は石棺材の転用?

所々剥落していて読みにくいが、

「八百比丘尼守護佛 延命地蔵菩薩出現之墟 大化元年乙巳歳」

と刻まれているそうだ。大化元年(645)とは八百比丘尼の生年。まだまだ古墳が造られていた時代の生まれである。
従って、亡くなったのは1445年(文安2)ということになる。

慈眼寺脇古墳跡。
遺跡地図を見るとかなり本堂寄りの所にプロットされているので、この辺りか?
「一部残存」とされているが、現状では特に古墳跡のようには見えない。

iPhoneのMapで上空から。

赤いピンは遺跡地図から推定した慈眼寺脇古墳跡の位置。
八百比丘尼石碑の祠は画像右手の畑脇に小さく白く写っている。祠脇の土盛りは数年前に訪れた時から変わっていない様子なのだが、単に残土を積んだものなのだろうか?

地元の口伝を信じれば、八百比丘尼の葬地=石櫃が見つかった場所はここということになるのだが、石碑の碑文は「八百比丘尼守護佛 延命地蔵菩薩出現之墟 大化元年乙巳歳」であり、仏像及び石櫃乃至は石碑が見つかった跡に建てたとある。これと新編武蔵風土記稿の境内図では浅間山古墳跡地の前に石碑が建てられていたこととを併せて考えれば、ここではないのではないだろうか?

その新編武蔵風土記稿では仏像や石碑について次のように述べている。

「地蔵堂 黄金仏にて長一寸八分。伝え云、此像は八百比丘尼の守護佛にて、寿地蔵と呼べりと。門外に石標を立て其旧跡なることを示す。此像も中古荒廃より以来、何れへか失ひて見えざりければ、代々の住僧深く是を愁へ、諸方を尋ねけれども求め得ざりしに、享保年中はからず境内土中より堀出せしと云。其形岩洞の内に安じ、岩の裏に孝の字かすかに見ゆ。其左右に八百比丘尼大化元年とありしよしなれど、秘仏なりとて見ることを許さず。又、かの尼が手づから植し木あり。先年枯れて今仁王門の庇の下に片寄てあり。太さ五囲に余り、木理槙の木と見ゆ。彼尼が植たることは姑く置きて、いかさま数百歳をへしものと思はる。さてこの尼は上古若狭国にありて常に延命地蔵を信じ、一千の小石を集めて多年の供養を重ねしかば、其功徳により悟道徹底し、遂に人間の縁を免れ、妙齢不老にして八百歳の寿を保てりと云。或は云、彼尼は若州小松原の産なりしが、幼時父海浜に釣して怪き魚を得たり。即ちこれを食はしめしに、夫より年を重ずといえども容貌衰へず。同国後瀬山の麓、空印寺境内の岩洞に隠れ住、遂に八百歳に及ぶ。故に人呼てかく名付くと。肌膚至て白かりければ、一に白尼ともゆふ。宝徳年中洛に至り、常に源平盛衰のさまなど面のあたり見たりとて、物語せしと云。宝徳より大化元年まで八百年に余れば、計へ来てかくは呼しなるべし。いかにも妄朧の説に似たれど、旧く言伝ふることなれば、若狭国志等によりてほぼその伝をしるしてきぬ。」

やはり、境内図に描かれている場所がその旧跡であるとのことである。
また、正徳六(1716)の境内図には浅間山古墳が描かれていて、新編武蔵風土記稿(1830)の境内図には描かれていないことからしても、浅間山古墳を享保八年(1723)に崩した際に石櫃が現れ、その石材で石碑を作って浅間山古墳前に建てたというストーリーが頭をよぎる。

ただ、「其形岩洞の内に安じ、岩の裏に孝の字かすかに見ゆ。其左右に八百比丘尼大化元年とありしよしなれど、秘仏なりとて見ることを許さず。」とあるのが気になる。刻まれている文言がほぼ同じことから、この「岩洞」が『諸国里人談』でいう「石櫃」のことではないかと思われる。一寸八分(約5cm)の仏像が収まっている岩洞となると、それ程大きな物とも思えず、石櫃は古墳の石室や石棺ではないという気もする。
現在の鐘楼の場所にあった盛り土が、古墳ではなく近世のものと見られることは前述の通りだが、石櫃/岩洞はこの塚と併せて江戸時代中期に造られたものという可能性もありそうだ(石材自体は付近の古墳を崩した際に出てきた石材を流用した可能性はあるかもしれないが)。

以下に慈眼寺の八百比丘尼伝承関連の事象を年表に纏めてみる。

西暦年号事象
645大化元八百比丘尼、若狭国で生まれる。
1445文安2八百比丘尼、水判土で没する(地元の伝承)
1716正徳6「慈眼寺絵図」完成。浅間山古墳と思しき地形が描かれている。八百比丘尼石碑は描かれていない。
1723享保8癸卯孟夏下浣(陰暦四月下旬)石櫃・仏像発掘される(『八百比丘尼縁起』)
1743寛保3菊岡沾涼『諸国里人談』刊行
1753宝暦3菊池肥後守『八百姫宮略記』刊行。慈眼寺にはその写しが現存。
1804文化元幕府による『新編武蔵風土記』のための調査がはじまる。
1829文政12『新編武蔵風土記稿』の執筆開始。
1830文政13『新編武蔵風土記稿』完成。慈眼寺境内図が掲載されているが、浅間山古墳は描かれていない。八百比丘尼石碑が仁王門の南東の道路(現県道56号線)脇に描かれている。
明治時代前半頃に描かれたとされる境内図にも、本堂右手の畑中に八百比丘尼石碑が見られないことから、現在の位置に石碑が移動してきたのはそれ以降のことで、恐らく県道56号線の工事に伴ってではないかと思われる。
従って、石櫃や仏像が見つかった八百比丘尼の葬地とされる場所は、『新編武蔵風土記稿』の境内図に石碑が描かれていた浅間山古墳跡そばであったのだろうと思われる。
八百比丘尼が植えたとされる槙の木の切り株が仁王門のそばにあることからしても、そのすぐ近くの浅間山古墳がその葬地であったと考えられていたのではなかろうか?

続いて慈眼寺裏古墳跡へ。
遺跡地図では本堂の裏手あたりにあったことになっている。こちらも「一部残存」ということだが、近年の墓地や庭の造営に伴って完全に消滅してしまったようだ。

iPhoneのMapで上空から。

ご覧のように、本堂の裏手は最近造られたと思われる庭と墓地になっていて、古墳の痕跡は認められない。

続いて山王塚古墳跡へ。東側から撮影。
新編武蔵風土記稿足立郡植田領水判土村の項には

「塚 山王塚 慈眼寺の西の方にあり。山上に山王を安ずるゆへにかく名付く。近き頃太刀刀の折など多く掘出せしことあり。土中に石室埋れてありと云伝えたり。」

と記されており、その際に見つかったと思われる銀象嵌の鍔が東京国立博物館に所蔵されている。
「一部残存」扱いなので、多少は痕跡でも残っているのかと思いきや、跡地付近は畑と屋敷林になっており、特にそれらしい痕跡は見つけられなかった。

山王塚古墳跡地を西側から。
屋敷林の中は生け垣のために良く見えなかったのだが、すぐに斜面になっており、特に古墳跡のような地形は残ってなさそうであった。

小山稲荷古墳。
植水古墳群で現存する2基のうちの一基で、山王塚古墳跡のすぐ西側に所在している。大きく削られながらも稲荷社の土台としてかろうじて残っている。

iPhoneのMapで上空から。

赤いピンが遺跡地図から推定した山王塚古墳跡。
上空から見ると林が円形っぽくなっているのが気になるなるが、その中心部分は崖というか斜面になっている。塚を削り取った結果、そういう地形になったのだろうか?それとも北側の畑地が跡地なのか?

小山稲荷古墳は画像左上角の木立がある場所がそれである。

[Posted with iBlogger from my iPhone]


投稿時間 : 13:51 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年04月10日 古墳巡りGadget
 ■ iPhoneでVNC

4月7日のエントリーにて、iPhoneで外部ファイルを参照する方法について書いた。
AppleのウェブストレージであるiDiskにアクセスする方法が、主にアプリの出来の問題で今ひとつこなれていないので、当面はVPN接続による自宅パソコンの遠隔操作でパソコン内のファイルを参照する方法が一番面倒がなさそうだと今の所は考えている。

遠隔操作を行うには、パソコン側にVNCサーバーアプリを入れ(OSXの場合は標準で組み込まれている)、iPhone側にVNCクライアントアプリを入れておく必要がある。
iPhone用VNCクライアントアプリは有料無料合わせて何種類もリリースされているが、私は一番最初に出たMocha VNC Lite という無料アプリをリリースとほぼ同時にインストールし(初代iPod touchのJB時代から使っていたので)、以来ずっとこれを使ってきた。
無料版ということで、右クリックができない、ドラッグができないといった制限はあるものの、私の使用目的においては問題無く使えていた。

が、先日、新編武蔵風土記稿のPDFファイルを出先で参照しようとした時、問題が生じた。
デフォルトのPDFビュアーに指定している「プレビュー」で開くと全て白紙ページになってしまうのだ!
これはPDF作成時のセキュリティ&電子署名のいずれかがイタズラしているのが原因である。
この手のものを正しく表示させるには、Adobe Readerで開くしか方法はない。
そのためには、

1.PDFファイルをAdobe Readerのアイコンへドラッグ&ドロップする。
2.PDFファイルを右クリックして、これを開くアプリケーションとしてAdobe Readerを指定する。

のいずれかを行わなくてはならないのだが、Mocha VNC Liteでは、そのどちらも実行不可能なのだ!

そこで、VNCクライアントを変えてみることにした。
この分野で定評があるのは、Mocha VNC Liteの上位版であるMocha VNC(¥700-)とJaadu VNC(¥2,900-)の2つである。もう一つLogMeln(¥3,500-)というのもあるが、これはVPN接続に対応していないので除外した。
この2つなら、どちらも右クリックとドラッグ&ドロップが可能である。
価格差が大分あるのでちょっと悩んだが、Jaaduの方が動きが滑らかで高機能という話しだったので、Jaaduを購入してみた。


●Jaadu VNC (¥2,900-)

起動画面。

アプリを起動すると登録してあるVNCサーバー(がインストールされている端末)の一覧が表示される。

「Discovered Servers」とあるのは、現在同一LAN上で稼働している端末。

試しにHP Mini1000を選択。

接続画面。

接続するサーバーを選択すると渦巻きがグルグルと回転するアニメーションと共にネゴシエーションを開始する。

カッコイイ!

接続が成立すると、iPhoneの画面にHP Mini1000のデスクトップが映し出される。

画面上には各種機能を呼び出すアイコンが並ぶ。

操作はデフォルトでは、画面をドラッグするとその動きに合わせてマウスカーソルが移動し、画面もスクロールするという方式。慣れればどうといことはないのだが、今迄使っていたMocha VNC Liteでは、画面をタップした場所にカーソルが移動し、画面のスクロールとカーソルの動きに直接関係はなかったので、ちょっと戸惑う。

設定でMocha VNC Liteと同じ方式にすることができるので、早速変更。

ソフトウェアキーボードが利用でき、遠隔操作で各種文書の作成が可能。

ま、実際は掲示板等に書き込みをしたり、IDやパスワードを入力するのに使う程度。

使ってみると確かに高いだけあって、Mocha VNC Liteと比べて動きも滑らかで、表示もスピーディーである。
これなら遠隔操作でも相当快適に作業をこなせそうだ。

ちなみに、iPhoneにVNCサーバーアプリを入れ、パソコン側にクライアントアプリを入れれば、パソコンからiPhoneを遠隔操作することもできる。

左の画像はChicken of the VNCというOSX用クライアントアプリを使って、HP Mini1000からiPhoneを遠隔操作している所。
とりあえず出来るというだけで、今の所、活用方法は全く思いつかない(笑)。

投稿時間 : 02:23 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

 ■ HP Mini1000 + iDeneb、AirMac アップデート

アドレス帳やらカレンダーやらの同期をとろうと久方ぶりにMini1000を起動してみた所、割と大量のアップデートのお知らせがあった。
夢見の状態では迂闊にアップデートできないのは以前書いた通りである。

アップデートの内容を一通りみてみると、iPhotoだとかiWeb、iTunes等のApple製アプリに関するものが殆どで、システム関連のものはAirMacをはじめ、OSの根幹部分とは関係なさそうなもののみであったので、アップデートしてみた。

まあ、予想はしていたけれど、再起動後にAirMacが死んでいた。
メニューバーのAirMacアイコンをクリックすると

「AirMacカードがありません」

的な内容が表示されるのみ。
システム環境設定→ネットワークでは、一応AirMac互換カードがあることは認識してはいるようだが、

「AirMac 切」

状態になっており、「AirMacを入にする」のボタンを押しても無反応。
下の歯車アイコンからサービスをoff→onしてみても状況は変わらずであった。

で、仕方ないので、bcm43xx_enabler.shを再実行。
ターミナルを立ち上げて

sudo -s

と入力。パスワードを聞かれるので、事前に設定しておいたRootのパスワードを入力。
続いて、

cd /Broadcom
/Broadcom/bcm43xx_enabler.sh

と入力。
色々聞かれるが、エンターを押して先に進める。
終わったらターミナルを閉じてディスクユーティリティーを開き、「アクセス権の修復」を実行。

再起動後無事にAirMacは復活した。
たかがWifiカードのクライントアプリのアップデートごときで、いちいちこんな作業をしなければならないのはちょっと面倒ではある。
まあ、現状で特に不満がないのであれば無理にアップデートすることもないのだが、いい加減、そろそろリテール使ってインストールし直すことも考えるべきなのかも知れない。
とりあえず大容量のHDDを入手したら、リテールを使ってXPとのデュアルブート環境を構築した上で換装してみようかと思う。

投稿時間 : 01:17 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト