2009年05月 アーカイブ

« 2009年04月 | 記録帳TOP | 2009年06月 »


2009年05月27日 栃木県の古墳
 ■ 栃木県藤岡町赤麻古墳

急遽藤岡へ納品に行くことになったので、奥壁に「謎の文様」があるとウワサの(昇寛さんに教えてもらった)赤麻古墳へ寄って見た。
場所を調べて見ると、客先のすぐそば。しかも、ICへ帰る途中という、寄ってけ!と言わんばかりの位置であった。

途中の路上に案内板の類がないので、曲がる所を間違えたりしてちょっと迷ったが、すぐにそれっぽいマウンドが畑中に見えてきて一安心。しかも割と大きな駐車場付きだ。誰もいないけど。

説明板。

駐車場の脇に設置されている。
元々は径20m程の円墳だったそうだから、現状はかなり削られて変形してしまっているようだ。もっともそうでなければ、石室が露出することもないだろう。

石室は南側に開口していると説明板に書いてあるので、駐車場からだと墳丘をグルっと回り込まねばならないのだが、季節柄、墳丘は草ぼうぼうな上に、ここしばらく誰も訪れていないらしく、見学路(元々そういうものがある訳でもないっぽいが)は完全に埋没! スーツ姿で草むらを掻き分けて進む羽目になった。

赤麻古墳石室。

開口部は草に埋もれていて良く見えない。

石室前の説明板。

ようやっと石室前に到達したが、そこから石室入り口までも完全に草に埋もれてしまっていた。所々気味悪い草も生えてるし、ちょっと進むのが躊躇われたが、折角きたんだし、時間もないしということで、前進。

草を掻き分け、石室入り口を塞いでいる門に手をかけたものの、しっかりと施錠されていて、中を見ることは出来なかった。謎の記号を見たかったのだが、残念。

聞くところによると、この門は開いている時もあるそうなので、これはいずれ日を改めて再訪してみたい。 それなりに整備されている古墳かと思ったら、最近は放置されてるっぽいので、草が枯れる秋以降が良さそうだ。

iPhoneのMapで上空から。

この地域には高解像度画像が用意されていないので、イマイチ良く分からないが、赤いピンが立っている所が赤麻古墳墳丘。円墳ということだが、周辺を削られて長方形っぽく変形してしまっている。

そんなに訪れる人もいないのかも知れないが、立派な駐車場もあることだし、せめて墳丘の草刈り位はしてもらいたいと思う。

[Posted with iBlogger from my iPhone]

投稿時間 : 15:02 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年05月23日 古墳巡りGadget
 ■ OSX、XP、Win7 トリプルブート

先日RC版がリリースされたMSの最新OS、Windows7をMini1000に入れてみた。
当初は特に興味もなかったのだが、友人が「軽くてサクサク動く」「エフェクトがMacっぽくなってるから、お前も気に入ると思う」と、会う度に強くオススメされ続けた結果、そこまで言うなら試しに使ってみようかという気になった次第である。それに、いずれXPと置き換えることになるのなら、今からちょっとは操作に慣れておくのも悪くない。

とは言え、現状、内蔵HDDは、OSXに80GB、XPに20GB、OSXとWin間でデータのやりとりをするためのFAT32パーティションが10GBという構成になっており、入れるとなると、最後のFAT32パーティションを使うしかない。果たして10GBで足りるのか?
友人に聞いてみると、Windows7は普通にインストールして8GB位なのだそうだ。ネットやPC雑誌なんかで調べてみても大体8GB位とどこでも言ってるので、それなら何とかなりそうだ。追加のアプリケーションやデータ等は、まだ余裕があるXPパーティションに入れるか、足りなければSDでも使えばいいから、何とかMini1000上で運用できるだろう。元々Windowsは滅多に使わないし。

ということで、早速Windows7RC版のインストールにとりかかる。
まずはMSのWin7サイトから、32bitの日本語版のディスクイメージをDL。サイズは約2.5GB。
これをディスクユーティリティーを使ってDVDに焼く。ここまではMac Book上で作業した。

インストールDVDができたら、外付けドライブを繋いで、DVDからブート。
オプションでFAT32パーティションをNTFSでフォーマットしなおして、インストール開始。
30分程度で無事インストールは終了した。

ちょろっといじってみた感想としては、OSXやXPと比べるともっさり気味だが、非力な上にHDDが1.8インチのMini1000でもイライラしない程度には反応してくれている。噂通り、Vistaと比べるとかなり軽いOSに仕上がっているようだ。これならMini1000で常用しても大丈夫かも知れない。
見た目も確かに奇麗で、特にフォントがXPに比べると格段に見易くなっているし、友人がいうように各種操作時のエフェクトなんかは確かにMac風ではある。また新しくなったタスクバーもOSXのDocぽくて馴染み易い。
が、やはり基本的な操作体系はWinのままなので、Win耐性のない私にとっては、相変わらずイライラさせられる操作感覚ではある。まあこの辺は慣れの問題なので、致し方ない所ではある。また、後述するように設定をちょっと変更することで、ある程度はOSXライクなものにすることも可能だ。

友人がしつこくオススメしてくるだけあって、Win7は割と良く出来たOSだとは思う。
Winが苦手な私にも好印象なOSであった。
が、ここで一つ大きな問題が生じていることが発覚。

XPとOSXのデュアルブート環境で、後からWin7をインストールすると、以後はWin7パーティションからブートするようになり、そのままではOSXやXPでブートできなくなってしまうのだ。
インストール中に何度か再起動した際に、OSXパーティション上のブートローダー(Chamereon)を介さずに、ダイレクトにWin7が立ち上がっていたので、嫌な予感はしていたのだが、良く考えてみれば、そりゃそうだ。普通、インストールしたOSのパーティションがアクティブになるだろう。
これはもう一度、Diskpartを使って、OSXパーティションをアクティブにすれば、従来通りにChamereon2.0が立ち上がり、そこからOSを選べるようになるだろうと思ったのだが、何故かChamereon2.0が起動せず。
Chamereonを再インストールするも効果ナシ。これは困った。

10.5.7の入った外付けHDDからブートすると、ちゃんとChamereon2.0上でOSX、XP、Win7が表示され、それぞれブートすることができるので、各々のシステムそのものは無事であり、Chamereonさえちゃんと立ち上がってくれれば問題ないということは確認できた。
そこで海外フォーラムで、後からWin7を追加した場合の対処法を調べてみると、Win7のブートローダー経由でOSXパーティションを起動する方法が紹介されていた。もっと良く調べれば、従来通りダイレクトにOSXパーティションからブートする方法もあるのかもしれないが、とりあえずはこの方法を試してみることにした。

手順は至って簡単。Win7にEasyBCDというフリーウェアを導入して、設定をちょこっといじるだけである。
ただ、作業をはじめる前に、Diskpartを使って、Win7パーティションをアクティブにして、Win7からブートするようにしておく必要がある(通常、Win7インストール後はそのようになっている)。

まずはEasyBCDをDLしてきて、起動。最初はOSXが入っているHFS+パーティションに関するエラーが出て起動できないことがあるが、これはWin7を再起動することで立ち上げられるようになる。
EasyBCDを立ち上げたら、まずはHFS+に関する問題を解決する。

左側に並ぶメニュータブから、「Diagnostics Center」を選び、「Repair OS X "HFS+ Partition Error"」にチェックを入れて、「Attempt Recovery」を実行。

次に「Add/Remove Entries」を選び、「Add an Entry」からMacタブを押す。
ここでTypeを「Generic x86 PC 」にし、適当な名前をつけた上で「Add Entry」ボタンを押すと、上の欄にWindows7に加えて、OSXが自分で設定した名称で追加される。
これを確認したらSaveする。

最後に「Change Settings」を選び、優先的にブートするOSの種類と、ブートローダーがタイムアウトする迄の時間を設定する。ここでOSXを指定しておくと、タイムアウト後、自動的にOSXパーティションからブートするようになる。
好みで設定したら、「Save Setting」を選んでセーブ。
私はとりあえず、5秒後にOSXパーティションからブートするように設定してみた。

EasyBCDの設定を終えたら再起動。

Win7のブートローダーが表示され、設定した通り、Win7かOSXか選べるようになっている。
この画面でOSXを選ぶか、タイムアウトする迄放っておくと...

無事、Chamereon2.0が起動!
OSX、XP、Win7と選び放題!!!!!!!

そしてOSXも無事に起動!
デスクトップに、OSX、XP、Win7の起動ディスクが表示される。
HDDのアイコンもそれぞれのOSのロゴマーク入りのものにしてみた。
OSX上から直接NTFSボリュームのアイコンを変えることができないので、一旦FAT32フォーマットのUSBメモリ等にアイコンを設定し、その結果生成される2つのファイルをWin上でそれぞれのHDDのルート上にコピーすることで変更している。

更にWin7の画面レイアウトをOSX風にしてみた。
タスクバーを画面上にもってきて、ObjectDocというOSXのドック風ランチャを導入。
Win7のタスクバーは、それ自体にOSXのDoc的要素があるので、これで画面の上下に2つのDocがあるという環境になる。私はOSXでも画面左側にDoc風ランチャを追加して使っているので、位置こそ違うものの、似たような使い方ができそうなのは有難い。
タスクバーのアイコンを「小」表示にしても、スタートアップメニューのWinアイコンが小さくならないのが頭にくるものの、これで操作時の目のやりどころはOSXとほぼ同じになるので、上辺の操作感覚としては、余り違和感を感じないようになった。

こうしたデスクトップのレイアウト変更が柔軟に行えるのも、Win7の良い所だと思う。
タスクバーをOSXのDocのように通常は非表示でマウスカーソルが乗った時に表示という設定にもでき、画面をフルに使える点も、特に画面が狭いネットブックでは大きな利点と言えるだろう。

投稿時間 : 16:16 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年05月21日 古墳巡りGadget
 ■ 10.5.7→10.5.6に戻す。

Mini1000で10.5.6→10.5.7アップデートの夢は割とあっさり見られたのだが、USB接続のサブモニタを繋いでみた所、10.5.6の頃はちゃんと使えていたのが映らなくなっていることに気付いた。外でサブモニタ使うことはまず無いから、別にどうでもいいと言えばいいのだが、やはり今迄使えていたものが使えなくなるのは気持ち悪い。

そこで、何がいけないのか調べてみたところ、QE/CIが無効になってしまっているのを発見。これのせいでPhoto Booth とiChatも使えなくなっていた。QE/CIが無効になっているのとサブモニタが映らないこととは、直接関係は無いと思うのだが、一応グラフィック関係の重要部分なので、とりあえずこれを直すことに。
QE/CIに関係するのは、主にAppleIntelGMA950.kextとAppleIntelFramebuffer.kext、Natit.kextの3つ。これのヴァージョン違いをあれこれ試してみたが、一向にQE/CIが有効にならないどころか、物によっては表示がバグって操作不能になってしまうという始末。

海外フォーラムで情報を漁ってみると、私が10.5.7にアップデートした際に最初に入れたヴァージョンのAppleIntelGMA950.kextで皆さんあっさり成功してらっしゃるようで、益々訳が分からない。改めてAppleIntelGMA950.kextを入れ直してみるもQE/CIは無効のまま。どうも腑に落ちないので、S/L/Extensionsを開いてみると、入れた筈のGMA950.kextが入っていないではないか!
あれこれ実験して原因を探ってみた所、どうもボリューム越しにGMA950.kextをインストールするとちゃんと入らないということが判明した。

私はこの手の改変kext類は、内蔵HDDを3つに分けた内の、MacとWin間でデータをやりとりするためのFAT32フォーマットのパーティション内に保存してある。ここから直接kexthelperを使ってインストールするとGMA950.kextに限って、ちゃんと入らないのだ(表示は無事インストールできたと出るのに)。画面解像度自体はAppleIntelFramebuffer.kextを入れた時点で1024x600になるので、GMA950.kextがちゃんと入ったかどうかは見た目や挙動だけでは分かりづらい。
そこでGMA950.kextを一旦OSXパーティションにコピーしてからインストールしてみると、今度はちゃんと入った。
ついでにGMAX3100関係やGeForce関係等のいらなさそうなkext類を削ってから、パーミッション修復&再起動すると、無事QE/CIは有効になった。
どうもこれまでQE/CIが無効になっていたのは、単に入れたつもりのGMA950.kextが入っていなかったといことのようだ。

QE/CIが有効となり、Photo BoothとiChatは再び使えるようになったのだが、USBサブモニタはやはり映らず。
USB関係のkextもあれこれ試してみたが、ちゃんと映っていた10.5.6の頃の奴だと、カーネルパニック起こしてセーフモードでも起動できず。他のものだと起動はできても、モニタは映らず。
自宅の10.5.7にアップデートしたMacBookだとちゃんと使えているので、ドライバが10.5.7に対応していないという訳ではない。
グラフィック関係でもUSB関係でもないとしたら、残るは電源関係か。
USBポートからの給電が追いつかなくて映らないのかも知れない。
ただこの辺は下手にいじると面倒なことになるので、どこをどうすればいいかハッキリするまでは手を入れないでおこうと思う。それまではとりあえず内蔵HDDのシステムを10.5.6に戻しておくことにした。

戻すのは簡単で、外付けHDDにCCCでバックアップをとっておいた10.5.6時代のデータを書き戻すだけ。
その前に、一応10.5.7のシステムを別の外付けHDDにCCCを使ってバックアップしておく。必要なら、このHDDを繋げば10.5.7で起動できる。

バックアップをとったら、外付けの10.5.6から起動してディスクユーティリティーを使って、内蔵HDDのOSXパーティションをフォーマット。その後にCCCを使ってバックアップデータをOSXパーティションを書き戻し、Chameleon2.0を再度インストールすれば、内蔵HDDからは10.5.6で起動できるようになる。

CCCはボリュームを丸ごとコピーしてブート可能なクローンを作ってくれるのだが、そのままだとブートローダーが、ファイル自体はコピーされているものの、起動してくれない。他ボリュームからブートローダーを起動して使う分には、そこからブートできる(OSXのシステム自体は生きているので)のだが、F9を押して、直接そのクローンが入ったボリュームを指定した場合は、ブートローダーが起動せず、立ち上げることができない。なので、データを書き戻した後は、ブートローダーを再度インストールしておかないと、自力で起動できなくなってしまうので注意だ。

投稿時間 : 12:47 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年05月15日 古墳巡りGadget
 ■ OS10.5.7アップデートの夢

先日、Mac OSX 10.5.7が公開された。
主にセキュリティや安定性の向上に関するアップデートなので、機能的に10.5.6から大きく変わった部分はない。
自宅Macはすぐにアップデートしたのだが、問題は夢見中のMini1000である。
夢を見るためにあれこれ手が加わっているので、OSがらみのアップデートは要注意。10.5.5→10.5.6の時は見事に失敗して、一からやり直す羽目になった。

そんな訳で、10.5.6→10.5.7へのアップデート方法が確立してからやろうかと思っていたのだが、他のネットブック(MSI U100とか、Dell Mini9等)では早々にそういう情報が国内外のフォーラムやブログに掲載されたのに対し、Mini1000の方は「できた人いる?」的な書き込みばかりで、一向にその手の情報があがってこない。
ようやっと出てきたかと思ったら、リテールDVDを使って夢見てる人の報告ばかりで、iDenebを使って夢を見ている場合の事例が出てこない。時代はやはりリテールで夢見のようだ。
前回、これを試みてインストール途中で止まってしまったので諦めたのだが、いずれリトライしてみようと思う。

ただ、リテールの場合にしろ、他機種の場合にしろ、アップデートしても特に大きな問題はないようで、解像度やネット周りの設定を改めてやる程度で済むらしい。
今回はCCCでシステムのクローンを作ってあるし、元々Mini1000に入っていた旧HDDもブート可能な外付けHDDとしてとってあるので、最悪これらを使って現状復帰はできるから、とりあえずダメモトでMini1000で10.5.6→10.5.7アップデートを試みてみることにした。

結果は、あくまでも私の環境の場合だが、普通にソフトウェアアップデートを使ってアップデートしてもOKだった。
但し、再起動後、10.5.6の時のようにキーボードやトラックパッドが動かなくなるということはなかったが、

1.解像度が800x600になっている。
2.WiFiが死亡。
3.スリープができない。

という状態になってしまっていた。

解像度は、ネットで拾ったMini1000の10.5.7用という触れ込みのAppleIntelGMA950.kextとAppleIntelIntegratedFramebuffer.kextをインストール&アクセス権の修復をすることで1024x600に復帰。

WiFiは10.5.6の時と同様に、bcm43xx_enabler.shを再実行&アクセス権修復で復活。

スリープは、VoodooUSBEHCI.kextをインストールし、
/S/L/Extensions/IOUSBFamily.kext/Contents/Plugins/AppleUSBEHCI.kext/Contentsにある、info.plistを開き、

<key>CFBundleVersion</key>
<string>3.1.5</string> ←ここの数字は環境によって異なる

の後ろに

<key>OSBundleCompatibleVersion</key>
<string>1.0</string>

を挿入。
アクセス権を修復した後に再起動すると、スリープが効くようになる。
但し、VoodooPS2Controller.kextを入れていると、復帰後にトラックパッドが動かなくなるのは相変わらずである。

その他、細かい所では、「このMacについて」のCPUが「Unknown」になってしまっていたり、システムプロファイラのハードウェアの項目がエラーになってしまったり(メモリ等の各項目は正常に表示される)といった不具合があるが、日常の使用に差し支える類のものではないので、暇な時に直してみようと思う。

投稿時間 : 12:29 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年05月10日 古墳巡りGadget
 ■ VX Revolution

私はこれ迄、無線式マウスは今ひとつ信用ならんと思い、専ら有線のものを使ってきた。
何が信用ならないかというと、無線式のマウスはマウス本体内に電源があるので、これが切れてしまうと使うことが出来ないという点だ。ポートに繋げば確実に使える有線マウスと違って、無線マウスの場合、マウスの電源の心配を常にしてやらねばならない訳だ。
また、以前購入した無線マウスの電波の到達距離や特性に問題があって、USBポートが本体左側にしかないMacBookの場合、本体右側でマウスを操作すると(右利きだから当然そうなる)、USBポートに差したレシーバーが上手く電波を掴めないようで、マウスがマトモに使えない事があった。これは結局、USBの延長ケーブルを使って、レシーバーをMacBookの前にまわすことで解決。だが、これでは「無線」の意味は半減だ。この一件も無線マウスへの不信感を強めた。

が、先日、Mini1000の2つしかないUSBポートをマウスで潰したくないという理由からBT接続の無線マウスを導入してみた所、非常に快適だったので、無線マウスも意外といいんじゃないかと思うようになってきた。
やはり線がないのは取り回しが良く、携帯にも便利だ。電池も意外と長持ちするようで、iPhone用に購入した単3型のエネループ&充電器を常に持ち歩いていることを考えると、電源が単3電池のものであれば、電池切れの心配はそんなにしなくても済みそうである。

そういう訳で、自宅Mac用にも無線マウスを新調してみた。
購入したのは、以前から「デザインは好みだけど、無線だからいらない」と思っていた、LogicoolのVX Revolution である。同社のノート向けマウスのフラッグシップ機的位置づけの製品である。
このマウスのデザインのどこがいいかというと、「PowerBook G3っぽい」点である。

PowerBook G3は、私がはじめて購入したMacノートということもあり、かなり愛着のあるマシンである。
iPhone と iPod touch用のケースも「PBG3っぽい」という理由から、SwitchEasyのCapsule NEOが発売されると速攻でこれを購入し、背面に白リンゴシールを貼って愛用している。VX RevolutionもCapsule NEOと同様に、配色、質感、曲線を取り入れたデザイン共に、PowerBook G3を彷彿させる。最近のMacっぽくはないのだが、一昔前のMacノートっぽいのが個人的には高評価である。

ただ、このマウス、一応ノート向けというかモバイル向け製品という位置づけなのだが、それ用としてはサイズがかなり大きい。Mini1000の上に乗せてみるとこの存在感である(笑)。
ま、BTではなく、USBポートにレシーバーを差して使うタイプということもあり、これをMini1000と共に持ち歩く気にはなれないから、当初の目的通りに自宅Mac用として使うのが妥当だろう。
大きい分、ボタンも沢山ついていて、それぞれに好みの機能を割り当てられるので、自宅で古墳について調べ物をしたりする時に多いに役立ってくれそうである。
私は自宅Macで作業する時は少なくとも5〜6種類のアプリケーションを使うし、Leopardから搭載されるようになった、作業画面を最大4つに増やせる「Spaces」も活用するので、アプリや画面の切り替えを全てマウス上のボタン操作だけでこなせるのは有り難い。また検索も、検索したい文字列を選択して、ホイールの手前にあるボタンを押すだけで、SpotLightなり、Googleなりで検索かけてくれるので便利である。

各ボタンへの機能割当は、専用のアプリケーションから行う。
アプリケーション毎に挙動を変えられるのがミソで、例えば検索ボタンを押した場合、普段はOSX標準の検索ツールであるSpotLightでローカルファイルを、Webブラウザ使用時はGoogleでWeb上の情報をそれぞれ検索させることが出来るのだ。
こうした細かなカスタマイズ性を生かした上で、キーボードショートカットと併用すれば、工程の多いフォトレタッチなんかの作業効率もかなり向上すると思う。
これ迄使ったことのある多機能マウスでは、ここまで細かなカスタマイズは出来なかったり、ボタンが押しづらかったりして機能をフルに使うことは余り無かったのだが、VX Revolutionは私には持ち易いし、ボタンの位置も絶妙なので、かなり使い勝手の良いマウスとなりそうである。

投稿時間 : 02:44 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年05月05日 古墳巡りGadget
 ■ Carbon Copy Cloner

TimeMachineでバックアップがとれなくなった。
上のSSのエラーメッセージからすると、Mini1000とバックアップデータとのMACアドレスが食い違ってしまったのが原因のようだ。以前、kextを入れ替えた際も同様のエラーが出たことがあったが、最近はそんなことはしていないし、何故こうなったのか良く分からない。
思い当たるとすれば、先日、非常用のブートSDを作った際に、あれこれkextの入れ替えをしたのだが、再起動した時に、何故か全く手を入れていない内蔵HDDでブートしたにも関わらず、「ブート用のキャッシュが書き換えられました」的なメッセージが出たことがあった。その時は問題なく起動したので、余り気にしなかったのだが...。

で、試しにターミナルを立ち上げて、バックアップデータ側のMACアドレスを調べてみると、確かに本体のと食い違っていた。以前、これを本体側の新しいMACアドレスに書き換えると再び使えるようになるという記事を読んだことがあるので、

$ cd /Volumes/外付けHDD名
$ sudo fsaclctl -p /Volumes/外付HDD名 -d
$ sudo mv .古いMACアドレス .新しいMACアドレス
$ sudo xattr -w com.apple.backupd.BackupMachineAddress 新しいMACアドレス Backups.backupdb/コンピューター名
$ sudo fsaclctl -p /外付HDD名 -e

という感じで書き換えてみたのだが、これでもダメ。
いずれにせよ、こうコロコロとMACアドレスが変わってしまうとなると、ちょっとTimeMachineは使ってられない。
何しろ今後、kextの入れ替えを行うことが無いとは思えないし、非常用のSDや、他の外付けHDD内のシステムをいじくることもあるだろう。その度に何かのはずみでこういう事になる恐れがある訳で、こうなるとバックアップデータから復元するのも容易ではなくなる(少なくとも、TimeMachineを使って復元することはできない)から、何のためにバックアップをとっているのか分からなくなってしまう。

そこでTimeMachineはさっぱりと諦めて、Macのバックアップツールとしては定番の「Carbon Copy Clorner(CCC)」に切り替えることにした。
TimeMachineのように、一時間ごとに差分バックアップを自動でとったり、任意の時点での状態に復元したりは出来ない(こともないのだが、手軽ではない)が、システムを含めて丸々コピーをとるので、コピー先のデバイスを即、起動ボリュームとして使えるのが利点である。
また、システム標準のディスクユーティリティーだと使用中の起動ボリュームのコピーをとることはできないのだが、それができるのもCCCの利点と言えよう。

使い方は簡単。
上のSSのように、コピー元とコピー先のボリュームを指定して、「クローン作成」を実行するだけ。
暫く待つだけで、ブート可能なクローンが出来上がるというスグレモノである。

が、バックアップ後に再起動かけてみた所、どうも認識しないようで、ブートローダーが立ち上がらない。
F9を押して、BIOSのメニューから外付けHDDを選んでみても起動せず。
一旦外付けHDDを取り外して、内蔵HDDから起動してみると正常に起動。
改めて外付けHDDを接続して調べてみると、パーティションがGUIDになっているのが問題のようだ。
私のHP Mini1000の内蔵HDDはMBRにしてあるので、クローンを作る対象のボリュームもMBRになっていないと具合が悪いのだろう。
改めてMBRでフォーマットをかけて、バックアップをやり直してみた所、無事クローンから起動することができた。

ブートローダーにも、クローンが作成された外付けHDDが、OSXの起動ボリュームとして表示されている(一番右)。
起動する様子はこんな感じ。

例によってiPhoneで手持ち撮影故、手ブレはご容赦。
ブートローダーのテーマを"Hackintosh"に変えてみた。
元のものは割と大きなディスプレイで表示する設定になっていたので、これをMini1000で表示できるように各種画像サイズや設定を改変。これで大体仕組みは分かったので、今度はテーマの自作にトライしてみるつもり。

起動ディスクがちゃんと外付けHDDになっている。
以後はCCCで差分バックアップをとればいいので、これでバックアップ問題はとりあえず解決できそうだ。

投稿時間 : 06:34 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年05月03日 古墳巡りGadget
 ■ 非常用OSX86ブートSD、BTマウス

今の所、とりあえずは快調に使えているHP Mini1000 & MSI U100 Vogueであるが、まあやっている事がやっている事なので、突然夢から覚めてしまうということも充分有り得るし、それでなくてもHDDが突然果ててしまう可能性は常につきまとう。元が安PC故、ショックガードは殆ど施されていないから尚更である。
そこで、とりあえず内蔵HDDの調子が悪くなってもデータの救出や復旧を試みられるように、非常用の起動装置を用意しておくことにした。

一応、元々Mini1000に入っていた60GBのHDDをUSB接続の外付けHDDにしてあるので、これを使ってブートすることは可能なのだが、小型の1.8インチHDDとは言え、ケースに入れるとそれなりの大きさにはなるので、常に持ち歩く用途としてはイマイチである。USBケーブルも必要だし。
そこで、以前、近所のPCショップの特売で買っておいた8GBのMicroSDカードにOSXをインストールしておくことにした。これをUSB接続のアダプタに内蔵すれば、非常に小型の起動ドライブとなり、常時携帯しておくのに便利である。
上の写真がそれで、MicroSDをバッファローのUSBカードリーダーに内蔵すると、こんなにコンパクト。

OSXは標準でUSBメモリ等にインストールできる仕様なので作り方は簡単。
今回はついでにMini1000で使っているiDeneb v1.3のインストールDVDもUSBメモリ化してみた。
以下忘備録。

●iDeneb v1.3 インストールUSBの作成

1.ディスクユーティリティーでUSBメモリ(今回は余っていた8Gを利用)を
  「MacOS拡張(ジャーナリング)」でフォーマット。
  尚、パーティションはMBR(GUIDでも可)。
2.iDeneb v1.3のISOイメージをディスクユーティリティー左側のデバイス一覧に登録。
3.「復元」を選択し、ソースにiDenebのISOイメージを、
  復元先にUSBメモリをデバイス一覧からD&D。
4.復元を実行。
5.Universal OSX86 Installerを使って、PC-EFI 9 Chameleon bootloaderをインストール。

これでiDenebをUSBメモリからインストールすることができる。
いちいち外付けDVDドライブを接続しなくて済むし、DVDよりは高速にインストールできるので良い。また、ディスクユーティリティーやターミナルも使えるので、非常時にはこれで何とかできることもあるだろう。

で、MicroSDカードにOSXをインストールするのに、このUSBメモリからブートする訳だが、現在Mini1000に仕込んでいるChameleon 2.0を使ってブートすると、起動ボリューム選択画面に林檎マークのアイコンは表示されるし、これを選ぶとブート自体はできるのだが、注意事項に同意する/しないの画面でエラーが出て再起動することになった。
起動時にF9を押して、BIOSメニューからUSBメモリを選んでブートすると問題無くインストールを進めることができた。

とりあえず以前、Mini1000にインストールした時と同じ要領でOSXをMicroSDにインストール。
約6.1GBであった。

懐かしいiDenebのデフォルト画面。
解像度が800 x 600になっているので、縦横比がおかしいが、何故かkextを入れ替えると起動しなくなるので我慢。同様にWifiも認識していないが、とりあえず非常用に各種作業ができれば良いので、これで十分と言えば十分。
iTunes等いらないアプリを削って、約5.5GB。プリンタドライバ等、システムフォルダ内の不要なファイルを削れば4GB程度には出来るかも。

流石に反応速度はHDDに比べればモッサリだし、立ち上がる迄にも倍位の時間がかかるのだが、試しにUSBメモリにインストールしてみたものと比べれば遥かに高速で、とりあえずの作業をするには許容範囲内だろう。
16GBのMicroSDが安く手に入ったら、今度は最低限のネット環境を利用できるようにしてみても良いかも知れない。

マウスが一つ壊れてしまったので、BlueToothマウスを新調してみた。
近所のPCショップや家電量販店を何軒か巡ってみたけど、余り一般的には需要がないのか、どこも数種類程度しか置いてなかった。あと、どれもデカい。
とりあえず見かけた中では一番小さかったELECOMのM-BT1BLというのを買ってみた。
本当は黒が良かったのだが、銀と赤しか無かったので、止むなく赤を選択。
これはこれでブラッディーな感じで悪くないが、後日自分で黒く塗るかも。

使用感は上々で、何より2つしかないMini1000のUSBポートをマウスで塞ぐ必要が無くなったのは有り難い。
これでMini1000でもU100 Vogueのように、iPhoneの同期とUSBメモリや外付けHDDを使ったデータのやりとりを同時に行えるようになった。

投稿時間 : 16:18 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年05月02日 旧入間川流域の古墳
 ■ 慈眼寺・八百比丘尼の石櫃

4月11日のエントリーにて、慈眼寺に伝わる八百比丘尼伝承と、その八百比丘尼の葬地から見つかった「石櫃」の事について触れた。
この石櫃が見つかった場所というのは、諸々の資料から、仁王門のそばの現在水判土交差点になっているあたりではないかと思われる。この場所にはかつて「浅間山」と呼ばれる塚があり、ここが植水古墳群の只中であることから、この塚も古墳だろうと考えられていたようだ。埼玉大学の古墳分布図を見ると水判土交差点のあたりに「浅間山古墳」としてプロットされている。

古墳と思しき塚があって、その傍から石櫃が見つかったとなると、それは古墳の石室か石棺の類ではないかと思ってしまうのが古墳マニアの性である。塩野博著の『埼玉の古墳』の植水古墳群の項でもこの伝説に触れ、この石櫃が古墳に関連する石材である可能性を指摘している。

それで先日、慈眼寺を再々訪してみたのだが、浅間山は既に無く、石櫃やそれの中から見つかった八百比丘尼の守護仏というのも非公開で見ることはできなかった。見ることができたのは、かつて石櫃が見つかった場所に建てられていた石碑のみである(かつては水判土交差点のあたりにあったらしいが、現在は本堂の東側に移転)。
帰宅後、改めてこの石櫃に興味を持つきっかけになった、さきたま文庫66『慈眼寺』(さきたま出版会)を読み返してみると、非公開というか秘仏になっている八百比丘尼の守護仏の写真が掲載されていることに気付いた。
どうやら浅間山と思しき塚が描かれている江戸時代の境内図や、八百比丘尼伝承に気を取られてスルーしてしまっていたらしい(笑)。

これが『慈眼寺』P35に掲載されている、石櫃の中から見つかった八百比丘尼の守護仏とされるものである。
見た所、石の窪みの中に安置されているようである。
4月11日のエントリーでも引用したが、『新編武蔵風土記稿』の水判土村の項では、この仏像について次のように記されている。

「地蔵堂 黄金仏にて長一寸八分。伝え云、此像は八百比丘尼の守護佛にて、寿地蔵と呼べりと。門外に石標を立て其旧跡なることを示す。此像も中古荒廃より以来、何れへか失ひて見えざりければ、代々の住僧深く是を愁へ、諸方を尋ねけれども求め得ざりしに、享保年中はからず境内土中より堀出せしと云。其形岩洞の内に安じ、岩の裏に孝の字かすかに見ゆ。其左右に八百比丘尼大化元年とありしよしなれど、秘仏なりとて見ることを許さず。」

「岩洞の中に安じ」とあるが、上の写真は正にそのようになっている。
と、なるとこの岩の裏には「孝」の文字と「八百比丘尼大化元年」の文字が刻まれているのだろう。

一方、「石櫃」の話の出所である寛保三年(1743)刊行の菊岡沾凉『諸国里人談』では、

「又武蔵国足立郡水波田村慈眼寺仁王門の傍榎の木の伐株あり 周り二丈あまり 筵六畳を敷なりと これ若狭の八百比丘尼の栽たる木なりと云伝へり 茲に又 掘出しの地蔵といふあり 近年土中より掘出したる本尊なり その石櫃に八百比丘尼 大化元年と彫たり 大化は三十七代孝徳帝の年号にして 寛保まで凡一千百余歳なり」(さきたま文庫66『慈眼寺』さきたま出版会 P37)

と記されており、やはりその石櫃には「八百比丘尼 大化元年」と刻まれているそうだから、『新編武蔵風土記稿』でいう「岩洞」と、『諸国里人談』でいう「石櫃」とは同じものを指している可能性が濃厚である。
この仏像は一寸八分=5cm程度の小さなものだから、上の写真で仏像が収まっている空洞も小さなものである。
従って、これが「石櫃」なのだとすると、古墳の石棺であるとは到底思えない。
付近の古墳を崩した際に見つかった石室材を流用した可能性はあるかもしれないが、窪みを穿って「石櫃」に加工したのは江戸時代のことであろう。

また、『慈眼寺』によれば、浅間山古墳と思われる塚を崩した際の調査では、古墳特有の周堀が見つからなかったので、古墳ではなく近世の塚であろうという結論に至った旨が記されている。浅間山が古墳ではなく、塚だったとするとやはり石櫃は、この塚と共に江戸時代に作られた信仰上のアイテムである可能性が高まる。
ただ、調査が行われた土盛りがあった場所は現在の鐘楼の位置ということなので、江戸時代の境内図に描かれた位置とは若干のズレがあるようにも思われ、浅間山とは別のものだったのではないか?という疑いは残るのだが、いずれにせよ、八百比丘尼の石櫃自体は、少なくとも植水古墳群の古墳とは関係のないものであるようだ。

投稿時間 : 15:21 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年05月01日 古墳巡りGadget
 ■ iStat

医者に「とにかく何もしないで休め」と言われたものの、何もしないというも結構難しいし、それはそれで辛いものがある。で結局、本を読んだり、Google Mapで行く予定の古墳の周囲を観察したりして気を紛らわせている。

そのついでに、HP Mini1000にソフトを幾つか入れてみた。
これまでは、「いかに本物のMacBook同様にOSXを動かすか?」を目的にあれこれやってきたが、その辺は一応一段落したし、HDD容量にも余裕が出来たので、今度は使い勝手の面で普段使っているPowerBookやMacBookの環境に近づけるべく手を入れて行こうと思う次第である。

そこでまず入れたのが、システム状況の監視ソフトである「iStat」である。
メニューバーに、CPU使用率、メモリ使用率、CPUやHDDの温度、冷却ファンの動作状況等の各種ステータスを表示できるスグレ物である。

iStatを入れるとメニューバーはこんな感じになる。
表示項目やグラフの形式等はコントロールパネルから設定可能。

温度。
本来はHDDの温度以外にも、CPUやメモリの温度なんかも表示されるのだが、OSX的にはイレギュラーなCPUであるためか、その辺は表示されず。
HDDが35℃ということは、一番熱を持つCPUやメモリは50℃位にはなっている筈。
どうしても必要な情報って訳でもないけど、これから夏を迎えるにあたって、表示されないのはちょっと不便。

CPU稼働状況。
これはちゃんと表示されている。
メニューバーに表示するグラフは、詳細画面のようなヒストリーグラフにすることも可能だが、解像度の低いMini 1000故、場所をとらない縦型にしてみた。

メモリの使用状況。
これもちゃんと表示されている。
CPUと同じく、コンパクトな縦型アイコンを選択。

日付と時刻も表示可能。
システム標準のものだとフォントサイズは固定なのだが、iStatでは任意のフォントサイズで表示可能。
画面の小さなネットブックの場合、ある程度小さく表示できた方が有り難いので、iStatで表示するようにしてみた。
月間カレンダーやiCal(スケジューラー)へのショートカットが表示されるのも便利。

尚、「iStat Server」をMacにインストールし、iPhoneにiStatのiPhone版をインストールすると、iPhoneからWiFi経由でMacの様子をチェックすることができる。Mini 1000は大抵一緒に持ち歩くのでiPhoneでチェックする必要もないのだが、自宅Macを動画のエンコードのような重い作業をさせている時や、サーバーとして稼働させている時等は、いちいちMacの所まで行かなくても済むので便利。
VPNと併用すれば、外出先から3G経由で確認することも出来る。

こちらはMacBookの様子。
Mini 1000では表示されなかった、温度関連の項目が下段に表示されている。
とりあえずMini 1000でそこそこOSXが動くようになったものの、こうして見るとまだまだ実物Mac同様という訳にはいかないことが良く分かる。
ま、メニューバーに表示されるHDD温度である程度の状況は掴めるし、絶対に表示されないと困る!といった種類の問題でもないので、とりあえずは良しとしよう。

投稿時間 : 07:54 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト